クレヨンしんちゃんが無くなる時!日本は沈没する!

以下は、以前(2006年4月18日)日記に書いた、「ムトウ監督に聞きたい事」を加筆・訂正したものです。

現在のオープニング「ユルユルでDE-O!」の作詞はムトウ監督ですが、この歌の中に「ドキがムネムネ」というのがあり、これは試写会などの舞台挨拶にも、確か司会が使っていたフレーズだったと思います。
それで、このフレーズなのですが、一昨年の10月に「ユルユルでDE-O!」を初めて聞いた時、「えっ」と思いました。
というのも、これは「ちびまる子ちゃん」にもあるフレーズだからです。同作品の単行本1巻に「教えてやるんだ ありがたく思え」という話があり、確かこの話の中のコマの欄外に、作者のさくらももこの学生時代に、「ムネがドキドキ」というのを「ドキがムネムネ」と言い間違えた先生がいたというエピソードが書かれていたと記憶しているのですね。
この話が発表された当時、まだクレしんは始まっていなかった、少なくともテレビアニメ化していなかったはずです。
つまり、ムトウ監督はもしかしたらここから取った(悪く言えばパクッた)のではないでしょうか。まあ、偶然同じだったということもありえますが、その辺り、ちょっと気になりますね。
いずれにせよ、この「ドキがムネムネ」というフレーズは、クレしんによって人口に膾炙するようになったと言えるのでしょうが。

ムトウ監督流パロディシリーズ(その1)、でした。

"クレヨンしんちゃんが無くなる時!日本は沈没する!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。