8月最後のプール奇譚

2021年8月28日放送分の感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは127回目となります。

「ネネちゃんのシールだゾ」
(脚本:うえのきみこ、絵コンテ・演出:貞光紳也、作画監督:樋口善法、原画:高岡希一、林明偉、瀬口泉、三本めぐみ、いずみひろよ)


2011年8月12日に放送された話の再放送です。

公園で、ネネちゃんがかすかべ防衛隊のメンバーが最近ハマっているものを発表するように言うと、まずはボーちゃんが石を出します。石集めはボーちゃんがずっとハマってきたもので、今後もハマるとのこと。

風間君はパパが外国で買ってきたおみやげの万年筆です。しんのすけは、アクション仮面のおパンツです。

ネネちゃんはシール帳です。可愛いシールをいっぱい集めているそうで、一番のお気に入りはウサギのシールです。そのシールはもう売っていないそうです。

発表会が終わると、ネネちゃんはトイレに行くと言い、戻ってきたらリアルおままごとをやろうとちゃぶ台を置きます。ネネちゃんがトイレに行っている間、マサオ君はまだ最近ハマっているものを発表していないと言うと、そのマサオ君の指にネネちゃんのお気に入りのウサギのシールを貼ってしまいます。

しかも風で飛ばされてしまい、風間君はどうにか掴みますが、ちゃぶ台に転んでしまい、シールはちゃぶ台にくっついてしまいました。
シールを剥がそうとしますが、取れません。バレないようにちゃぶ台を隠そうとするブタさんチームの4人はちゃぶ台を持ち上げますが、ネネちゃんが戻ってきます。

ここで、ネネちゃんが4人を睨んでちゃぶ台に歩いて近づく約7秒の場面が削除されています。

ネネちゃんはブタさんチームの動きを怪しみますが、この4人はリアルおままごとでちゃぶ台の足をやると言います。4人揃ってちゃぶ台ブラザーズ略してチャブラです。

ネネちゃんはちゃぶ台の足なんて設定は無いと言いますが、斬新な設定でおままごと界に革命を起こすと言う風間君ですが、そんな誤魔化しなど通用しません。ブタさんチームの4人はちゃぶ台を持って逃げます。途中、どこに逃げようかと話し合おうとしたり、リサイクルSHOPに隠れたりして、路地裏に逃げ込みます。

ここで、正直に白状したらリアルおままごとに一生付き合わされるとマサオ君が想像する約15秒の場面が削除されています。

やはり、ウサギのシールを剥がしてネネちゃんのシール帳に気付かれないように貼るしかないということになります。

ここで、しんのすけが風間君にくっついてくる約4秒の場面と、マサオ君が何か思い出したようにポケットに手を突っ込む約2秒の場面が削除されています。

マサオ君はポケットから、今ハマっているという、弁当によくあるプラスチック製の串を出します。ボーちゃんはその串を使ってシールを剥がそうとします。

ここで、マサオ君の地味が初めて役に立ったとしんのすけが言う約6秒の場面が削除されています。

ところが、ネネちゃんに見つかって再び逃げます。この見つかるところで、ブタさんチームの4人が受験生を励ます家庭教師を狙っている主婦のリアルおままごとをやっているとネネちゃんが勘違いする約11秒の場面が削除されています。

川沿いの草むらに逃げたブタさんチーム。シール剥がしを再開します。ここで、ネネちゃんは4人を見つけたかと思いきや、カエルが出てきてびっくりする約13秒の場面が削除されています。ボーちゃんによってシールがあと少しで剥がれそうという時に、ネネちゃんに見つかってしまいます。

シールの部分とブタさんチームの4人が手を置いて隠し、ちゃぶ台の周りをいかに美しく回るか競う新しいスポーツだと言って誤魔化します。

しかししんのすけはシールのことをばらしそうになったので、風間君はリアルおままごとをやろうと言います。風間君たちがリアルおままごとをやっている間、ボーちゃんがシールを剥がすという作戦です。

ネネちゃんの役は、子供をどこの私立の学校に通わせようか悩んでいるセレブでお洒落な美人ママです。

息子役の風間君は、遠くの町にある三つ星レストランで食事だと言って、ちゃぶ台から離れさせようとしますが、しんのすけは遠くの町まで行くのめんどくさいと言いだし、ネネちゃんは出前にしようと、ちゃぶ台のところへ行こうとします。マサオ君も遠くの町に行きたいと言いますが、相手にされません。

ネネちゃんは3人に対して怒りますが、その頃ボーちゃんはシールを剥がし終えました。ところがシールがまた風で飛んでしまい、カエルの体についてしまいました。ブタさんチームはウサギならぬカエルを追いかけますが、カエルは川の中に入ってしまいました。

すると、ネネちゃんはシール帳から例のウサギのシールを出してきます。実はネネちゃん、そのシールをごっそり買い溜めしていて、ちゃぶ台の上にもネネちゃんはシールを貼るのでした。
その様子を見たブタさんチームの4人は、倒れてしまいました。


「母ちゃんと特訓するゾ」
(脚本:晨原大輔、絵コンテ:しぎのあきら、演出:しばたあきひさ、作画監督・原画:原勝徳)


しんのすけがみさえと一緒に『アクション仮面』を観ています。今回のアクション仮面の敵は岩怪人カッチカチヤゾーです。アクションパンチもアクションキックも効きません。アクションビームに至っては低周波マッサージです。

一方カッチカチヤゾーはのカッチカチアタックにやられてしまいました。歯医者の予約が来たのでとどめこそ刺されませんでしたが、負けてしまいました。

しかしヒーローは決して挫けないということで、特訓です。滝を切ります。ミミ子は鉄球取扱免許2種を取得していて、ミミ子の操作する鉄球に立ち向かうアクション仮面。

さあ、カッチカチヤゾーと再戦です。カッチカチヤゾーの攻撃を受け止め、アクション滝切りパンチで見事に倒しました。

その姿に心酔したしんのすけは、自分もアクション仮面みたいに特訓したいとみさえに言います。みさえは庭にビニールプールを用意して、しんのすけをプールに入れて、ジョウロで水を浴びせます。これはまさにアクション仮面の滝での訓練です。

というわけで、しんのすけは滝を切る訓練をします。すると、隣のおばさんがその姿を覗いていて、みさえを水遊びをしていることを言われ、遊びじゃないのにと落胆するしんのすけ。

この後も、しんのすけは他の特訓もしたいと言いますが、みさえは自分の仕事をしなければなりません。そこで、みさえはデパートの包装紙の片付けをしなければならなかったので、しんのすけに集中力を鍛えるという名目で包装紙を折らせていきます。

包装紙の整理の次は、ひまわりの子守りならぬ、筋力を鍛える特訓です。しんのすけはひまわりを抱くと、何度も上げ下げをさせられます。かなりハードのようです。

この後も、庭の草むしり特訓、玄関のお掃除特訓、シロのお散歩特訓をこなしました。家に戻ると、しんのすけはみさえから休憩のチョコビをもらいますが、チョコビの後はおもちゃ箱お片付け特訓とお風呂掃除特訓です。

さすがにしんのすけは、特訓ではなくお手伝いではないかと文句を言うと、みさえはチョコビを没収しようと手が出ます。すると、しんのすけはみさえの手を防ぎました。この時のしんのすけは、紙を追っていた時の動きやひまわりを抱っこしていた時の動きと同じだと確信し、やはり本当に特訓だったのだと考え直します。

というわけで、みさえは成果を試そうと言って、怪人カッチカチヤゾーの顔が描かれた、新聞紙を丸めたボール状の物体を出してきて、しんのすけは、その物体をパンチを繰り返し、さらにお尻をぶつけます。新聞は破れまして、しんのすけはアクション仮面みたいに強くなったと喜びますが、それはうどんの塊でした。

みさえはそれで夕食のうどんを作りました。しんのすけのパンチのおかげでコシがあって美味しいうどんができたとのことです。

しんのすけは、うどんのために特訓をしたのかと思うと、あまり元気がありませんが、みさえはうどんなだけにお手打ちと言うのでした。


「夏の終りのプールだゾ」
(脚本:中弘子、絵コンテ:しぎのあきら、演出:しばたあきひさ、作画監督:間々田益男、原画:入江恒輔、宇佐美萌、中村真由美、山本彩、西山努)


ふたば幼稚園。この日のプールはしんのすけと風間君の二人だけです。他の園児たちは夏休み最後の旅行、さらに当番のよしなが先生は風邪なんので、今日のプールはしんのすけと風間君と園長先生の3人だけです。

いつもの教室で着替えをしていますと、風間君は既に家から海パンを履いていまして、時間を無駄にしないためなんだそうです。

さて、プールの前で準備体操を済ませると、まずは水上カルタをすることに。しかし風間君はスイミングスクールの大会が近いので一人で練習すると言います。しんのすけは、ワイルドな5歳児になりたいのでプールサイドでまったりします。

炎天下、埼玉の夏は暑く、しんのすけはプールに入りたくなり、水上カルタをやることに。まず。動物の絵が描かれた板をプールにばらまいて、園長が動物の名前を言うので、その動物が描かれた板を取るというルールです。

まずは猫ですが、絵が下手ので分かりません。すると、練習をしていた風間君が一枚の板を拾うと正解となりました。次はコアラです。風間君はコアラらしき絵の板を拾いますが、アライグマだそうな。

水上カルタが終了すると、風間君の方が多く取ったので、悔しがるしんのすけは他の遊びをしたがりますが、風間君は泳ぎの練習を再開します。
しんのすけは園長から水鉄砲を渡され、悪人のお面を被った園長を水鉄砲の水でやっつける、題して「悪い奴をやっつけろ」というそのまんまな遊びです。

埼玉を破壊してやると暴れる園長、しんのすけは水鉄砲を打ちますと、お面にぶつかってしまい、お面が落ちます。そこからこわ〜い園長の素顔が。やはり仮面より素顔の方が怖いですな。

次は小石拾いをします。しんのすけは「組長、沈めておきました」と言って、通りすがりの男性を不安にさせたりします。しんのすけと園長は次々と小石を拾っていきますが、風間君は二人の泳ぎが気になって集中できません。

しんのすけは風間君にぶつかって、それまで拾ってきた小石をプールに落としてしまいます。そこで「必殺お尻ぶりぶり」を披露します。

プールにはしんのすけを中心に渦ができて、遠心力で石を集めるしんのすけ。一方、風間君も遠心力てしんのすけが手にしていた小石を入れる籠に入ってしまいました。

プールは終了となり、教室で着替えますが、風間君は練習にならなかったとがっかりします。さらに、パンツを忘れていた風間君。プールあるあるです。家で水着を着て行くのって、こういうリスクがあるんですよね。

そこで、園長の家に行きますと、園長は幼稚園の方におもらし用の新しい下着が用意してあるとのことです。その後、アイスを食べて昼寝をするしんのすけと風間君。今年も夏が終わりだと言う園長でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント