ぬりぬりぬり ぬりぬりぬり・・・・・・

それでは,もはや恒例となった本日の感想いきます。

「温水プールはパラダイスだゾ」
私も小さい時は温水プールを温泉プールと勘違いしたことがありました。「温水」とはいっても,そんなに温かいものではありませんし。まあ,風呂ではないのですから当たり前ですが。
それで,しんちゃんにけんすけ君なる友人がいたかなと一瞬思いましたが,しんちゃんもたくらみである事にすぐ気付きました。まあ,温泉や銭湯に行った時でもお馴染みのパターンですね。
温水プールねぇ,そういえば,私は温水はもちろんプールそのものにも,もう何年も行っていません。高校の授業が最後でしたかね。そういえば,朝霞市に「わくわくドーム」という温水プールの施設があり,中学生の頃,朝霞の友人達と何度かそこへ行った事があります。
そうそう,しんちゃんは犬かきのみだったのですよね。ひろしは中学時代,「本マグロのひーちゃん」と呼ばれていたそうですが,初耳です。ラストのあの落ち込みぶりから,どうやら本当のようですが。
それにしても,きれいなおねいさんがいる手前,しんちゃんを特訓するのは無理なようです。まあ,この辺りもお約束のパターンなような気がしますが。
それで,しんちゃんの犬かきってあんなに速かったのですね。「本マグロのひーちゃん」ことひろしを越えたスピードだったわけですが,これはひろしのスピードが衰えたのか,それともしんちゃんの犬かきが以上に速かったのか。どちらか考えさせられますが,私は前者のような気がします。だって,ひろしももう「おじサマ」ですから(^^;)。

「シロがお薬をのまないゾ」
これは,原作の39巻に同じような話がありました。ただし,今回のテレビアニメのシロは,本当に薬が嫌で,むさえが動物虐待みたいと指摘したように,なんだか可愛そうにも見えます。対して原作では,シロが相当わがままな印象を受ける描かれ方がなされているという大きな違いがあります。話のストーリーも随分異なりますし。
39間の話ですが,そのうち原作解説編の「あらすじ一覧」に載せようと考えています。ああ,そういえば「あらすじ一覧」って,もう随分長い間手をつけていませんでしたね。近いうちに再開したいのですが。
で,テレビアニメではメリージェーン動物病院でしたが,原作ではノルマンディ動物病院でしたね。また,テレビアニメのお医者さんは男性でしたが,原作では(ちょっと色っぽい?)女医さんでした(「オラにも先生の愛の処方せんを出してください♥」)。
さて,シロは帰ってから薬を飲むのを嫌がるのですが,みさえがシロの口を無理やり開けさせるシーンでは,このままではみさえはシロに噛まれるのではと思いましたが,そんな事はありませんでしたね。そういう意味で,シロはよく出来た犬ではありませんかと思ったりもします。
で,結局100円が20枚分のエサを買うハメになったわけですね。しかし,それが病みつきになってしまったのですから,困ったものです。ただ,みさえも5円玉が400枚分のエサを買うのに,そこまで躊躇するものかと思ったりもしますが。10月19日の日記にも書きましたが,私はこの時風邪を引いて,病院へ行ったのですが,診察料と薬代を合わせて2000円ちょっとでした。
まあ,あんなに小さな缶なのですから,なかなか買う気が起きないかもしれません。ところで,この缶をミサエが買う際に,受付のナースは「~してナース」と言っていたような気がしますが・・・。

さて,来週はふかづめ竜子がレストランでウェイトレスのバイトを始めるとのことですが,メイド喫茶ではありませんよね?何か,服装が萌え系のそれに見えたので。まあ,監督の趣味なのでしょうかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くじら1
2006年11月04日 00:29
朝霞市在住だったくじら1です(笑)
「わくわくドーム」
なつかし~と思ってついコメントしてしまいました。
私も小学生の頃、何度か遊びに行きましたよ。あまりよく覚えていませんが…。

来週は監督のご来悦ですかね~。

最後になりましたが、
10万ヒットおめでとうございます!

それでは。
チョルス
2006年11月04日 09:59
ええっ!くじら1さんって朝霞市にご在住だったのですか!?うわ~,何か凄い縁を感じてしまいます。
しかも,わくわくドームもご存知で。私がわくわくドームに行っていたのは,7年前ですので,もしかしたら,知らないうちに顔を合わせていたのかもしれません。

来週は,確かにムトウ監督の趣味が色濃く反映されているような気がしますが,どうなのでしょうかね。

10万ヒットのお祝いのお言葉,ありがとうございます。
今後も更新に力をいれていきたいと思います。

この記事へのトラックバック