『天カス学園』に公開初日の翌日に放送されたテレビアニメ

2021年7月31日放送分の感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは123回目となります。

「犯人はダレだ!だゾ」
(脚本:阪口和久、絵コンテ・演出:高橋渉、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、入江康智)


2009年7月10日に放送された話の再放送です。

ドミノが倒れていく光景を目の当たりにしたマサオ君。そこへチーターの「誰だー!」と言う叫び声が。

というわけで、ドミノ倒しの容疑でてるのぶとひとし、そしてチーターから尋問を受けることになったマサオ君。チーターとてるのぶとひとしが苦労して並べたドミノなんだそうです。

風間君とネネちゃんとボーちゃんはマサオ君の釈放を交渉しようとしますが、チーターは受け入れません。一方、しんのすけはマサオ君が犯人であるかのようなことを言ったりします。

チーターとてるのぶとひとしは、三人でドミノを並べ、誰が倒すかで揉めますが、三人でトイレに行きます。それで、風間君はチーターがこっそりトイレから出てドミノを倒そうとしたのではないかと、さらにしんのすけはドミノが倒れる光景をマサオ君が見ていたとまで想像します。

風間君は、チーターが犯人ではないかと推理しますが、てるのぶとひとしとずっと一緒にいたらしいです。ここで、チーターが「これでも俺が犯人だってのか?」と風間君が問い詰める場面で、風間君が「それは」と言う場面があるのですが、この風間君の台詞は削除されています。 

今度はネネちゃんが推理を披露。リアルおままごとをやっている男女の園児が教室に入ってきて、二人が口答えする様子を再現しますが、結局犯人は分からず。ここで、マサオ君がただのリアルおままごとだと指摘すると、ネネちゃんがマサオ君が犯人だと言う約18秒の場面が削除されています。

風間君とチーターは言い争いを続け、マサオ君はその様子を心配そうに見ます。ここで、ボーちゃんがドミノ並べに参加する約14秒の場面が削除されています。

それ以外の園児たちはドミノ並べに参加していきます。それで、マサオ君は外で遊んでいた園児が尻餅をついた勢いで、もしくはくしゃみの空気が教室まで入ってきたことで倒れたのではと推理しますが、風間君とチーターから拒絶されます。

それからも風間君とチーターはへまわり組だのチームワークバラバラ組だのと悪口を言い合いますが、その間にドミノが再び完成させました。マサオ君もてるのぶとひとしとすっかり仲直りしますが、マサオ君がこの二人と仲良くなるとはなかなかレアです。

それから、ドミノを倒すのは誰かという話になりまして、マサオ君も落ちていたボールを棚の上に載せますが、そのボールは床に落ちてしまい、ドミノにぶつかって倒れていきました。ここで、ドミノが倒れていくのを見るボーちゃんとネネちゃんの姿が削除されています。

すっかり真っ白になってしまったマサオ君は泣いて謝りますが、また並べればいいということでまた並べるのでした。

Aパート終了後、『天カス学園』が大ヒット上映中の告知がなされました。

そしてこのままインタビューへ行きます。


「里依紗おねいさんにインタビューだゾ」

『天カス学園』でテン組のギャル・アゲハを演じた仲里依紗氏にインタビューを行います。アフレコの前の日はずっと鳥肌が止まらなかったらしいです。好きな台詞はみさえの「青春ってあったわね!」とのことです。仲氏はみさえと同じ母親でもあるので、みさえの言葉には毎回時じ〜んとくるそうで。


「田舎にとまるゾ」
(脚本:うえのきみこ、絵コンテ・演出:横山広行 、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、入江康智)


2011年8月5日に放送された話の再放送です。この話は2013年8月2日にも再放送されていますので、地上波のテレビで流れるのは今回で3回目です。スタッフにとって愛着の強い話なのかな。

野原一家が車で旅行中。なんでも、川口の親戚が住んでいた家に行くそうですが、その家というのが大自然に囲まれた日本家屋なんだそうです。

で、その家に到着しました。見た目はなかなかレトロでありながら想像以上に広く、台所用品も揃っています。お風呂も野原家より大きいそうです。

みさえは、行列のできる和菓子屋で買った塩大福を出そうとすると、一つなくなっています。みさえはしんのすけを疑いましが、しんのすけは拒否。ひろしも食べていないそうで。

すると、勝手口の向こうでシロが吠えているので、ドアを開けると、一人の老人が。川口の親戚のいとこの友達の斜向かいに住んでいる、この家の管理者だそうで、玄さんと呼んでくれと言います。

みさえは急に肌寒さを感じる一方、玄さんは毎年蛍がたくさん出る穴場があると教えてくれて、今夜行くことに。しかし、シロはその玄さんに向かってやたら吠えるのでした。

その夜、二つ目の塩大福をみさえは食べて、さらにしんのすけがテレビをつけようとすると停電になりますが、玄さんが懐中電灯で顔を照らしながらやってきます。

野原一家は玄さんに案内されて、蛍がたくさん出る穴場に行きました。周囲にはけっこう人がいまして。しんのすけは近くで蛍を見ていたおばあさんさんから、ほたるの言い伝えを聞きます。それは、この村では亡くなった人が蛍になって親しい人に会いに来ると言われているそうです。

しんのすけはお尻に懐中電灯を挟んでケツだけ星人をやったりします。蛍になったつもりのようですが、みさえに阻止されます。

ところが玄さんの姿がありません。先ほどのおばあさんに玄さんの場所を聞きますが、そのおばあさんは玄さんを知らないようです。

玄さんは野原一家にしか見えない幽霊ではとしんのすけは言いますが、確かに玄さんが家の中にいた時はやたら寒く、シロは玄さんに向かってやたらと吠えていました。もしかして、玄さんは野原一家に会いに来たでっかい蛍ではないかと考えるしんのすけ。ここで、ひろしが蛍となった玄さんの悪夢にうなされる約9秒の場面が削除されています。

次の日の朝、ひろしとみさえは眠れませんでした。ここで、みさえが食べていた塩大福の箱が空になっていることが判明する約13秒の場面が削除されています。

野原一家はご挨拶用の塩大福を持って、玄さんの家に向かいます。その家には若い女性がいました。

しかし、ひろしがおじいさまに世話になっていると女性が言うと、おじいさんは2年前に亡くなっていて、しかも塩大福が好きだったそうな。

そこへ玄さんが参上。実は玄さんは女性でした。さらに玄さんはエアコンをつけっぱなしにする悪癖があるらしく、玄さんが来て寒かったのはエアコンのせいでした。あと、玄さんは野原家の塩大福を無断で食べていました。

それと、昨日の蛍を見に行った時に忽然といなくなったのは、停電になると家のビデオタイマーが切れるのを思い出して、予約していたチャンドンソクのドラマを目当てにダッシュで帰ったのでした。

また、玄さんはネロという飼い犬に吠えられます。玄さんは犬に吠えられやすい体質らしいです。
Bパート終了後、『天カス学園』が大ヒット上映中の告知がなされました。


「フワちゃんにインタビューだゾ」

『天カス学園』でカス組の天才YouTuber役(本人役)を演じたフワちゃんに、しんのすけはこの映画にハッシュタグをつけるなら何?と質問すると

#みんなでおそろの制服
#青春ピース

次に映画の出演を誰に自慢したいかと聞くと、アンミカさんに決まってるという答えが、アンミカさんは『クレしん』の映画観たらめちゃめちゃ泣いちゃって映画館でうるさいと言います。

さらに、しんのすけにリアルおままごとをしようと迫ってくるのでした。


『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』冒頭5分特別放送

とうわけで、『天カス学園』の冒頭の5分が紹介されました。

ただ、冒頭からそのまま5分間流したかと言うと、そうではなく削除された箇所があります。つまり、一定の編集が加わっていました。

それと放送された時間は、5分と言えば確かに5分ですが、厳密には5分7秒ですね。7秒だけ長かったです。細かいことですけど。

というわけで、『天カス学園』が大ヒット上映中の告知がなされ、EDとなりました。歌は『はしりがき』で、映像も『天カス学園』からですが、使用される映像はこれまでとは異なります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント