『野原ひろし 昼メシの流儀』の第37話 (月刊アクション版)

『月刊アクション』の2018年8月号に『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)「穴子天丼の流儀」が掲載されました。イレギュラーな掲載なので、第何話ということはありませんが、単行本第5巻の第37話になります。いつも通り、ページ数は16ページです。

ひろしは川口のプレゼンを見て、構成は悪くない、図やグラフも見やすいと評する一方、説明があっさりしすぎている、もっと細かく表現しろとダメ出しをします。食べたことのない人でも食べてみたくなるテレビの食レポを例に出します。

さて、昼飯に外に出たひろし、「天麩羅 一丸」という店の前で1350円の穴子天丼(味噌汁、漬物、野菜4種)を見て、その店に入り、早速注文します。

料理が来ると、穴子天丼が皿からはみ出しています。ひろしは穴子を横からかぶりつきます。柔らかくて弾力があるそうで、食べにくいから取り皿に移します。

甘いつゆも染みてて最高らしく、味噌汁もうまく、レンコン、カボチャ、ナス、サツマイモを食べていきます。腹が苦しくなってくると、たくさんを口直しに食べます。

最後まで穴子天丼を楽しんだひろしは会社に戻ると、説明のイメージができていない川口に昼メシの食レポをします。しかし、川口は何の話をしているかが分からず、全然お手本になっていないと逆にダメ出しされるのでした。

野原ひろし 昼メシの流儀 : 5 (アクションコミックス) - 臼井儀人, 塚原洋一
野原ひろし 昼メシの流儀 : 5 (アクションコミックス) - 臼井儀人, 塚原洋一

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント