おジュースとおベンジャーズ

2021年9月18日放送分の感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは130回目となります。

「五千円のジュースだゾ」
(脚本:阪口和久、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督・原画:原勝徳)


2010年8月20日に放送された話の再放送です。

商店街の福引で、みさえは金色の一等賞を引き当てます。賞品は果汁100%のグレープジュースですが、一瓶5000円なんだそうです。

みさえは2等の金券2000円が良かったと不満そうですが、ひろしとしんのすけは喜んでいまして、値段と量から言えば10倍はうまいと言います。

ここで10倍がどれくらいかをしんのすけが質問をして、みさえがアクション仮面フィギュア25個分と答える約17秒の場面が削除されています。

さっそくひろしは飲んでみようとジュースを手にしようとすると、みさえは美味しく飲むために準備が必要だと言います。

まずジュースを冷やして、ひろしとしんのすけは庭の草むしりをさせられ、みさえも家の掃除をします。

ひろしは5000円のジュースの香りや味について延々と語り出しますが、しんのすけは5000円のジュースを飲んだことがあるんだと言うと、ひろしはないと否定します。

さて、しばらく続けて、ひろしが一休みしようかと言った時、しんのすけは家の中に侵入していました。もちろん5000円のジュースが目当てで、台所で冷やしてあるジュースを頂こうとします。

ここで、ひろしがしんのすけの服を着たシロを見つける約5秒の場面が削除されています。

そのひろしは様子を庭から見ますが、みさえとばったり顔を合わせて、何事もないように草むしりを再開。一方、しんのすけは台所にきたみさえに見つからないように洗面所へ逃げまして、さらに、バスタブの中に隠れますが、お風呂の用意でバスタブにみさえがお湯を入れます。

この直後、みさえが「そろそろ地デジ考えなきゃなぁ」と言いながらテレビを拭く約3秒の場面が削除されています。放送された2010年当時を思わせる台詞。

さて、お湯で暑い思いをしたしんのすけが台所から戻ると、ジュースを開けようとしますが、コルク栓になっているので空きません。

しんのすけはみさえに開け方を聞こうとしますが、ジュースが危うく見つかりそうになり、なんとかジュースを隠します。

庭に戻ったしんのすけですが、今度はひろしがジュースを奪おうとします。台所に侵入したひろしは、ジュースがコルク栓なのを知り、コルク抜きを探しますが見つかりません。

ひろしはひまわりに見つかりますが、調味料の容器を居間に投げて、ひまわりをその容器に引きつけます。ここで、ひろしがひまわりの様子を見る約4秒の場面が削除されています。

さらにひろしは台所の戸棚を開けますが、食器類が落ちてきます。しかし、押し入れの崩れゆく布団で鍛えているひろしは食器類を押さえますが、股間にも食器がぶつかってしまい、痛い思いをします。

結局みさえに見つかってしまい、庭に戻ったひろしは、しんのすけに早く草取りを終わらせようと言うのでした。

こうして草取りを終わらせた後、野原一家の3人はコルク抜きでジュースの瓶を開けて、氷なしでジュースを味わうのでした。

Bパート終了後、『天カス学園』が大ヒット上映中の告知がありました。 


「おベンジャーズだゾ」
(シリーズディレクター:平井峰太郎、脚本:晨原大輔、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督・原画:高倉佳彦、針金屋英郎)


園長先生(森田順平氏)の声のナレーションが最初にあります。この世界には、人知れず誰かのために戦うヒーローがいる、とのことで。そして、春我部の主婦、野原みさえを救うために立ち上がったヒーローたちの物語だそうで。

で、みさえは台所のテーブルの上にある

新 飲んですっきり
健康おなか!
ヨクデール
カスカベ製薬


の瓶を見て、便秘から救ってほしい一心でカプセルを一粒飲みました。
そのカプセルは、しんのすけの姿となって、みさえの体内へ入りました。
ケツベン着陸に成功したしんのすけは、風間君がうずくまっているのを見つけます。
風間君は頭の蓋、というかエリートシールドを投げますが、しんのすけはお尻で弾きます。
この話でのしんのすけは野原しんのすけではなく、

新・のんですっきりけんこうお腹!
ヨクデール

略してしんのすけです。「しんんでっきりんこうおなか」ね。

風間君の方は

カザマ・エリート・オツウジ・トオル菌

です。

風間君によると、この世界にはジャンボベンという支配者がいて、そいつのせいでこの世界はガスとカスに覆われているとのこと。

9999億9999万9999の仲間と共にジャンボベンとの戦いに挑んだのに、敗れて仲間たちは吸収されてしまったそうです。

風間君は強い仲間を集めておベンジャーズを結成しようと言いますが、ジャンボベンの手下のベビーベンが現れます。しんのすけと風間君はベビーベンと戦いまして、囲まれてしまいます。

そこへ、ネネちゃんが現れます。水鉄砲で次々に倒したネネちゃんは、チェリー田ネネと名乗ります。桜田ネネの桜を英語にしただけ。

今度は巨大な深緑色の怪物が現れます。どう見てもマサオ君が化け物になったっ姿ですね。このマサオ君には水鉄砲が効きません。

風間君のエリートシールドも効かず、もう駄目かと思ったら、ボーちゃんが参上。腕を伸ばしてマサオ君の体を締め上げて倒しました。

ボーちゃんはゴボーと名乗ります。さらに、マサオ君の体が素の大きさに戻りまして、正気に戻ります。マサオ君はマサシードと名乗ります。なんでも、周りの水分を吸って大きくなるダイエット食品だそうです。

お腹が膨らむことで食欲が抑えられてダイエットにつながるというわけでして、マサオ君は巨大化している間は意識が無くなって暴れてしまうそうで、風間君たちに危ない奴と思われます。

それでも、なんだかんだで、風間君は整腸剤と牛蒡(ごぼう)、ダイエット食品とさくらんぼ、そして健康飲料が揃ったことで無敵だと言いまして、ジャンボベンを倒そうということになります。

そこへ地震が起こったかと思ったら、巨大なジャンボベンが出現します。

Cパートに続きます。


Cパートに入る直前、『天カス学園』が大ヒット上映中という宣伝をしんのすけがしていました。

さて、ジャンボベンを恐れるおベンジャーズですが、最初にボーちゃんが立ち向かい、それに伴ってしんのすけたちも攻撃をします。しかし全然効きません。

そこでしんのすけはマサオ君を水たまりに入れて巨大化して暴れさせますが、マサオ君はしんのすけたちに襲いかかります。

5人はジャンボベンの攻撃を受けて、マサオ君は元の体に戻ります。結局、5人は退却しますが、マサオ君が逃げ遅れます。するとボーちゃんがマサオ君を助けまして、代わりに捕まってしまいます。

ここで地震が起こり、しんのすけたちは飛ばされてしまいますが、ジャンボベンのはるか向こうに光を見たしんのすけ。

この頃、みさえは運動をしていました。

さて、意識を取り戻したしんのすけは、ボーちゃんだけがいないことに気づきます。

風間君はお菓子やジュースでやけくそになっていましたが、マサオ君はボーちゃんの仇を打ちたいと言い、風間君も再び立ち上がります。そしてどうやって倒すかを話し合いを始めますが、しんのすけは光を見たことを話し、ネネちゃんが何かメモをします。

さて、ジャンボベンと再戦です。ベビーベンも従えています。

ネネちゃんは作戦をメモしていまして、しんのすけたちは作戦通りの行動を開始します。

まず、しんのすけはジャンボベンの注意を引きつけて、風間君はベビーベンを追い払い、マサオ君はネネちゃんの水鉄砲で再び巨大化して暴れ出します。この時に再び光が現れ、マサオ君はその光に飛びかかって、さらに光を広げます。

するとベビーベンはその光へ吸収、というか追い出されそうになります。

一方、みさえはお通じを感じてトイレへ。

しかしマサオ君は光を広げ続けていられず、だんだん光が小さくなります。トイレにいるみさえも、出てこなくなります。

一方、しんのすけがフルパワーモードとなり、顔がカプセルの形になり、お尻から放ったビームを光の方へ浴びせます。

しかし、しんのすけのお尻ももたないと思われましたが、異様に小さくなったボーちゃんが現れます。ジャンボベンに吸収されたかと思いきや、吸収される前に本体から別れたそうです。

小さいボーちゃんはしんのすけの尻ツボに刺激を与えることで、さらにビームが出ます。

おベンジャーズの5人はジャンボベンに体当たりをして、光の方へ追い出しました。

で、みさえは遂に出したのでした。おベンジャーズもジャンボベンと一緒に出てしまいますが、あのまま中にいたら自分たちがジャンボベンになるのでこれでいいとのこと。

こうして、無事に(?)みさえにトイレに流されまして、おベンジャーズの戦いは終わりました。しかし、新たなジャンボベンが現れる時、彼らは戻ってくるだろう、次はあなたのお腹に、と園長先生(森田順平氏)の声のナレーションで終了します。

Cパート終了後、『天カス学園』が大ヒット上映中の告知がありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

Kent
2021年09月23日 23:13
最近、平井峰太郎氏がシリーズディレクターの作品が増えていますが、この作品が放映されている際にはムトウユージ氏はTwitterで実況していません。シリーズディレクター担当の話にはムトウ氏は関わっていない可能性があり、実質監督2人体制に移行しつつあるのかもしれませんね。アニメ30周年間近ということで制作体制に変化があっても不思議ではありません。
とはいえ、ムトウ氏が実況をしないというのは不自然ですよね。制作体制の変化(?)が不和をもたらさないことを祈ります。
2021年09月24日 00:05
どうもありがとうございます。
ムトウ監督のTwitterの実況は必ずしも毎回やっているわけではないのは知っていましたが、そういう事情があったのですね。
監督が実質二人の体制になりつつあるかもしれないとのことで、放送時間が30分になりましたし、そういう変化はあってもおかしくないでしょう。過去の話をリピート放送する現状から、3本新規の放送をするようになる日も近いかなと思ったりもします。