テーマ:パロディシリーズ

史上最大のヲタク街道(後編)

(本パロディシリーズは,今回が最終回です) 5月15日,私は「ケツだけ爆弾」の15回目の鑑賞を終えました。 4月15日の試写会から始まって,5月15日に15回目の最後の鑑賞。まさに,「15」にこだわったわけです。15周年ですからね。 来年は以降,このような作品の数だけの鑑賞というのは,もう行なわないと思います。まさに,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

史上最大のヲタク街道(前編)

一昨年,私は「3分ポッキリ」を13回観て,昨年には「踊れアミーゴ」を14回観ました。 そして,今年は「ケツだけ爆弾」を15回観るという予定で,今までに私は14回の鑑賞をおこなってきました。そして,残すところあと1回となりました。 このような,作品の数の分の鑑賞は,今年で最後になると思いますので,残り1回悔いの残らぬ鑑賞(?)とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヲタクはだぁれ?

「あんたも本当アニメ好きねぇ。ま、子供だからいいんだけどさぁ。こんな調子で大人になって、アニメオタクになっちゃったらや(嫌)よね~」 これは、1993年9月27日に放送された、「無敵のカンタムロボだゾ」でみさえが「カンタム・ロボ」を夢中になって観ているしんちゃんに言った台詞です。 ずっと以前から気になっていたのですが、この台…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クレヨンしんちゃん研究所管理人西へ(後編)

昨日の朝,大阪に到着した私は,最初に大阪駅から近い,あるところへ行きました。 ここは,JRの職員が数人おり,何だかものものしい雰囲気なところです。一体,どこに行ったのかは,詳しい事は談話室に書くつもりです。 その後,私は神戸の方に向かい,神戸観光をしました。私が今回,神戸観光をしたのには,色々わけがあったのですね。まあ,それもいずれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレヨンしんちゃん研究所管理人西へ(前編)

明日,大阪で「クレヨンしんちゃん的ページ」のMr.Kさん主催の映画オフ会に参加するために,私は今夜,大阪へ向かいます。 東京駅から,23時発の急行「銀河」に乗り,朝大阪駅に到着します。私は,去年の8月の大阪でのスタンプラリーでも「銀河」に乗ろうとしたのですが,その時はもう寝台券が取れなかったのですね。ですから,遂にその無念を晴らす時(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

名作の繭

今から6年前(何という時の速さ!),「オトナ帝国」を初めて劇場で観た時,私は「何じゃこりゃ?」と思いました。何で,ああいうレトロというかノスタルジーというか,そんなのをテーマにするのか不思議に思いましたし,全く感動しませんでした。 それから1年後,「戦国大合戦」を初めて観た時も,同じく「何じゃこりゃ?」と思いました。何で,今頃時代…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

舞台挨拶は誰れのために

本日,有楽町マリオンにて,「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」の舞台挨拶つきの会を鑑賞して来ました。これは,「クレヨンしんちゃん的ページ」さんのMr.Kさん,水橋ホトリさん,たかさんとのオフ会として行った事です。 それで,舞台挨拶なのですが,京本政樹狂いやAKB48狂いのアキバ系ヲタクがわんさか来ていました。 そ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

狙われたシティ

4月20日の本日,「伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!」がテレビで初放映されました。 しかし,時間からの問題で,あちこちのシーンをカットするという,残念な放映になってしまいました。去年,「3分ポッキリ」が放映された頃も,カットされたシーンがいくつかありましたが,今回はさらにひどいものになっています。半年前の放映された「オトナ帝国」は,カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロの命よ!しんのすけの奇跡!

(あのテーマ曲) チョルス ステーション こんばんは。きょう午後,安倍首相は国会の食堂で天ぷらそばを食べ・・・,じゃなった。 えーとですね,本日,私チョルスは,「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」の試写会に行ってまいりました。 「サインくれー」 おっと,ここでブリブリ大魔人がサインを求めて乱入…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

活字誤植工作

本日,単行本の10巻のあらすじを書いて気付いたのですが,c-3の話で,みさえがひろしの靴下を寝ているしんちゃんに嗅がせるシーンがあるのですね。ここでの,ひろしの靴下は,「洗たく前の父さんのくつ下」と書かれています。つまり,「父ちゃん」ではなく「父さん」なのですね。 なぜ,このような不自然な表現が何の前触れも無く登場しているかと言うと,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコビを黒砂糖漬けにしろ!

本日,私の自宅近くにあるコンビニに,「チョコビ 沖縄バージョン」が売っていました。 というわけで,早速買っては食べてみる事にしました。 黒糖味とのことですが,確かにその通りの味です。これは,チョコビというよりコクトビなのではと思ってしまいます。 それで,黒糖味でなぜ沖縄なのかと思いましたが,よく考えたら沖縄は黒砂糖(サトウキビ)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

批判を呼ぶオタッキーな監督!

クレしんのテレビアニメの現状から,どうもムトウ監督も批判の的になりやすいような風潮が感じられます。 確かに,エンディングの廃止,オープニングの侵食,さらには本編に棒読みの素人を起用などなど,クレしんの現状は目に余るものがありますが,これらは何もムトウ監督が必ずしも悪いわけではないと思います。 私が思うに,テレビ朝日がこのような放送を…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

王子の劇場から円盤特典が来た!

2月2日,私は王子駅に降りました。その王子にある劇場,王子100人劇場に行きました。この劇場でも,4月21日から「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」が公開され,既に売り出されていた前売り券を購入したのです。そして,前売り券には,円盤型の特典も付いてきました。そう,公開記念プレゼントの「ケツだけUFOボンバー」です。 前売り券購入! 円盤は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臼井儀人のギャグ光る時

今さらという感じもしますが,私がこの前の12月にクレしんの単行本45巻を読んで,心の底から臼井儀人氏のギャグセンスに感動したことがあります。 それは,「肛紋センサー」なるもので,要するに指の模様が一人一人異なっているように,尻の穴の形が各々異なったものを持っているといわれているというものです。いや,肛門ならぬ肛紋にはさすがに恐れ入りま…
トラックバック:12
コメント:4

続きを読むread more

アクション仮面夕陽に死す

1993年4月5日のスペシャルで放映された,「アクション仮面が最終回!だゾ」を筆頭に,昔のクレしんではアクション仮面の番組が非常に大きく取り上げられていたのですね。 作品の中の作品が,このようにゴージャスな扱いを受けるのはそうあることではないと思います。 また,このようなアクション仮面だけの番組なんていうのをやってくれれば,面白いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコット収集計画(後編)

1月15日(月)の昼,私はマスコットを2個入手し,あと半分というところまで来ました。そして,午後の講義を受けた後,夕方にそのセブンイレブンを訪れ,その日の朝と昼に買ったのと同じ。爽健美茶ホット350ML(\136)2本です(合計\272)を買いました。ここで入手したマスコットは,申(さる)と酉(とり)です。 子丑寅卯辰巳午未申酉戌…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マスコット収集計画(前編)

子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥 (残り12個) 双葉社や劇場版の公式サイトでも告知されていた,しんちゃんの干支マスコットの配布は1月9日から開始となりました。 ところで,ストラップと表記されている方が多いようですが,私はあえてマスコットと書きます。公式サイトがマスコットと書いているので(→証拠)。 というわけで,私も干支マスコッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕にもしんちゃんは描ける!

一昨日の火曜日,コンビニ(スリーエフ)でたまたま「クレヨンしんちゃんベストエディション(漫画アクション2月9日増刊号)」なるものが平積みで売られており,立ち読みしたらすぐに買ってしまいました。 中を見ると,大体40巻以降の話が掲載されているのですが,その他にも(そして1番の目玉だと思うのですが)「トリビュート企画 ボクらのしんちゃん編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活の壁紙

本日,双葉社の公式サイトを見たところ,なんと新しい壁紙(78枚目)が追加されていました。 しんちゃんとひまわりとシロのイノシシのコスプレが非常に可愛らしく,さっそく自分のパソコンの壁紙にしてしまいました。 まあ,前回の77枚目はクリスマスバージョンだったわけですが,いつまでもクリスマスというわけにもいかんですしね。それに,今回のイノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打ち切り!クレヨンしんちゃん消滅の日

「クレヨンしんちゃんの主人公は平気でお尻やちんちんを出している。非常に教育に悪い!」 「クレヨンしんちゃんの主人公は母親を「みさえ~」などと呼び捨てにする。親を侮辱する言動を描いたこの駄作の存在を、絶対に許してはならない!」 「クレヨンしんちゃんの主人公は幼稚園児のくせに、大人の女性をいやらしく見ている。このような淫らな作品は、叩き…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

さようならカンタムよ、カイザムの弟よ

今回の日記は、実は昨日載せるはずだったのですが、こってり(ではなくうっかり)忘れてしまい、本日慌てて載せることとなってしまいました・・・。 で、何で昨日載せるつもりだったのか、何か意味があるのかと言えば、おおありなのです。 昨日は12月26日。今から12年前のこの日は何があったのでしょうか。 12年前、つまり1994年12月26日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前売り券購入! 円盤は特典だった!

12月16日の土曜日,劇しんの最新作「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」の前売り券発売とのことだったので,その日に早速, MOVIXさいたまで1枚購入しました。この前売り券, MOVIXさいたまだけでなく,川口,三郷,亀有といった他のMOVIXの劇場でも使えるのですね。ただ,私は川口でも観ようかとは考えていますが,三郷や亀有までは距離的な問…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

奇跡!クレヨンしんちゃんの監督

終了!映画クレヨンしんちゃんの続きです。 さて,劇しんは「ジャングル」で興行収入が多少回復したわけですが,まだまだ油断できないわけですね。ところが,原監督は何を思ったのか,「ジャングル」の次回作ではまたしても自分の趣味を前面に出した作品を制作することになるのですね。原監督の趣味を優先させた劇しんの作品で,これまで大きな成功を収めた例は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終了!映画クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃんも,いよいよ第15作目が「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」というタイトルで公開されることとなりました。 「ハイグレ魔王」からもう15作になるのですから,見事としか言いようがありません。 しかし,ここまで来るのには,様々な試練もありましたね。特に,原監督の前期の頃が一番大変だったと言えます。 本郷監督から原監督に代わ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クレヨン作戦第十五号

本日,テレビアニメの放送終盤で,いよいよ来年の劇場版第15作目のタイトルが決定しました。 その名も,「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」です。 このタイトル,一部では不評のようですが,私はそう思いません。むしろ,15周年に相応しい,まさにこれぞクレしん!というタイトルだと思います。 それで,タイトルには再び「嵐…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

東大より愛をこめて

昨日の4日,東京大学の山上会館にて,10:30~12:00(10:00受付開始)の時間帯で,テレビ15周年記念「クレヨンしんちゃん元気!子育て大作戦」が行なわれました。 以下が,「クレヨンしんちゃん東大に登場」という見出しで,Yahooのトピックスに載った記事です。  「人気アニメ「クレヨンしんちゃん」を題材にしたセミナーが4日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大公開五ヶ月前

例年からして,本日はクレしんの新作映画の公開一ヶ月前という事になります。大体,来月の今頃に劇場版のサイトが新作のものにリニューアルされるのですね。という事は,今のサイトの情報が消えてしまうことでもあるのですね。もう,あまり見ていませんが,もうすぐ無くなるのだと思うと,何だか寂しくなるものです。リニューアルされる前に何度か見ておきましょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆転!ブリーフパンダ只今参上

テレビ朝日の公式サイトで,「おなかまだゾ」の「ヒーロー」のところを見ると,ブリーフパンダがちゃっかり登場しているのですね。 そして今年の8月には,ブリーフパンダを主体とした話の放送しました。 この話は原作でも42巻にも収録されているのですが,原作ではぶりぶりざえもんと競演しているのですね。しかし,テレビアニメでは塩沢氏の死去によって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレー・ゾーン

私はWikipediaの記事をよく見ます。非常に便利だからです。何か分からないことがあれば,気軽に調べられて,しかも市販の百科事典とは比べ物にならない充実度で,ありとあらゆる分野を網羅しているので,非常においしいサイトなのです。そう思っている方も,非常に多いのではないでしょうか。 ただし,私はクレヨンしんちゃん関連の項目を見ることはあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輝け!カスカベ5兄弟

クレヨンしんちゃんにおいて欠かすことの出来ない要素を二つ挙げるとすれば,一つには野原家があり,もう一つにはかすかべ防衛隊があると言えるでしょうね。 しんちゃん,風間君,ネネちゃん,マサオ君,ボーちゃんという,かすかべ防衛隊の面々は,全員がそれぞれ違った個性を発揮しているのですが,それはかなり濃いキャラクターであるとも言えるでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more