東京都の漫画規制条例の改正(改悪?)について

前回の記事のコメント欄で、次回(つまり今回)ネットや出版物におけるデマ情報を取り上げるつもりだと書きましたが、予定を変更して、東京都の漫画規制条例について書きます。

12月15日、東京都青少年健全育成条例改正案が可決し、成立しました。というわけで、この条例改正案についてです。

そもそもこの条例はどういう背景で成立して、何が問題視されているか、その辺りをまず整理しておきますです。

漫画には18禁、つまり18歳未満が購入できない成人漫画というのがあり、内容は過激な性描写が含まれているなど、18歳未満の未成年者が閲覧するには不適切な描写の含まれているわけですね。

このような自主規制自体は元々出版社と書店によって行われていたわけですが、中にはあからさまな性行為や(本条例賛成派の主張するところの)著しく倫理に反した描写、例えば子供の強姦や近親相姦を描いた漫画が18禁ではなく、一般向けとして売られているというのが現状です。

これは、東京都には元々その手の漫画を規制する条例そのものはあったものの、「青少年の性的感情を刺激するもの」という曖昧な文言だっため、一部の強姦などを扱った漫画が書店の一般向けの棚に置かれていました。

今回の東京都の条例は、そういった漫画も18禁の棚に移動させられるように改正されたもので、強姦や近親相姦など著しく社会的倫理に反すると判断されうる内容が含まれている漫画は、一般向けから18禁へ移動されていくというわけです。

それで、この条例の改正は何が問題かというと、そもそも強姦や近親相姦を不当に賛美または誇張するって、それは一体誰が判断するのか、そしてその手の性行為などを不当に賛美または誇張するというのは、拡大解釈される懸念があるということです。

ただし、その拡大解釈がどこまでなされるかは何とも分かりませんが、少なくともクレしんが発禁処分になるほどのものとは考えにくいです。

この条例案が可決したことを受けて、「日本オワタwww」だの日本の漫画文化が滅びるといった声がネット上で上がっていますが、とりあえずクレしんは大丈夫だろうと思います。

というのは、東京都側もこの条例の改正についての質問の回答集を作成して公開しており、以下のページで作成の簡潔な経緯と実際の質問回答集を(PDF形式で)閲覧可能です。


http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/04/20k4q500.htm
>「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案 質問回答集」の作成について

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/04/DATA/20k4q500.pdf
>東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案 質問回答集


上のPDFの回答集に、以下のような質問と回答があります。


6 18歳未満の登場人物の性的な描写があれば、全て規制の対象になるのですか?

いいえ、そのようなことはありません。
今回の条例改正で、「子供に売らない」対象となるのは、18歳未満の登場人物の「性交又は性交類似行為」が明確に描かれたものに限られます。(「性交類似行為」については問4をご覧下さい。)
さらに、そのような「性交又は性交類似行為」の明確な描写を、正当な理由なく、読者の性的好奇心を満たすことを目的として、不当に賛美したり強調したりしたものに限定しています。
つまり、子供と大人、又は子供同士の性行為が、全編の大部分にわたって描かれたような、いわゆる「エロ漫画」のうち、子供との性行為の描写がメインとなっているものに限られます。
単なる裸はもちろん、子供のベッドシーンや性行為の描写が含まれるというだけで、規制の対象になることはありません。



つまり、「性交又は性交類似行為」の明確な描写を、正当な理由なく、読者の性的好奇心を満たすことを目的として、不当に賛美したり強調さえしなければ規制の対象外になり、単なる裸はもちろん、子供のベッドシーンや性行為の描写が含まれるというだけで、規制の対象にならないわけです。


また、以下の回答では具体的な作品名と該当シーンの例を挙げています。


例えば、よく問い合わせのある以下のような漫画などについては「性交」又は「性交類似行為」を描いたものではないので、今回の対象にはなりません。

・「ドラえもん」(しずかちゃんの入浴シーン)
・「サザエさん」(ワカメちゃんのパンチラシーン)
・「キューティーハニー」(如月ハニーの変身シーン)
・「クレヨンしんちゃん」(しんのすけがお尻を出すシーン)
・「ドラゴンボール」(ブルマが裸になるシーン)
・「新世紀エヴァンゲリオン」(レイやアスカのヌードシーン)



我らがクレしんも規制の対象外とみなされるようなので一安心、と言いたところですが、そういうわけにはいきません。「ぞうさん」はどうなんだYO!?と言いたくなりますし、そもそもいずれ拡大解釈されて、上記の描写もアウトという可能性も(かなり低いと思いますが)ゼロではないので。

以上、東京都側の具体的な主張を紹介しましたが、ここで書いておかなければならないのは、

「 上 の 質 問 回 答 集 の 根 拠 に な っ て い る 改 正 案 は 「 解 釈 が 曖 昧 で 恣 意 的 運 用 の 恐 れ 」 な ど の 批 判 を 受 け て 否 決 さ れ て い る 」

ということです。

当初の改正案は拡大解釈される懸念が強いため可決には至らず、そこで規制対象を「「強姦」など法律に触れる性行為や「近親相姦」などを不当に賛美するもの」とより具体的な内容に改正し、これによって民主党なども賛成に回って可決に至ったのですね(ただし、改正案では年齢の規制が無くなり、未成年者でなくても違法な性描写があれば規制対処になるので、却って拡大解釈される恐れがあるという批判もあるそうですが)。

まあ、クレしんの場合は強姦や近親相姦を不当に賛美する描写など含まれていませんから、特に問題はないでしょう。上の否決された回答質問集をより具体化したのが、今回可決した改正案ですから、クレしんでのケツだけ星人などが規制対象にならないでしょう。

ここでもう一つ書いておかなければならないことは、今後この条例によって、東京都に睨まれてアウト!とされた漫画が発禁になるわけではないという事です。あくまでも18歳未満は購読禁止措置を受けるだけであって、18歳以上であれば何の問題もなく購入や閲覧は可能ということです。つまり、石原都知事も主張していたようですが、今回の条例改正はあくまでも年齢制限の強化のみであって、書き手の自由までを制限するわけではないということです。

つまり、万が一、クレしんが「ぞうさん」シーンなどえ摘発対象になっても、それは発禁を意味するわけではなく、ただ18禁向けの棚に移動させられる、つまりクレしんは18歳以上のみに閲覧可能ということになるだけです。そして、今回の規制対象はあくまでも強姦や近親相姦などを不当に賛美する内容の作品のみというわけです。

とは言ってもですよ、私はこの条例には反対の立場です。理由は、拡大解釈される懸念があるからです。また、今回新たに規制させると思わる漫画が、青少年にどれだけの悪影響を及ぼすのか、つまり青少年による犯罪とこの手の漫画の売り上げに明確な相関関係があるのかなど、科学的な証明(疎明)が行われたことがないからです。

強姦や近親相姦のシーンを描いた漫画が規制対象になるとのことですが、これが通常の性描写、さらには暴力や殺人、ちょっとした法律違反のシーンにまで拡大解釈される懸念もあります。後述する漫画家らによる会見で、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の秋本治氏も、主人公の両さんが普通の生活をするようになってしまうという発言もしていましたし。

私がこの改正案に反対するのは、今回の改正で漫画家や出版業界が凄まじい反発を見せているというのもあります。私は漫画の制作や編集には全くの部外者でありますが、当事者である方々がこうまで反発する様子を見ると、危機感を持たざるを得ません。

以下の記事で、やまさき十三氏、秋本治氏とちばてつや氏が改正への反対の会見での意見が載っています(他の漫画家の方の意見も載っています)。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1011/29/news099.html
>「漫画から翼を奪う」と秋本治さん 都条例改正案に漫画家、出版社が反対会見

「フィクションを現行法で罰しようとすることにそもそも無理がある」
「漫画表現は、書き手が話し合いながらクリアしていく問題で、それで解決できると思っている」

(やまさき氏)

「漫画は誰が見るか分からないということを絶えず意識して書いている」
「こち亀の両さんは、仕事中に酒も飲めず、賭け事もできず、普通の生活をするようになり、漫画として成り立たなくなる。自由度があるのが漫画の世界で、(条例案は)漫画から翼を奪う。何も描けなくなるかもしれない」

(秋本氏)

「大学で漫画を教えているが、若い作家がずいぶん萎縮している」
「『悪書追放』運動などを経験してきたが、こういう法令が通った状況だったら漫画が続けられなかったと思う。そういう思いをこれからの作家にさせたくない」
「漫画は悪書追放やコミック不買運動などで叩かれ、すそ野をどんどん削られ、山の形が崩れそうになっている。自由な表現ができて初めて文化が育つと理解してほしい」

(ちば氏)


また、以下に集英社の編集者2名(Dr.マシリトとマッチ茨城)による意見も載せられています。


http://www.jiji.com/jc/zc?k=201012/2010121300761
>自社漫画のアニメ化作品も出展拒否=都の漫画規制に抗議-集英社

「ぜひ石原慎太郎(都知事)をぶっ飛ばすような漫画を」(鳥嶋和彦専務)

「萎縮しないで好きなものを描いてほしい。面白ければジャンプは全部載せる」(茨木政彦第3編集部長)


Dr.マシリトとマッチ茨城もなかなか強気な姿勢を見せていますが、マシリトはともかくマッチがここまで強気な姿勢を見せているのは、ちょっと意外な気がしました。今回の条例改正に対する、出版関係者の懸念ぶりがうかがえます。

ちなみに、Dr.マシリトは「Dr.スランプ」に登場する、鳥嶋氏がモデルの悪役キャラです。マッチ茨城は「シェイプアップ乱」に登場する茨城氏がモデルの漫画編集者です。それにしても、鳥嶋氏も茨木氏もかつては「ジャンプ」内での一編集者だったのに、出世したんですねぇ。

そういえば、「シェイプアップ乱」では主人公の乱ちゃん(←女子高生なので未成年者)の入浴や着替えのシーンで彼女の裸がよく描かれていましたが、強姦や近親相姦ではないので大丈夫でしょう。ただ、この作品には乱ちゃんと同じ高校に通う女子高生がチンピラたちに強姦される話があるんですよね(たしかサブタイトルは「墜ちた天使」だったと思います)。少年誌(週刊少年ジャンプ)でよくこんな話を描いたなと思ったものですが、これはひっかかるかも。まあ、作中では強姦の「具体的な」シーンはほとんど描かれておらず、賛美も誇張もしているとは到底思えないので、大丈夫でしょうが。

とはいえ、出版社からすれば今回の改正はタダ事ではないようで、この集英社も含めた大手を中心に出版社10社が、石原都知事が実行委員長を務める「東京国際アニメフェア2011」の参加をボイコットする緊急声明を出しました。以下に、該当記事の具体的な出版社が含まれた箇所を引用します。


http://natalie.mu/comic/news/42110
>青少年健全育成条例改正案、都議会で可決

秋田書店・角川書店・講談社・集英社・小学館・少年画報社・新潮社・白泉社・双葉社・リイド社から成るコミック10社会は、石原慎太郎東京都知事が実行委員長を務める「東京国際アニメフェア2011」への参加および協力を拒否する緊急声明を出していた。


なるほど、クレしんを出している双葉社もボイコットですか。クレしんが規制されるという懸念があるからでしょうか。まあ、クレしんだけでなく、双葉社は小学生の妊娠と出産を描いたかなりアレな漫画も出していましたね。ただ、その「コドモのコドモ」という漫画は、小学生の妊娠を描いていると言っても、強姦や近親相姦が描かれているわけではないですから、条例を字面通り解釈すれば規制の対象外になるでしょうが。

しかし、強姦や近親相姦を不当に賛美、誇張している作品のみが規制対象なら、よほど問題のある作品でなければ大丈夫と考えるのは、やはり適当ではないと思います。というのは、こういうシーンが入っている漫画でも、名作と言えるものがあるからです。

大和和紀氏の「あさきゆめみし」がそれに当たります。源氏物語を漫画化したもので、瀬戸内寂聴氏をして「大和さんは紫式部の生まれ変わりかもしれない」と言わせしめるほど、質の高い名作です。

この漫画は予備校の書棚にも置かれており、漫画の持ち込みがダメな高校でも、この漫画なら良いというケースも少なくないという話も聞いたことがあります。

私も、この「あさきゆめみし」は非常に好きな漫画作品の一つで、浪人生だった18歳の時に出会ったおかげで源氏物語や平安時代の古典に興味を持ったのですね。

しかし、この漫画、14歳の少女(紫の上)を22歳の光源氏が強姦するシーンが出てきます。また、光源氏が自分の継母(藤壺)とセクロス(こちらもおそらく強姦)をして、しかも藤壺に自分の子供(後の冷泉天皇)を孕ませるというトンデモないシーンが登場します。

なんでこんなシーンがあるかというと、「源氏物語」の原文で登場しているからです。原作に忠実にすれば、そういうシーンも描かざるを得ないでしょう(ただし、原文には年齢は明記されていません、登場人物の年齢は後世の研究者による推定です)。

それで、こういったシーンは今回の条例に引っかかる可能性はかなり高いのではないかと思います。そうなると、18歳未満の受験生はこの漫画を読めなくなる、そうなると18歳未満の現役性と18歳以上の浪人生との間に、大学受験における不当な学力格差が出る可能性も出てきます。「あさきゆめみし」は、本当によくできた漫画だと思うので。

つまり、強姦や近親相姦を不当に賛美していると解釈しうる漫画にも、名作は存在しているわけです。そういう事を踏まえると、やはり今回の改正には疑問を持たざるを得ませんです。ただし、不当に賛美していないと無理に解釈して、東京都側が「あさきゆめみし」は18禁にしないという措置を取ってくれるかもしれませんが、それこそ拡大解釈ということにもなりかねません。で、拡大解釈が許されるようになると、他の作品が不当な解釈で18禁行きとなる懸念が出てきます(ちなみに、「あさきゆめみし」を連載、出版していた講談社も「アニメフェア」をボイコットする出版社10社のうちの1社です)。

そうなると、せめて「芸術性の高い作品はこの限りではない」といった注釈も必要となるでしょう。これまでの報道を見る限り、条例の改正案にはそのような但し書きは無いようなので。しかし、そうなると芸術性の高さを誰がどう判断するのか、という問題も出てくるわけで、やはり最初からこの条例の改正案は通すべきではなかったと思います。

それで、この事で以下のニュースが流れました。


http://news.livedoor.com/article/detail/5216367/?utm_source=m_news&utm_medium=rd
>猪瀬副知事発言またまた物議 「近親相姦マンガも傑作ならOK」.

2010年12月15日に可決された都の条例改正では、近親相姦表現をした漫画・アニメは18歳未満への販売が自主規制対象になることが決まった。そうしたなか「ツイッター」で猪瀬氏に対し、「手塚治虫さんの漫画火の鳥は近親相姦描写がありますが区分分けされるのか」という質問が2010年12月14日にされた。猪瀬氏はすかさず「されません」と回答。そしてこう続けた。

「自分が作品をうまく書けないことを、条例のせいにしてはいけない。そんなものがあってもなくても傑作ができれば条例なんてすっ飛んでしまう」



どうも、上の猪瀬直樹東京都副知事の発言を読む限りだと、傑作なら問題がないと受け止められますが、やはりどう判断するのでしょうかね。ただ、上の記事ではそれは市民が決めるというような、以下の文章もあります。


こうした問題に詳しい紀藤正樹弁護士は今回の「傑作は条例に関係ない」発言について危惧している、という。

「今回の条例改正で、強姦や児童への淫行表現が不健全な図書指定の対象になったが、近親相姦は一応、自主規制の対象だ。ただし自主規制は出版社側の問題であり、創意工夫によっていくらでも傑作を生み出せる、との意見が出てもおかしくはないが、権力側が自主規制を指示するかは別の次元の問題だろう。過去の傑作や名作を見る限り、権力や権威は傑作を見抜けない。文化というのは結果論に近く、傑作は市民が決めるもの。例えば、聖書やギリシャ神話、シェークスピアの傑作の中には近親相姦が出てくる。自主規制が始まれば、そうした過去の傑作や著名人が書いた作品は許されるが、新しい才能が世に出る機会が失われる可能性が大きい」



シェークスピアで思い出したのが、「ヴェニスの商人」にはユダヤ人のシャイロックを悪として描いており、どう見てもユダヤ人差別を助長する内容になっています。さらに、ダンテの「神曲」ではイスラムの開祖のムハンマドが地獄で腹を切り裂かれているといった記述があります。

どちらも、13世紀から17世紀におけるヨーロッパ人の反ユダヤ、反イスラム感情をがむき出しですが、これを理由に発禁にすべきなんて声は、ヨーロッパではあまり聞いたことが無いです。やはり、大名作であるからでしょう。

ただし、傑作であってもこれはダメという作品も中にはあります。「風と共に去りぬ」は名作であることに疑いの余地はありませんが、この作品は作中のいたるところに黒人差別の記述が見られ、アメリカでは公の場での映画版の上映が禁止されているとか。この事は「「風と共に去りぬ」のアメリカ―南部と人種問題」(岩波新書)という本で詳しく描かれています。

おっと、強姦とか近親相姦などから少しずれてしまいましたが、傑作であれば規制対象にならないかもしれませんが、その辺りに基準はあいまいで、「火の鳥」なんかも規制対象になってしまう可能性があります。もっとも、規制対象と言っても、18歳未満の購読が不可能というだけですが、やはり今回の条例改正は文化破壊につながりそうな気がします。

ちなみに、この規制とアニメフェアの出版社の参加拒否について、石原都知事は以下のようなコメントを出しました。


http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/201012156.html
>賛成多数で可決 都の漫画規制条例成立

「当たり前だ当たり前。日本人の良識だよ。てめえら自分の子どもにあんなの見せられるのかね。大人で考えたら大人の責任だよ。当たり前だよ」

「どっかの会社がね来なきゃいいんだよ、アニメフェアに。来年、ほえ面かいて来るよ。ずっと来なくてもいいよ」



こんな発言をされたら、出版社側も譲歩するわけにはいかないでしょうね。まさに大手出版社を敵に回した発言です。これで、石原都知事と漫画界の対立がまさに決定化、深刻化していく様に見えます。これら出版社10社が協力して石原都知事へのネガティブキャンペーンを張れば、相当な政治的ダメージをくらわせられると思います。もっとも、都知事には既に3選していますし、この人の発言の影響力なども「石原総理」などともてはやされていたころに比べるとかなり低下しているようなので、今更ダメージをくらっても大したことはないかもしれません(だからこういう条例改正案を出した?)。

この条例の改正案で、漫画界が激変する、「こち亀」の両さんが普通の生活をするようになるとは思いませんが、何らかの影響が出てくるかもしれません。そして、この改正案が拡大解釈されたり、さらに都(石原都知事)が難癖をつけてきて、規制がさらに強化されるという可能性も考えられます。

だから出版社もあれだけ反対していたわけですが、今後の動向に注目していきたいです。クレしんのこともありますし。

この記事へのコメント

権兵衛
2010年12月18日 19:14
この条例改正については自分も反対です。石原知事の靖国問題や領土問題についての姿勢は賛成できるのですがこればっかりわ。自分は都民ではありませんが「東京都がしたんだからウチも」ってなところが出てくるかもしれません。漫画やアニメの性的な描写により人に悪影響を与えると考えてるからのようですが、そういったことは限られています。
この度改正された案は以前に否決されたとの違い、違法な性的行為をしているキャラが成人であっても駄目とのことですが強姦やその他のわいせつ行為はともかく、ギャグ的なものも含まれることでしょう。チョルスさんが挙げられた記事に秋本治さんのがありますが、こち亀では両津は犯罪だとわかっているのに外で全裸でいることがときどきあります。これは公然わいせつですので捕まれば罰せられますがこち亀がギャグ漫画なので両津が逮捕されても罰せられず懲戒免職もされてません。
Twitterで猪瀬副知事への質問で挙げた『火の鳥』が傑作かはどうかは人によって分かれると思います。基準は?作者に他にも著名な作品があればいいの?メディアミックスの多さ?そもそも同作は作者の手塚さんの逝去により未完ですし。
この条例には小説(官能小説も)は含まれていません。そのためかネット上で石原知事の著作『太陽の季節』においてある登場人物がチンコで障子を突き破るシーンがあり、「チンコで障子を突き破るのより卑猥なものはアウト」などとネタにされています。
今のところ性的描写についてのみの改正ですが次は暴力描写(グロ)がくるかもしれません。その辺は他分野でも性的なものより規制は強く無いですから。今のところ特に動きは無いようですが先の改正案のこともありますし、心配です。
チョルス
2010年12月20日 16:19
石原都知事が一体どういう意図でこういう条例を通して、さらに出版社を挑発するような発言をしたのか今一つ分かりかねますが、どうもPTAなどの団体や親御さんなどから要望書を受け取っており、それで今の漫画は(一部)ひどいものという印象を持つようになったのかもしれません。私の日本での実家は東京ではなく埼玉ですが、埼玉でもこの手の条例が通る可能性はゼロではないですね。
今回の改正案では、キャラクターの年齢は問わず、違法な性的行為を行っていたらダメとのことで、そうなると「あさきゆめみし」のように、引っかかる作品も多く出てくると思います。名作は大丈夫かもしれませんが、名作であるか否かをどう判断するかという問題も残りますし。
両さんだけでなく、「こち亀」に登場する特殊刑事課の海パン刑事なんかも全裸になることがありますが、単に全裸であるだけで、性的行為を行っているわけでないので、改正案を字面通りに解釈すれば規制の対象にはなるはずないのですが、今後拡大解釈されたり、さらに規制が強化される可能性もあります。
ネットでは石原都知事の作品に触れた上での都知事の批判も見られますが、自身の作品に関してはどういう見解を持っているか、都知事に一度訊いてみたいものですね。自分のは小説だから良いとか言うかもしれませんが。
今回の改正案では、あくまでも性的行為のみが対象で、しかも18歳未満が読めないようにするだけではありますが、今後さらに規制が強化されるのではないかという懸念がありますね。

この記事へのトラックバック