『天カス学園』の宣伝、今回で終了かも

2021年9月25日放送分の感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは131回目となります。

「組長イメチェン大作戦だゾ」
(脚本:阪口和久、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督・原画:原勝徳)


2010年10月15日に放送された話の再放送です。

ふたば幼稚園、上尾先生が園児たちと遊んでいると、園長に話しかけられますが、上尾先生は園長の姿にビビります。ここで、上尾先生が「は、はい」と返事をする約2秒の場面が削除されています。

園長と上尾先生が歩いているとさくら組のハルカちゃんが怯えていて、園長が話しかけると悲鳴をあげます。それで騒ぎになりまして、園庭でハルカちゃんは号泣しています。ここで、しんのすけが園長を結婚詐欺で女の人を泣かしていると誤解し、よしなが先生がハルカちゃんは今まで園長の顔を見ても何ともなかったと言う約33秒の場面が削除されています。

園長はハルカちゃんに声をかけますが、上尾先生から離れるように言われます。さらに、園長はマサオ君やしんのすけから顔が怖いだの、ホラー映画だのと散々な言われよう。

職員室で自分の鏡を見る園長は、今頃どうにかなるわけでもないと思っていると、しんのすけ、風間君、ネネちゃん、マサオ君、ボーちゃんが職員室に来ます。風間君は、園長はいつも笑顔でいればハルカも怖がらないと言います。

ネネちゃんはとびっきりの笑顔でないと普通の笑顔にならないと言いまして、園長先生はよしなが先生からスマイルの指導を受けます。しかし、園長のスマイルは却って不気味なものとなりました。

ここで、しんのすけたちが園庭で話し合いをする約38秒の場面が削除されています。この場面でしんのすけは「母ちゃんとかけてコインと解きます。その心は裏と表がある」と言う場面があったり。

次にネネちゃんは園長をうさぎの姿にすると提案します。よしなが先生の化粧品を使って、園長の顔を白くし、うさぎというか、白い袋のようなものを着せますが、却って怖くなったような。

そこへ服園長先生が入ってきて、その異様な姿に愕然とします。

園長はぶん殴られたらしく、顔に絆創膏を貼って、街を歩いていると、しんのすけがやってきます。もう幼稚園は終わったようで、園長はスーツを着ています。これからハルカちゃんの家に行き、なぜ自分を怖がるのかを知ろうというわけです。

すると、ハルカちゃんの悲鳴が。園長と顔がそっくりのカラスに絡まれていました。ハルカちゃんは後ろの園長にこっちにくるように言われますが、ハルカちゃんからすれば、怖いのに挟み撃ち、まさにサンドイッチ状態。

ハルカちゃんはあのカラスにお菓子を取られ、それ以来ハルカちゃんを狙っているそうです。ハルカちゃんが園長を怖がる理由が判明したわけで、園長はカラスを睨みつけてビビらせ、撃退に成功しました。こうして、ハルカちゃんは笑顔を取り戻しました。ここで、ハルカちゃんが友達と一緒に笑顔で走る約2秒の場面が削除されています。

ところが、今度はシュン君が園長を怖がります。原因はシュン君の家の近くの家に園長そっくりの犬がいるとのこと。

Aパート終了後、『天カス学園』が大ヒット上映中という宣伝がありました。


「ペットカメラで探すゾ」
(脚本:清水東、絵コンテ・演出:しばたあきひさ、作画監督・原画:林静香)


ひろしが双葉商事で扱うことになったペットカメラを見せびらかします。ペットが留守番している時に飼い主が外からスマホで見守るカメラなんだそうです。

さっそくシロで試してみようと、ひろしはペットカメラをシロの犬小屋の前に設置し、色々と操作します。最初は戸惑うシロも、エサがペットカメラから出てくると喜んで食べます。

実際にどこか出かけて遠くからシロの様子を見ようとなり、買い物がてらかわのそば児童公園に行きます。そこで、バドミントンをやっていた女性二人に言いよるひろしとしんのすけはみさえから殴られたりしますが、ひろしはアプリを起動させると、スマホを経由して呼びかけますが、シロは寝ています。

しかし、しんのすけが美人のプードルと言うと起きるシロ。飼い主そっくり。すると、シロはそのまま散歩に行ってしまいます。とりあえずペットカメラで確認できたので、野原一家は買い物をして帰ることに。

一方、シロは商店街に行き、野原一家も商店街に行くと、ひろしのスマホに部長が電話をかけてきます。ペットカメラについて聞かれまして、色々報告をして電話を切ります。

すると、しんのすけはアクション仮面お仕事編、銀座の接待セットをねだります。ここで、ひろしはしんのすけに飛びつかれた際にスマホを落としてしまいます。

それにしても、

これで きみも
まんねん かかりちょう
だっしゅつだ!


とは、妙に生々しいセリフ。

野原一家はおもちゃを買わずにそのまま家へ直行。一方、スマホは植え込みの中に。

さて、シロは商店街のお店の人々と顔見知りで、餌にありついていました。どんだけシロさんは街のヒーローなんだか。そんなシロはひろしのスマホが植え込みの中で振動しているのを見つけます。部長からの着信があったのです。

シロは匂いからひろしのスマホだと気付き、あれこれいじっていると、ペットカメラのアプリを起動させて、既に帰宅してスマホを落としたことに気付いて狼狽していたひろしが、ペットカメラからシロ声が聞こえてきます。

それにしてもひろし、スマホにはクレジット機能、メールアドレス、電話番号だけでなく、とても恥ずかしい画像にムービーもあり、見られたら破滅するとか。ひろしの被害妄想なのか、本当に激ヤバな動画なのか。というわけで、ひろしとしんのすけはシロを探しに行きます。

シロはひろしのムービーを再生させると、水着っぽい姿のおねいさんがペットにの犬のフランソワを可愛がる動画を見て、そのフランソワにシロは見惚れますが、そうこうしている場合ではないことに気付いたシロは、スマホをくわえて走ります。

しかし、ひろしの言っていた恥ずかしいムービーってあの程度なのでしょうか。なら、ひろしの被害妄想過剰なだけなのでは。あるいはもっと過激な動画もあったりして。

夕方、シロはまだスマホを運んでいますが、部長から再び電話がかかってきまして、シロは出てしまいます。部長は向こうの担当者についての話をして、シロは「あう〜ん」と声を出します。それで、部長は納得したようで電話を切りました。

その直後、ひろしとしんのすけと再会、スマホも無事に帰ってきました。

しかし数日後、双葉商事で、ひろしは部長からいつになったら向こうの担当者と会うのかと怒られます。シロの「あう〜ん」のことを知らないひろしは「あう〜ん」と落胆するのでした。


「白雪ひめ子の冒険だゾ」
(脚本:中弘子、絵コンテ:しぎのあきら、演出:しばたあきひさ、作画監督:原勝徳、原画:原勝徳、清水圭子)


この話は原作の14巻に収録されていまして、内容は若干異なる部分があるものの、かなり忠実な内容でした。

というわけで、詳しく見ていきます。

昔々、ヨーロッパのある地方のお城に大変美しいが性格の悪い王女がいました。王女が「鏡よ鏡、この世で一番美しいのは誰?」と聞くと、鏡は綾瀬はるかと答えまして、王女はハンマーで鏡を叩き割ります。

別の鏡に王女は同じ質問をすると、王女という返答か。ついでに性格の悪さも一番とのこと。しかし、王女よりも下町に住んでる白雪ひめ子の方がもっと美しいと言います。その上性格もいいし、働き者だし、若くてピッチピチだし、と言っていると、王女はまたハンマーで破壊。

王女はじいやに白雪ひめ子を始末するように命じますが、じいやが王女が自分でやった方が早いと小声で突っ込んだり。

双葉物産勤務で20歳独身の白雪ひめ子が登場。ひめ子が道を歩いていると、1ヶ月洗っていない足(水虫付き)を突き出して追いかけてくる男と遭遇。ひめ子は逃げますが、王女はじいやの首を絞めていました。あの男はただの危ないおっさんでしたので。じいやは改めて自分でやれと王女に言います。

さて、ひめ子はひたすら逃げて、砂漠で男が倒れてまくことに成功しますが、それでも山の中を逃げて、気付くと絶壁にいました。で、意識を失います。

ここで山の木こりが参上。風間君、しんのすけ、マサオ君、ボーちゃんです。この4人は断崖絶壁にしがみついて気を失っているひめ子を見つけます。しんのすけは風間君に石を出し、さらにロープで風間君を縛ったりします。

まあ、そんなこともあって、ひめ子をロープで無事に救出。家に連れて行きます。

ひめ子は自分の命が狙われているらしいということを話し、しんのすけたちの家に匿ってもらうことに。しかし、家の窓から先にドローンが。
ドローンでひめ子の場所を見つけた王女は、毒薬を買ってきたじいやに、りんごに毒薬を注入するように命じますが、りんごが腐ってしまいます。

腐ってはひめ子に食わせられないと、ハンマーでじいやを追いかけます。

その後、なんだかんだで毒薬を作り、王女とじいやは宅配便を装って木こりたちの家に、やってきます。原作はじいやはいなかったんですがね。
お届けものと言うと、風間君はコンビニ受け取りにしていると言います。王女は、この国にはコンビニはないと言い、荷物を置いてそのまま去ってしまいました。

荷物は青森のおじさんですが、ひめ子の親戚は全員九州です。中にはリンゴがあります。ひめ子たちは怪しく思ってリンゴをなかなか食べないので、王女が出てきてひめ子に無理やり食わせます。

すると、ひめ子の口から血が。毒が効いたと思いきや、リンゴを齧ると歯茎から血が出る体質でした。歯槽膿漏か。ちなみにそのリンゴは普通でした。

王女は「毒」と書かれたリンゴを食わせるために、ズワイガニを武器に風間君を人質にします。すると、しんのすけが毒りんごをベニズワイガニでちょん切ると言います。今度はじいやがタラバガニでボーちゃんの鼻水をちょん切ると言います。

マサオ君は、みんな真面目にやってるのか怪しみます。それで、しんのすけが毒リンゴを投げると、屋根を通ってマサオ君、ひめ子、ボーちゃんの頭の上を経由して王女の口に。パニックになって逃げる王女と、それを追いかけるじいや。

こうして、王女は国外に逃亡し、この国は平和になりました。

そして、ひめ子たちはカニの鍋を食べるのでした。

でめたしでめたし。


「総理の夫だゾ」
(脚本・絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:木村陽子)



双眼鏡で何かを探している相馬日和。

すると、その横でしんのすけがきれいなおねいさんを双眼鏡で探しています。

しんのすけは自己紹介をすると、日和はヒシクイという鳥を探しているそうです。しんのすけは飯食いと言って、おにぎりを食べますと、奥様の相馬凛子がやってきます。日本初の女性総理大臣だそうで、彼は総理の夫なのでした。

そういうわけで、相馬日和役の田中圭と相馬凛子役の中谷美紀の両氏が実写で登場、映画『総理の夫』が上映中とのことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント