しんのすけの起こしたITトラブル

2021年5月22日放送分の感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは114回目となります。

「フィットネス父ちゃんだゾ」
(脚本:阪口和久、絵コンテ・演出:ささきひろゆき、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、入江康智)


2010年5月14日に放送された話の再放送です。

夜の野原け、ひろしは酔っ払って帰ってきまして、ケーキをテニしています。晩御飯は食べてきたそうですが、お茶漬けが食べたいと言い、お茶漬けを頬張りますが、みさえから食べ過ぎだと指摘され、さらに脇腹も相当ヤヴァイことになっていると言われます。

しかしひろしはみさえに言われたくない、しんのすけもみさえが先に3段腹をなんとかするべきだと言いますと、ひろしとしんのすけはみさえからゲンコツを食います。みさえは、自分は少し運動すればすぐに痩せるらしいです。

で、みさえはカスカベフィットネスクラブのカタログを出してきます。ちょうど今、無料体験キャンペーン中だそうです。しんのすけはみさえが無料好きであると指摘すると、親の名前を呼び捨てにするなと言われます。良さそうなら自分も行くと言うみさえに、ひろしは自分が実験台にされているのではと思いますが、みさえは否定。

そのカタログを見ると、矢瀬間紹子(やせましょうこ)という名前のインストラクターが目に入ります。ここで、ひろしが「ちょっといいかも」、しんのすけが「かもかも」と言と約4秒の場面が削除されています。ひろしはやる気を出し、しんのすけも行きたがります。

数日後、カスカベフィットネスクラブに来たひろしとしんのすけ。ここで、申込書に記入しているひろしに、ヒゲが濃いのは病気ではとしんのすけが聞いてきて、ひろしがそれを否定する約6秒の場面が削除されています。しんのすけが美人インストラクターの矢瀬間紹子が登場。明らかにこの話でしか登場しないキャラですな。

ひろしは異様に低い声で自己紹介します。森川智之さんの美声には痺れますね。

さて、ひろしは最初にランニングマシンで軽い歩行運動を10分ほどします。しんのすけもやりたがりますが、大人用だと紹子に言われます。そこでしんのすけは紹子と話をしようと画策し、それを見たひろしは自分の歩き方はどうかと評価を求めます。ひろしにかかりきりでご不満なしんのすけですが、ここで放送が。紹子は呼び出され、ひろしたちの元から去ります。

10分近く経ち、そろそろ終わりそうかなと思ったら、屈強そうな男のインストラクターが登場。紹子の代わりの熊田鉄五郎です。ここで、ひろしがウォーミングアップを終わらせ、しんのすけが家に帰ろうとするもひろしに阻止される約13秒の場面が削除されています。

鉄五郎の指導で体を動かすひろしとしんのすけは、適当に切り上げて帰ることに決めます。このひろしが体を動かす場面は、約4秒ほど削除されています。短縮ですね。さて、ひろしは用事を思い出したと鉄五郎に言いますが、ここで紹子が戻ってきます。大した用事ではないので徹底的に鍛えてもらうと言い直します。

さて、紹子の指導で続きを開始。ここでも、体を動かす場面が約3秒ほど短縮されています。それで、すぐにまた紹子は放送で呼び出され、また代わりに鉄五郎が。徹底的に鍛えることに張り切る鉄五郎に対して、生気を失いながら体を動かすひろしとしんのすけ。それからも、ひろしは体を鍛えますが、ひろしがダンベルを上げ下げするトレーニングをする約3秒の場面が削除されています。さて、トレーニングの後、ひろしは限界を迎えそうになります。

残りはプールでの水中フィットネスだけです。ここで、しんのすけが父ちゃんにはがっかりだと言い、鉄五郎が無理はしない方がいいでしょうと言う約6秒の場面が削除されています。

紹子がプールの指導をする聞いて、ひろしは再び力がみなぎってきます。というわけでプールへ。ひろしだけでなくしんのすけも着替え、水着姿の紹子と会い、大喜びのひろしとしんのすけ。しかし、紹子は再び放送で去ることに。ひろしとしんのすけはスケキヨのようにプールで逆さになります。

ただ、水中フィットネスのインストラクターは女性のみとのこと。これで一安心のひろしとしんのすけ、と思いきや、そこに現れたインストラクターは神田鳥忍でした。紹子が「神田鳥さーん!」と呼んだ時、ひろしが「まさか」と言って、しんのすけと共に首を向ける約1秒の場面が削除されています。

そういうわけで、忍はひろしとしんのすけにガンガン鍛えると言うのでした。ここで、しんのすけとひろしがプールの中に沈んで泡だけが水面に出ている状態の約2秒の場面が削除されています。

その頃、みさえは美人ヨガ講師、美し過ぎる太極拳教師、情熱のフラダンスインストラクター、サンバでダイエットなどなどのカタログを見ていて、今日行っているところがキツそうなら、また別のところに行かせ、自分にぴったりなところを見つけようとするのでした。

「やっぱり実験台かいっ!」と突っ込むひまわりでした。

Aパートが終わると、ケツだけ星人のしんのすけが「お」の文字を描くように動き「お」と言うのでした。


「ケンカはイヤ~ンだゾ」
(脚本:川辺美奈子、絵コンテ:橋本昌和、演出:しばたあきひさ、作画監督・原画:針金屋英郎)


ふたば幼稚園、園舎の裏でよしなが先生が膝を抱えて落ち込んでいます。その理由は昨晩のこと、半年に一度のセールで、初日に行っていい服が欲しかったみどりは、夫の純一に付き添いを依頼したら、自分も行きたいところがあると言われ、さらに最近服が買いすぎと指摘され、それで喧嘩をしたのだそうな。よしなが先生は謝ることを考えますが、淳一も悪いと再度自覚します。

すると、いつの間にかしんのすけが。さらにマサオ君が慌ててきまして、早く来てほしいと言われます。

行ってみると、風間君とネネちゃんが口喧嘩をしていて、ボーちゃんが宥めていまた。なんでも、風間君が約束を破ったそうで、しんのすけに言わせると破っていいのは古くなったおパンツだけ。

それはともかく、ここでも揉めているのを見たよしなが先生は、ちょっと困惑気味になりつつも、話を聞くことに。

話によると、その日は幼稚園の後に公園に集まってかすかべ防衛隊の定例会議を行う予定でしたが、風間君が行けなくなってしまったのです。なんでも、塾の時間が急に変わったからなんだとか。

よしなが先生も昨晩の喧嘩を思い出し、半年の一度のセールなのに、急に言い出したのはまずかったと自省しかけますが、純一が理解していないようだと思い、急に怒鳴り出します。自分の心の中が言葉と態度に現れてしまいましたが、それで、驚くかすかべ防衛隊の5人。

それで、まずいと思ったのか。にこやかになったよしなが先生は、今ここで定例会議を行うことを提案します。

しかし、定例会議はいつもの公園でと決まっているのだそうです。でも、昔はよしなが先生のアパートでやっていましたよね。

よしなが先生は、風間君に塾を休むことを要求するネネちゃんに対して、風間君の都合も考えてと言うと、石坂さんがこっちの都合も考えてと言っていたのを思い出します。よしなが先生は謝ろうと思いますが、やはり心の中で拒否します。

ネネちゃんはかすかべ防衛隊と塾のどっちが大事なのかと、ブタゴリラ的質問をかましてきますが、風間君は比べられないと言います。

実はよしなが先生も、自分と仕事のどっちが大事なのかと純一に問い詰めたことがあるそうです。で、純一も比べられないと言っていました。

で、しんのすけはマサオ君にかすかべ防衛隊と塾はどっちが大事なのかを聞きますが、マサオ君は決められません。というかはっきりしないとみなされまして、煮え切らないおにぎり、生煮えおにぎりとか、散々なことを言われます。よしなが先生もその話を聞いて、純一もはっきりせず優柔不断で、シェーバーを店で買おうと思ってもなかなか決まらず、ネット通販で買おうと言い出し、そのネット通販でもなかなか決まらず、結局買わないという有様。

それでもよしなが先生は謝ろうかと思いますが、よしなが先生のスマホに純一からLINEがきます。作中ではLINEと明言されているわけではありませんが、見ればもろLINEですね。

で、LINEのメッセージには

君は最近、自分の都合で
予定をかえることが多いよ
ね・・・少しわがままが過
ぎるんじゃない?


というメッセージがありました。

よしなが先生は腹を立てて

あなたが優柔不断で何
も決められないからでしょ!


と返信。

その頃、ネネちゃんは定例会議の日程について、土曜日の変更を提案しますが、土曜日は風間君がママと銀座で買い物する予定なんだそうです。それで風間君とネネちゃんは再び喧嘩をしそうになり、ボーちゃんが脇に入りますが、よしなが先生のスマホに再び石坂さんから返信が。

それなら今後は全部キミが
決めればいい


よしなが先生は

わかったわよ、私が全部
決めさせてもらいます!!


と返信をしますが、その怒った顔にしんのすけたちがびびります。

さて、定例会議なんですが、風間君は日曜日なら終日大丈夫だそうです。しんのすけとマサオ君はアクション仮面のスペシャルが見たいそうで、ボーちゃんは朝だけ石を探したいそうです。

そういうわけで、昼食後に集まるということで、あっさり決まってしまいました。こうして、ネネちゃんと風間君もすっかり仲直り。

それを見たよしなが先生は、かわいいスタンプを使って謝ることにします。って、あのスタンプもえPじゃないですか。

しかし、しんのすけが覗き込もうとして、よしなが先生は間違えてもえPがあっかんべーしているスタンプを送信してしまいました。

で、純一から返信。

ふざけてるの?

かすかべ防衛隊はすっかり仲直りした一方、よしなが先生はどうしようと悩み、園児のボールが飛んできて頭にぶつかるというトラブルも。

Bパート終了後、体をウネウネさせるしんのすけが「おお」と言うアイキャッチが流れました。


「パスワードを思い出すゾ」
(脚本:清水東、絵コンテ:しぎのあきら、演出:しばたあきひさ、作画監督・原画:尾鷲英俊)


ひろしは自宅の2階にある書斎でノートパソコンを開くと、しんのすけが入ってきて、ひろしがゲームをやろうとしていると勘違いします。

ひろしは即座に否定しまして、家に仕事を持ち帰っていて、この週末にしなければ月曜日の会議に間に合わないとのことです。

さっそく会社のパソコンを立ち上げてパスワードを入力しようとしますが、ここで双葉商事にいたことを思い出します。ひろしは川口からパソコンのパスワードを定期的に変えているのかと聞かれた時、パスワードを書いた紙を出していました。

45104510(仕事仕事)です。

こんな状態だから、川口からセキュリティゼロと言われ、さらに部長からパスワードをすぐに変更しろと指示を受けて、変更したのを思い出しました。しかし、新しいパスワードが思い出せません。

川口に電話して新しいパスワードを教えて欲しいと頼みますが、当然川口が知っているはずがありません。それどころか、昨日変更したものをもう忘れるなんて老化現象とまで言われます。

ひろしは自力で思い出そうとします。数字の語呂合わせにしたそうで、パスワードをパンツワードというしんのすけに、毎朝食べる86831(ハム野菜)の数字を見せますが、その数字ではありません。

しんのすけはお尻を9191(クイックイッ)したり、酔ったひろしの4646(ヨロヨロ)を再現したり、46461(シロシロイ)とシロを連れてきたり、水着のおねいさんのポスターを見せて、86、60、88とひろしが数字を推定したり。

次に、外で歩いて思い出そうとします。街の中にはヒントがいっぱいとのことで、花屋に行ってみて、87(花)、店員のおねいさんは910(キュート)という数字が出てきたり、まだ準備中の居酒屋の前で343181(刺身(で)一杯)、公園のトイレを見て10101010(トイレトイレ)という数字が思いつきますが、結局何も思い出せずに帰ってきます。

ところが、帰ってきた玄関で思い出しました。みさえです。

ひろしに言わせると、男にとって職場は戦場、戦場で思い出すのは温かい家庭、家庭といえば美しい妻、愛する女房とのことです。

みさえという数字は338です。みっつでみ、さんでさ、英語でエイトで8なんだそうな。で、みさえの後なんですが、ひろしは思い出せません。

みさえは3381122(みさえいい夫婦)とか3388341(みさえ優しい)とかを言いますが、ヒろしによれば違うそうです。

しんのすけは3384649(みさえよろしく)ではと言いますと、ひろしはそうかもしれないと入力します。ところが出てきたのは・・・

パスワードが違います!
3回連続してエラーが出ると24時間パスワードの入力ができなくなります


なんだそうです。

ひろしは、必死に思い出そうとします。

今度は3382525(みさえにこにこ)と入力します。間違いないと確信しますが、またしても「パスワードが違います!」

あと1回です。

しんのすけはみさえの脇腹を掴んで2929(肉肉)ではないかと言いますが、みさえは起こります。

で、ひろしは3385656(みさえごろごろ)という数字を思い出します。これで正解らしいですが、このパスワードをみさえの前で入力できません。

するとしんのすけが勝手に3382929(みさえ肉肉)を入れてしまいまして、

パスワードが違います
パソコンがロックされました


となりました。

Cパート終了後、パラパラ漫画のしんのすけが「じゃ」と言いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント