『マルクス・エンゲルス』を岩波ホールで鑑賞

Ein Gespenst geht um in Europa - das Gespenst des Kommunismus. (ヨーロッパに幽霊が出る - 共産主義という幽霊である。) 5月20日(日)、映画『マルクス・エンゲルス』を岩波ホールで鑑賞しました。 この映画を観て、私は10年以上前の高校生及び浪人生だっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ラッカは静かに虐殺されている』をポレポレ東中野で鑑賞

5月17日(木)、ポレポレ東中野という東中野駅前にある映画館で、『ラッカは静かに虐殺されている』を鑑賞しました。 仕事が終わった後、東中野に行きまして、20時半近くに到着しました。 『ラッカは静かに虐殺されている』、原題は英語の『Raqqa is Being Slaughtered Silently』とのことですが、シリアの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北本さんよ、お宅もか

5月18日のテレビアニメ感想いきます。 「はり絵ではり合うゾ」 (脚本:ひるまちかこ、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督・原画:高倉佳彦) ふたば幼稚園、ひまわり組とばら組の園児たちが動物をテーマにはり絵を行うことに。それも教室ではなく講堂でして、よしなが先生は黄色の蝶のはり絵を見せますが、しんのすけは蛾だと言います。ま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チーターの兄貴は登場するのか?

前回の記事のコメント欄で、『クレヨンしんちゃん』の単行本未収録作品の第6話と第7話についての言及がありました。その第6話と第7話は運動会の話です。 第6話はラストのコマにあるしんのすけの台詞が、一部のファンから注目されています。それは「オラのアネキは中2だけどまだ始まってねえんだぞ」です。 この発言から、初期の『クレしん』で…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

うめてんてー

しんのすけの通う幼稚園(原作ではアクション幼稚園、テレビアニメと映画ではふたば幼稚園)には「ばら組」というクラスがありまして、そのクラスを担当しているのはまつざか先生です。 『クレヨンしんちゃん』の読者・視聴者であれば明白過ぎる設定ですが、このまつざか先生、下の名前は「梅(うめ)」と言って、この名前に相当コンプレックスを持っていま…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

野原家の征服王朝

5月11日のテレビアニメ感想いきます。 「AIロボがやってきたゾ」 (脚本:清水東、絵コンテ:しぎのあきら、演出:古賀一臣、作画監督:堀江佑、原画:山井淳生、木村朱里、亀田朋幸、小島秀人、簾畑由美、多田康之、神谷由季) シロウマ宅配便がマル秘と書かれた段ボールを野原家に届けます。なんでも、一週間モニタリングすることにな…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

『カンフーボーイズ』の感想のネタバレをします

ネタバレ禁止期間中に、私は『カンフーボーイズ』の感想を書いてきましたが、ネタバレになりそうなのであえて書かなった事がいくつもありました。 今回は、その伏せていた事を暴露していきます。 オフ会レポートで、作品の感想として私は「むひょ~~~」と書きました。 これは2006年に公開された映画『ヅラ刑事(デカ)』という映画でオ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『カンフーボーイズ』の笑いと友情濃いめスペシャル@トッピングはマサヲ

先日もお伝えしたように、5月6日の深夜3時30分から4時にかけて、『映画クレヨンしんちゃん 爆盛! カンフーボーイズ~拉麺大乱~ 笑いと友情濃いめSP』と題した番組が放送されました。 ただし、青たこさんから頂いた情報によると、この放送は4月6日に放送されたことが映画の公式サイトにも記載されていまして、中部地区の方では14日に放送さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『クレヨンしんちゃん』の映画鑑賞の流儀

2018年5月2日に発売された『まんがタウン』の6月号の編集後記に興味深い記述があります。 今回の編集後記は、「Y田」さんという方が『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』のオヌヌヌの鑑賞法について書いています。以下に引用します。 1度目は何も考えず笑い多めに、2度目は細かい所まで理解して深く、3度目は背景などの美術もま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画家の先生方が好きなしんちゃん映画(その2)

2018年5月2日発売の『マンガタウン』の6月号には、前回と同じく『コミックエッセイ特集~私の好きなしんちゃん映画~』と題して、各漫画家の先生方の好きな『クレヨンしんちゃん』の映画を紹介する漫画が載りました。 野田彩子先生は『電撃!ブタのヒヅメ大作戦』がお気に入りです。 相澤いくえ先生は『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『野原ひろし 昼メシの流儀』の第30話

『まんがタウン』2018年6月号(2018年5月2日発売)に、『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)の第30話「立ち食いそばの流儀」が掲載されました。いつも通り、ページ数は16ページです。 10年前に降り立った駅、そこにある立ち食いそば屋に、ひろしは先輩によく連れて行ってもらったそうです。その店…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画のネタバレについて

映画の『カンフーボーイズ』のネタバレを解禁します。 というわけで、映画『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』について、どんな内容でもこの『分析録』のコメントにも、『クレヨンしんちゃん研究所』の掲示板にしていただいてかまいません。 私が劇場版のネタバレを解禁するのは、大体5月の連休の最終日が多いです。これ以降、『クレヨンしん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ご この一文字が今回のキーワードです。 『クレヨンしんちゃん』の単行本3巻に、しんのすけがたいやきを買いに行く話(e-2、101~103頁)があります。 しんのすけは「たいやき」ではなく「タイヤ焼き」と呼んでいましたが、しんのすけはたいやきを売っている店で、最初に「ききムややり」と注文します。 た こ や き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『クレしん』の映画の特番、テレビ朝日のコラボ、イベント色々

5月4日(金)の『クレヨンしんちゃん』のテレビアニメは放送されません。 テレ朝はまたレジェンドをやらかすのかと思いきや、5月11日(金)は放送するそうです。ちなみに、この日のサブタイトルは「AIロボがやってきたゾ」と「オラんちでグランピングだゾ」だそうです。 ただし、5月6日の深夜3時30分から4時にかけて、『映画クレヨンし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サトーココノカドー開店1周年記念

前の記事でも書きましたが、私は4月29日(日)、イトーヨーカドー 春日部店に行ってきました。 映画の『カンフーボーイズ』の公開とサトーココノカドー開店1周年を記念して、『クレしん』の関連商品を5月6日まで販売するのだそうです。 29日、教会を出た後に車で行きましたが、色々あったので行くのが遅くなり、春日部に着いたのは16時頃…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

商いをさらに極める

4月27日のテレビアニメ感想いきます。 「パンのシールを集めるゾ」 (脚本:ひるまちかこ、絵コンテ:美月輝、演出:ささきひろゆき、作画監督:木村陽子、原画:木村陽子、樋口善法、西山努、今野葉、宇良隆太) 「サルのパン」という食パンで、「サルのパンまつり」という企画が行われまして、食パンの袋に付いているシールを10枚集め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

109シネマズと『クレヨンしんちゃん』のタイアップ商品です

『クレヨンしんちゃん研究所』の掲示板で、青たこさんからタイアップ商品の書き込みがありました。 以下に引用します。 --------------------------------------------- 爆裂!塩拉麺ポップコーン 投稿者:青たこ 投稿日:2018/04/10(Tue) 05:47 No.5608 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「オフ会レポート20(アイヤータウ突撃編)」の写真です

2018年4月14日に、『クレヨンしんちゃん』の映画『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の舞台挨拶付きのオフ会を開催しました。 この記事に載せているのは、その日に撮影した写真です。『クレヨンしんちゃん研究所』に載せた『オフ会レポート20(アイヤータウン突撃編)』に掲載している写真は縮小していまして、それらの写真にこの記事にある…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Der grosse Diktator

4月20日のテレビアニメ感想いきます。 ちなみにこの記事を書いている時、私の高校の頃の同級生で本日4月20日が誕生日の奴がいまして、そいつが「オレはアドルフ・ヒトラーと同じ誕生日だぜ」と言っていたのを思い出しました。 「親子三代スイーツの旅だゾ」 (脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:しぎのあきら、作画監督:木村陽子、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この日は『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』公開初日!

4月13日のテレビアニメ感想いきます。タイトルにも書きましたが、この日は『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の公開初日でもあります。私が初めて鑑賞したのは翌日でしたが。 「父ちゃんのサラサラヘアーだゾ」 (脚本:清水東、絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督:間々田益男、原画:林静香、入江康智、篠原真紀子) ひろし…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の初日舞台挨拶付きの回で鑑賞!

本日、『クレヨンしんちゃん』の映画『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』を鑑賞してきました。 私が鑑賞したのは本日10時40分から、TOHOシネマズ日比谷での舞台挨拶付きの回でした。 この記事のコメント欄でも書きましたが、今回は『クレヨンしんちゃん的ページ』のMr.Kさんとご一緒しまして、2年ぶりの映画オフ会だったわけです…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

「襲来!! 宇宙人シリリ」がテレビ放送

昨年公開された第24作目の映画『爆睡! ユメミーワールド大突撃』のテレビ放送されました。 ドラえもん クレヨンしんちゃん 春だ!映画だ!3時間アニメ祭り 第2弾「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」 と題したスペシャルというわけで、前回は『クレヨンしんちゃん』が先に放送されて、次に『ドラえもん』の映画とい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

漫画家の先生方が好きなしんちゃん映画

2018年4月5日発売の『マンガタウン』の5月号には、『コミックエッセイ特集~私の好きなしんちゃん映画~』と題して、各漫画家の先生方の好きな『クレヨンしんちゃん』の映画を紹介する漫画が載りました。 カワハラ恋先生は『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』がお気に入りです。 火ノ鹿たもん先生は『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

『野原ひろし 昼メシの流儀』の第29話

『まんがタウン』2018年5月号(2018年4月5発売)に、『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)の第29話「たこ焼きの流儀」が掲載されました。いつも通り、ページ数は16ページです。 ただ、今回は1回の食事だけではなく、数日に亘って同じ料理を食べるという珍しい回です。 とある月曜日、午前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あのグルメ情報サイトとコラボ (追記あり)

『クレヨンしんちゃん』が、某グルメ情報サイトとコラボというニュースが入ってきました。 そのグルメ情報サイトとは、ぐるなび、ではなく食べログです。 前回は間違えて(いや意図的に)ぐるなびと書きましたが、正確には食べログです。ホットペッパーでもありません。 『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は何の日?

今日は4月1日です。 というわけで、今年はどんなホラで読者の皆様を騙そうかなと色々考えましたが、さすがにネタが尽きてきました。 私が4月1日のネタをやったのは、 2008年 2013年 2014年 2016年 2017年 です。 5回もやってきたわけで、我ながら色々考えてきたものだと、ちょっと感…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マサオとマサヲ

私は佐藤マサオ君のことを、「マサヲ」と表記することがあります。 この『分析録』をよく読んでくださっていれば分かると思いますが、私が「マサヲ」を使うのは、マサオ君をdisる時です。 また、これも分かる方は分かるでしょうが、この「マサヲ」という表記の元ネタは「タラヲ氏ね」です。 私は元ネタになったフグ田タラオ君については特…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

ひろしって、大学中退なの?

気になった事があります。 「35歳の野原しんのすけは還暦のひろし・みさえと「近居」するのか」というニュースがありました。 この記事を書いたのは佐藤信という人です。東大先端科学技術研究センター助教なのだそうです。 記事を読んで、気になった箇所を以下に引用します。 ひろしは上京して大学を中退、みさえは地元の女子短…

続きを読むread more

何を書かないか

自動車メーカーの人によると、車を開発する際、最初に考えるのはブレーキなのだそうです。 確実に止まることが最も重要なわけです。 どんなに速くて燃費の良い車を開発しても、ブレーキが効かないと走る凶器と化して多くの人命を奪うことになりかねません。 逆にブレーキがしっかりしていれば、のろくて燃費が悪くても、きちんと運転をする限…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『やりすぎ!!!イタズラくん』の場合(補)

『やりすぎ!!!イタズラくん』についての問題は、こちらとこちらとこちらの記事で書いてきました。 今回は補足情報です。 問題となった『コロコロコミック』の3月号の次号である4月号の753ページに、小学館および吉野あすみ氏の謝罪文と、「イラズラクガキコンテスト」が中止となったお知らせ、さらに、「編集部から読者のみなさまへ」と、メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

史上最低の視聴率!

まさにXデーと言うべきでしょうか。 『クレヨンしんちゃん』の視聴率は、一番最初の1992年4月12日に4%という記録を出しました。 当時、テレビアニメが始まったとは言え、『クレしん』は世間ではまだ無名でしたので、このような低い数字しか出せませんでした。徐々に『クレしん』の面白さが世間に知られて、今のような国民的作品になってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『やりすぎ!!!イタズラくん』の場合(終)

この記事はこの記事とこの記事の続きです。 『やりすぎ!!!イタズラくん』という漫画が抗議を受けた件ですが、小学館はかなり踏み込んだ対応をしました。 問題となった漫画が掲載された『コロコロコミック』3月号は販売中止となりました。 また、チンギス・ハーンや足利義満などの肖像に落書きをしようという「イタズラクガキコンテスト」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『野原ひろし 昼メシの流儀』の第28話

『まんがタウン』2018年4月号(2017年3月5日発売)に、『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)の第28話「餃子定食の流儀」が掲載されました。いつも通り、ページ数は16ページです。 「ヤキヤキ餃子」という飲食店に、ひろしは川口と一緒に行き、2人はW餃子定食を注文します。 注文の定食が来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長期の葛藤

3月9日のテレビアニメ感想いきます。 「食リポに挑戦するゾ」 (脚本:ひるまちかこ、絵コンテ:しぎのあきら、演出:木野雄、作画監督:間々田益男、原画:石井智美、西山努、篠原真紀子、三本めぐみ、宇田川一彦) 公園で、しんのすけ、風間君、ネネちゃん、マサオ君、ボーちゃんが集結。ネネちゃんは「げきとつ!かすかべひるごはん」を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

通常放送の3本立て復活はまだか?

3月2日のテレビアニメ感想いきます。 今回は「ドラえもん クレヨンしんちゃん 春だ!映画だ!3時間アニメ祭り」です。オープニングの歌と映像は、今までエンディングで使用されていた、今年の4月13日に公開される予定の映画『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の主題歌『笑一笑 ~シャオイーシャオ~』です。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『やりすぎ!!!イタズラくん』の場合(続)

『やりすぎ!!!イタズラくん』という漫画の作中で、チンギス・ハーンの肖像画を落書きする場面が朝青竜氏の逆鱗に触れ、モンゴルの人々から抗議活動を受ける騒動がありました。 この件は、こちらで詳しく書きました。今回はその続きです。当初はリンク先の記事を加筆するつもりでしたが、分量が増えたので別の記事にしました。 こちらのページによ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

昭和の「サル山根性オヤジ」を描ききらなかった『クレヨンしんちゃん』

ダイヤモンド・オンラインに「昭和の「サル山根性オヤジ」が女性や外国人の活躍を阻む」という記事がありました。 記事の執筆者は東京大学教授の安冨歩氏です。安冨氏については、「東大話法」の提唱者として、以前にも紹介したことがあります。 上記のダイヤモンド・オンラインの記事を読まれてから、以下の記事を読んでいただければと思いますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保守的かもしれない『クレヨンしんちゃん研究所』

2月26日の夜、『クレヨンしんちゃん研究所』のリンクのページを加筆・訂正しました。 既に閉鎖されているサイトもいくつかあって、また双葉社の『クレしん』の公式サイトが更新停止になったので、最新の情報に反映させました。 それで、改めてリンクを見直すと、本当に色々なサイトがあったのだなと思います。しかし、ファンサイトに限れば、『ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『やりすぎ!!!イタズラくん』の場合

前回の記事でも書いたように、『やりすぎ!!!イタズラくん』という漫画が引き起こした問題について取り上げます。 「吉野あすみ」という漫画家が小学館の児童向け月刊漫画雑誌『コロコロコミック』で連載している『やりすぎ!!!イタズラくん』という漫画は、イタズラくんという小学生が色々なイタズラをやるというギャグ漫画で、単行本は現在1巻と2巻…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

美の追い求め方

2月23日のテレビアニメ感想いきます。 「パンフレットの写真をとるゾ」 (脚本:阪口和久、絵コンテ:平井峰太郎、演出:今村洋輝、作画監督:門脇孝一、原画:門脇孝一、田中綾子) ふたば幼稚園、園長先生は副園長先生にデジカメで撮ってもらおうとしますが、園長の顔は笑おうとしても不気味です。そこへ、しんのすけが来襲、副園長先生は幼…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

関根勤氏、三度目の出演

2018年4月13日公開予定の映画『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』で、ANZEN漫才が出演するということが、2月16日に放送で告知されました そして、テレビでは告知がありませんでしたが、同作品には関根勤氏も出演するという情報もありました。 この事については、『クレヨンしんちゃん研究所』の掲示板でも青たこさんから情報提…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1992年オマージュ

2月16日のテレビアニメ感想いきます。 「カスカベ都市伝説シリーズ 風間くんと離れられないゾ」 (脚本:黒住光、絵コンテ・演出:ささきひろゆき、作画監督:間々田益男、原画:入江康智、石井智美、西山努) 一人でブランコに乗った園長先生が、今回の都市伝説の解説をします。大好きな人と離れたくないという思いが現実に起こったら、どう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スケぶり埼遊記

2月9日のテレビアニメ感想いきます。 「ありがた~いアレを取りに行くゾ」 (脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、樋口善法、山本勝也、宇良隆太) 「オッス オラ 極右」ではなく「オッス オラ しんのすけ」と、猿の孫悟空の姿をしたしんのすけの登場です。 昔々とある埼玉に…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

歴史の長いヲタク風間

ひまわりが生まれる前から『クレヨンしんちゃん』に親しんできた者からすると、風間トオルというキャラクターはキザでイヤミな奴というイメージを持つことが多いようです。 そして、風間君がもえPにもえもえなヲタクと化したのはかなり最近になって変質してしまったかのような印象を持っている人は多いかもしれません。 しかし、風間君がヲタク化し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昔のアニメや特撮って慣用句が多かった件

私はTwitterをやりませんが、他人のTwitterはよく見ます。 で、Twitterには「お!」と思う書き込みをよく見かけますが、「岡野剛先生さすが!」と言いたくなる発言がありました。 『地獄先生ぬ~べ~』の作画担当だった岡野先生が描いた『マジンガーZ対けっこう仮面』の中にあった台詞ですが、なんかネット上でけっこう話題に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『野原ひろし 昼メシの流儀』の第27話

『まんがタウン』2018年3月号(2018年2月5発売)に、『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)の第27話「和食ビュッフェの流儀」が掲載されました。いつも通り、ページ数は16ページです。 正午、三色そぼろ弁当(税込みで380円)を食べようとするひろしですが、川口に毎日コンビニ弁当を食べている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニアによるスタンプラリーの流儀

2月2日のテレビアニメ感想いきます。 「冬はやっぱりコタツだゾ」(脚本:ひるまちかこ、絵コンテ:美月輝、演出:木野雄、作画監督:門脇孝一、原画:門脇孝一、石井智美) シロもくしゃみするほどの寒い朝の野原家、寝ているひろしはしんのすけのお尻で目が覚めますが、再び眠ります。そして、みさえも起きますが、一番先に起きた自分がコタツ(…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

『クレヨンしんちゃん』のファンクラブ

最近、気づいた事です。 『クレヨンしんちゃん ファンサイト』で検索すると、『クレヨンしんちゃん研究所』が最初に検索結果として反映されます(2018年2月1日の時点)。 『研究所』の師匠的なサイトである『クレヨンしんちゃん的ページ』を差し置いてトップに出るとは、何とも畏れ多い気分です。光栄な事なのでしょうが。 そして、『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

役の名前が変わった事情とは?

テレビアニメの「雪の宿のミステリーだゾ」は2回放送されています。 2015年1月30日に初めて放送されて、2017年1月7日に再放送されました。 で、この話に出てくる登場人物たちの名前が、1回目も2回目もオープニングで流れていましたが、ちょっと異なる部分があります。 まず、2015年1月30日の時は以下の通りです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホワイトシローバーゼーット!

1月26日のテレビアニメ感想いきます。 「カエルさん帰るだゾ」 (脚本:中弘子、絵コンテ:しぎのあきら、演出:平井峰太郎、演出助手:今村洋輝、作画監督:門脇孝一、原画:門脇孝一、尾鷲英俊) 風が吹く中、シロは寒い思いをして家の中に入れてもらおうとしますが、みさえはシロが入れてもらいたいことに気付きません。というのは、みさえ…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more