ハッピーエンドのみの珍しい日

2月22日のテレビアニメ感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは20回目となります。

「ひまなオラだゾ」
(脚本・絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:大森孝敏)


脚本、絵コンテ、演出がムトウユージ監督のミニコーナーは久しぶりですね。昨年の9月14日以来になりますね。ぶりぶりざえもんのミニコーナーも含めたら、11月30日以来となります。

夜、目が覚めるとしんのすけはひまわりになっていました。ひまわりになったしんのすけが騒ぎ出すと、みさえが起きておむつを替えさせられます。

朝、起きるとしんのすけは元に戻っていましたが、なぜかしんのすけはオムツを履いていました。


「バーゲンでホールインワンだゾ」
(脚本:待田堂子、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、木村陽子、樋口善法、鈴木亮、海老原尚樹)


明日はバーゲンに行く約束をしていたひろしですが、課長がぎっくり腰だったので、係長のひろしが代わりに行く羽目になったというのです。課長についてはこの記事で論じたことがあります。

みさえは仕事だから仕方がないと割り切りますが、ひろしが車を使うため、トイレットペーパーなど車でないと運搬が難しい大きなものは諦めることにします。しかし、ひろしによるとゴルフは朝一番のスタートなので、終了時間も午後一であるため、高速道路を飛ばせば、みさえの買い物が終わる頃に到着できるとのことです。

翌朝、ひろしが車で出発して、「おくかすかべカントリークラブ」に行きます。

一方、みさえはしんのすけを起こして、お手伝いをするように言いますが、しんのすけはチョコビ5個を要求、みさえは1個だと言います。交渉の結果、3個に落ち着きます。

ひろしはどのようにコースを攻めるかを解説しつつ、良好な感じです。

みさえたちがサトーココノカドーに辿り着くと、既に行列が出来ていました。ここで「ようかいケチケチおばば」という懐かしい悪口が出てきます。

ゴルフでは、取引先の人がナイスショット、ナイスパーで決まり、ひろしが褒められます。あのコースだと、パーは4か5くらいでしょうかね。その後、バンカーを超えてグリーンに乗せるのですが、ひろしは思い切ってバンカーを超えるべきだと言います。

みさえたちも思いきって混雑している洗濯洗剤の中へ。しんのすけに商品をゲットするよう指示を出します。金色のキャップが目印だそうです。

さて、ゴルフの方ですが、強く打ってしまい、バンカーどころかグリーンも飛び越えてOBに。ひろしは金色のボールを探すことになります。大事なボールだから、ひろしは何としても見つけなければなりません。ところで、私もピッチングでグリーンに乗せようとする際、強く打って飛び越えてしまうことがよくありますね。

しんのすけもひろしもゴールドの「金」を探しまして、しんのすけは洗剤の「ズバット」、ひろしは金のゴルボールを無事に見つけます。

ひろしのゴルフも順調、みさえも激安シャンプーとリンスを手に入れて満足です。ここで目玉のトイレットペーパーを買う事を聞いたしんのすけは、文字通り目玉が無数入ったトイレットペーパーを連想します。って、百目か!

目玉というのは一番買いたかったものという意味だそうです。しかし、トイレットペーパーは一人につき1パックのみという限定です。そこで、しんのすけとひまわりにも持たせて3パック買い物カゴへ。

ちなみに、私の家ではトイレットペーパーはかなりストックがあります。楽天ポイントカードが相当溜まった時に、安売りしていた楽天の店から買いまくったことがあるのです。

さて、最終ホールです。金色のボールは見事にカップへ入ります。その頃しんのすけはみさえのチョコビを要求して、ジャンボチョコビを買おうとしますが、88円(税込95円)の通常版は既に売り切れていましたので、ジャンボチョコビを3個買うことになりました。

でもって、ゴルフは無事に終了したひろしは、完璧な接待ゴルフだったと実感します。みさえも完璧な買い物だと思います。

しかし、サトーココノカドーのレジは混んでいて、ゴルフのかえりの高速道路も渋滞で混んでいます。

結果的に両者とも混んでいるのが功を奏して、みさえたちが店を出た時にひろしもサトーココノカドーへ到着しました。こうして、無事に家に帰るのでした。今回は先々週の時などとは違って、誰もが満足するという珍しい終わり方でした。まさに、ホールインワン的な展開でした。

ところで私はゴルフを始めて数年ほど経ちますが、ホールインワンは出したことがありません。ゴルフ歴約30年の私の父は、一度だけホールインワンを決めたことがあるそうです。


Bパート開始直前、映画『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』公開まであと8週という知らせがありました。


「恋の歯科検診だゾ」
(脚本:川辺美奈子、絵コンテ:横山広行、演出:平井峰太郎、作画監督:木村陽子、原画:木村陽子、川本彩、谷川亮介、鈴木亮、野口敦史)


ふたば幼稚園ホールで、歯についての口臭講習が行われるそうです。

ここで白井葉子(しろいはこ)さんが登場。文字通り白い葉です。しかしこの名前って、『あしたのジョー』の白木葉子がモデルでしょうか。でも、白井葉子は白木葉子より林紀子に似てると思いますが。

あと、しんのすけの好きな歯磨き粉はメロン味なのですね。チョコレートパフェ味はどうなのでしょうか。

次に羽賀しみるが登場。マサオ君は羽賀しみるを見るとドキドキすると言いますが、それはポスターに描いてある虫歯菌が羽賀しみるとよく似ているからのようです。まつざか先生曰く「虫歯顔」とのこと。

この後、白井葉子と羽賀しみるの検診が行われますが、園児たちが怖がっていらしく、葉子さんは猫のぬいぐるみで惹きつけますが、惹きつけられたのは猫に扮したしんのすけです。よしなが先生に順番を守れとつまみ出されますけどね。

あと、白井洋子先生は猫耳を付けてますね。この部分はなかなかポイントが高いですな。

検診では葉子は問題なさそうですが、羽賀しみるの検診では、マサオ君が診てもらっていますが、その姿は虫歯菌と重なり、さらに羽賀しみるは子供の歯は初々しいから何時間でも見ていたいとかなりヤバい事を言って笑います。しかし、その姿に惚れているのが葉子先生でした。お二人とも変人なのですな。

風間君は葉子に診てもらっている間、ボーちゃんが羽賀しみるに診てもらっていますが、ケアが行き届いていると褒められます。ボーちゃんは自分の歯に似た石を集めているので、自分の歯も大事にしているとのこと。ボーさまは歯の手入れもスーパーエリート級らしいです。

ところで、ネネちゃんは葉子が羽賀しみるに惚れていることを見抜き、それを聞いたしんのすけは歯を診てもらうことを前提に結婚を申し込むつもりだったので、ショックを受けます。

そんなわけで、しんのすけは羽賀しみるに診てもらっている間、ネネちゃんは葉子に診てもらうことにない、葉子が羽賀しみるに惚れていることを指摘します。

しんのすけの乳歯も丈夫で美しいらしく、羽賀しみるは写真に撮らせてくれまで言います。

一方、照れてしまった葉子は羽賀しみるは仕事熱心でカッコいいから惚れたとのことで、ネネちゃんは告白を勧め、
女は時に大胆になるようにと言います。

この後は虫歯予防の人形劇です。葉子は好きな羽賀しみるが傍にいて、至福の時を感じますが、今は仕事に集中です。

劇のテーマは『虫歯キング対歯ブラシ仮面』で、羽賀しみるは虫歯キングの役。まつざか先生から本人そのままと言われます。

人形劇では虫歯になった女の子を虫歯キングが襲いますが、ここでアクション仮面とそっくりな歯ブラシ仮面が参上。食べ物カス攻撃だの、フッ素ファイヤー、歯ブラシ攻撃といった応酬が繰り広げられますが、途中バランスを崩した葉子は羽賀しみると距離が一気に縮まります。

すると、歯ブラシ仮面が退場してしまいます。しんのすけは助けようと舞台裏に行くと、葉子は羽賀しみるに抱かれていました。そんな葉子の心境を知らない羽賀しみるは戸惑っていました。

それで、しんのすけが歯ブラシ仮面と虫歯キングを勝手に動かしますが、元気になった葉子は人形劇の続行を希望。

人形劇は再開となり、歯ブラシ仮面は虫歯キングを追い詰めます。「お前なんか、お前なんか!」と歯ブラシ仮面の葉子が言いますが、この後「大好きです!」と虫歯キングを抱きしめ、ズッコケる園児たち。あのズッコケは古典的なギャグですな。まつざか先生は足をピクピクさせていたし。

というわけで、人形劇はそっちのけで葉子は羽賀しみるに告白してしまいます。もちろんネネちゃんは一人で盛り上がっています。

「私を子供たちの歯のために自分を磨き続ける羽賀先生のフッ素にしてください」

という、実に奇妙極まりない自分の本音を伝えます。

それで、羽賀しみるは今まで歯の事しか考えていなかったものの、葉子の告白を受け入れることに。そして眼鏡を外した羽賀しみるはイケメンでした。

ネネちゃんは拍手を送りますが、まつざか先生は悔しがります。そんな梅さんに対して、歯ではなくて男を見る目を磨いた方が良さそうと、なかなか気の利くをことを言うのでした。

これで、ハッピーエンドで終わりました。私は羽賀しみるは歯以外に興味が無いからと、葉子を振るという展開を予想していました。私はなかなか嫌な奴のようです。

それにしても、AB両パート共にハッピーエンドで終わるとは、非常に珍しい展開ですね。先週とは大違いです。


この後の主題歌は2019年4月19日公開予定の『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の『ハルノヒ』です。たぶん5月半ば頃まで、つまり3ヶ月ほどはこの歌が流れるでしょうね。

「スカッと カスカベ スカッシュ!」

2018年7月6日から始まったデータ放送「スカッと カスカベ スカッシュ!」です。今回もしんのすけがぶりぶりざえもんの的を当てるという通常のものです。

青のぶりぶりざえもん赤のぶりぶりざえもん緑のぶりぶりざえもん黄色のぶりぶりざえもんのうち、しんのすけが当てたのは青でした。

前々回は赤前々回は緑前々々回は青前々々々は赤だったので、今回こそ黄色が来ると思っていましたが、またしてもフェイントをかけられた気分です。黄色はいつになったら来るのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

風ネネholic
2019年02月28日 21:46
AB両パートともハッピーエンドで締めるのって、確かにクレしんではレアなケースだと思います。でもこうしたハッピーエンドで終わる話もクレしんには結構あると思うので、今回が初めてではないと思います。
ところで若干ホラーっぽいミニコーナーは何だったのでしょうか。ひまわりとの「入れ替わり」ということで、次回の内容を意識したのではないでしょうか。
チョルス
2019年02月28日 21:57
両パートともハッピーエンドになるのは、過去にも前例はあったかと思いますが、思い出せませんね。時間があれば、過去の話を見て調べてみるのも面白いかもしれません。
最初のひまわりと入れ替わるミニコーナーですが、今回の両パートとも関係があるようには見えません。次回の風間君と入れ替わる話を意識して制作されたかもしれませんが。

この記事へのトラックバック