シリマルダシとスベスベマンジュウガニ

10月26日のテレビアニメ感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは10回目となります。

「6日目できた!だゾ」
(脚本・絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:木村陽子)


今回のタイトル、「6日目で来た」という意味なのですね。私は当初「6日目出来た」と読み間違えて、「?」となりました。さて、昼寝中のみさえは目を覚まして、便秘が6日目で、遂にお通じが来たみさえはトイレに行こうとしますが、居間で遊んでいたしんのすけの積み木を踏んで、足を痛めます。みさえは散らかしたしんのすけを怒りますが、しんのすけはみさえが昼寝していたからおとなしく遊んでいたと言い、素直に自分の非を認めるみさえは、お通じが引っ込んでしまったのでした。しんのすけは怒られ損だったようです。

この後OPとAパートです。

「おシリをさがすゾ」
(脚本:清水東、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督:門脇孝一、原画:門脇孝一、篠原真紀子)


しんのすけはアクション仮面の人形で遊んでいて、怪獣シリマルダシとの戦いをやりますが、シルマルダシの尻が無くなっていることに気付きます。「おもちょぼこ」を探してもありません。というわけで、誰かが盗んだに違いないと。

「ガイシャ」のシリマルダシは年齢23歳で体重350トンらしいです。でも、『漫画アクション』の1992年10月20号で掲載された『クレヨンしんちゃん』で、しんのすけが怪獣シリマルダシに言及しているので、少なくとも26歳ではないかと思うのですが。ちなみにこの場面は単行本4巻112頁で見られます。

そこへ、みさえが床をクレヨンで書くなと行ってきます。しんのすけは事件現場だからと、ケツデカ長のみさえにシリマルダシのシリ盗難事件の捜査協力を依頼します。しかし、みさえは後で探すからクレヨンを消すように指示します。

しんのすけはクレヨンを消しながら、昨日の夜にはまだシリマルダシのお尻があったことを思い出します。そして、クレヨンで絵を描いているひまわりを見て、ハンニンにメザシならぬメボシがついたと言います。というわけで、ひまわりにシルマルダシのお尻を舐めるのが好きだったのでしょうと尋問します。しかし、ひまわりが書いた紙の落書きに矢印らしきものが描いてあるのに注目して、その先を進みますが、文字通り壁に突き当たります。

それで、テレビではと思ってスイッチを入れると『暴れん坊デカ!!』という番組の再放送が流れていました。この番組で犯人を泳がせようという台詞を聞いたしんのすけは、ひまわりを文字通り泳がせようと考え、ビニールプールを出してもらおうとみさえに頼みますが、風邪を引くと一蹴されます。

捜査は振り出しに戻り、再び『暴れん坊デカ!!』を見ますと、「白だと思った人物が黒」と台詞を聞きます。しんのすけはシロがクロでは勘違いし、製作スタッフはほぼ確実に2008年の映画『ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者であったか』を意識しているであろうと思える場面が出てきます。それにしても、この映画の公開は10年前になるのですね。私にとっては、ついこの間のような感じですが。

『暴れん坊デカ!!』では、容疑者の家をガサ入れする場面が映っていて、しんのすけも警察手帳を持ってシロの犬小屋をガサ入れします。その警察手帳には、しんのすけの顔の上に「オラ」、「かすかべ」「けいさつ」とあります。シロの犬小屋を探すと、無くなっていたカンタムロボの左腕が見つかりましてカンタムで遊ぼうとしますが、みさえにシルマルダシの件を聞かれて、みさえと一緒に捜査を再開します。

そしてしんのすけはひろしに疑いの目を向け、みさえのスマホでひろしに電話をします。折りしも会議中のひろしにシルマルダシ盗難容疑を否定され、捜査は振り出しに戻りました。なお、その時の会議には部長など上司らしき人はおらず、おそらく会議参加者はひろしが一番役職が上だと思います。まあ、上司や先輩として示しがつかなくなるという恐れがありますね。

ひまわり、シロ、ひろし。この3人の容疑者で誰が犯人か悩むしんのすけは、『暴れん坊デカ!!』で犯人の指紋を取る場面を見て、自分も犯人の指紋を取ることに。シルマルダシに小麦粉をぶっかけて、指紋の綿(梵天)で指紋を探しますが、どうも指紋という意味を理解していなかった様子。さらに、みさえに怒られるのでした。

『暴れん坊デカ!!』では、面が割れている同僚(?)の代わりに、暴れん坊デカが(おそらく犯人の居場所へ)向かう場面でした。しんのすけは自分のお尻も割れてるぞと言うのでした。そして、暴れん坊デカは犯行現場へ戻る場面から、しんのすけも犯行現場であるとみなした「おもちょぼこ」に行ってみると、ひまわりが箱からオモチャを出していました。

『暴れん坊デカ!!』ではお縄を頂戴すると言う場面が流れる一方、しんのすけはお縄よりチョコビを頂戴したいと言います。『暴れん坊デカ!!』では逃れる犯人が遂に捕まりますが、しんのすけはひまわりを捕まえ損ねます。しかし、左ポケットにシリマルダシの尻を発見します。

『暴れん坊デカ!!』で「無闇に人を疑うのは良くない事であるぞ」と言う台詞に対して、しんのすけは謝罪をします。みさえに人を疑っていた事を咎められますが、これにて一件落着です。

その後、昼寝をするしんのすけとひまわりですが、ひまわりは起きてシリマルダシの尻をポケットに入れるのでした。つまり、真犯人はひまわりだったのでした。

ところで、人を疑うのは良くない件ですが、「無闇に」疑うのが良くないのであって、絶対に人を疑ってはいけないと言う意味ではありません。つまり、

間違っても借金の保証人になってはならぬぞ

というわけです。


「上尾先生をドキドキさせるゾ」
(脚本:待田堂子、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、入江康智、木村陽子、尾鷲英俊)


幼稚園でまつざか先生が、よしなが先生に最近ドキドキしたこと、つまりときめいたことはあるかと訊くが既婚者のよしなが先生には無いらしいです。まつざか先生はと言うと、ドキドキするよりさせる方だと言い、さらに上尾先生に訊きます。上尾先生も無いらしいです。

そこへ、巨大なしんのすけの顔の絵が上尾先生もすぐ横に現れ、驚きます。しんのすけは上尾先生をドキドキさせようとやったらしいですが、よしなが先生に驚かされます。そして、かすかべ防衛隊の5人は上尾先生をドキドキさせることで話し合います。

そしてネネちゃんが、恋愛や結婚でドキドキときめかせようと提案し、さっそく職員室に行き、上尾先生に過去に起こったドキドキの甘いときめき体験を訊こうとします。しかし、藁人形キーホルダーの限定版が出た時だと言って、そのキーホルダーの歴代限定版である6つのコレクションを見せます。

最初の限定版
続限定版
続々限定版
新限定版
最後の限定版
帰ってきた限定版


だそうです。一応、最初の限定版と続限定版とは目の形に違いがあって、それを見破るボーちゃんです。やはりボーさまはスーパーエリートか。

で、帰ってきた限定版の発売日は朝から雨で、さらに強風のためにコンビニでカッパを買って、売り切れないかドキドキしながら店に行ったら一番乗りだったのでした。しかし、これだけ出ていればもはや限定版ではないとネネちゃんに指摘されるのでした。

他にも上尾先生は弁当に入っている鯛の形をした小さな醤油入れにドキドキするそうです。弁当箱を開けると、今度はどんな醤油入れなのかとドキドキするということで、そのコレクションも見せびらかすのでした。キャップの色の形が異なっていて、本体の色が金色だったり、ストラップ付きだったり、イルカの形のしたり、色々あります。

ネネちゃんが不満を表明して、一旦撤退します。そこで、上尾先生がドキドキする物を持ってくるというマサオ君の提案をします。2時間後、上尾先生を外に呼び出して、面白いものを見せると伝えます。

先鋒はネネちゃん。限界鉛筆です。鉛筆を削り続けて、ギリギリの長さになった色鉛筆です。緑、赤、青、黄色、オレンジ、紫、ピンクと7本あります。しかし、上尾先生は小さくて可愛いと言います。ドキドキしませんでした。

次鋒のマサオ君は、絶体絶命鉛筆削りを見せます。象の形をした鉛筆なのですが、鼻の部分が取れています。しかし、ドキドキしない上尾先生です。というか、なぜあれを見せればドキドキすると思ったのでしょうか。所詮はマサヲクオリティか。

中堅はボーちゃんです。枝についたミノムシです。上尾先生は「みのむしを おしむのみ」、ボーちゃんは「ダンスはすんだ」と言います。回文です。しんのすけも「おしりのりしお」とかまします。回文大好きな上尾先生は上機嫌になりますが、ドキドキさせるには至りませんでした。

副将の風間君は壊れた水鉄砲を持って、引き金を行くと逆の方へ水が飛び出し、風間君の顔を直撃です。でもドキドキさせることはなかったようです。

大将はしんのすけ。耳で「餃子」を作り、さらに唇でも「餃子」を作ります。しかし、上尾先生を笑わせても、ドキドキさせる事はできませんでした。

結局、全敗となったかすかべ防衛隊の5人は、帰りの幼稚園バスで、明日家から上尾先生がドキドキするものを持って来ようということになります。

翌日、しんのすけ以外の4人が上尾先生に、しょうゆの子袋を見せます。ただし、ネネちゃんのは「だし入りしょうゆ」で、ボーちゃんのは「ぎょうざとのたれ」とラー油も付いているものです。みんな同じような事を考えてきたのですが、上尾先生の趣味には合わないようです。

そこへ、しんのすけがみさえの自転車に乗って来ますが、みさえがしんのすけにおパンツを入ってこなかったことを言われ、さわやかな秋風をお股で感じてみたかったらしいですが、みさえはしんのすけにゲンコツをかまし、パンツを取りに家へ戻ります。

すると、しんのすけのタンコブを見た上尾先生は、スベスベマンジュウガニみたいだと興奮します。そんなカニがいるのですね。風間くんでさえ知らなかったのですが、ボーちゃんは知っていらっしゃいました。さすがスーパーエリートボーさま。

上尾先生は、しんのすけのタンコブを見て、久々にドキドキときめいているのでした。上尾先生をときめかしたのは、しんのすけとみさえだったわけです。


Bパート後、映画『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』のBlu-rayとDVDが11月9日に発売されるという宣伝を、関根勤氏が実写で行っていましたが、この宣伝の中で「ケツケツダンスを超える楽しさ満載」、「孫にも見せたい」とさりげなく関根氏の本音も入れていましたね。


「スカッと カスカベ スカッシュ!」

7月6日から始まったデータ放送「スカッと カスカベ スカッシュ!」です。しんのすけはスカッシュをして、壁に設置してあるのぶりぶりざもえんの顔が描いてある4枚の絵(写真?)にボールを当てようとしますが、何色に当たるかを当てるゲームです。

青のぶりぶりざえもん赤のぶりぶりざえもん緑のぶりぶりざえもん黄色のぶりぶりざえもんのうち、しんのすけが当てたのは黄色でした。

私も黄色を選びましたので、私の予想が当たりました。前回の赤から判断して、今回は一番当たりそうもないと思われるのが来ると思っていました。

あと、『クレヨンしんちゃん』の2019年版カレンダーが抽選で当たるという宣伝がありました。〆切は10月27日午前9時なので、この抽選に参加できなかったり、参加に漏れた方はお金を払ってカレンダーを購入しましょう、というわけですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ハロルド
2021年05月20日 22:59
この回は文字が書いてありませんでしたが、しんのすけのおもちゃ箱は「おもちょぼこ」ではなくて「おもさゃぼこ」なのでは?
チョルス
2021年05月20日 23:05
しんのすけの箱に書いてある文字は、初期や原作では「おもちょぼこ」であることが多いですが「おもさゃぼこ」というのもありますね。私は前者の方を見かけることが多いという印象を持っているので「おもちょぼこ」とあえて書きました。

この記事へのトラックバック

  • ぶりぶりざえもんでテコ入れか

    Excerpt: 11月9日のテレビアニメ感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは12回目となります。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2018-11-11 00:00