クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『野原ひろし 昼メシの流儀』の第35話

<<   作成日時 : 2018/10/10 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『まんがタウン』2018年11月号(2018年10月5日発売)に、『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)の第35話「牛カツ定食の流儀」が掲載されました。いつも通り、ページ数は16ページです。

ひろしが川口の企画書を見て、やり直しを命じます。奇抜さを狙っていることが丸わかりだったようで、人と違ったことをすれば良いわけではないと言います。

正午、ひろしは昼食で何を食べるか道を歩いていると、牛カツ定食の150円引きの券をもらいます。牛カツは一時期行列ができるほどはやったらしく、並ぶのが嫌で行かなかったひろしは、もう行列ができていないので牛カツの店に入ってみます。

カウンター席で、ひろしは牛カツ定食を注文し、割引券を出します。関西と違って関東ではまだ奇抜な部類の料理だという牛カツに対して、ひろしは認めないという方針です。果たしてトンカツ好きなひろしの舌を満足させることができるのか、厳しくチェックする方針のひろし。

出てきた牛カツ定食は、薄く切ったトンカツという感じの見た目で、店員がタレの説明をします。左側はダシ醤油でワサビと一緒がお勧め、右側は山椒塩です。他にもテーブルにはソース、ダシ醤油、ドレッシング、カレーパウダー、塩、山椒といった調味料があり、空も小皿もあります。ご飯とキャベツと味噌汁はおかわり自由です。

タレも色々あるところに奇抜さを感じるひろしは、肉がミディアムレアになっているのに驚きます。とりあえず千切りキャベツを食べて落ち着きます。まずワサビを乗っけてだし醤油につけて食べますと、トンカツとはまた違う味のようで、なかなかの美味のようです。

山椒塩でも行けるようで、ソースでは大阪の串カツを思い出すひろしです。カレーパウダーにつけても良く、カレーは何にでも合うようです。

千切りキャベツや味噌汁と一緒に食し、カツが細かく切ってあることで、色々な味が何度も楽しめるに気付いたひろしは、キャベツとご飯をお代わりします。すると、隣の若い男性二人が会話をしています。一人の男性が、もう一人がご飯にカツとキャベツを乗っけて、カレーパウダー、山椒塩、ダシ醤油、ソースを一緒にかけるのは奇抜すぎると言います。

すると、その奇抜な食べ方の男性は「枠にとらわれてちゃ新しい世界を出会えない」と言ってみます。それを聞いたひろしは、その奇抜な食べ方を真似して、スペシャル牛カツを楽しみました。

会社に戻ったひろしは、川口に企画書をもう一度見せてほしいと頼み、「枠にとらわれてちゃ新しい世界を出会えない」と言います。しかし、女性社員によるとアニメ『ふしぎ魔女っ子マリーちゃん』の台詞だそうです。あの男性、『マリーちゃん』が好きなのか。 

ちなみに、これを書いている時、私は豚骨ラーメンならぬ牛骨ラーメンを思い出しました。名前から想像できますが、豚骨の牛版です。私が高校生の時の学校の帰り道にこの牛骨ラーメン店があって、土曜日の昼の学校帰りに行っていました。当時、私の高校は週休二日ではなく、土曜日は半ドンでした。この牛骨ラーメンはかなり濃いですが、非常に美味しくて、ほぼ毎週通っていました。

そこでは若い男性の店員がラーメンを作っていまして、半ライスがタダで付くので私は毎週頼んでいまして、しばらくすると黙っていても半ライスが出るようになりました。しかし、私が高校2年の終わりか高校3年の時に店が閉店してしまいました。残念なことでした。

その後、別の中華料理屋ができましたが、口に合わなかったのですぐにやめました。この店も閉店になったようですが、今は別の中華料理屋になっています。入ったことはありませんが。


月刊まんがタウン 2018年 11 月号 [雑誌]
双葉社
2018-10-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

『野原ひろし 昼メシの流儀』の第35話 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる