クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 漫画家の先生方が好きなしんちゃん映画

<<   作成日時 : 2018/04/06 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 2

2018年4月5日発売の『マンガタウン』の5月号には、『コミックエッセイ特集〜私の好きなしんちゃん映画〜』と題して、各漫画家の先生方の好きな『クレヨンしんちゃん』の映画を紹介する漫画が載りました。


カワハラ恋先生は『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』がお気に入りです。

火ノ鹿たもん先生は『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』がお気に入りです。

唐草ミチル先生は『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』がお気に入りです。

大場玲耶先生は『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』がお気に入りです。

伊勢ともか先生は『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』がお気に入りです。なお、伊勢先生は『クレしん』のテレビアニメが始まった1992年生まれだそうです。うーん、私より7つも下ですか。私も歳をとったものです。

月島綾先生は『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』がお気に入りです。


なるほど、『オトナ帝国』と『戦国大合戦』、さらに『ロボとーちゃん』や興行収入1位の『引越し物語』が入っているのは分かりますが、『ヤキニクロード』が入っているのは、ちょっと意外な気がしないでもないです。

もっとも、後に大ヒット作の『ガールズ&パンツァー』を生み出した水島努監督の偉才ぶりが垣間見えると思えば、不思議ではないでしょう。

ちなみに、私の一番好きな作品はこの記事に書いた通りです。6年前に書きましたが、当時から見解は変わっていません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
漫画家の先生方が好きなしんちゃん映画(その2)
2018年5月2日発売の『マンガタウン』の6月号には、前回と同じく『コミックエッセイ特集〜私の好きなしんちゃん映画〜』と題して、各漫画家の先生方の好きな『クレヨンしんちゃん』の映画を紹介する漫画が載りました。 ...続きを見る
クレヨンしんちゃん分析録
2018/05/08 22:00
漫画家の先生方が好きなしんちゃん映画@2019年春
2019年4月5日発売の『マンガタウン』の5月号には、『コミックエッセイ特集〜私の好きなしんちゃん映画〜』と題して、各漫画家の先生方の好きな『クレヨンしんちゃん』の映画を紹介する漫画が載りました。 ...続きを見る
クレヨンしんちゃん分析録
2019/04/07 20:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本文芸社の中高年向けの漫画雑誌「週刊漫画ゴラク」には新作映画紹介の極楽シアターというコラムがあるんですが、本日店頭に出た(関西圏では木曜に出る)4/27日号で『爆盛!カンフーボーイズ』が取り上げられています。
執筆した北川れい子さんは毎年クレヨンしんちゃんを観賞するとか。普段クレしんの事なんか書かない人が書く評論って大概「あのオトナ帝国や戦国大合戦の〜」だとか書かれててゲンナリさせられますがそういう事もなくちゃんと今回の新作の話のみ!という潔さ。
辛口な事も多いコーナーですが定番の高クオリティといった感じの高評価。こういう雑誌でクレしん映画が取り上げられるのは衝撃でした(笑)
青たこ
2018/04/12 21:41
北川れい子氏が『クレヨンしんちゃん』の映画について執筆するとは、少し意外な印象を受けました。
確かに、普段は『クレヨンしんちゃん』に関心の無い方が書くことは、映画の『オトナ帝国』や『戦国大合戦』に言及している場合が多いですが、今回は新作のみを取り上げるとは、『クレしん』も長く多くの作品を生み出してきたことから、名実ともに国民的作品として受け入れられてきたのでしょうね。特に、『B級グルメサバイバル』以降、急速にそのような傾向になっていったかのような気がします。
チョルス
2018/04/12 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

漫画家の先生方が好きなしんちゃん映画 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる