アウトドアがお好き

7月20日のテレビアニメ感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは第2回目となります。


「うなぎのつかみどりだゾ」
(脚本:ひるまちかこ、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、入江康智、篠原真紀子、角張仁美、海老原尚樹)


「うなぎのつかみどり」にやってきた野原一家。ここで、しんのすけが「ひつまぶし」と「ひまつぶし」と言い間違えていますが、この間違いは「鵜飼いを見るゾ」(2008年8月8日放送)でも見られます。

しんのすけとひろしは鰻(うなぎ)と言えばタレが美味しいということで同意しますが、そこに鰻の美味さが一番分かるのは白焼きだというオヤジが登場。このイベントの主催者で鰻職人の白八木一筋(しらやきひとすじ)で、一人前の鰻職人になるには串打ち3年、裂き8年、焼き一生という言葉が象徴するように、非常に大変であると熱弁します。しかし、しんのすけはおねいさんのナンパをしていまして、一筋はそのナンパをされていた女性に見覚えがあるそうです。

さて、鰻が放流されて、野原一家らお客さんたちは鰻を捕まえることになります。しかし、ひろしの足は水の中でも悪臭が漂うので、あたかもまつざかうめてんてーの本性を知ったイケメンみたいに、鰻たちは逃げてしまいます。

すると、「田植えと魚のつかみ取りは、腰が肝心だべ」と言うまつざか先生が登場。そこへしんのすけたちと遭遇。まつざか先生はたまたま通りかかっただけだと誤魔化します。

そこへ一筋がまつざか先生を褒めて、自分の息子の嫁に来ないかと言います。その息子はイケメンで、結婚すれば一生タダでウナギが食べ放題です。まつざか先生は白八木焼(しらやきやける)に、上手な鰻の掴み方を教えてほしいと言いますが、焼の様子は何か戸惑っているようです。

長靴を履いたひろしは鰻を掴めるようになりましたが、鰻はひろしの手を抜け出して逃げてしまいます。一筋に勧められて、ひろしは軍手をします。一方、しんのすけはお尻で鰻を捕まえます。すると、鰻はしんのすけの海パンの中に入り込んで悶えるしんのすけ。その様子を見たみさえはしんのすけにゲンコツを喰らわせます。

さて、まつざか先生は焼の気を引こうと、鰻が怖いから取ってくれと言いますが、しんのすけはまつざか先生が一人で普通に捕まえていたことを指摘します。さらに、焼はどこかに行ってしまいます。

その頃、しんのすけがナンパしていた女性が鰻を捕まえて、ひろしに譲っていました。その女性に焼が声をかけます。この二人は知り合いかと思いきや、実は結婚を前提に付き合っているのだそうで、垂野枯から美(たれのがれからみ)と名乗るその女性は、一筋に挨拶します。

しかし、から美は一筋にしてみればライバル店である垂野枯家の一人娘なのです。というわけで、鰻は白焼きというこだわりを持つ一筋は、鰻をタレで出す店の娘を受け入れません。ロミオとジュリエットの世界ですな。

焼は一筋を説得するために、から美が愛情込めて作った、タレで焼いた鰻重を差し出します。から美と焼は一筋に食べてくれと懇願し、一筋は食べてみます。すると、一筋は美味いと言います。しんのすけやひろしも食べてみまして、やはり美味いとのこと。こうして、焼とから美は一筋に認めてもらいました。

鰻を食べる時には、しんのすけはタレの鰻ばかりを食べていまして、その分ひろしが白焼きを食べるのでした。

そして、肝心の梅さんは、鰻をむさぼり食いながら、「うなぎ」と「梅」だけに食べ合わせの悪い運命だったのだと嘆くのでした。


Aパート終了直後、テレビ朝日の六本木ヒルズ夏祭りサマーステーションでは、『クレしん』のスタンプラリーが開催中で、夏祭り会場の5箇所にあるスタンプを重ね押しすると、かすかべ防衛隊のイラストが完成するそうです。さらに、オリジナルのスタンプがあるオスモもあり、自分の顔のスタンプが作れるとのことです。

Bパート開始直前、「ゆず」の北川悠仁・岩沢厚治両氏としんのすけ(の着ぐるみ)が登場し、大好評開催中のテレビ朝日夏祭りの宣伝をしていました。しんのすけとゆずのコラボグッズが販売されているそうで、8月26日まで開催されているとのことです。


「夏の都市伝説シリーズ おともだちができたゾ」
(脚本:中弘子、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督・原画:大森孝敏)


毎年恒例の都市伝説シリーズです。毎年のように放送されているということは、このシリーズはけっこう好評なのでしょう。ああ、日テレの『あなたの知らない世界』が懐かしく思えます。

河沿いのキャンプ場にて、園長先生が解説しています。夏は行楽シーズンで子供たちは大喜び、新しい友達ができると良いですねと。

さて、野原一家はひろしの会社の保養所へ行きます。ホテルほど豪華ではないものの、料金はかからないロハなのだとか。カーナビが目的地に到着したことを告げますが、そこは山道でした。この場面を見た時、カーナビに関する怪談話を思い出したりしました。いつか『クレしん』でやってくれませんかね。

さて、車から降りると山道の下に保養所らしき建物を見つけ、車を走らせます。しんのすけはこの時「全然ホテルじゃない」と不満を口にしますが、この時のしんのすけの声が一瞬だけみさえのように聞こえました。まだ、小林由美子さんの声になれておらず、戸惑いがあるようです。

さて、保養所らしき年季の入ったこの建物、鍵が開いていて、中には誰もいません。しかも部屋は前の人の使った後の片づけができていない状態です。ここで、鳩時計が午後3時を指します。ひろしは毎日来ているはずの保養所の管理人に電話をかけますが、圏外となっています。この保養所には子供向けのオモチャがありますが、人形は何か不気味ですね。ひまわりは何とも思っていないようですが。

みさえはさっそく春我部で買ってきた材料で夕食を作ろうとします。冷蔵庫の中の物も自由に食べて良いそうですが、プリンが12個入っているだけです。

夜、夕食を終えた野原家、しんのすけはプリンを食べます。外はやはり涼しいらしく、窓を開けて風を満喫するみさえですが、巨大な蛾が網戸にぶつかってきて絶叫してしまいます。すると、蛾が次々と網戸に寄って来たので、みさえは窓とカーテンを閉めてクーラーをつけます。

一方、ひまわりは寝室でカーテンの隙間から誰かと話をしている様子でした。ひまわりは何かいると伝えたいそうです。みさえが電気を付ける直前、ひまわりの前にあるカーテンには人影が見えます。しかし、電気を付けると人影は消えて、外には誰の姿もありません。

みさえとひまわり、しんのすけの3人が入浴を終えると、ひろしは居間で寝ていました。しんのすけはひろしと一緒に寝たいと言うので、みさえたちは居間で寝ることに。寝ている最中、クーラーが止まり、みさえが目を覚ますとひまわりが寝ていた位置には人形が置いてありました。

みさえがひまわりを探しに行きますと、ひまわりは寝室で人形遊びをしていました。みさえはひまわりを連れ戻しますが、ついてきたしんのすけは人形が寝室のカーテンの中へ引きずられていくのを見ます。しんのすけがカーテンをめくると、人形以外何もありません。しんのすけは不安になって居間に戻りますが、戻った後におもちゃ箱から人形が落ちて、カーテンに映った人影が人形をカーテンの中へ持って行って消えていきます。

翌日、しんのすけは人形が勝手に動いたとひろしに言いますが、ひろしは信じいない模様。みさえはおもちゃ箱の人形の頭に忘れ物の帽子を取りますと、壁に「またあそびにきてね」という落書きを目にします。

車の中でみさえはしんのすけに消すのが大変だった、それに書くなら「またあそびにくるね」だと言いますが、しんのすけは書いていないと言います。すると、ひろしの携帯が鳴ります。車を止めて電話に出ると、川口から保養所にひろしたちが来なかった、管理人がいくら電話をしてもつながらなかったと伝えます。それでは、野原一家が行ったところは・・・。

園長先生のシーンに戻り、ひまわりは友達ができて良かったですねと言い、さらに視聴者に対して、あなたもこの夏、素敵な出会いがあるかもしれませんよと、ある意味顔以上に怖い事を言うのでした。


「スカッと カスカベ スカッシュ!」

先週からリニューアルされたデータ放送「スカッと カスカベ スカッシュ!」です。しんのすけはスカッシュをして、壁に設置してあるのぶりぶりざもえんの顔が描いてある4枚の絵(写真?)にボールを当てようとしますが、何色に当たるかを当てるゲームです。

青のぶりぶりざえもん赤のぶりぶりざえもん緑のぶりぶりざえもん黄色のぶりぶりざえもんのうち、しんのすけが当てたのは緑でした。

私も緑を選びましたので、私の予想は当たりました。先週も当てたので、2週連続です。


今回は小林由美子さんのしんのすけ第2段ですが、今も違和感があります。このテレビアニメ感想を書くにあたり、10年前の「鵜飼いを見るゾ」(2008年8月8日放送)を鑑賞しましたが、矢島晶子さんのしんのすけの方がはるかにしっくりきます。しかし、藤原啓治氏にも違和感はありませんが、今の森川智之氏も問題なく受け入れられます。

まだ2回目ですし、違和感があるのは当然で、来年の映画が公開される頃には違和感が無くなっているでしょう。その頃には、小林由美子さんも矢島さんとは異なる独自のしんのすけのキャラクターを築き上げていると思います。今はまだ矢島さんの模倣という印象を受けますが、どのように演じるのかまだ模索中なのでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

あや
2018年07月23日 07:18
今回の怪談は怖かったけどまあ別に危害を加えるようなことはしてないですし、いいのでしょうね。ただ、"また来てね"というメッセージからしてこれまでには途中で逃げてしまった人がいるのか?それとも....?
はいじま
2018年07月23日 08:55
現在のキャストに関する違和感と言えば、私はどうしても新しい組長先生の声にまだ慣れないんです。
まぁ、前任が私が小さい頃から慣れ親しんでいた納谷六朗さんだったからというのが大きいと思うんですが。
ひろしの声は、私の脳内では完全に森川さんに切り替わりました。しんのすけはもうちょっとですね。
あや
2018年07月23日 14:59
追記
それとも、あの子は座敷わらし的な存在なのか?
チョルス
2018年07月23日 21:14
>あやさん
今回、ひまわりと仲良くなったと思われる幽霊らしき影ですが、友達がほしかっただけでしょう。「またあそびにきてね」と書いていたのを見ると、意外と愛嬌のある幽霊だと言えるかもしれません。とは言え、野原一家が来る前にいたと思われる客はどうなったのか、気になるところではあります。

・・・で、座敷わらしですか。確かに座敷わらしとみなすこともできそうです。ただ、それでも野原一家より前の客の行方など、謎は色々残りますが。
チョルス
2018年07月23日 21:16
>はいじまさん
組長先生の声にまだ慣れていないですか。本文では書きませんでしたが、私はもう慣れました。ただ、過去の納谷六朗さんの声の方が良いかなと思うこともあります。それで思い出したのが、よしなが先生の声が高田由美さんから七緒はるひさんに変わった時、七瀬さんの声に慣れるまでかなり時間がかかりました。キャラクターによって、慣れるまでの時間に差がありますね。
しんのすけの声に慣れるのは、まだ少し時間がかかりそうですが、来年の映画公開までには違和感が無くなっているかと思います。
さら
2018年07月23日 22:01
それにしても、なぜしんちゃん達は間違えてしまったのか?地図設定を間違えたのか?それとも、催眠術の様な物にかかって来てしまったのか?着いた所では圏外でしたし。てか、管理人さんがいない時点でおかしいとは思わなかったのか...。まあ、ストーリー構成の為かもしれないけど...。
チョルス
2018年07月23日 22:07
まず書いておきますと、「さら」さんは「あや」さんと同一の方ですね。ハンドルネームを変更する場合、その旨を明記して下さい。今後お名前変更のお知らせが無く変更した場合、コメントを承認しない場合があります。

それで、今回は野原一家が霊界か異次元のようなところに迷い込んでしまったという解釈が最も妥当かと思います。管理人さんがいないのは確かにおかしいと思ったでしょうが、泊まるのを拒否するほどの深刻な事態だとは思わなかったのでしょう。
あや
2018年07月23日 23:44
ごめんなさい。管理人さん。
でも、わざとではなく事故です。よく確認もせずに投稿を押してしまい、後で気づきました。(-_-;)
チョルス
2018年07月24日 07:27
事故だったとのことで了解しました。お名前が変わっていて「あれ?」と思いましたが、ご返信ありがとうございます。
今後はご注意して下さればと思います。
あや
2018年07月24日 21:30
それから、本来行くはずの所に来ておらず何度も連絡をしていた管理人さんは恐らくご立腹でしょう。なので、もしかしたらその後に野原一家はお詫びの物を贈りでもしたのかな?
チョルス
2018年07月24日 22:52
管理人さんが怒っていたかは分かりませんが、私でしたら不安になってしまうと思います。もしかして、途中で事故にでも遭ったのではと考えたり。野原一家が何か物を贈ったかは、これまた分かりませんが、少なくともお詫びの言葉くらいは入れていたのではないかと思います。
ハロルド
2021年05月04日 21:39
テレ朝チャンネルの放送では「風間くん 真柴摩利」、「ネネちゃん 林玉緒」、「マサオくん 一龍斎貞友」、「ボーちゃん 佐藤智恵」のキャストクレジットがあったのですが、この回の出演は確認出来ませんでした。
地上波放送時はこの4人出演、キャストクレジットはあったのでしょうか?
2021年05月04日 21:52
2018年7月20日の放送では、風間君、ネネちゃん、マサオ君、ボーちゃんの四人は登場していません。テレ朝チャンネルでは、その時の放送に誰が登場したのかをきちんと確認をしていないようですね。
この日のクレジットは以下の通りです。

しんのすけ 小林由美子
みさえ ならはしみき
ひろし 森川智之
ひまわり こおろぎさとみ
園長先生 森田順平
まつざか先生 富沢美智恵
川口 中村大樹
白八木一筋 楠見尚己
白八木焼 野島健児
垂野枯から美 悠木碧
カーナビの音声 設楽麻美

この記事へのトラックバック

  • 夏休みはまだまだこれからです

    Excerpt: 7月27日のテレビアニメ感想いきます。小林由美子さんのしんのすけは第3回目となります。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2018-09-06 14:45
  • 小林由美子さんのしんのすけについて思うこと

    Excerpt: 2018年7月6日、20日、27日、小林由美子さんの野原しんのすけが登場する『クレヨンしんちゃん』が3回放送されました。 Weblog: クレヨンしんちゃん分析録 racked: 2018-09-06 14:49