テーマ:クレヨンしんちゃん関連

2代目野原しんのすけについて、アンケートのまとめ

2週間ほど前、矢島晶子さんのしんのすけ役の降板がニュースで流れ、しばらく日数が経ち、小林由美子さんの起用が決定しました。 6月29日放送の『クレヨンしんちゃん』が最後の矢島さんのしんのすけが出る予定で、7月6日放送の『クレヨンしんちゃん』が最初の小林さんのしんのすけが出る予定です。 矢島さんの降板を知った時、、私はこの記事を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2代目野原しんのすけが決定しました

矢島晶子さんの後を継ぐ2代目野原しんのすけの声優が決定しました。 小林由美子さんです。 今、スマホでこの記事を書いていまして、もう仕事に戻らなければならないので、後ほど加筆します。 (以下、同日21時頃加筆) 6月29日放送のしんのすけが最後の矢島晶子さんの声となります。 7月6日放送のしんのすけが最初…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

矢島晶子女史の降板

(今回は記事の末尾にアンケートがあります) 衝撃のニュースが入ってきました。 矢島晶子さんが野原しんのすけ役を降板されるとのことです。 矢島さんの声のしんのすけは6月29日放送予定のテレビアニメが最後となります。 降板の理由は以下の通りだそうです。 「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラク…
トラックバック:1
コメント:24

続きを読むread more

『クレヨンしんちゃん』のファンクラブ

最近、気づいた事です。 『クレヨンしんちゃん ファンサイト』で検索すると、『クレヨンしんちゃん研究所』が最初に検索結果として反映されます(2018年2月1日の時点)。 『研究所』の師匠的なサイトである『クレヨンしんちゃん的ページ』を差し置いてトップに出るとは、何とも畏れ多い気分です。光栄な事なのでしょうが。 そして、『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・人生いろいろ、漫画家いろいろ

前に書いた「人生いろいろ、漫画家いろいろ」の続きです。 前に書いた記事から数ヶ月が経ちますが、ここ最近、超人気漫画家の先生方が世間を騒がせているようです。 鳥山明先生が租税回避をしていたというニュースがありました。 パラダイス文書というタックスヘイブン(租税回避地)についての記録の中に、鳥山先生の名前があったのだそうで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

JKの変遷

2017年6月、2007年と2017年のJK(女子高生)の特徴を描いたイラストが話題になりました。「さといも屋」さんという、女性イラストレーターが描いたものです。 さといも屋さんが今年の6月6日にツイッターにアップしたところ、13万件以上のリツイート 22万件以上の「いいね」が付きました。 イラストに描いてある文を、以下に引…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

ゲームは分かりません

私が高校生の時です。 数人のクラスメイトと、『ドラゴンボール』のキャラクターを挙げていこうという遊びをしました。キャラクターの名前が言えなくなると、負けです。 この遊びをする際、クラスメイトの一人が「オレは絶対に勝つぜ!なぜならオレには切り札があるからな!」と、中二病全開の痛い発言をしていました。切り札とは、どういうことでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続「クレヨンしんちゃん的ページ」のこと

『クレヨンしんちゃん的ページ』というファンサイトがあります。 以下がURLです。 http://www5a.biglobe.ne.jp/~crashin/index.htm このブログの来訪者の多くの方がご存知だと思います。私の『クレヨンしんちゃん研究所』の師匠のようなファンサイトでもあります。 かつて、「クレヨ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『漫画アクション』50周年記念ポスター

今年は双葉社の『漫画アクション』が創刊50周年を迎えます。 1967年7月7日に創刊となりました。もっとも、2003年9月30日から2004年4月8日まで休刊となっていた時期もありますが。 それで、『漫画アクション』の創刊50周年を記念したポスターが制作されました。 私は最初、このポスターの存在を桜壱バーゲンさんのtw…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人生いろいろ、漫画家いろいろ

『星のカービィ』という有名なゲームがあります。 ご存知の方も多いと思いますが、私もこのゲームを小学生の頃、楽しんでプレイしていまして、親の目を盗んで夜に布団の中でゲームボーイをいじっていたのも、良い思い出です。 『コロコロコミック』で連載されていた、『星のカービィ』の漫画版である『星のカービィ デデデでプププなものがたり』も…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

