テーマ:小島剛一先生

2019年も小島剛一さんとお会いしました

今年も9月17日に、小島剛一さんとお会いしました。この日の事は、小島さんのブログにも「チョルスさんと新宿で食事」と「チョルスさんと多摩湖の堤を歩く」という2つの記事に書かれています。 お会いする場所は新宿であることが多いのですが、今年も西武新宿駅の改札前に11時頃に1年ぶりの再会となりました。 11時なのは、私が行ってみよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小島剛一氏講演会「ラズ語辞書の記述の工夫について」に参加しました

2017年9月20日、小島剛一さんの講演会「ラズ語辞書の記述の工夫について」が開催されました。 ひつじ書房の公式サイトにも告知があり、講演会当日に休みが取れた私は、今年も参加できました。 9月20日の夕方、この記事を書いた後、私は自宅を出て、講演会が開催されるアジア文化会館へ向かいました。自宅を出た時、空はまだ明るかったので…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

小島剛一さんと大宮でお会いしました

今年も小島剛一さんとお会いしました。 小島さんが日本に来る前に、いつ会うかについて、メールでやり取りをして、小島さんが関東に滞在する日の中で、お会いできるのは7月23日だけであることが分かり、この日に会うことにしました。 23日は日曜日で、私は小島さんとの事前の連絡で、日曜日は教会の礼拝に出席するので午後から会えますと伝えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日、小島剛一氏の講演会に行ってきます

今年も、というか本日も小島剛一氏の講演会が開催されます。 今回の講演会は、「ラズ語辞書の記述の工夫について」というテーマです。 開催場所は、アジア文化会館です。昨年は文京シビックホールでしたので、アジア文化会館での開催は2015年以来ということになります。 この講演会は当日でも参加は可能ですが、私は事前に申し込みをして…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

2016年も小島剛一さんの講演会に参加しました

9月21日、小島剛一さんの講演会に参加しました。 講演題は、「『トルコのもう一つの顔・補遺編』と大統領が独裁色を強めるトルコにおける少数民族諸言語の現状」です。詳細は以下の通りです。 ■日時……2016年9月21日(水) 18:30開場 19:00開演 ■講演時間…1時間半程度を予定 ■会場……文京シビックホール3階…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2016年も小島剛一さんとお会いしました

今年も小島剛一さんとお会いしました。 お会いした日は7月20日で、昨年9月に行われた講演会以来です。なお、私と小島さんがお会いしたきっかけと、現在に至るまでの過程は、このページにある各記事を読んでいけば分かります。 小島さんとは2012年から毎年お会いしていまして、今年も西武新宿駅の改札口前に、12時にお会いしようと約束して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小島剛一氏の講演会と『トルコのもう一つの顔・補遺編』の発売

今年も小島剛一氏の講演会が開催されます。 今回の講演会は「『トルコのもう一つの顔・補遺編』と大統領が独裁色を強めるトルコにおける少数民族諸言語の現状」という題です。 詳細は上記のリンク先のページにも書かれていますが、9月21日(水)に、文京シビックホール3階にある会議室1で、18時半に開場、19時に開演の予定です。参加費は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「F爺・小島剛一のブログ」に紹介されました

「F爺・小島剛一のブログ」という、小島剛一さんの運営しているブログがあります(私と小島さんの関わりについては、「小島剛一先生」のカテゴリーにある各記事をご覧ください)。 この小島さんのブログに、「チョルスさんとの再会」という記事が立てられました。 そうです、当ブログが小島さんのブログで紹介されたのです。いやはや、実に光栄なこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小島剛一氏の講演会「シャルリー・エブドの大誤訳とラズ語辞書」に参加しました

予告したように、9月20日、小島剛一氏の講演会に参加しました。 神戸と秋田と東京の3ヶ所で行われるとのことで、予告ではどれに参加するかは秘密でしたが、東京に決定しました。 神戸と秋田も考えたのですが、両方とも仕事が入っていたので、無理でした。もっとも、埼玉在住の私には東京が一番参加しやすいですしね。 さて、9月20日、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

小島剛一氏と新宿およびその周辺にて

『トルコのもう一つの顔』(1991年、中公新書)、『漂流するトルコ・続トルコのもう一つの顔』(2010年、旅行人)、『再構築した日本語文法』(2012年、ひつじ書房)等の著者で、フランス在住の言語学者、小島剛一氏とは2011年に知り合い、2012年からは毎年お会いしていまして、今年もお会いしました。 7月28日、昼の西武新宿駅に会…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

