この日は『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』公開初日!

4月13日のテレビアニメ感想いきます。タイトルにも書きましたが、この日は『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の公開初日でもあります。私が初めて鑑賞したのは翌日でしたが。


「父ちゃんのサラサラヘアーだゾ」
(脚本:清水東、絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督:間々田益男、原画:林静香、入江康智、篠原真紀子)


ひろしの髪形は濡れても形が変わらないことを指摘するしんのすけ。ひろしは剛毛の天然パーマだと言います。

ただ、髪の毛が伸びてきたことを気にしたひろしは、おそらくその翌日の昼頃、バーバー馬場という店から、BACK☆COME☆ONを彷彿させる人が出てくるのを見たひろしは、一緒にいたしんのすけと店の中に入ります。

店内では、しんのすけは待っている間に『アクション仮面』の漫画を読みだし、ひろしは「縮毛矯正!サラサラヘアーで濃い顔もさわやか!」というポスターを見ます。ひろしの天然パーマは手に毛が絡むほどの剛毛でして、サラサラヘアーになってMMKな姿を妄想したりします。

ひろしとしんのすけの番になると、しんのすけはアメリカンショートヘアーと言います。猫か!それで、イケメンの髪形を指定しますが、それも無理なので少し短くすることに。

ひろしは縮毛矯正一丁、両多めのバリカタサラサラと注文します。これを聞いて、博多天神を思い出しましたが、作中の年配の男性理容師も博多のラーメンかと心の中で突っ込みます。

最初にシャンプーをする時、ひろしは秋田の高校生時代、髪形をからかわれたり、髪形が原因で女性の振られたり、クワガタが髪の毛の挟まったり、つらい時代を思い出していたので、シャンプーが終わった時、ひろしは泣いていて、理容師から変人だと思われるのでした。

さて、しんのすけが先に終わりアクション仮面の漫画を読んで暇つぶしに。それから3時間、ようやくひろしも終わります。ひろしが髪形を変えてもらっている間、私は「父ちゃんと散髪だゾ」(1994年11月14日、原作は10巻のc-8)を思い出していました。あの時は「ぴゅー」と血が飛び出していましたが、今回は無事でした。

その姿にひろしは自信満々となりますが、しんのすけは改造人間になったのかと、ドン引きします。ちなみに、視聴者にはどういう髪形が、まだ明確に描写されていませんが、通りすがりの女性たちもドン引きしています。帰宅した後、みさえとひまわりもひろしの姿にドン引きです。

ここで初めて視聴者もひろしの髪形がお披露目されますが、うーんそんなに引いてしまうほどですかね。確かに多少違和感はありますが、私はドン引きするほどではありませんでした。それより、「だんだん変になる髪形だゾ」(199
9年7月23日)でみさえが披露した髪型の方がドン引きものでした。

みさえとしんのすけとひまわりはドン引きどころか凍り付いていまして、完全にひろしの自己満足。ひろしはひまわりを抱き上げると、蹴りを入れられるのでした。

そして、みさえは夕飯の支度を、しんのすけもオモチャを散らかさないとというわけで(←ファッ!?)、ひろしの髪形を相手にしません。それを不服な感じのひろしは以前買ったけど使えなかったヘアージェル、ヘアースプレー、ヘアーワックスで、七三や逆立てや毛先遊びなどをやります。ひまわりの髪形を真似する場面、微妙に可愛いかも。

夕食の時間になっても、洗面所から動かないひろしはよほど嬉しかったようです。しかし翌朝・・・、いつもの剛毛の天然パーマに戻っていました。ひろし涙目。


「ひまわりが来ちゃったゾ」
(脚本:川辺美奈子、絵コンテ:横山広行、演出:ムトウユージ、作画監督:間々田益男、原画:木村陽子、三本めぐみ、堤舞、釘宮洋、佐々木綾子)


私の母が未就学児の時、母は姉(私の伯母)の通う小学校に勝手についてきてしまったことがあります。姉は家に帰そうとしたものの、学校の先生は「別に良いのよ」と言ってくれて、その日は学校の教室にいたらしいです。昭和30年代は大らかな時代だったのです。

今回はその幼稚園版とも言うべき話です。平成30年代でも幼稚園なら大らかなようです。

朝、いつも通り便所に引きこもったしんのすけは今日も幼稚園バスに乗れなさそうです。それで謝るみさえですが、その様子を見たひまわりは、庭に出てシロを呼び出します。って、あんな能力を身に付けていたのか。そして、ひまわりはシロに乗ってバスに近づき、トイレから出たしんのすけが悪ふざけをしている間に、バスにこっそり乗り込みます。

幼稚園、マサオ君はしんのすけの後ろに誰かの手が出ているを見ます。それをお化けだと勘違いしたマサオ君ですが、風間君は何もいないと言いますが、しんのすけの背中にひまわりがしがみついていました。って、気付けよ。
というわけで、幼稚園から野原家に電話が来て、みさえは謝って迎えに行くことに。

ところで、この時のみさえの傍には固定電話がありましたが、みさえが使っていたのはスマホです。今、固定電話ってあっても使わないですね。なので解約する人も多いそうですが、固定電話は解約しないでおくことを勧めます。固定電話って、実は意外に必要とされることもありますので

さて、副園長は外出中なので園長がひまわりの面倒を見ようとしますが、顔がモロ「その筋」故に泣かれてしまいます。というわけで、ひまわり組で面倒見ることに。

さっそく、ボーちゃんは鼻水芸を披露してひまわりを喜ばせます。そして、次にひまわりはマサオ君の王冠を喜びますが、あの王冠はどこから調達したのでしょうか。幼稚園の付属品でしょうか。と思ったら、他の園児たちも色々な装飾品を持ってきてひまわりを喜ばせていましたので、幼稚園の付属品です。

その頃、みさえは自転車がパンクすることに気付いて、すっかりくたびれていました。

そして、風間君はひまわりを可愛く思い、風間君は自分を王子様、ひまわりをプリンセスとみなし、自らひまわりに従属します。それで、風間君は妙にひまわりと意気投合します。

そこへしんのすけが介入してきて、しんのすけはトオルお兄ちゃんと呼んでもっと遊んでと言ってきます。風間君はもっとひまわりと面倒を見ろとしんのすけに言いますと、しんのすけは最近ひまわりがお気に入りの遊びを提案します。

まず、よしなが先生がオニをやります。大人がオニをやると喜ぶそうですが、その遊びは「だるまさんがころんだ」でして、意外にまともなのですね。と思いきや、オニのよしなが先生は「だるまさんがころんだ」と言う時、お尻を振らなければ喜ばないのです。さすが、ひまわりを遊びで喜ばせるには一筋縄ではいかないようです。

よしなが先生は控えめに振りますが、ひまわりの機嫌が悪いです。それで、よしなが先生はひまわりが喜ぶまでお尻を振らされまして、それを見たボーちゃんは「見てられない」、ネネちゃんは「先生って大変ね」と同情的です。そう、幼稚園の先生は大変なのです。

結局、ひまわりはどこか行ってしまいますが、そのまま風間君と追いかけっこをしますが、周りの園児たちの邪魔をしまくります。ひまわりは本気を出してきたらしく、風間君の股間にも攻撃します。それで、ひまわりのご機嫌を取れずに泣いていた先生が、壁に顔をぶつけてどうにかひまわりを捕まえた瞬間、みさえが来ました。

こうして、ひまわりはみさえと共に帰ることになりますが、数年後にひまわりが入園したら、毎日「だるまさんがころんだ」を毎日やらされるのかと危惧するよしなが先生でした。そんなよしなが先生の心境など露知らずのひまわりは、可愛い寝顔を見せていたのでした。


EDでは『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の主題歌『笑一笑 ~シャオイーシャオ~』が流れました。たぶん、5月の半ばまでこのEDは続くでしょう。


「東西南北あっちむいてホイ!」

サンバでのあっちむいてホイです。サンバ姿のしんのすけだけが担当の通常版です。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけが向いたのは北でした。私は南を向いたので、負けました。


そして、『笑一笑 ~シャオイーシャオ~』のCDを30名にプレゼントという、ももクロからの告知がありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

風ネネholic
2018年05月03日 20:00
この日の話のような風間くん&ひまわりの絡みって、結構多いですよね。他の話では風間くんがひまわりとのゴールインを妄想する、キスするなど、ある意味「公式カップル」扱いだなと感じます。 p.s. 記事冒頭の日付は4/13の間違いではないでしょうか。4/16は月曜日ですので。
チョルス
2018年05月03日 23:09
確かに風間君とひまわりの絡みって、今までも何度か観た記憶があります。「公式カップル」とも言えなくもないわけで、もしかしたら今後、風間君が身を挺してひまわりを守るというスペシャル番組や映画が作られる可能性もあるように思います。

p.s. の件ですが、ご指摘ありがとうございます。これは4月13日の間違いです。テレビアニメ感想執筆を開始した4月16日と書いてしまいました。先ほど訂正しておきました。
青たこ
2018年05月04日 13:03
風間クン、しんのすけを「お義兄さん」と呼ぶ屈辱に堪えられるんでしょうかね?(笑)
チョルス
2018年05月05日 05:20
むむむ、そこは見落としておりました。風間君がしんのすけを「お義兄さん」と呼ぶとは、これ以上の屈辱はそうは無いですね。今度風間君がひまわりとの絡みで変な妄想しだしたら、「トオル、考え直せ!」と呼びかけてみようかな(笑)

この記事へのトラックバック

  • Der grosse Diktator

    Excerpt: 4月20日のテレビアニメ感想いきます。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2018-04-20 23:31