非難轟々 (笑)! 『野原ひろし 昼メシの流儀』

『野原ひろし 昼メシの流儀』が、『まんがタウン』で好評連載中です! と、言いたいところですが、実のところ「悪評連載中です」と言うべきかもしれません。このブログでもあらすじを書いている『昼メシの流儀』ですが、この漫画、ネット上ではかなり評判が悪いようです。 アマゾンのカスタマーレビュー、1巻はレビューの数が71ですが、最低評価…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2017年の『クレヨンしんちゃん』のカレンダー

毎年恒例の『クレヨンしんちゃん』のカレンダー、2017年版も既に発売されています。 私も購入して、手元にあります。もちろん、私が部屋に掲げているのは、2016年版のものですが。大晦日か元日に貼り替える予定です。 しかしこのカレンダー、私はネットで購入したのですが、リアルの店で販売されているのを見たことがありません。他のアニメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『野原ひろし 昼メシの流儀』の単行本第1巻

『まんがタウン』で連載中の『野原ひろし 昼メシの流儀』の単行本第1話が10月22日に発売中です。 『クレヨンしんちゃん研究所』にも、加筆しておきました。 この作品、単行本になるのかなと連載当初は思いましたが、遂に単行本になりましたね。 第1巻は、第1話の「カツ丼でガッツリ!」から9話の「サバ味噌の流儀」が収録されていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野原ひろしの身長って、本当に180cm?

野原ひろしの身長について検索してみると、180cmという情報が出てきます。 しかし、この180cmというのは、何が根拠になっているのでしょうか。 私は原作と劇場版作品を全部見ていますが、ひろしの身長が180cmだと分かる描写はありません。 テレビアニメも、全てではありませんが、最初期から現在に至るまで、7割以上の話は鑑…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『サザエさん』の視聴率が低迷!

『サザエさん』が、かなりヤヴァイことになっています。 視聴率が低迷しているとのことです。 『クレヨンしんちゃん研究所』の更新で、「テレビアニメ編」の視聴率記録の更新をする際に、確かに最近『サザエさん』の視聴率が低くなっていることが、気になっていました。あれ、『サザエさん』って、もっと高かったような、と思っていましたが、まさか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『クレヨンしんちゃん』の祝・25周年のオフ会

『クレヨンしんちゃん研究所』の掲示板に、以下の書き込みがありました。 Re: 時代の流れにより、ついに・・・! 菊 - 2016/05/06(Fri) 22:47 No.5315 ここでは二度目です。 2016年5月15日(日)に【祝・25周年】クレヨンしんちゃんファンが集うオフ会 【公共施設の和室でまったり♪】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原宿で「クレヨンしんちゃんカフェ」が開店だゾ

3月26日から5月29日にかけて、東京の原宿で『クレヨンしんちゃん』と2.5SPINNSがコラボした『クレヨンしんちゃんカフェ』がオープンしています。 以下が公式のページです。 https://25spinns.amebaownd.com/posts/665240 『クレしん』にまつわるカフェのメニューやグッズなど、相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレヨンしんちゃん展に行ったゾ

こちらの記事でも書いた、『クレヨンしんちゃん』の25周年を記念した「クレヨンしんちゃん展」に、行ってきました。 スタンプラリーも行われていたので、私は先にスタンプラリーから参加しました。 本日、3月31日、私は午前中に大宮の方で用事があって、午後2時過ぎに大宮駅を出ました。埼京線で武蔵浦和駅まで行き、武蔵野線に乗り換えて、北…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

クレヨンしんちゃん展だゾ

双葉社の以下のページに、「クレヨンしんちゃん展」についての情報が載っています。 http://shinchan25.com/shinchan-ten/ この公式サイトのページに書かれていることを、以下に引用します。 世界中で愛される人気作品「クレヨンしんちゃん」が、2016年4月で25周年を迎えることを記念して…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

異言語の発音表記について

全然返信ができていない、『クレヨンしんちゃん研究所』の掲示板ですが、荒らしや誹謗中傷などが無いか、一応目は通しています。 その中に、「韓国編について」という題名で、「Naohiro19」氏から投稿がありました。以下、引用します。 韓国編について 投稿者:Naohiro19 投稿日:2015/11/08(Sun) 15:3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロの声優希望!

先日、イオンシネマ浦和美園にて、原恵一監督の最新作『百日紅~Miss HOKUSAI~』を鑑賞してきました。 その日のうちに書いた記事では触れませんでしたが、やはり気になった事がありますので、この記事を立てることにしました。 まず、タイトルです。この作品は杉浦日向子氏の漫画が原作になっているようですが、原作のタイトルは『百日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

原恵一監督『百日紅~Miss HOKUSAI~』を鑑賞しました

本日、イオンシネマ浦和美園にて、原恵一監督の最新作『百日紅~Miss HOKUSAI~』を鑑賞してきました。 葛飾北斎の娘お栄(葛飾応為)を主人公にした作品です。 杉浦日向子氏の漫画作品が原作で、この映画の脚本は2010年の原監督の映画『カラフル』の時と同じ丸尾みほ氏です。 本日6月2日、休みだった私はイオンシネマ浦和…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

2014年の『クレヨンしんちゃん』について

2014年ももうすぐ終わりに近づいてきました。 今年は『クレヨンしんちゃん』の漫画版は順調に連載されていました。 劇場版では今年の『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』の興行収入が18億円を超える、歴代の3位という快挙を成し遂げました。 テレビアニメはあまり良い状態ではありませんでした。 最も高い結果を出せたのは劇場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野原ひろしの名言を集めた本

『まんがタウン』の2014年5月号(4月5日発売)によると、4月25日に一冊の本が出版されるそうです。 タイトルは、『野原ひろしの名言「クレヨンしんちゃん」に学ぶ幸せの作り方』とのことです。著者は名言に関する書籍を何冊か出している、大山くまお氏です。 それで真っ先に思い出したのが、私は昨年の夏、まさに「クレヨンしんちゃんマニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐村河内守氏的単行本微妙変化

雑誌などに連載され、ある程度まとまって単行本化される。 漫画ではこのパターンが多いです。もちろん、単行本化されずに世間から忘れ去られる作品も多いですし、単行本書き下ろしの作品も多いですが、連載されて単行本化されるというイメージが、私の中にあります。 そして、連載時の台詞などが単行本で修正されるというケースもよくあります。社会…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

しんちゃんスキースクール、本日開講だゾ

前回、放送回数の少なさという嫌な事を記事にしましたが、今度はちょっと明るい話題を。 前の記事で書いた放送回数の少なさについて、12月5日発売の『まんがタウン』の1月号にある「しんちゃん新聞」から得た情報を元にしていましたが、その「しんちゃん新聞」には「しんちゃんのスキースクールが開講!」とあります。 北海道のルスツリゾートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来宮良子さんが亡くなられました

ちょっと遅れましたが、訃報です。 今年の11月25日、『クレヨンしんちゃん』の映画『嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』で金波役を演じた来宮良子さんが亡くなられました。 改めて調べてみたら、来宮さんは1931年生まれで82歳で亡くなられたとのことです。つまりアニメや映画の吹き替えの黎明期より活躍されていた方でして、近年では来宮さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月7日の新文芸坐の特別イベント

12月7日、池袋の新文芸坐で『クレヨンしんちゃん』のイベントが行われました。 以下、新文芸坐の公式サイトの「お知らせ・更新情報」で掲載されたページから引用します(レイアウトなどから一部改変しています)。 <「木下惠介生誕100年祭 ファイナル」関連企画 原恵一と『クレヨンしんちゃん』> 原恵一監督が監督を務めた「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひろしの靴下の臭いで気絶するのは本当か

映画の『B級グルメサバイバル』でもありましたが、『クレヨンしんちゃん』にはひろしの靴下が異常な悪臭で、その臭いを嗅いだら気絶するという描写がなされることがあります。 靴下で気絶、というのはマンガ的な誇張した描写かと思いきや、実はそうではないようです。 筒井康隆氏が昔連載していたエッセイ『狂気の沙汰も金次第』が新潮文庫で発売さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more