クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『野原ひろし 昼メシの流儀』の第9話

<<   作成日時 : 2016/08/07 17:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

『まんがタウン』2016年9月号(2016年8月5日発売)に、『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)の第9話「さば味噌の流儀」が掲載されました。いつも通り、ページ数は16ページです。

ある日の午後、ひろしが電車に乗っていると、隣のサラリーマン二人の会話を耳にします。その会話の内容は、一人の方のサラリーマンが、母親が週末に上京して、ああだこうだと子供扱いされて困ったものの、夕食のサバの味噌煮を作ってくれて、お袋の味を堪能できて良かったとのことです。

その会話を聞いて、サバの味噌煮が食べたくなったひろしは、サバの味噌煮を夕食に出してくれと、みさえにメールし、みさえから承諾の返事をが来ます。しかし、その夜の野原家の晩御飯はハンバーグでした。しんのすけが、ハンバーグにしてくれとうるさかったそうです。

翌日の正午、ひろしは絶対にサバの味噌煮を食べると決意を固めたひろしは、川口ら後輩の新しくできたラーメン屋の誘いを蹴って、サバの味噌煮を狩る旅に出ます。すると、ごはん処の大窓屋で、サバの味噌煮があることを思い出したひろしは、大窓屋に向かいますが、「さばの塩焼き定食」(850円)しかありませんでした。

この大窓屋は大戸屋が元ネタがあることは簡単に想像できますが、実際に大戸屋のメニューを調べてみると、さばの料理は炭火焼き定食しかないようです。

さて、ひろしは近くの居酒屋に行って、ランチのメニューをみてっますが、その週のランチはハンバーグでした。こうして、ひろし放浪は続きます。時代の波に流されて姿を消してしまったのではと危惧し、サバの味噌煮を忘れいてた自分自信にも責任があると感じます。

しかし、とある小料理屋でサバの味噌煮を見つけます。その小料理屋のランチメニューは、以下の通りです。


・さば焼
・さば味噌煮
・マグロブツ
・とりから揚



小料理屋のおばさんに、サバの味噌煮定食を注文したひろしは、それまでに苦難を思い返します。これは私の想像、というか妄想ですが、ひろしが約束の小料理屋がある地にたどり着くまで、きっと40分かかったでしょう。その小料理屋の名前は不明ですが、もしかしたら「かなん」だったりして。

ひろしはサバの味噌煮定食を堪能しますが、慌てて食べてしまった背う意で、小骨がノドに刺さってしまいます。そこで、ご飯を噛まずに飲み込んで、小骨を取ろうとしますが、できません。もう一度やってみて、今度が成功しました。

小骨が取れて機嫌の良くなったひろしですが、小骨を取るのに多くのご飯を飲み込んでしまったので、もうご飯が少ししか残っていません。メシ無しのさば味噌なんて・・・と、悲観していたひろしですが、小料理屋のおばさんが、ご飯おかわり無料だと言ってくれて、ひろしの昼飯は救済されました。

こうして、ご飯のありがたさを認識した昼食を終えて、午後も頑張ろうと会社に戻るひろしでした。

なお、実は私、この記事を書いている時、パソコンの横に『まんがタウン』の9月号を横に置いていますが、実はパソコンの画面には『ガールズ&パンツァー』のテレビアニメ版DVDの第1巻を再生させた映像が流れています。急に『ガルパン』をまた鑑賞したくなったのです。テレビアニメ版の第1話を観ながら、この記事を書いていたのですが、第1話で主人公の西住みほが学食で注文したのがサバ煮定食だったので、驚きました。前に観た時は全然気にしていておらず、記憶に残っていませんでしたが、こんな偶然もあるのですね。

サバの味噌煮定食は、若い子たちにも人気があるのかもしれません。あるいは、そうあってほしいという『ガルパン』の制作スタッフの方々の願望かもしれませんが。


月刊まんがタウン 2016年 09 月号 [雑誌]
双葉社
2016-08-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊まんがタウン 2016年 09 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
喉に骨が刺さってご飯を飲み込めば取れるってむしろ危険なんじゃないかなぁって昔から思ってたんですがどうなんですかね。
「お代わりいかがですか?」には癒されますねぇ…事前に言っておいてもらえると初めからそのつもりで多めに食べちゃって後で言い出し難くなると困っちゃいますが。
そう言えばこの前喫茶店のランチでそう言われたんで頼んだらお代わり漬けて持って来てから「100円UPだけどいい?」と言われてぶっ飛びましたね(笑)
「…じゃあ要らない」とは言えないので貰いましたが…先に言わんかい。
青たこ
2016/08/16 22:26
ご飯を飲みこめば魚の骨が取れるというのは、果たして事実なのか否かですが、私は経験がありませんので、何とも言えません。確かに、考えてみれば危険ではないかと思いますし。
「お代わりいかがですか?」、確かに家庭的な感じがして、ついしたくなってしまいますね。
とは言っても、100円余分に取ることを先に言わないとは、ちょっと意地悪な感じですね。それでも、ひろしの時のような家庭的な雰囲気が漂っていれば、つい払ってしまうかもしれませんが。
チョルス
2016/08/18 00:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

『野原ひろし 昼メシの流儀』の第9話 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる