石崎洋司先生のサイン会に行って来たぜ~

本日、1月27日、『6年1組 黒魔女さんが通る!!07 黒魔女さんの悪魔の証明』と『青い鳥文庫版 黒魔女さんの小説教室』の発売を記念して、著者の石崎洋司先生のサイン会が紀伊國屋書店さいたま新都心店で開催されました。

この記事でもチラッと書いたことがありますが、私は『黒魔女さんが通る!!』が好きで、紀伊國屋書店さいたま新都心店に先週寄った時、偶然サイン会のお知らせを目にしまして、これは行かなければ!と思い、『6年1組 黒魔女さんが通る!!07 黒魔女さんの悪魔の証明』を買ってサイン会の整理券をもらいました。

ちなみに『青い鳥文庫版 黒魔女さんの小説教室』の方は既に購入済みでした。

そして本日、午後3時過ぎに紀伊國屋書店に着きました。3時半が集合時間でしたので余裕でした。

この日は日曜日で、私はいつも行っている教会で、来年度(2019年4月以降)についての話し合いが行われ、けっこう時間がかかったので果たして間に合うか不安でしたが、あまり慌てることはありませんでした。

サイン会自体は午後2時から始まっていまして、私は整理券を買ったのが遅かったので、整理券の番号も後ろの方だったので、後の時間帯に回されたわけです。

紀伊國屋書店内では既にサイン会で賑わっていまして、石崎洋司先生はサインをしている姿が確認できました。石崎先生を実際に見るのは初めてでしたが、顔写真はネットで見たことがありますのですぐに分かりました。

サイン会はやはり家族連れが多かったです。特に小学生の女の子と親御さんという組み合わせがメインでした。読者の女の子が石崎先生とツーショット写真を親御さんが撮る光景を何度も目にしました。私のように大人の男性は、私より前の方で一人見ただけでした。

あと、私の後ろは大人の女性がいらっしゃいまして、その人は小学生の頃から『黒魔女さんが通る!!』のファンだという話を耳にしました。

『黒魔女さんが通る!!』は2005年に始まりましたから、その女性は多分20代前半か半ばくらいでしょう。2005年と言えば、私が『クレヨンしんちゃん研究所』を開設した年で当時は大学生でした。

40分くらい並んでようやく、次が私の番というなった時、係りの男性と『黒魔女さんが通る!!』をはじめ児童文学について色々話をしました。

私の出番となっていよいよ石崎先生とご対面しました。整理券に前もってひらがなで自分の名前を書くことになっていまして、石崎先生がサインと一緒にその名前と書いて下さいます。私はフルネームを平仮名で書きましたが、下の名前だけで良かったのですね。

石崎先生はとても優しい方で、『黒魔女さんが通る!!』の今後の展開について興味深いお話を色々してくださいました。最後は握手をしまして、実に素晴らしいサイン会となりました。

てなわけでよ、石崎先生のサイン本を入手して、また我が家に家宝が増えたぜ~、ギヒヒヒヒ!

最後に、「おいらは悪魔情! 悪魔が名字で、情が名前ね。そこんとこ、よろしく!」でお馴染みの悪魔情(あくまじょう)くんは、テレビアニメ版では小林由美子さんが声を当てています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック