「カスカベ野生王国」のゲストさん

今は閉鎖されてしまいましたが、昔「ぱーそなる・ライフ!」というクレしんのファンサイトがありました。そこのサイトで、管理人のタコヤキスライムさんという方がゲスト声優について、以前は丹波哲郎や小林幸子といった大御所が出ていたのに、今はセコい芸人ばっかだという事を書いていたのを記憶しています。その事が書かれたのは2004年、つまり「カスカベボーイズ」公開後ですから、このセコい芸人とはNO PLANの事を指していたのでしょうね。

さて、2009年の今年、「オタケベ!カスカベ野生王国」に出演するゲスト声優は、(ご存じの方も多いでしょうが)山本高広氏という方に決定しました。私が初めてそのニュースを知った時、ジェロの時とは違って、「誰それ?」と思いました。いや、すんませんです。

どうも、クレしんは水島監督以降、ゲストの声優がやや軽い感じのような気がしてなりません。
ここで、「ヤキニクロード」以降のゲスト声優を挙げてみますと

2003年:華原朋美
2004年:NO PLAN
2005年:坂井真紀
2006年:長州小力
2007年:(なし)
2008年:小島よしお
2009年:山本高広

なお、ここで挙げたのは、あくまでも本人役で演じた人に限定しています。2005年には村井国夫が、2007年には京本政樹が出演していますが、彼らは本人役で出演したわけではないので。

で、華原朋美や坂井真紀はまだそうでもないかもしれませんが、確かに「セコい芸人」という感のあるゲスト声優が名を連ねている言えなくもないと思います。なんて言いますか、その時だけにブレイクしているお笑い芸人を安易に起用しているという感じですかね。「最近はこの芸人が結構人気あるみたいだから、こいつを起用してみよう」という意図があるように思えてなりません。もちろん、プロデューサーらがそう判断しているわけではなく、上層部から「こいつを起用しろ」という指示があるから起用するというのが実情なんだと思いますが。

まあ、「セコい芸人」と言っても、NO PLANや長州小力などは今でもそれなりに活躍されており、わりと堅実な芸能活動をやっているようですし(私は現在日本のテレビを全く見ていないので何とも言えませんが)、少なくとも一昔前のつぶやきシローみたいになってしまっているという人は、上記の中では誰もいないようです。

そういうわけですから、今回の山本高広氏の起用もダメダメというわけではないと思いますが、それでも安易な感が払拭しきれないのですな。あまり目先の話題性(これも興行収入においては重要な要素なのかもしれませんが)に捉われないでほしいなと思います。実際、2007年にはゲスト声優が一人も起用されていなかったのに、興行収入は歴代3位になったわけですから。

ここから、ゲスト声優と興行収入に相関関係など存在しない事は明白なのですが、この辺りは大人の事情というやつも絡んでいるので、製作スタッフに起用する意志がなかったとしても、前述したように上層部からの圧力もあるのでしょうから仕方のない側面でもあるのだとは思いますです。

ちなみに、ゲスト声優、というより本職の声優以外での芸能人の起用についての私の見解はこちらで示した通りです。一年前に書いた記事ですが、今でもこの考えです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

権兵衛
2009年03月24日 22:47
声優が本業でない芸能人が声優に起用されることが最近増えてきたようですね。名探偵コナンの映画13作目にして新作「名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)」に物語のキーマンとなる役にミュージシャンで竹下登元総理の孫であるDAIGOさんが起用されました。
自分は最初「ああ、コナンもついにこうなってしまったか…」と思ったのですが製作側によると「劇場版は世界観を非常に大切にしているため、ゲスト声優は採用していなかった。今作は黒の組織がかかわり原点に回帰するストーリー。コナンワールドになじむ応用力のあるゲスト声優によって、より広い世界観を表現したかった」そうです。それに伴ってテレビコナンの主題歌も同氏の所属音楽グループの曲になるそうです。同氏は歌手という声の仕事ですので、芸人よりはましかと。
ちなみにコナンの映画が毎年公開されるようになったのは1996年のルパン三世映画6作目「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」の配給収入が失敗したため急遽制作されました。「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」も同じ理由で公開され人気を保ち続け双方とも今日に至っております。
ダイダイ
2009年03月26日 01:13
山本高弘さんは織田裕二のモノマネで昨年大ブレイクしましたね。ただ、織田本人が嫌がって控えるよう通告したという噂のせいか、今回の宣伝では世間には浸透していないケインコスギのモノマネで登場しています。

でも山本高弘さんは本人役じゃないんですね。モノマネ芸人だからそりゃ本人役はないか。馬面のキャラの役を演じるみたいで。ジェロのほうが自分自身の役です。

NOPLANの時は、しんちゃんの「あ~ナンチャン」に対する「ウッチャンだっ!」のやり取りが大好きです。クレしんと同じくらい昔から内村さんの番組を見て育ってきたので。夢の共演でした。だから、NOPLANは最近の1発屋芸人と一緒にされたくないですね…。

個人的な感情の長文書いてスイマセン。
チョルス
2009年03月26日 10:01
>権兵衛さん
声優が本業でない芸能人は、クレしんに限らず映画界全体の傾向のようです。これは、芸能人を起用すればそれだけ話題性が増すということで、興行収入にも影響が出るとされるからでしょうね。
私は「コナン」に関してはよく知りませんが、元々ゲスト声優の起用はしない意向だったのですね。しかし、やはり映画界全体の潮流には逆らえないという事でしょうか。コナンにしろ、クレしんにしろ、一度でも興行収入で失敗したら、もう製作されなくなりますからね。そういう意味で、「ルパン三世」の第6作目というのはある意味反面教師のような存在なのかと思います。
チョルス
2009年03月26日 10:02
>ダイダイさん
私は、山本高弘さんについては全くと言って良いほど知らないのですが、昨年大ブレイクしたのですか。私はもともとテレビを見る方ではないのですが、自分の芸能界に対する疎さを痛感したりもしておりますです。

あれれ?山本高弘さんは本人や区ではないのですか。ジェロが本人役というわけで、どうも私の勘違いのようですね。公開初日には日本に一時帰国して観賞するつもりですので、しっかりと確認したいと思います。

NO PLANは一発屋芸人のようだというような事を書いて、ダイダイさんを不快にさせてしまったみたいで、失礼しました。ただ、NO PLANは今でもわりと活躍しているようで、決して一発屋芸人というわけではないようですね。

この記事へのトラックバック