ヤツを新宿で鑑賞してきました

本日、新宿武蔵野館で『帰ってきたムッソリーニ』を鑑賞してきました。

これは『帰ってきたヒトラー』のムッソリーニ版なのですが、内容はと言うと、『帰ってきたヒトラー』とそっくりでした。というか、これは同じスタッフが製作したのかと勘繰ってしまうほどでした。

私は『帰ってきたヒトラー』も鑑賞していますが、今回の『帰ってきたムッソリーニ』はどう見ても『帰ってきたヒトラー』のパロディですね。なので、いくつかのシーンでどういう展開になるのか予測できて、まさにその予測通りになりました。

ただ、そうは言っても絶対悪として全面否定されているヒトラーと、悪ではあるけど全面否定されているわけではないムッソリーニなので、やはり両者を取り巻く人々の反応は多少異なっていました。

ヒトラーほど極端ではなくても、ムッソリーニほどの「悪」であれば、大衆は受け入れてしまうのではないかという警鐘を鳴らしてるようにも思えました。ヒトラーだっていいところもあったんじゃないかという意見は、今のヨーロッパでは(建前上は)完全にアウトですが、ムッソリーニの場合はそうでもないという余地がありそうなので。

なので、啓発的という意味では、実は『帰ってきたヒトラー』よりも今回の『帰ってきたムッソリーニ』の方が良くできていると言えるかもしれません。

ちなみに『帰ってきたヒトラー』についての考察はこのページが興味深いですが、今回の『帰ってきたムッソリーニ』についても十分参考になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント