ケツメイシがアニメに

11月7日放送分の感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは87回目となります。


「かぶってるゾ」
(脚本:清水東、絵コンテ・演出:ささきひろゆき、作画監督:門脇孝一、原画:門脇孝一、奥村光博、濱本愛果、南静子)


2015年3月20日に放送された話の再放送です。

幼稚園バスが発車します。ここでネネちゃんが「おっはよー」と挨拶する約4秒の場面が削除されています。それで、ネネちゃんは弁当袋の「ウサパンダ」を見せびらかしますが、その「ウサパンダ」の袋はネネちゃんだけでなくマサオ君もでした。ネネちゃんはマサオ君とかぶることに露骨な不快感を示します。ここで、マサオ君のせいでネネちゃんご機嫌斜めだぞと言う約5秒の場面が削除されています。

幼稚園で、マサオ君は粘土でキリンを作ろうとします。しかし、しんのすけはマサオ君と動物がかぶったらどうなるのかと言うと、リアルおままごと豪華3本立てと指摘するボーちゃん。

そこで風間君はネネちゃんを偵察しに行くことにします。その際、しんのすけがよしなが先生に、風間君がおしっこ漏れてしまいそうだと言う約12秒の場面が削除されています。

キリンかアルパカと思われる首の長い動物を作っているようです。一度はキリンを作るのを止めるマサオ君ですが、ネネちゃんはウサギを作ることに。ところが、またネネちゃんは再び別のものに作り直します。マサオ君は自分の作りたいものを作ると言い出して、熊を作ろうとします。するとしんのすけが何か入れ知恵をします。

完成した粘土を見せる時、しんのすけはホットヨガにはまったぶりぶりざえもんをよしなが先生に見せます。マサオ君は熊を見せますが、それもただの熊ではなく、鮭をくわえている熊でした。これなら絶対かぶらないと思いきや、ネネちゃんも同じ鮭をくわえている熊を作っていたのでした。それでマサオ君は鼻を付けて象だと言ってごまかします。

さて、弁当の時間。マサオ君がネネちゃんと弁当がかぶっていないか不安になる約16秒の場面が削除されています。で、袋だけでなく弁当箱までネネちゃんとマサオ君は「ウサパンダ」でした。マサオ君は箱まで「ウサパンダ」とは知らなかったようですが、マサオママから弁当についてサプライズがあると言われたのを思い出したのでした。しかし、マサオママの「サプライズ」の発音、何だか個性的ですね。

しかも、弁当の中身までもがかぶっていました。ここまでかぶるって、宝くじ並みの確率ではないでしょうか。とんでもない偶然。ここで、しんのすけが「これはもう妖怪の仕業ですな」と言う約4秒の場面が削除されています。

帰りのバスの中で、ネネちゃんは明日もかぶったら弁当を食べないと言い出します。するとボーちゃんが、ネネちゃんが嫌いなおかずにすればいいと提案します。そんな妙案を出せるとは、やはりボーさまはスーパーエリートか。

ネネちゃんの嫌いなものはグリーンピースなので、しんのすけは帰宅後みさえにグリーンピースを入れてほしいと頼みます。みさえは『月刊おべんとうカレンダー』という雑誌の創刊号を出します。これがあれば弁当の中身に悩まずに済むそうです。しかも、創刊記念で「ウサパンダ」の弁当袋と弁当箱の付録が付いています。ネネママがお勧めしていたらしく、マサオママも使っていました。

この日の弁当の献立は「ウインナー星人の侵略」だったわけで、どうして(粘土以外で)あれだけかぶったのか、これで真相が判明しました。

翌日の献立はジャックと豆ごはんです。

というわけで、翌日を迎えます。ここで、幼稚園バスの中でブタさんチームの4人が「ウサパンダ」の弁当袋でネネちゃんが不機嫌になる約15秒の場面が削除されています。幼稚園では、ブタさんチームの4人は「ウサパンダ」の弁当箱の中に「ジャックと豆ごはん」でして、ネネちゃんは別のピンクの弁当箱にサンドイッチでした。

これでかぶらずに済んだと思いきや、自分だけ仲間外れにされているような気分のネネちゃんはむかつくとのこと。要はかぶるよりはぶられる方がムカつくわけで、ウサギのぬいぐるみをぶっ叩くネネちゃんでした。


Aパートが終わると、ケツだけ星人のしんのすけが「お」の文字を描くように動き「お」と言うのでした。


「怪人はつらいゾ」
(脚本:晨原大輔、絵コンテ:しぎのあきら、演出:しばたあきひさ、作画監督:橋本とよ子、原画:樋口善法、海老原尚樹)


昼の野原家、野原家、みさえとひまわりは買い物へ。ひろしは居間でゴロゴロしていると、アクション仮面とメケメケZの人形をひろしの体で遊んで、アクション仮面の足がひろしの足に食い込んで、痛い思いをするひろしです。

しんのすけはメケメケZの役をやってくれと言います。メケメケZは怪人たちのボスなのですが、ひろしに言わせればボスは最後に出てくるものだから、部下のペットボトル怪人で十分だと言います。透明だからどこから攻めてくるか分からないですが、アクションキックでやられます。

次に、ひろしはビール怪人を出してきます。缶ビールを飲みながら、アクション仮面ごっこの相手をするのでした。アクションパンチでは、アルミ缶を破ることはできず、ビールキンキンアタックで反撃です。

しんのすけは攻撃を続けますが、ひろしはビールを飲みながらよけるのでした。さらにひろしは居間で動き回りますが、酔いが回ってきたひろしは座り込んでしまい、遂にはビールを飲み干したひろしは缶ビールを潰すのでした。

これで勝利を掴んだと思いきや、酔ったひろしに言わせると今までのは何のポストにもついていない平怪人でした。というわけで、ビール係長500mlを出してきます。違うのは缶の大きさだけでなく、アルコール度数もパワーアップです。

しんのすけはアクションビームを出そうとしますが、ひろしは早すぎると言います。というのも、ビール係長は部下たちに気を遣い、上司の命令は絶対で、取引先のクレームにはすぐに対応という感じで、苦労しているのです。すぐに倒してしまうのに、ヒーローなのに人としての優しさがないのか、ペットボトル怪人もビール怪人も春に入社したばかりの見込みのある社員たちだったらしいです。

そんな話を聞かされたしんのすけは戸惑いますが、ひろしは本当に悪い奴は上のボスだと熱弁します。しかし、メケメケZがいません。で、アクションビームでやられてしまったビール係長。

つらい管理職の立場で悲観したひろしは、「悪の道」という店でやけ酒をするひろしですが、アクション仮面は気持ちを理解してくれるのでした。

で、ひろしはもうちょっと頑張ってみようと気合いを入りますが、後ろにみさえが立っていました。昼間から飲んだくれていたひろしにグリグリ攻撃をするみさえなのでした。


Bパート終了後、体をウネウネさせるしんのすけが「おお」と言うアイキャッチが流れました。


「座椅子はいいっスねだゾ」
(脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:しばたあきひさ、作画監督:木村陽子、原画:木村陽子、海老原尚樹、野口敦史、佐藤祐一)


ひろしが足のない椅子こと、座椅子を購入しました。しんのすけも座りたいと言って、ひろしの横に座ります。すると、今後はみさえがひろしとしんのすけを追い出して、ひまわりと一緒に座ったりします。

次の日、しんのすけが幼稚園から帰って来ると、みさえはひまわりのおむつを寝室で変えていて、しんのすけは座卓にあるおやつと飲み物を見て、座椅子を庭の前に持って来ておやつを楽しみます。

しんのすけはこの座椅子をみんなにも見てもらおうと思い、座椅子を背負って外へ行ってしまいます。その後、みさえが居間に行くと座椅子がないことに気付きますが、しんのすけは既に出た後でした。

途中、しんのすけは隣のおばさんと会い、座椅子にわざわざ座って挨拶します。するとおばさんは梨をおすそ分けしてくれるのでした。しんのすけは背負った座椅子の上に4つの梨が入った袋を置いてもらうのでした。

しばらく歩いていると、今度はマサオ君と会って、「佐藤さん」とわざわざ呼んだりして、再び座椅子に座ってふんぞり返るのでした。マサオ君は座椅子の前で正座すると格差を感じつつも、しんのすけにアクション仮面の本を返却という外出した目的を思い出します。すると、しんのすけから座椅子に本の入った袋を置くように言われるのでした。しかもその袋は「優勝カップはいずこへだゾ」でも登場したタイガー屋だったりします。しんのすけが背負うと梨が落ちて、マサオ君がそれを拾ったりも。

途中、しんのすけは川の土手で、座椅子を滑らせる遊びをやっちゃったりします。しかし、そんなスリル満点な遊びを続けていれば、当然ながら座椅子はボロボロに。その座椅子を川の前のベンチに置いて、梨を食べたりします。

すると、塾のテストの点数があまり良くなくて元気の出ない風間君がその様子を見て、しんのすけに近づくと、座らされていい気持ちなったりする風間君。今度は梨ももらって愚痴も聞いてもらったりするのでした。

そこへみさえがしんのすけを見つけます。すっかりボロボロになってしまい、みさえが持ち上げてしんのすけに怒ろうとすると完全に破壊されるのでした。夜、事情を知ったひろしは、座椅子はもう捨ててしまったのかと訊きますが、座椅子はシロ専用の椅子となるのでした。

しかし座椅子と聞くと昔のオーストリアの政治家昔の室内スキー場を思い出したりします。


Cパート終了後、ケツメイシがアニメで登場するという告知が流れました。


「オラたち「ケツメイシ(ン)」だゾ」
(脚本・絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:木村陽子)



大蔵とRyoとしんのすけが登場します。ケツメイシの2人は、しんちゃんのOPを絶賛唄っているとのことでですが、しんのすけは幼稚園の組長先生に似ているそうです。

というわけで、ケツメイシをよろしくね、ということです。

そしてBパート終了後に流れる、体をウネウネさせるしんのすけが「おお」と言うのをアレンジした、しんのすけとケツメイシの2人が体をウネウネさせて「おお!」アイキャッチが流れました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント