野沢雅子さんがクレヨンしんちゃんに登場!

7月11日放送分の感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは73回目となります。

「今夜はいろいろややこしいゾ」
(脚本:翁妙子、絵コンテ:義野利幸、演出:ささきひろゆき、作画監督・原画:針金屋英郎)


2012年9月14日に放送された話の再放送です。

それと、この話では削除された場面はありません。最近はリピート放送の時間を短縮しなくても尺に収まるようです。

夜、雨の降る野原家にむさえが来襲、台所からトンカツの匂いが漂ってきて、みさえが揚げている最中でした。

人数分しかないというみさえは妙に機嫌が悪いですが、今で寝っ転がっているひろしを見て、夫婦喧嘩をしたのだと察知します。ひろしとみさえは拒否しますが。

むさえによると、雨漏りが酷いので泊めてほしいと言いますが、たしかにまたずれ荘って雨漏りが酷いんですよね。

むさえは切ったトンカツのうち、一番量を多くしたのを自分のにしようとしますが、これって『サザエさん』でも同じようなネタがありましたね。しかし、むさえは立場が立場なだけ、端っこの僅かな分しか恵んでもらえませんでした。むさえはオケチと言うと、みさえは非常に機嫌の悪そうな顔をします。ここでしんのすけに、オケチはNGワードだと教えられるのでした。

夫婦喧嘩の原因をむさえに訊かれたしんのすけは「Tバック。母ちゃん、オケチだからリサイクルして」と言います。ここからむさえは、みさえは自分の高いパンツを捨てるのがもったいないので、リサイクルとしてTバックに作り直し、ひろしそれにケチ臭いと文句を言って、みさえと喧嘩になったのだと推測します。

夕食中、むさえは豚肉がうまいと褒めますが、ひろしは豚ロースの脂身が多すぎると言います。これに対し、みさえはトンカツは脂身のところがうまいからロースに限ると言ったのはひろしだと、両者ともしんのすけを通じて伝えようとします。

むさえはTバックがどうのこうのって次元の低いことではなく、地球や宇宙の未来を考えてみないかと提案します。これに対してしんのすけ、何言ってんだこの人。

みさえは節約や倹約やリサイクルも地球や宇宙のためだと言って、むさえに八つ当たりして、ひろしとまた口喧嘩を起こして、Tバックだけにはかない結果と突っ込むむさえ。

しんのすけはひろしとみさえが別居したらどうするかとみさえに訊かれると、ななこのところに行くと言い出し、捨て犬のように振舞うことを想像します。まあ、しんのすけならそう答えますな。

夕食後、むさえは口に出さないようにしようと言うと、しんのすけはクッキーを戸棚から出します。みさえはお客様用に取ってあるものだと文句を言います。しんのすけは風呂に入りに行き、ひろしは風呂から出てきます。二人はクッキを食べながら険悪な様子。

むさえはヤカンのお湯をカップに入れつつ、少し頭を冷やすように言います。それで、むさえがカップに入れていたティーバッグをゴミ箱に捨てると、みさえとひろしはティーバッグを1回で捨てるのはもったいないと言い出します。

ひろしは2回、みさえは3回ティーバッグを使う主義で、ひろしはみさえの3回をケチ過ぎると言うのでした。実はケンカの原因はこのティーバッグを何回使うかで、下着のTバックは単なるむさえの聞き間違いでした。ちなみにむさえは1回きり使う主義なんだそうです。

Aパートが終わると、新しいアイキャッチが流れました。ケツだけ星人のしんのすけが「お」の文字を描くように動き、「お」というのでした。


「押入れネネちゃんだゾ」
(脚本:阪口和久、絵コンテ:しぎのあきら、演出:安藤良、作画監督・原画:高倉佳彦)


今回の舞台はマサオ君のおうちです。

マサオ君が笑いながら、「アクション仮面アタッシェケース基地」をしんのすけたちに見せびらかします。画面から見てアクション仮面、郷郷太郎、郷博士、ミミ子に人形が入っています。オモチャ屋のアンケートに答えたら当たったとのことで、マサオ君って何気にアクション仮面の最新のオモチャを持っていることが多いですよね。佐藤家も野原家みたいに「当たりやすい」体質なのでしょうか。

しんのすけは一生分のラッキーを使ってしまったのではと言ったりしますが、しんのすけ、風間君、ボーちゃんはマサオ君と一緒に笑いますが、ネネちゃんは不満そうでリアルおままごとを呼びかけますが、ブタさんチームの野郎四人はシカトです。気持ちは分かるゾ。

しんのすけは郷太郎、マサオ君は郷博士、風間君はミミ子の人形を持ってそれぞれの役を演じて、アクション仮面を見ていない(ということになっている)風間君の演技が妙にうまかったりします。

ネネちゃんはリアルおままごとをすることを呼びかけますが、相変わらずシカトされ、ネネちゃんはマサオ君の手にしていたアクション仮面人形を奪い、押し入れの中に入ってしまいます。ネネちゃんはリアルおままごとをしなかった罰だと言いますが、要は籠城ですね。

そこへ風間君が押し入れの前に来て、ネネちゃんのよき理解者の振りをしつつ、アクション仮面人形を持って行くのは良くないからマサオ君に返すように呼びかけます。

ネネちゃんはアクション仮面人形を返そうと襖を少し開けますが、しんのすけが今度は自分がアクション仮面をやると言うと、ネネちゃんは再び襖を閉めてしまいます。すると風間君は、あとちょっとネネちゃんからアクション仮面を取り返せたのにと言ってしまい、風間君の本音を知ったネネちゃんは襖を開けると、最低とか女の敵とか言って、再び襖を閉めてしまいます。

マサオ君は、今日アクション仮面ごっこをさせてくれたら、リアルおままごとを明日から二日続けてやっていい、さらに一週間続けてもいいと言い出し、風間君とボーちゃんが必死に止めます。一週間も続けてなどできないとのこと。

それで、マサオ君の言っていることを聞かせろと要求したネネちゃんに対し、風間君はマサオ君の振りをしますが、襖を少し開けたネネちゃんから全然似ていないと突っ込まれます。

今度は風間君はアクション仮面ごっこに女の子役を欲する振りをして、襖を開けたネネちゃんからアクション仮面人形を無理やり奪い返す作戦に出ますがこれも失敗。しかもマサオ君はネネちゃんが襖を閉めた時に指を挟みます。

さて、押し入れの外が静かになり、不審に思ったネネちゃんが襖を開けるとミミ子の人形が立っていました。ネネちゃんはさっとミミ子の人形を奪うと、襖を素早く閉めました。

しんのすけはこんな貯金箱を見たことがあると言いますが、もしかしたら『ちびまる子ちゃん』の単行本(りぼんマスコットコミックス)4巻に収録されている「その21『まるちゃんお誕生会をひらく』の巻」に出てきた「ドラキュラバンク」でしょうか。あの、すぐ泣く吉川みどりちゃんが持って来たプレゼントです。

しばらくしてネネちゃんが襖を開けると、野郎どもが作戦会議をしていました。しかし、押し入れから離れていたので、ネネちゃんには聞こえません。

さあ、しまった襖の前に四人が来て、郷太郎の人形を置くと、わずかに襖を開けたネネちゃんの手が出てきて、郷太郎の人形を取ろうとします。その隙にネネちゃんの手を捕まえようとしますが、風間君もマサオ君もボーちゃんもはじき返され、しんのすけはネネちゃんに手を握られてそのまま押し入れの中に連れ去られます。

しかも、しんのすけの手には郷太郎の人形も。その中でネネちゃんとしんのすけは、リアルおままごとでどんな役をしたいか話しているのが聞こえてきます。

それでしんのすけだけが出て来ると、自分はアクション仮面アタッシェケース基地を持って、再び押し入れの中に入ってしまいます。するとネネちゃんが、これでアクション仮面ごっこはできないと高笑いするネネちゃんの声が聞こえてきます。

しかし、押し入れの中で一方的にしんのすけはアクション仮面ごっこをやらかし、マサオ君、風間君、ボーちゃんも中に押し入れに入りまして、ネネちゃんだけが押し入れから出てしまいます。

マサオママがジュースを運んでくると、ネネちゃんはウサギのぬいぐるみを夫役にして、子供たちが押し入れから出てこないと話しかけるのでした。一方、押し入れの中では野郎どものアクション仮面ごっこが続いているのでした。

Bパート終了後、新しくなったアイキャッチでしんのすけが「おお」と言いました。


「嵐を呼ぶおじいちゃんだゾ」
(脚本:清水東、絵コンテ:しぎのあきら、演出:安藤良、作画監督:尾鷲英俊、原画:尾鷲英俊、樋口善法)

公園にて、しんのすけと風間君とネネちゃんとマサオ君とボーちゃんが公園にやって来ると、ドーム型遊具の上に三人のじいさんがいました。しんのすけと風間君とボーちゃんにそっくりしです。

三人のじいさんは遊具から降りて来ると、風間君そっくりのじいさんが「カスカベ堂のかりんとう」を食べていて、しんのすけたちに差し出します。しんのすけたちはかりんとうを初めて食べている様子でしたが、今の子供はかりんとうを知らないのでしょうかね。

公園の中に美人のおねいさんが歩いていると、しんのすけそっくりのじいさんがナンパしたりします。

ボーちゃんにそっくりのじいさんはボーちゃんに光っている石を揚げまして、意気投合した感じ。

自己紹介で、しんのすけそっくりのじいさんはじんのすけ、お尻もしわしわの75歳と言います。風間君そっくりのじいさんはトオベエ、ボーちゃんそっくりのじいさんはポーと名乗ります。

じんのすけはしんのすけにお尻に関して特別なこだわりはあるかと訊くと、しんのすけはアクション仮面おパンツを見せびらかします。するとじんのすけはアクション仮面腹巻きを見せます。

二人が高笑いをしていると、トオベエはじんのすけと、風間君はしんのすけを止めまして、トオベエは普段何をして遊んでいるのかと訊くと、ネネちゃんはリアルおままごとと即答。じんのすけたちはかなり嫌な顔をします。

とある高級マンションで繰り広げられるドロドロとした恋愛模様と話すと、じんのすけは高級老人ホームの方がドロドロしている、トオベエは美しい未亡人をめぐって老人ホームの男たちが喧嘩をしたという話をすると、ネネちゃんは喜んで、その内容でリアルおままごとをします。

しんのすけとマサオ君とボーちゃんは老人ホームのじいさんを演じますが、じんのすけからじぶんたちはそんなよぼよぼではないと言われます。トオベエによると、70代や80代はまだまだひよっことのことです。

3人のじいさんは体操をして、しんのすけたちにも体操をさせますと、ネネちゃんがまだリアルおままごとの最中だと抗議。

その後、3人のじいさんがベンチで休んでいると、しんのすけたち野郎4人はじいさんと演じます。そしてネネちゃんがばあさんを演じていると、3人のじいさんは元気がなさそうです。何でも、ネネちゃんを見たら、小さな頃からずっと遊んできた女の子と泣き虫の子がいたそうです。

3人のじいさんが公園を出る際、トオベエは子供時代の友達は一生の宝だとしんのすけにアドバイスをします。

さて、3人のじいさんが去っていくと、しんのすけたちも帰ろうということになりますが、ここでマサオ君そっくりのじいさんヤサオ君が公園に入ってきて、じんのすけたちに会います。ここでトオベエのスマホにノノばあさんから電話が来て、なんでもみんなでカラオケに行くって約束をしていたみたいでノノばあさんは怒っていたようで、ヤサオ君は3人を呼びに来たようです。

それでもじんのすけたちは、今日は楽しかったと言います。ところがしんのすけは目をそらすと、じいさんたちは既にいませんでした。


Cパート終了後、新しくなったアイキャッチで、パラパラ漫画のしんのすけが「じゃ」と言いました。

この後は、先週から終盤の方で行われるようになった「クレヨンしんちゃんクイズ」へ。

問題は先週と同じ「父ちゃんのくつ下はどこ?」で、31足の中から靴下を当てるという内容です。

答えはCMの後で。

それで、正解は上から3番目、左から2番目のくつ下でした。

先週も思いましたが、この問題はそんなに難しくないですね。今回もすぐに正解できました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

青たこ
2020年07月12日 08:34
ネネちゃんが押入れに立て籠るという1つのアイディアでずっと押しまくるのが最高でした(笑)
天の岩戸?

池田秀一氏は踊れ!アミーゴ以来の出演ですかね
2020年07月12日 08:46
押し入れの立てこもりだけで一話を作り上げるとは、よく考えたらなかなか凄いことかもしれません。そう言えば、これって何かに似ているなと思ったら、まさに天の岩戸ですね。
池田秀一氏はシャア・アズナブルでお馴染みですが、『クレしん』のファンとしてはアミーゴスズキでも知られていますね。『クレしん』では今回が『踊れアミーゴ』以来2回目の出演となったようです。
風ネネholic
2020年07月15日 18:59
最後のところで、しんのすけが再び振り返るとじいさんたちはいなかった、というのと、トオベエの「トオベエということにしとこう」というセリフが何だか意味深ですね。とにかくじんのすけ達のことが気になって仕方ありませんでした。
2020年07月15日 22:32
「トオベエということにしとこう」という台詞を聞いた時、一体どういう意味なのかなと思いましたが、最後まで見て、あのおじいさんたちの正体について色々と想像を掻き立てられました。『クレしん』はこういうミステリアスな話が時々ありますね。