批判を呼ぶオタッキーな監督!

クレしんのテレビアニメの現状から,どうもムトウ監督も批判の的になりやすいような風潮が感じられます。
確かに,エンディングの廃止,オープニングの侵食,さらには本編に棒読みの素人を起用などなど,クレしんの現状は目に余るものがありますが,これらは何もムトウ監督が必ずしも悪いわけではないと思います。
私が思うに,テレビ朝日がこのような放送を行っているこの時に,たまたま監督がムトウ氏であるだけなのです。
逆に,現在も原恵一氏が今もクレしんで監督を務めていたとしても,このような状態は免れなれなかったのではないでしょうか。
そもそも,ムトウ監督は作風がオタクっぽいという批判がありますが,原監督にしても,劇場版の「温泉わくわく」までは,(ムトウ監督ほどではないかもしれないけど)あからさまなゴジラのパロディを登場させるなど,かなりオタクっぽい作風だったわけです。
さらに言うなら,話題を呼んだ「オトナ帝国」もかなりオタッキーな作風ですし(だから第一回日本オタク大賞を受賞した!)。「三分ポッキリ」はウルトラマンのパロディ?「オトナ帝国」のひろしSUNもそうでしょ。
なぜ,「オトナ帝国」があれだけ評価されたかというと,「クレヨンしんちゃん研究所」の「映画編」でも書いたと思いますが,要するに大勢の大人の観客を魅了する要素,いわば普遍性が存在していたからです。具体的に言えば,それはノスタルジーなわけです。しかし,「温泉わくわく」にはそれがあったとは言い難く,それはムトウ監督の作品も同様なのでしょうね。結局,その程度の違いなのです。
で,普遍性とは言っても,それは大人の観客に対してであり,子供もその十分な対象であるとは思えません。というのは,子供には理解できないところがあるのではと思うからです。風間君も言っていましたよね。「懐かしいって,そんなにいいことなのかな?」。だから,懐かしい事が理解できないがために,この作品が1番嫌いだという人も実際にいるのです。
何か,「オトナ帝国」の悪口を書いているようですが,同作品は私も決して嫌いではなく,個人的に劇しんのベスト3にも入っています。子供も十分楽しめるだけの内容にも仕上がっている名作だと思いますし。ただ,「オトナ帝国」もそういうオタク的な側面を含んでいるのも事実だと言えるわけです。
まあ要するに,本郷監督だろうと原監督だろうと,誰が監督になろうと,今のテレビ朝日ではクレしんの質の低下(オープニングの改竄など)はまず免れんという事を言いたかったわけです。私は,ムトウ監督も本郷監督や原監督くらいの力量を持っていると思います。テレビ朝日が現状を省みて,改善を進めれば,クレしんはまた素晴らしい作品となるでしょう。
なお,クレしんよりももっとひどいのがドラえもんだと聞いています。ドラえもんに至っては,アニメ「ドラえもん」を守る会wikiというサイトまであるくらいです。現在,私はドラえもんを観ていませんが,このサイトやリンク先のブログなどを読むと,ここまでひどい事になっているのかという感想を抱かされます。で,そのなれの果てが,2006年の大晦日ドラえもんスペシャルの視聴率が5.7%(!)であった事なのでしょうね。そして,その火の粉がクレしんにも降りかかっているのが現状なのかもしれません。クレしんもここまでひどくなるかと思うと,ゾッとしますよ。

ムトウ監督流パロディシリーズ(その24)、でした。

"批判を呼ぶオタッキーな監督!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。