本格沖縄的対決?

2021年6月26日放送分の感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは119回目となります。

本日、4月23日に公開予定だったのに前日で急遽公開延期が決まった『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』の公開が7月30日に公開決定になったというお知らせがありました。

もし7月30日に公開されれば、1993年7月24日に公開された『ハイグレ魔王』以来28年ぶりの7月公開となります。7月下旬は夏休みの期間ですし、メインの子供にとっては絶好の鑑賞機会になり得るのですが、この時期はオリンピック(←本当にやるの?)、コロナ第5波、デルタ株など懸念事項がいろいろあったりします。果たしてどうなるやら。

この後はいつも通りOPとAパートです。

「線の上を歩くゾ」
(脚本:静谷伊佐夫、絵コンテ:義理利幸、演出:ささきひろゆき、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、入江康智)


2010年9月10日に放送された話の再放送です。

春我部の街中を歩いているしんのすけたちは、今日は何をしてあそぼうかという話になり、ネネちゃんは公園でリアルおままごとを提案しますが、風間君たちは慌ててかすかべ防衛隊の基地、つまりよしなが先生のマンションに行こうと言い出します。

一方、一番後ろを歩いていたしんのすけはカッパ薬局のカッパくんの人形を見て、白い線の上を歩き出します。カッパくんを見たら白い線の上を歩くと決めているそうです。

ここはジャングルで線を出ると恐ろしい生き物に襲われると想定しているそうです。

すると、マサオ君とボーちゃんも面白がり、白い線に乗ります。ネネちゃんはそんな遊びは3歳で卒業すべしと言いますが、しんのすけは人生という綱渡りのための練習だとカッパくんが教えてくれたとのこと。

それを聞いたネネちゃんも対抗心を燃やして参加。さらに、参加する意志のなかった風間君の周りにワニがいると騒いで、白い線に乗せます。

というわけで、出発おしんこ、きゅうりのぬかづけ。

さて、かすかべ防衛隊の隊長を誰にするかで、揉め出しますが、ボーちゃんの提案でじゃんけんすることに。しかし、ズルしたネネちゃんが強引に隊長となり、先頭になります。

5人は歩きだしますが、ここで歩いている場面が元の放送よりも約4秒短縮されています。

無言で歩く5人ですが、しんのすけが突然大騒ぎします。カッパ薬局が目の前にあります。白い線を歩いていたら一周してしまったのでした。

というわけで隊長交代。次は風間君です。

風間君は順調に歩きますが、すぐ後ろのしんのすけがうなじを見つめて、それが気になって仕方がない風間君はしんのすけに前に歩くように指示します。

風間君と一悶着した後、しんのすけが先頭を歩きます。ここで、しんのすけが「止まれ」の文字の上を途中で飛ぶ約25秒の場面が削除されています。

それから歩き続ける一行ですが、しんのすけが途中でおねいさんに見とれ、風間君とぶつかります。風間君は再び先頭を走れと言いますが、突然しんのすけたちが止まり、今度はマサオ君が隊長に任命されます。

その前には、凶暴そうな犬がいました。マサオ君は嫌がりますが、しんのすけたちは応援します。あくまでも応援だけですが。

マサオ君は気合いを入れて犬の前を通ろうとしますが、とても通れないそうもありません。しんのすけたちも同様。

すると、ボーちゃんは誰かがちょっとでも白い線に触れていればOKとのことで、マサオ君だけが白い線に触れて、かすかべ防衛隊のメンバーは横に手を繋ぎ、道路の向こう側にある白い線にしんのすけが足を出しますが、届きません。ここで、しんのすけがさらに足を伸ばし、マサオ君が腕を痛くしてしまう約9秒の場面が削除されています。

そこで、ボーちゃんが橋に行き、ボーちゃんは鼻水を飛ばして、白い線が鼻水に触れて、こうしてよしなが先生のマンションに到着します。

ところがマンションの中まで白い線が続いていません。そこで、しんのすけたちは「よしなが先生!」と声を出し、台所で洗い物をしているよしなが先生がその声を聞いて、ベランダに出てくるとしんのすけたちの姿を見つけます。この「よしなが先生!」と声を出す場面と、洗い物の場面は約2秒ほど短縮されています。

で、よしなが先生は5人の園児を抱えて階段を登るのでした。この日、エレベーターの点検の日だったのです。

Aパート終了後、『天カス学園』の公開まであと5週という告知がありました。


「なわとびで縄張り争いだゾ」
(脚本:ひるまちかこ、絵コンテ:池端たかし、演出:しばたあきひさ、作画監督:高倉佳彦、原画:高倉佳彦、東出太)


ふかづめ竜子!
魚の目お銀!
ふきでものマリー!
3人そろって埼玉紅さそり隊!

というわけでやってきました、埼玉紅さそり隊が公園に参上です。すると、地方のローカル線ごっこをやっているしんのすけと遭遇。お客が乗らないと廃線になってしまうと思った竜子は、しんのすけに遊びに参加することに。しかし、実際のローカル線の状況を見ると、国鉄民営化は本当に正しかったのか、疑問に思ったりします。

ここで、3人の不良女子高生が参上。ローカル線ごっこの縄を奪うと、見事ななわとびを披露。

歯ぎしりのハブ。
舌打ちのマングース。
貧乏ゆすりのイリオモテヤマネコ。
3人そろって沖縄ハイサイジャンプ。

沖縄全国制覇を目指して、各地の不良たちとなわとびで縄張り争いをしてきて、関東進出第一歩に埼玉紅さそり隊と勝負を挑んできます。

竜子はなんで大なわとびなのかを聞くと、大なわ→大きななわ→沖縄という答えが帰ってきました。

あきれた竜子はガキの頃、蛇なわとびがクラスで一番うまかったらしいですが、沖縄ハイサイジャンプの3人にバカにされます。

というわけで勝負開始。ルールは簡単で、両チーム同時にスタートして、途中で引っ掛かったら抜けていき、最後まで残っていた方が勝ちです。

なわを回すのはしんのすけ。最初は面倒くさがりますが、ちんすこうをもらうと、回すのに承諾します。

勝負開始。

最初にお銀が足を引っかけて脱落。竜子はマリーに、体をできるだけ低くして、ジャガイモ小僧ことしんのすけの目線に合わせて飛ぶように言います。

飛ぶなわはかなり低いですが、沖縄ハイサイジャンプの3人は沖縄名物の水牛の体勢で飛びます。さらにコサックダンスなんかも披露。

一方、マリーが遂に限界。残りは竜子だけに。

そこで竜子はどこかへ行ってしまいます。もしかして逃げたのかと思いきや、しばらくして家で体操服に着替えた竜子が戻ってきました。

竜子がヤンキー座りすると、勝負再開。

竜子と沖縄ハイサイジャンプの3人は勝負を繰り広げますが、3人はスパイダージャンプと称してブリッジの状態でジャンプします。人間離れした身体能力。

竜子も限界に近づきますが、その人間離れ身体能力に、野次馬が続々とやってきます。すると、しんのすけはその中のきれいなおねいさんに見惚れ、つい蛇なわとびの状態にしてしまいます。

沖縄ハイサイジャンプの3人はバランスを崩して転び、ガキの頃に得意だった竜子は余裕で飛び、勝負がつきました。

夕方、沖縄ハイサイジャンプの3人は負けを認めました。それで、しんのすけが飛びたいと言ったので、竜子はこの3人も誘ってみんなで飛ぶことになりました。

今度はお銀がなわを回しますが、竜子がいきなり足を引っかけてしまったのでした。

今回の話に登場した沖縄ハイサイジャンプの3人の中の人は、みんな沖縄出身らしいです

歯ぎしりのハブは下地紫野さん。

舌打ちのマングースは紡木吏佐さん。

貧乏ゆすりのイリオモテヤマネコは儀武ゆう子さん。

Bパート終了後、『天カス学園』の公開の告知がありました。


「シロのランキングだゾ」
(脚本:中弘子、絵コンテ・演出:しばたあきひさ、作画監督:尾鷲英俊、原画:尾鷲英俊、入江康智、野口敦史)


みさえと隣のおばさんが話をしています。なんでも、駅前に食パンの店ができたそうで、「あの渋沢栄一も好きになる」という名前らしいです。

隣のおばさんによると「あの渋沢栄一が深谷ねぎよりも愛するかもしれない」とのこと。

今度はみさえが「あの渋沢栄一が天を衝く美味しさはいつからだろう」と訂正。

そしたら、二人は同時に正確な名前を思い出します。「渋沢栄一が天を衝く美味しいパンの耳を食べたら止まらないので毎日買って食べたらロバの耳になっちゃった」だそうです。

ひまわりはその様子をあきれていると、シロを見かけて部屋に無理やり引きずりこみ、寝かしつけようと、子守唄もどきを歌い出します。要はみさえのモノマネのようです。

シロからすればいい迷惑ですが、シロはひまわりが初めてのこの家に来た時のことを思い出していました。シロはひまわりの兄のようにふるまっていました。

なのに、今はシロがひまわりに赤ん坊扱いされます。ここで、犬に見られる序列化が行われます。

まず、みさえは面倒をよく見てくれるので、1位です。ひろしは足が臭くてランク外、しんのすけは2位、ひまわりは3位、そして自分は4位というランクです。

突然ひまわりは大きい方をしてしまい、シロは大急ぎでオムツを用意。さすがにシロではおむつの交換はできないので、みさえを呼びます。

古いおむつはゴミ箱に入れたシロは、自分を3位、ひまわりを4位の序列にします。さらに、ひまわりのおもちゃを持ってきますが、シロは人形の服を着せられてしまい、哺乳瓶のおもちゃを押し付けられます。

ひまわりが3位、自分は4位と序列が再び変わります。するとしんのすけが幼稚園から帰ってきまして、アイスを食べながら、しんのすけはシロが服を着ていることに多少の関心を示しますが、遊びに出てしまいます。

すると、ひまわりは棚の上にある赤ちゃん菓子を欲しがり、シロは床に落としまして、ひまりはそれを食べ出します。機嫌を良くしたシロは序列を第3位に自分、第4位にひまわりを置きますが、お菓子を無理やり食わせられそうになり、再び序列が逆転。ひまわりが3位、シロは4位。

それから、ひまわりのテレビや絵本の鑑賞に付き合わされたシロは逃げ出しますが、やがてひまわりは寝てしまいます。シロはタオルケットを持ってきて、ひまわりの上にかけると、自分もその横で寝るのでした。で、序列は再び自分を3位、ひまわりを4位に位置付けるのでした。

Cパート終了後、やはり映画公開まであと5週の予告が流れたのでした。


エンディングも『天カス学園』の主題歌『はしりがき』が5月29日以来4週間ぶりに復活しました。このまま7月30日に公開となりますかね。

"本格沖縄的対決?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。