荒船山登山記 (2020年)

荒船山20201028IMG_197695.JPG

臼井儀人先生が亡くなられて11年過ぎた2020年、この年は10月28日に荒船山へ11回目の慰霊登山をしてきました。

10月28日は水曜日で平日ではありましたが、休みが取れたため行くことにしました。実は10月に慰霊登山をするのは初めてで、これで8月、9月、10月、11月、12月の五つの月で登山をしたことになります。

そうわけで、本日は朝の5時半に起きて6時過ぎに出ました。

さいたま市の自宅から1時間近くかけて川越市に行きまして、途中でガソリンを入れると、川越インターチェンジで関越自動車に入りました。川越まで行く道が予想以上に混んでいたので、少し時間がかかりました。

車を北の方へ走らせ、藤岡ジャンクションで上信越自動車道へ移ります。その途中にある甘楽パーキングエリアに入り、そこで休憩ともつ鍋と傍のセットを朝食として注文しました。なんか炭水化物が多いですけど、後で体力を使いますからね。

荒船山20201028IMG_197624.JPG

パーキングエリアを出ると、荒船山の内山峠までノンストップで進みました。2014年以来、荒船山まで車で行っていたおかげで、カーナビに頼らなくても行けるようになりました。

荒船山20201028IMG_197631.JPG

荒船山の内山峠には9時半頃に到着しました。既にかなりの車が止まっていて、あと少し遅れていたら、あるいは土日祝日だったら、駐車場から少し離れたところに車を置かなければなりませんでした。それにしても、9時半でかなりの車が集まって来たとは。最近は晴れの日が続いて、また紅葉の綺麗な時期ということもあって、この日は絶好の登山日和だったから多くの登山客が訪れたのでしょう

荒船山20201028IMG_197660.JPG

私は登山道で何度か登山客と遭遇しましたが、十人ほどの年配の方々の団体がいたのが印象的でした。やはり年配の男性のガイドもいまして、ゆっくり歩きながら進んでいたようです。

荒船山20201028IMG_197647.JPG

登山道は当然ながら急な斜面もあるわけで、やはりかなり体力を使います。ただし、去年に比べると汗が出た量は少なかったです。この時、荒船山は十度あるかないかという気温でしたので。昨年は九月十一日でしたから、まだ気温が高かったわけです。

荒船山20201028IMG_197653.JPG

十一時過ぎ、例のマツダランプの看板を見つけました。この看板から先は、きつい山道はもうありません。しかし、今年は少しゆっくり歩いたこともあってか、例年より時間が少しかかりました。例年通りなら、十一時前にはマツダランプの看板に行けたはずですから。

荒船山20201028IMG_197665.JPG

昨年から艫岩の崖には簡単に近づけないように木の柵が造られていました。登山客に立ち入り禁止を求めているようです。

そういうわけで、花とビールを撒くのを展望台の方からしました。しばらくすると、年配の団体登山客が来まして、浅間山や槍ヶ岳も見えるということに喜んでいました。

この日は晴れていたので、下の様子もよく見えました。しかも紅葉で非常に綺麗で、この光景を眺めるだけでもここまで登る価値が十分あると思います。

荒船山20201028IMG_197686.JPG

それからは艫岩の上を歩いて、荒船不動尊へと続く階段まで行きました。ここを進めば荒船不動尊の方へ、そしてこの先には星尾峠を経由して南牧村の線ヶ滝へのルートもあります。線ヶ滝から登ったことはありませんが、ここからだと内山峠の2倍くらいの時間がかかるようなので、行く気がなかなか起こりません。いつか行ってみようかなと思うことはありますが。

荒船山20201028IMG_197661.JPG

しばらく艫岩の上をうろついた後、下山しました。例のマツダランプを通ったのは十二時半過ぎでした。一時間半ほど艫岩に滞在していたことになります。

荒船山20201028IMG_197753.JPG

私は元の登山道を進み、内山峠の駐車場に到着したのは午後一時四十五分ほどでした。一時間強で到着したわけで、行きよりは早く進みましたが、今回の登山は休憩をこまめに挟みながらとは言え、ちょっと例年に比べると時間がかかった気がしました。もしかして、年のせいなのでしょうかね。

帰りも下仁田インターチェンジから高速道路で帰りました。昨年と一昨年は高速料金がもったいないと思い、帰りは一般道から帰りましたが、この日は例年よりも疲れを感じたので早く帰ろうと思ったわけです。ここ最近、特に体調不良でもないのですが、やっぱり年のせいでしょうか。今年、年齢を四捨五入すると40になりますので。

関越自動車道の上里サービスエリアで休憩を取った後、17時頃に自宅に到着し、しばらく休んで休憩した後、これを書きました。もちろん来年以降も行くつもりです。

ちなみに、今年は荒船の湯には立ち寄りませんでした。一時閉館して、つい最近再オープンしたそうですが、早く帰ろうと思っていたので。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

はいじま
2020年10月30日 02:49
紅葉の荒船って、とても良いでしょう?
10月は荒船が一番きれいなシーズンだと、私は思っています。

しかし艫岩からの景色が見られたのはうらやましいです。こつちはここのところ2年連続で視界不良でしたから。
2020年10月30日 20:49
荒船山は何度も登りましたが、今回が最も綺麗な景色を見ることができました。11月にも登ったことはありますが、ここまで綺麗ではなかったと思います。紅葉に覆われた10月に、多くの登山客がやって来るのも納得ですね。9月は雨や曇りが多い気がします。実際、私も9月に登った時は視界不良だったことが何度もありました。