大阪で地震がありました

2018年6月18日午前7時58分、大阪で震度6の地震がありました。

既に死者が5人、負傷者は408人、約1300人が避難という報道がありました。

1995年の阪神・淡路大震災に比べると、被害ははるかに少なくて済みましたが、それでも大阪ではかなり混乱したようです。

犠牲となられた方々には、心よりお悔やみ申し上げます。

この地震で私が気になったのは、『クレヨンしんちゃん的ページ』の管理人さんのことです。

メールを出そうかと思いましたが、『クレヨンしんちゃん的ページ』のトップページは、幸いにも目立った被害はなかったというお知らせが出ていて、安心しました。

今回の大阪での地震を見て、いずれ来るであろう東海地震や首都直下型地震の対策を進めなければならないと改めて思いました。

それで思い出したのが、岩手県陸前高田市にある長洞(ながほら)地区の事です。2011年3月11日の東日本大震災で、この地区は津波で集落の半分が壊滅し、道が寸断されて孤立状態に陥ったのに、死者は市街地に出ていた一人だけで、震災当日の夜から暖かいご飯が食べられたという奇跡のようなことを成し遂げました。というのも、普段から住民同士で震災時において対策を練っていて、震災が来たら迅速に行動に移したからです。非常に高度は組織力があったのです。

私も近所の人たちと連携を取って、いざと言う時には迅速に対応できるようにしなければならないですね。そういう心がけが、被害を最小限にする一番効果的な手段だと考えます。



"大阪で地震がありました" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。