クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『野原ひろし 昼メシの流儀』の第23話 (月刊アクション版)

<<   作成日時 : 2018/01/11 21:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

『月刊アクション』の2017年9月号に『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)「駅弁の流儀」が掲載されました。イレギュラーな掲載なので、第何話ということはありませんが、単行本第3巻では第23話になります。いつも通り、ページ数は16ページです。

出張で大阪に行くことになったひろしは東京駅で、新幹線の中で昼メシの駅弁を食べようと思い、売り場に行きます。うまそうなのは1000円以上するものが多い印象を受けるひろしですが、鶏めし(鶏そぼろ入り)が870円なので、これにします。

新幹線に乗ると、指定席だったようで3人席の真ん中に座るひろしです。すると、窓際にはやけにシュッとしたビジネスエリートという感じの男性が座ります。ひろしと同じ出張かもしれません。ちなみに、通路側は人のよさそうな年配の大生です。

窓際の男性はノートパソコンでさっそく仕事です。ひろしも対抗心で手帳でスケジュールチェックしたり、手帳の巻末にある計量単位換算表を眺めたりしますが、暇つぶしにもなりません。

というわけで、弁当を食べることにします。鶏めしの弁当はなかなか豪華でメインの鶏肉、鶏そぼろ、卵そぼろなどがあります。まず卵そぼろを、次にメインの鶏肉、そして鶏そぼろを楽しみます。

一方、窓際の男性はバリバリ仕事をしていましたが、途中でやめて駅弁を食べ始めます。しかし、男性の弁当は「コケッコー弁当」という子供っぽいものでした。中身もチキンライスにから揚げにポテトと、いかにも子供が好きそうなメニューです。

先割れスプーンとおしぼり、しかも(お子様ランチによくある)日の丸の旗をチキンライスに立てます。そして、男性は先割れスプーンで美味しそうに食べます。さっきまで仕事をしていた時とは違い、子供みたいな顔で食べています。ひろしはその様子を見て、「ぼくチキンライス大好き〜」って声が聞こえてきそうだと思います。さらに、から揚げにレモン果汁を少しだけかけたりします。

ひろしはブラックの缶コーヒーを飲みますが、窓際の男性はコーヒー牛乳を飲みます。実に無邪気な表情で。何分か後、男性は再び仕事に戻り、表情もまた真件に。オンはバリバリ仕事をしてオフでは思いっきり童心に返るという姿に、ひろしはこれこそできる男で、出張中のビジネスエリートの駅弁の流儀だと思い、負けを認めるのでした。

そして、自分も旗も立てようと思うひろしでした。

なお、この話の続きは『まんがタウン』2017年9月号に掲載された「串かつの流儀」でした。


月刊アクション2017年9月号[雑誌]
双葉社
2017-08-10
月刊アクション編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊アクション2017年9月号[雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

『野原ひろし 昼メシの流儀』の第23話 (月刊アクション版) クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる