牛乳は代用麦茶になり得るか

8月31日のテレビアニメ感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは7回目となります。


「ななこおねいさんが来るゾ」
(脚本・絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:木村陽子)


夕方、しんのすけは『ヨロヨロコミックス』を読んでいると、みさえはななこが来たらと言うしますが、しんのすけはななこがくると早合点し、シュシュポポシュシュポポと興奮します。みさえはななこが来たらケーキでも買って来ようと言うと、ななこに食べさせてもらっているのを想像して、相変わらずシュシュポポシュシュポポ。夜、しんのすけはシュシュポポやり過ぎて声が出なくなりました。なお、ななこがいつ来るのは未定です。


「背が高くなりたいゾ」
(脚本:待田堂子、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督・原画:高倉佳彦)


しんのすけが外を歩いていると、ななこと忍が一緒に歩いているのを見つけます。しんのすけは塀を這いずりまわって、手でななこの目をおさえて「だーれだ?」をやろうとします。しんのすけはこの妄想の中でななこに「セクシーな声」と言われていますが、確かに小林由美子さんの声はセクシーですな。まだ違和感が完全に無くなったわけではありませんが、しんのすけの声にもだいぶ慣れてきました。

しかし、やろうとすると、忍が背は高い方が良いと言い、ななこも背が高いとカッコイイと返すのを聞いて、しんのすけはショックを受けて倒れてしまい、ななこが背が高い男に取られてしまうのを想像して、背が高い人になる決意をします。ちなみに、劇団に入っている後輩が『ミュージカル 巨人国の大巨人』に適した役者として背の高い人を探していたという会話をしていただけです。

帰宅したしんのすけは、みさえに背が高くなるにはどうしたら良いかを聞きますが、大人になれば高くなれると答えます。しんのすけはすぐに高くなりたいと言うと、みさえは牛乳を飲む提案しますが、牛乳は切らしていました。

しんのすけはみさえに、牛乳を切らしたことで説教をしますが、ひまわりの飲んでいるミルクを奪って飲もうとして、みさえに殴られます。すると、みさえは自分の母乳をあげようかと聞くと、しんのすけはみさえのペチャパイよりグラビアのおねいさんのおっぱいが良いそうです。

しんのすけはそれでも背を伸ばす方法について聞いてくるので、みさえは「Beegle」で「背を伸ばす方法」と検索します。高いところから飛び降りる夢を見る、馬糞を踏むとか変な方法しか見つからないようです。

しかし、みさえはななこに好かれたいから背を伸ばそうとしているしんのすけの真意を知ると、好き嫌いしないでご飯をしっかり食べれば良いとアドバイスしますが、好き嫌いが無いと思い込んでいるしんのすけにはクソバイスに聞こえたようです。みさえはピーマンや人参を残していることを指摘します。この場面は、人間は自分を客観視するのがいかに難しいかを理解させられますね。

しんのすけはみさえに頼るのをやめますが、みさえがテレビをつけると『アクション仮面』が映っていて、新コーナーの「アクション人生相談」が放映されていました。最初の相談は、「どうしたら強くなれますか?」

アクション仮面の解答は、日々拳(けん)を磨き、脚(あし)を鍛えて必殺技を磨くことです。

次の質問、「背を高くするにはどうしたら良いですか?」

背が高くなった自分を思い浮かべるイメージトレーニングが大事だそうで、しんのすけは庭でさっそく背が高くなった自分を思い浮かべて、バレーボールの試合をやる姿を想像します。ななこは忍と一緒に観戦していてしんのすけに声援を送ると、以上に顔が美化されているしんのすけは、ウインクで返します。

って、あの顔はかなりキショイ、キモイです。しんのすけはバレーボールのようにボールを叩きますが、壁に跳ね返って木に引っ掛かってしまいます。しんのすけは長い竹馬で庭を進みますが、倒れてしまう洗濯物を倒してしまいます。ちなみに、この洗濯物を滅茶苦茶にする展開は読めていました。誰に26年もファンをやってないぜ!

夜、しんのすけは床をゴロゴロ回っています。うどんを伸ばすのを見て思い出したそうです。

数日後、ななこを見つけたしんのすけは、手でななこの目をおさえて「だーれだ?」をまたやろうとします。しんのすけはこの妄想の中でななこに「セクシーで背が高そうな声」と言われていますが、現実のしんのすけは背が伸びていません。妄想を現実の区別がついていないようです。

ところで、小林由美子さんは身長はどのくらいでしょうか。
検索してみると
、150cmとか147cmとかの情報が入ってきましたが、いずれにしてもあまり高くは無さそうです。というか、意外に低いので驚きました。160cm以上あるかなと(勝手に)思っていたので。

しかし、ななこは忍に見せてもらったとある画像で、「小さい子が大好きだ」と言います。食を受けたしんのすけは、今度は背を低くしようと、座布団を何枚も重ねて頭に乗せるのでした。ちなみに、ななこが小さくて可愛いと言っていたのは、猫だったのです。

この話、「オラ太っちゃったゾ」(2002年11月2日放送、原作は26巻a-3)を思い出しますね。食欲の秋で、すっかりデブってしまったのしんのすけは、ななこに嫌われると危機感を持ってダイエットをします。で、ダイエットに成功したと思ったら、ななこが相撲取りの太ったのが好きだという話を聞いて、今度は太って相撲取りになろうとする話です。

ケチをつけるわけではありませんが、今回の話は「オラ太っちゃったゾ」の焼き直しのように見えますね。制作スタッフの方々は、もう少し過去の作品と似ていないか、よく確認してほしいと思います。ちなみに、「ケチをつけるわけではありませんが」と言う奴は大体ケチをつけます(笑)

まあ、似通った話が出てくるのは「長寿アニメあるある」とでも言うべき現象で、本音を言えばこういうのも悪くないなと思ったりします。過去のどの話と似ているのかを当てるという醍醐味もありますし、過去の話と比較するのも面白いので。って、前にも似たようなことを書きましたな。いや、似ているどころかコピペだし。焼き直しってレベルじゃねえ(爆)


「この家事はダレがする?だゾ」
(脚本:中弘子、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督:尾鷲英俊、原画:尾鷲英俊、三本めぐみ、今野葉)


朝、野原家では空になった麦茶用のポットを見つけますが、最後に飲んだのがひろしだと思ったみさえは、新しいのを作っておいてほしいと文句を言います。

その後の朝食で、しんのすけは麦茶を欲しがりますが無いと言われ、代わりにあっついおちゃちゃを入れてあげると言いますが、しんのすけは嫌がります。ちなみに、これを書いている私は、一年中あっついおちゃちゃを飲んでいます。緑茶は常に備蓄しております。

昨晩の空のポットはやはりひろしが最後に飲んだらしく、新しいのを入れる前に寝てしまったそうですが、麦茶は既にみさえが作っていて、あと1時間すれば飲めるそうです。それで、優位に立ったと思ったみさえは、食器とペットボトルの片付けをひろしにさせます。しかし、食器の片付けをきちんとやったかと思いきや、海苔や梅干しと醤油が置きっぱなしです。

すると、つけっぱなしのテレビから流れる『カスカベワイド』で、「名前のない家事」について触れていました。玄関を靴を揃えたり、新聞をまとめたり、トイレットペーパーを替えたり、食事の後片付け、麦茶作りなどがそうで、大概は主婦の仕事になっているというコメンテーターの意見に賛同するみさえ。

すると、しんのすけが麦茶を飲みながら居間に来て、昼食にそうめんをねだります。しそとミョウガも注文します。
その後、みさえはひろしとしんのすけに空になったペットボトルの処分をさせますが、しんのすけとひろしだけが飲んでいたそうです。

しかも、しんのすけはトイレに行ってしまったので、ひろしが事実上行うことに。みさえは洗面所の鏡が歯磨きの飛沫(しぶき)を見つけ、鏡をふくみさえです。っそして、洗濯用洗剤の詰め替えを入れていると、しんのすけがトイレへみさえを呼び出します。驚いたみさえは洗剤をこぼしてしまいますが、しんのすけの用はトイレットペーパーが無かったことでした。

トイレットペーパーはみさえがつけ直していまして、しんのすけに「名前のない家事」だと教えますと、「名前のない家事」という名前が付いていると返されます。なかなか鋭いなしんのすけ。

その頃、ひろしはペットボトルのラベルをはがすのに苦労していて、休憩を取ります。ひろしは冷蔵庫の麦茶を飲みますが、みさえが来ると冷蔵庫にしまってペットボトルの作業に再度着手します。それで、みさえからトイレットペーパーの紙が無くなったら交換してくれと言われ、「名前のない家事」を初めて聞いたひろしでした。

みさえは庭で洗濯物を干していると、隣りのおばさんから庭で採れたというミョウガと大葉をもらいまして、刻むことにします。ペットボトルの処分を終えたひろしは、麦茶を飲もうとしますが、残り少ないです。新しく入れ替える作業は全然難しくないのに、なぜかやりたくありません。するとみさえがやって来て、ひろしはそうめんを代わりにゆでてやると言います。

ひろしがゆでている間、みさえはミョウガと大葉を刻みます。しんのすけはテーブルを拭きまして、そうめんの用意ができます。そば屋からもらった天かすも出てきます。みさえは麦茶を取りに行きますと、残り少なくなっていまして、ひろしは新しい麦茶を入れることに。

しかし、麦茶のパックは既に切れていたので、コンビニまで行くようにひろしに頼むみさえ。ひろしは嫌がりますが、しんのすけにも懇願されて半ばヤケになっていくのでした。

ところで、自転車なら10分かからないと言っていましたが、歩くと20分くらい距離ですかね。


「スカッと カスカベ スカッシュ!」

7月6日から始まったデータ放送「スカッと カスカベ スカッシュ!」です。しんのすけはスカッシュをして、壁に設置してあるのぶりぶりざもえんの顔が描いてある4枚の絵(写真?)にボールを当てようとしますが、何色に当たるかを当てるゲームです。

青のぶりぶりざえもん赤のぶりぶりざえもん緑のぶりぶりざえもん黄色のぶりぶりざえもんのうち、しんのすけが当てたのは緑でした。

私は赤を選びましたので、私の予想は外れました。先週も緑でしたが、この展開は予想できませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック