クレヨン帝都物語だゾ

本日、オープニグが実写ではなくなりました。
相変わらず、AKB48の歌うやつで、要するに「ケツだけ爆弾」と同じなわけですね。まあ、AKBに不満が無いわけはないですが、一応実写が無くなった事はめでたいことで。
ただ、エンディングはいつまで経っても復活しませんね。もしかしたら、テレビ朝日はクレしんの最終回までああいう形にし続けるのでしょうか。冗談ではないですよ、まったく。
ところで、あのはれるんとかいうキャラクター、どこかで聞いた声ですが、思い出せません。誰でしたっけ。
とりあえず、本日の感想を。

「ネネちゃんの一大事だゾ」
ネネちゃんが虫歯だというのは、双葉社の公式サイトなどで知っていましたが、相当痛そうでしたね。それより前から痛みがあったとのことですから、かなり虫歯は進行しているのではと思います。
それで、しんちゃんと愉快な仲間たちが虫歯菌の格好をしてあれこれ話し合うシーンでは、私は「母ちゃんの歯痛だゾ」(1993年6月21日放送)でしんちゃんに似せた虫歯菌がみさえの歯を叩くシーンを思い出しましたね。
それで、ネネちゃんは結局ネネママに連れられて歯医者に行きますが、まあ一番正しい選択ですよね。わけの分からん迷信を信じて悪化させちゃあねえ。
坂井歯科では、受付も看護「師」さん(しんちゃんや風間君は「看護婦」ではなく「看護師」と呼んでいましたが、私は何か不自然な印象を受けました。しかし、テレビだから仕方ないのでしょうかね)もきれいなおねいさんなのですね。ただ、医者はじいさんなのですが。これは、「歯医者に行くゾ」(1992年4月27日放送)でしんちゃんが行った歯医者と逆ですね。あのりょうこさん、おでん好きですかね。
それで、リアルおままごとの設定を思いついたとは、さすがネネちゃん。もはや昔とは別人となってしまったわけで・・・。

「おとしものですよぉ!だゾ」
「ふかやまちこ」でしたね。今回の話に登場したおねいさん。いや~、素敵なおねいさんでしたね。思わず、ハンドルネームを「まちこおねいさん萌え」にしちゃおうかと思いましたが、やめました。何でかって?だって、彼氏いるんでしょ。デートの事を聞いた瞬間、私は思わず「なんだよ」とぼやいてしまいました。ぼくはオトコのいるオンナなんか興味ないんだ、ふーんだ!
それで、私がこの話で少し気になったのは、春日部は「春我部」に変更されているのに、銀座は特に何の変更も無かったことです。「銀太」とかいう名前になってたら、面白いと思いました。あ、でもそれじゃあ某少女漫画の登場人物の名前になってしまいますね。
さて、しんちゃんはまちこさんとひろしの会社へ行こうとしますが、そういえばひろしの双葉商事は霞ヶ関、銀座から歩いていけない距離ではないですね。しかし、しんちゃんは知らなかったわけですが、それでも二人は辺りを歩き回ります。銀座、有楽町、日比谷と「ヘンダーランド」のBGMでの二人のシーンを観ていると、今年の4月21日、Mr.Kさんと水橋ホトリさんとこの辺りを歩き回った事を思い出します。個人的に「ビックリカメラ」が登場したことに感激してしまいました。
4時50分頃まで回ったわけですから、まちこさんとしんちゃんが銀座に着いたのは、4時くらいでしたかね。日の入りが遅くなったものですね。
しんちゃんはマサオ君の方に電話をかけてしまいますが、今までならネネママにつながってしまい、「どちくしょおおおおおおおお!!!!!!」な展開になっていたと思います。
それで、しんちゃんとまちこさんは怒涛のではなくドトーノコーヒーでひろしと待ち合わせをします。このコーヒーショップも、実在のモデルがあるのですね。あの安いだけがとりえのコーヒー屋。
あのはるきとかいう彼氏、携帯持っていないのですよね。まあ、私の知っている人、携帯持っていない人がいますが、年配の大学教授だったりします。私と仲が良いんですよ。ちなみに、私は携帯を持っていますが、私は個人的に、携帯電話は便利なものであると思いますが、あまり好きではないのですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

たか
2007年06月23日 00:41
この調子でOPソングはなんらかの変更を行ってほしいですね、いつまでも映画アピールしてても…。

某少女漫画のアニメ版、はCSで再放送されているのを見てましたが、当時の日曜8時30分帯は中高生が見るような番組が多い印象でした、今は子供(萌え好き)が見るような番組が中心ですね~。

来月はコミックの発売ですね、では。
くじら1
2007年06月23日 12:22
はれるんの声を当てているのは、たぶん杉山佳寿子さんではないかと思います。アラレちゃんにもしっかり出てました(笑)私にとってあまり印象深い声優さんではないのですが耳に残る声です。

ところで、中途半端な調子で続けるならばいっそのこと新曲にチェンジしてほしいですよね。何か安っぽい感じがしてAKBバージョンは甘心しません。実写の方がよっぽど予算がかさむはずですし。
チョルス
2007年06月23日 21:48
>たかさん
映画のアピールは、もう歌詞の中ではやらなくなって、実写がなくなった分、まあ許容範囲になってくれたかなとも思ったりしますが。

私も昔、某少女漫画のアニメ版を日曜の朝に何度か見たことがあります。もっとも、私は原作の単行本を読む機会の方が多かったですね。
日曜の朝は、確かに「仮面ライダー」などが放映されているようですね。
来月の最新刊の発売、楽しみにしています。

>くじら1さん
そうそう、杉山佳寿子さんですね!「Dr.スランプ」で、木緑あかねや皿田きのこの声をやっていた人ですよね。特に、はれるんはきのこちゃんと非常によく似た声だと思いました。

私の個人的な考えでは、実写が出なければ、まあ許容できる範囲ではあるのですが、「ユルユルでDE-O!」ももう長いですから、確かにそろそろ新曲を出して欲しいとも思います。
ただ、エンディングとアイキャッチの復活もして欲しいです。いつまで実写のエンディングを続けるのか、どうもクレしんを変な方向に持っていっているような気がしてなりません。

この記事へのトラックバック