小島剛一氏の講演会「シャルリー・エブドの大誤訳とラズ語辞書」が開催されます

今年の小島剛一氏の講演会についてのお知らせです。 ひつじ書房のサイトから、講演会についてのお知らせがありました。 詳細は以下の通りです。 http://www.hituzi.co.jp/kojima/kojima_sien201508.html >小島剛一さんのラズ語の辞書の刊行賛同者を募る講演会のお知らせ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小島剛一先生

このブログに、「小島剛一先生」という項目を新たに設けました。 小島剛一氏に関する記事が増えてきたためで、これからも増えるだろうと予想したからです。 あ、小島氏とは、先日お会いしました。この事の詳細は、後日、改めて記事にするつもりです。 ちなみに、小島氏も『F爺・小島剛一のブログ』というブログを開設しており、実は私もコメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小島剛一氏講演会「ラズ語の魅力と辞書編纂」について

小島剛一氏と7月31日にお会いして、それから1ヶ月と10日後、私は小島氏の講演会に参加しました。 小島氏の講演会は昨年と一昨年にも参加しておりまして、これで3回目になります。今回の講演会のテーマは「ラズ語の魅力と辞書編纂」です。トルコの少数民族のラズ語とはどういう言語かについて、一般向けの内容の講演でして、ラズ語の辞書を日本で刊行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小島剛一氏と新宿にて

一昨年と昨年に続き、今年(2014年)も小島剛一氏とお会いしました。 7月31日、昼の12時に西武新宿駅で会うことになっており、私は11時半過ぎにJR新宿駅に到着しました。 西武新宿駅には12時少し前に到着しまして、小島氏を待っていたら、既に到着したというメールが入りまして、私は改札前に行きましと、小島氏を見かけました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「小島剛一氏のラズ語辞書刊行を祈念する会」について

前回、小島剛一氏と再会したことを書きました。今回はその3日後に行われた講演会についてです。 http://www.hituzi.co.jp/kozimalazugo/lazugokinen.html >小島剛一氏のラズ語辞書刊行を祈念する会へのお誘い 出版社のひつじ書房の松本功社長が「小島剛一氏のラズ語辞書刊行を祈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小島剛一氏と再会しました

昨年に引き続き、今年の7月26日、小島剛一氏とお会いし、一緒に食事をしました。 集合場所はJR新宿駅東南口で、昼の12時に会うことになりました。 当日、私は少し早く到着したので、新宿駅付近をフラフラしていまして、12時少し前になって東南口に来てみると、小島氏は既に来ており、1年ぶりの再会となりました。その間もメールでやり取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小島剛一氏のラズ語辞書出版と講演会

本日、2013年7月27日土曜日、もし手にできるのであれば、東京新聞の夕刊をご覧ください。 フランス在住の言語学者である小島剛一氏の記事が載っています。 私は小島氏とお知り合いでありまして、知り合ったきっかけは実は『クレヨンしんちゃん』だったりします。 詳細は以下の記事に書いています。 http://cras…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小島剛一氏の講演会

この記事は前回の続きです。 小島剛一氏とお会いした7月26日(木)から1週間後の8月3日(金)小島剛一氏と『再構築した日本語文法』の刊行記念として、東京の文京区にあるアジア学生文化会館で小島氏の講演会が開催されました。既に終わっていますが、詳細は以下のページを見てください。 http://www.hituzi.co.jp…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

小島剛一氏と会いました

2012年7月26日(木)、小島剛一氏と会いました。 色々事情があって、この事を書くのがだいぶ遅れ、既に10月になってしまいましたが。 小島氏は『トルコのもう一つの顔』(中公新書)、『漂流するトルコ』(旅行人)、そして『再構築した日本語文法』(ひつじ書房)の著者で、フランス在住の言語学者ですが、日本に一時滞在することとなり、…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

「スカシペスタンってどんな国?」と小島剛一先生

5月14日から現在まで、「クレヨンしんちゃん研究所」では「スカシペスタンってどんな国?」というのを載せています。 『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦』の公開記念として、同作の主要舞台でもあるスカシペスタン共和国はどこにあってどんな国なのかということを書いたものですが、このページを掲載した後、書いた際に参考にした…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more