重鎮か、ボケ老人か。スゲェぜ 銀ちゃん

11月16日のテレビアニメ感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは13回目となります。

「ぶりぶりざえもんのブリリアントクッキング」
(脚本・絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:針金屋英郎)


先週から始まったこの企画、今回で2回目です。相変わらず、ぶりざえ本人は自分の名前は「ジャン・ピ・・・」と紹介しようとしますね。それで、しんのすけがお便りを紹介します。今回は6歳の人からです。ぶりぶりざえもんはオムライスの時、ケチャップで何を書きますか?です。前回は料理しなかったからって今回はケチャップで「絵」なのですが、しんのすけはオムライスを作る所からと言われ、ぶりぶりざえもんはオムライスの上にケチャップで「いちおくまんえん」と書きますが、オムライスの絵でした。ぶりぶりざえもは「絵に描いた餅と」と言いますが、しんのすけは「オムライスの絵だけにね」と返すのでした。

この後OP、Aパートです。


「荷造りを手伝うゾ」
(脚本:中弘子、絵コンテ・演出:木野雄、作画監督:高倉佳彦、原画:高倉佳彦、木村陽子)


ところで前から気になっていたのですか、Aパートのタイトルコールの時、「3、2、1、どうぞ!」と言う時のしんのすけ、いつまで半袖なのでしょうか?もうすぐ12月ですよ。

しんのすけたちがマサオ君に来ますが、しんのすけの向かいの家に声をかけます。風間君に佐藤家の正しい位置を指摘されまして、マサオ君の家は引越したかと訊きます。もちろん、いつも通りしんのすけの間違いです。

ちなみに、この時のしんのすけは手ぶらですが、風間君は英語塾のカバン、ネネちゃんは「セールスづまのブルース」というリアルおままごとの台本、ボーちゃんは石を二つ持っていました。

マサオ君が家から出てくると、「引越のハカイ」と書かれた段ボールをいくつも運ぶマサオママの姿がありました。マサオ君は引っ越すらしいです。しんのすけは、この家に引っ越してきたのだと勘違いしますが。

マサオ君の家に上がるしんのすけたちが部屋を見ると、確かに家を引き払いそうな感じですが、引越しは冗談なのだそうです。それで、風間君たちは怒りますが、しんのすけは引越しでよく使うプチプチを頭にかぶったり、潰したりして楽しみます。

真相は、家をリフォームするから近くのマンションに引越しをするとのことです。幼稚園は変わる必要が無いそうですが、風間くん、ネネちゃん、ボーちゃんにとって、マサオ君は引っ越しても引っ越さなくてもどうでも良い存在のようです。

ここで、風間君は荷造りの手伝いを申し出ますが、しんのすけは適当にモノを段ボールを入れたりして、マサオ君は入れ直します。風間君はオモチャ、ネネちゃんは本、ボーちゃんはその他こまごましたものを入れることになります。しかし、しんのすけは何の役割も与えられません。そこへマサオママが来て、テープをマサオ君に渡します。そして、マサオママは後でおやつを持ってくるそうです。

しんのすけは風間君の手伝いをしますが、しんのすけの梱包はかなり適当です。さらに、しんのすけはマサオ君と一緒に親戚のおじさんが買ってくれたというカンタム基地のオモチャで遊びだしますが、あのオモチャ欲しくなってしまいました。リアルで売ってくれませんかね。あのオモチャの出来はかなりのものです。

さらに、しんのすけは付属のカンタムなりきりセットを着ますが、私はおもわず「うお!スゲー!」と声を出しました。アクション仮面変身セットは何度も見ていますが、カンタムの場合はおそらく初めてなので、激レアでしたので。

ネネちゃんはヘンゼルとグレーテルを手にしつつ、読む本でその人が分かると言います。以下、マサオ君の持っていた本のリストです。


はちかつぎひめ
みにくいアヒルのこ
ほしのきんか
アラジンとまほうのランプ
ながぐつをはいたネコ
ジャックとまめのき
シンデレラ
ごにんのこども
しらゆきひめ
ラプンツェル
ねむりひめ



といった本ですが、不幸せな子供がやがて成功する話ばかりなので、マサオ君は寂しがり屋のかまってちゃんと判断します。

さらに、マサママとマサオ君の写真を収めたアルバムをネネちゃんが広げると、過去にさかのぼればさかのぼるほど、マサオママが若くなって痩せていくので、驚くネネちゃんたちです。そこへマサオママがケーキとジュースを持ってきますが、今のマサオママを見たネネちゃんが、時間が残酷であるとつぶやきます。

しんのすけたちはさらに段ボールを積み込みますが、ボーちゃんは物凄くきれいに詰めます。そして荷物を全て積みこみ、ようやくおやつにありつきます。しかし、カンタム基地のヤシの木が床に落ちていたのを、しんのすけが発見します。いまさらテープをはがすわけにもいかないのでマサオ君はポーチに入れておくことにします。

さらに、風間君は英語塾に行こうとしますが、カバンがありません。ネネちゃんのリアルおままごとの台本も、ボーちゃんの石もありません。さらにしんのすけのおパンツもありません。カンタムなりきりセットをじかに着たそうです。というわけで、マサオ君以外の4人はテープをはがして各持ち物を探すことになり、部屋の中や阿鼻叫喚の地獄絵図と化すのでした。

それにしても、「引越のハカイ」とは嫌な名前ですね。壊れ物は全部壊されそう。


「いきなりじいちゃんだゾ」
(脚本:中弘子、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督:尾鷲英俊、原画:尾鷲英俊、宇良隆太、篠原真紀子、海老原尚樹)


このタイトルを見た時、スタッフの中に「いきなり!ステーキ」にハマっている人がいるのかと思ったりしました。そういえば、私は病気になってから行っていませんね。元気になったらまた行きたいです。

さて本編。オヤジの顔をしたメタボ怪獣が人々を襲うという番組をしんのすが観ていると、インターホンが鳴ります。しんのすけは怪獣に追われている人が助けを求めに来たのかと思いますが、銀の介でした。今回もアポなしです。

銀の介の口には糸の輪っかのようなものが出ていますが、みさえは言われるままに引っ張ると、銀の介の口からミニ万国旗が出てきます。

さらに、銀の介は家に上がって手品師になりきって、本格的なマジックを披露します。そういった手品は、公民館から教えてもらったのだそうです。銀の介は手品と称して米とキノコをお土産に出しますが、それらを消そうとして、みさえは慌てて銀の介の手品を褒めて消さないで欲しいと言います。

他にも、銀の介は左の親指が取れてしまったという芸を披露します。そしてしんのすけが「オシリでかでかみさえさん」と唱えると、銀の介の親指は元に戻ります。

さらなる手品をしんのすけとひまわりからせがまれた銀の介は、ネタを探しにサトーココノカドーへしんのすけと一緒に行きます。「マリちゃんのマジックコーナー」という販売店を見た時、一瞬『不思議魔女っ子マリーちゃん』かと思いました。

何か新しくて凄いマジックを店員に聞くと、1万円札を持っているか訊かれ、店員はそのお札を畳んで、ピンセットでつまんでロウソクで燃やしてしまいます。銀の介は年金を燃やされて落胆しかけますが、ピンセットが勝手に銀の介の胸ポケットに入り、そこから1万円札が出てきます。さらに、他のネタを聞く銀の介ですが、何を聞いたのでしょうかね。

夜、ひろしはアポなしで来た銀の介を咎めますが、歯牙にもかけない銀の介はさっそく手品を披露。銀の介は布の中に入り、そのまま消えてしまいます。しんのすけは布をひっくり返して探しますが、銀の介は台所で隠れていて、宇宙人登場の準備をします。そこへ、みさえが台所に来て、腹に宇宙人を描いた銀の介に驚き大声をあげ、倒れてしまいます。

というわけで、銀の介は手品が失敗して少し落ち込んでしまいますが、すぐに元気を取り戻して、とっておきにマジックをお見せします。銀の介はひろしに1万円札を要求します。

ひろしはしぶしぶ1万円札を渡し、銀の介はそのお札を畳みます。しかし、銀の介はその後どうするか忘れてしまいました。そこで、銀の介は1万円札を内ポケットに入れて、次のマジックへ進もうとしますが、もちろんひろしは納得せず、1万円札の返却を要求。

ひろしは強引に銀の介から1万円札を奪い返し、翌朝にはしぶしぶ秋田へ帰る銀の介なのでした。しかし、インターホンが鳴りまして、銀の介が戻って来たと思ったひろしは、ドアを開けて「さっさと帰れと言っただろ!」と啖呵を切りますが、そこにいたのはみさえの親父、しんのすけのもう一人の祖父よし治でした。大汗のひろしなのでした。

ついでに、銀の介も戻ってきたのでした。こりゃ次週に続きますな。


「スカッと カスカベ スカッシュ!」

7月6日から始まったデータ放送「スカッと カスカベ スカッシュ!」ですが、今まではしんのすけがスカッシュをして、壁に設置してあるぶりぶりざえもんの顔が描いてある4枚の絵(写真?)にボールを当てるというのと違い、先週と同じくぶりぶりざえもんがスカッシュをして、壁に設置してある4つの丸い的に当てるという内容でした。

青の的赤の的緑の的黄色の的のうち、ぶりぶりざえもんが当てたのは赤でした。

私は緑を選びましたので、私の予想は外れました。というか、先週のぶりざえは緑を当てたのですよね。すっかり忘れていました。

最後に、今回の記事のタイトルは、『噂の真相』1992年5月号に掲載された「重鎮か、ボケ老人か。スゲェぜ 森繁」という記事が元ネタです。この記事を書いたのはナンシー関というコラムニストで、2002年に亡くなられてますが今も根強い人気があり、今年も著書が文庫化されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ハロルド
2021年06月25日 23:08
Aパートのタイトルコールで、しんのすけがいつまで半袖なのか?とコメントされていますが、
番組のスタッフがチョルスさんのブログを見て修正したのでしょうかね?
テレ朝チャンネルの放送では長袖になっていました。
2021年06月26日 08:55
そんなことがあったのですね。私のブログはそんなに注目されているとは思いませんが、もしこの記事で修正されたとなれば、それはそれで光栄なことかもしれません。

この記事へのトラックバック

  • 芸術の秋!

    Excerpt: 11月23日のテレビアニメ感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは14回目となります。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2018-11-25 19:00