久々の矢島さんの声でした

4月4日午前5時20分から放送された「映画クレヨンしんちゃん公開記念 ぶりぶりざえもんスペシャル」の感想いきます。しかし、映画の公開は延期となったので、「公開記念」というのが何とも虚しいです。

ちなみに、しんのすけの声は当時の矢島晶子さんのままでした。矢島さんを懐かしむファンへのサービスなのかもしれません。ちなみに、削除された場面もありません。

OPなしでいきなりAパートから始まりました。

「宇宙ブタで大もうけだゾ」
(脚本:黒住光、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督・原画:高倉佳彦)


2017年4月28日に放送された話の再放送です。

開拓時代の頃のアメリカが舞台のようです。みさえの髪の毛が金髪で、しんのすけやひろしもこげ茶色の頭をしています。

そんな中、隕石が降ってきて野原家を破壊してしまいます。新聞にも載ったようで、ひろしは隕石をどかそうとするも、でかくて重いので動かせません。そこでしんのすけはぶりぶりざえもんを呼び出しますが、フォールダンスの最中でした。

ぶりぶりざえもんは自分が貴族とか言ったりしますが、野原家には家を建てなおす金がありません。そこで、パワースポットということで観光地化。客が続々押し寄せまして、ひろしは隕石と共に地球にやって来た宇宙人を紹介すると言います。

隕石の中からぶりぶりざえもんが出てきます。ぶりざえを宇宙人に仕立てたのです。しかし、なかなか信じてもらえません。さらにぶりぶりざえもんを乗せていたショベルローダーが暴走して、遠くへ飛ばされます。ぶりぶりざえもんはSPACEPIGとして紹介されます。

しかし、黒い車がやって来て、ぶりぶりざえもんを隠します。車から出てきたのは、KNNというテレビ局のスミスでした。ぶりぶりざえもんが呼んだそうです。ぶりざえもは莫大な金と美人キャスターと引き換えに独占インタビューの契約を結びます。

美人キャスターからインタビューで、ぶりぶりざえもんはジャン・ピエール・アンドレイ・ジョセフ・ド・シャトーブリアンと名乗り、さらにしんのすけはぶりざえもの友人でマネージャーを自称します。

みさえは宇宙人でないことがばれたらと心配しますが、ひろしはばれやしないと楽観的です。と思いきや、スミスにその会話を聞かれ、ばれてしまったのです。そこでひろしはぶりぶりざえもんのせいにしますが、ぶりざえもはひろしのせいにします。

しかし、スミスは嘘をつくならつきとおせと言い、金を持ち逃げようとしたぶりざえはヘリコプターで拉致され、ロケットに放り込まれ、ぶりざえの出身地ということになっている星へ送り返されますが、ぶりざえもんはロケットの中で元の世界へ帰って行きました。


「3匹のぶりぶりだゾ」
(脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:平井峰太郎、演出助手:今村洋輝、作画監督・原画:針金屋英郎)


2017年8月25日に放送された話の再放送です。

昔々、春日部にしんのすけという名前の桃太郎がいまして、鬼が島に向かっている途中のようですが、きびだんごを食べたり、おねいさんをナンパしたりします。との道中、子供たちに苛められている老豚を見つけます。子供たちはしんのすけの変態性にドン引きして去って行きます。しんのすけは老豚を食べようとしますが、マラカスをあげるから食べないでくれと懇願する老豚は、困った時にそのマラカスを使うように言って消えます。

その後、しんのすけは泉に来ると、マラカスを泉に落としてしまいます。すると泉の妖精から出てきます。というかどう見ても酔っぱらったまつざか先生です。しんのすけに金のマラカスか銀のマラカスか、どっちを落としたかを訊くと、逆にしんのすけはエリートなイケメンかマッチョなイケメンのどっちを落とせなかったかと訊いて、まつざか先生は金のマラカスと銀のマラカスとしんのすけの持っていたマラカスを投げて泉の中に入ります。

それからも歩くるくしんのすけは道が二つに分かれているのを見つけ、どちらに行けばいいのか迷います。そこで3つのマラカスを同時に振りますと、3匹のぶりぶりざえもんが出てきます。ぶりぶりざえもんが金ぶりと銀ぶりと一緒に風呂に入っていまして、2匹にこき使われていました。

救いのヒーローぶりぶりざえもんズです。

しんのすけは鬼が島に行くと言うと、金ぶりと銀ぶりは怯えますが、ぶりぶりざえもんは行くと言います。これでは金ぶりと銀ぶりも立場がないので、同行することに。ちなみに分かれ道なんですが、木の棒を倒して右に行くことに決めたのでした。

鬼が島に到着すると、金ぶりと銀ぶりがかなりビビっています。しんのすけはケツだけ星人をやって騒ぐと、巨大な鬼が出てきます。しかし、誰が鬼と戦うかで3匹のブタが喧嘩しまして、さらに鬼の味方をしだします。しかし、豚丼にして食ってやると言った鬼に捕まってしまいます。そこへ鬼の奥さんと泣いている子供がやってきます。

この鬼は奥さんに頭が上がらないようで、文字通りの鬼嫁。奥さんに何とかしろと言われた鬼ですが、しんのすけはケツだけ星人を披露すると、子供が泣き止んで喜びました。

そして、子供を泣き止ませるためにかき集めたお宝をしんのすけはもらい、こうして鬼退治は終わったのでした。ちなみに3匹の豚は鬼の手の中で消えたのでした。


「ありがた~いアレを取りに行くゾ」
(脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、樋口善法、山本勝也、宇良隆太)


2018年2月9日に放送された話の再放送です。

むかしむかしとある埼玉に、孫悟空に扮したしんのすけという猿がおりました。しんのすけは埼玉のどこかには「かすかべのはて」を目指して旅をしていました。

腹をすかせたしんのすけはマラカスを振ってぶりぶりざえもんを呼び出しました。ぶりざえはTバックを履い自分の体に悦に浸っていました。しんのすけはぶりぶりざえもんを煮えぎたる鍋に放り込んで豚の角煮を作ろうとしました。

鍋から出てきたぶりぶりざえもんは、「かすかべのはて」にある「ありがた~いアレ」を探しに行くしんのすけからお助け料1億万円(ローンも可)をもらうために、同行することに。

途中、吊り橋を渡ると金ぶりと銀ぶりが登場、金目の物を置いてもらおうかと言ってきます。要するにカツアゲです。

金ぶりは名前を呼ばれて返事をすると吸い込まれてしまう瓢箪を持っていましたが、飲み物が入っているしんのすけに取られ、さらに3匹は返事をしてしまったので、瓢箪の中に吸い込まれました。しんのすけは瓢箪から豚汁のいい匂いがする壺を飲もうとしますが、瓢箪をひっくり返して、出てきた3匹のブタは吊り橋から落ちてしまいます。しんのすけも飛び降りますが、尻尾をプロペラ代わりにして空を飛ぶのでした。

豚どもは川に流されますが、再びしんのすけによって瓢箪に吸い込まれ、助かったのでした。すると、「かすかべのはて」の看板が出ていまして、「ありがた~いアレ」がお宝であるらしいことが分かると、3匹のブタどもはしんのすけについて行きます。

途中、牛の着ぐるみを着たまつざか先生にしか見えないまつざか牛魔王と遭遇します。「まつざかうしまおう」と読むそうで、しんのすけと同じく「ありがた~いアレ」を取りに来たそうです。しかし、まつざか牛魔王によると、なんでもコスプレ合コンがこの辺りであるとのことで、しんのすけはブタどもが相手なのに悲観して泣き出します。

しかし、合コンの本当の場所は新かすかべの果てだったそうです。神戸と新神戸くらいの違いだそです。

しんのすけたちはちは蔵を見つけますが、その蔵の入口には「かすかべのはて書店はひっこしました。」という貼り紙。ここで、しんのすけの言っていた「ありがた~いアレ」とは、グラビアアイドかすみちゃんの写真集であることが判明しました。

そこへしんのすけたちは密林の中にキラキラ光るものを発見。そこには、日曜雑貨などがぶら下がっている木がありまして、かすみちゃんの写真集もありました。それも密林特典のサイン付きとのこと。しんのすけは喜んで手に入れます。

こうして家に帰るしんのすけは瓢箪を落としてしまい、ブタたちとまつざか先生は中に吸い込まれてしまいました。しかし豚コラーゲンのおかげか、肌がつやつやしたまつざか先生はこのまま合コン行こうと張り切ります。ところがブタ3匹は消えてしまい、まつざか先生だけは瓢箪に閉じ込められたままでした。

でめたしでめたし。

この日の4月4日、16時半から『クレヨンしんちゃん』はいつも通り放送されるという予告がありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント