『カンフーボーイズ』の笑いと友情濃いめスペシャル@トッピングはマサヲ

先日もお伝えしたように、5月6日の深夜3時30分から4時にかけて、『映画クレヨンしんちゃん 爆盛! カンフーボーイズ~拉麺大乱~ 笑いと友情濃いめSP』と題した番組が放送されました。

ただし、青たこさんから頂いた情報によると、この放送は4月6日に放送されたことが映画の公式サイトにも記載されていまして、中部地区の方では14日に放送されたそうです。今回放送された内容を文章にして、事前に青たこさんに確認して頂いたところ、この5月6日の分は再放送なのだそうです。

この番組、以下のナレーションから始まります。

25年を越えるしんちゃん映画の歴史の中で、埋もれていた存在。眠れる獅子が今、その才能を開花させる。その男、それは!!今年の映画はマサオが主役!?マサオが戦い、マサオが目立ち、マサオが!!

ここでネネちゃんが登場し、マサオ君に「都合のいいとこだけ編集して、嘘の情報を流そうとしてるでしょう」と疑います。

それに対してマサオ君がネネちゃんに「ひどいよ」と言い、自分の活躍ぶりをアピールします。

しかし、ネネちゃんはマサオ君の出演シーンで良いところ、これで全部ではないかと疑問を呈しますと。マサオ君は兄弟子に向かってひどいと言います。

ネネちゃんはオ゛ニ゛ギ゛リ゛~と言って、これ以上嘘つくとどうなるか分かってるかと脅します。

案の定というべきか、マサオ君は泣いてしまいまして、ネネちゃんはあまり乗り気ではなかったものの、今回の番組ではマサオ君を主役にすることを認めます。

というわけで、タイトルコール。

待ちきれなくて、アイヤー!映画『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』笑いと友情濃いめスペシャル!トッピングはマサヲ!

↑の赤字部分は実際のタイトルコールにはありません。私が勝手に加筆したものです。

ここでOPです。いつ通りのきゃりーぱみゅぱみゅによる『キミに100パーセント』です。ところで、きゃりーぱみゅぱみゅを3回言うのって、意外に難しいかも。でも、言えないと「ひとつひとより和毛和布(わけわかめ)」が習得できない。

OP後、2016年5月6日にBパートで放送された話の再放送がありました。


「マサオくんの正夢だゾ」
(脚本:清水東、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督・原画:門脇孝一)


この放送が流れた当時、映画『ユメミーワールド』が公開中でしたので、夢がテーマの話でした。そこで、たまたまマサオ君がスポットに当たっている話でしたので、今回再放送ということになったのは容易に想像できます。

マサオ君の夢の中で、マサオ君と風間くんとネネちゃんとボーちゃんが赤い服を着ていて、黄色い服を着たしんのすけがそれを見て不思議に思います。

翌日、マサオ君が風間くんとネネちゃんとボーちゃんと公園で会おうと、4人は赤い服を着ていました。すると、しんのすけは蜂のコスプレをして登場。しんのすけだけ黄色という点も、そして「どうしたのみんな?今日は赤の日?」というしんのすけの台詞まで同じです。

その夜、マサオ君たちはスイーツを楽しみまして、しんのすけは風間君に「アップルパイとおっぱい、どっちが好き?」と訊き、風間君は「変なこと訊くなよ」と返します。

翌日、マサオ君ら5人はカフェらしき店の前で新商品であるアップルパイの試食と遭遇、実際にアップルパイにありつけ、さらにしんのすけと風間君の「アップルパイとおっぱい、どっちが好き?」、「変なこと訊くなよ」というやり取りも同じです。

ちなみに、しんのすけのこの質問は愚問ではないかと思います。そもそも比較できるようなものではないと思うからです。アップルパイは食欲を満たすためにあり、おっぱいは性欲を(以下自粛)

2回続けて夢の出来事と一致して、風間君は正夢だと指摘します。しかし正夢って、しんのすけの言ったようにマサオ君の夢って感じがしますね。

マサオ君の正夢っぷりは半端ではなく、ネネちゃんがアップルパイを落としてしまうトラブルも同じです。ボーちゃんは超能力ではと言い、マサオ君は自分の見た夢は本当になると確信します。

ネネちゃんは明日の弁当でハンバーグが食べたいから、自分がハンバーグを食べる夢を見てくれと頼み、二つ返事で引き受けるマサオ君です。

家に帰った、マサオ君はマサオママにしんのすけから電話が来ていると言われます。電話の向こうでしんのすけは『アクション仮面』を観ていました。マサオ君もテレビを付けると、以下の『アクション仮面』の番組のスポンサーが映っていました。


提供

北埼玉銀行

ガッツガッツ製麺



すると、ミミ子が助けを求めますが、その前に「アクション仮面メンメンメ~ン」という宣伝が入ります。って、宣伝する前に敵を倒せよと突っ込みたくなります。いや、商業上は敵を倒してからだとテレビを切ってしまう人も少なくないので、おそらく瞬間視聴率が最高のところを狙って宣伝しているのかもしれません。なかなか綿密な戦略ですな。

ハンバーグの夢を見なければならないマサオ君は、麺のことを忘れようとチャンネルを変えますが、おでんやら餃子が映り、テレビを消します。しかし、夕食はカレーだったので、カレーを食べながら「ハンバーグ」と繰り返し唱えます。

そして、いざ「おやすみなさい!」

しかし、しんのすけがアクション仮面とラーメンを食べる夢を見てしまい、さらにおでんだの餃子だのカレーだのが頭の中に浮かんでしまい、結局ハンバーグの夢は見られませんでした。

翌日の幼稚園で、マサオ君は怯えながらネネちゃんにハンバーグの夢を見たと嘘をつきます。さらに、ネネちゃんは畳みかけるようにどんなハンバーグだったかと訊いてきます。チーズとパインの載っていたと嘘をつくマサオ君に対し、ネネちゃんはそれは自分が一番好きなものだと喜びます。

弁当の時間になると、恐怖で怯えまくっているマサオ君でしたが、ネネちゃんの弁当には本当にチーズとパインの載ったハンバーグがありました。

夢に見なかったのに、なんで出てこなかったのか不思議に思いますが、ネネちゃんはマサオ君が本当に超能力があると確信するようになります。

すると、マサオ君はしんのすけと風間君とボーちゃんから夢の依頼を受けます。

しんのすけはななことドライブスルーをグルグルする夢。
風間君はエリート園児してテレビの取材を受ける夢。
ボーちゃんは北海道の形をした石を拾う夢。

帰りのバスで、以上の夢を見なければならないことにプレッシャーを感じまくるマサオ君は、夢を見たことにしてしまいます。そして、川沿いに行って北海道の形をした石を探すマサオ君ですが、四国の形をした石は見つかっても、北海道はありません。

すると、マサオ君は自分がなぜ人の夢を探しているのか、ふと疑問に思うのでした。


この後CMです。そして、以下のサブタイトルが出てきます。

「マサオが主役の映画だゼ」(←×印が付き「※映画のあらすじ紹介です」と小さく表示)

ナレーションによると、いつものふたば幼稚園に、いつもと違う光景があります。それは、マサオ君が異様に気が強くなっていて、いじめっ子を撃退するのです。

しんのすけたちはマサオ君の後をつけると、辿りついたのはアイヤータウンでした。今回の作品では、春日部には中華系移民が造った街アイヤータウンがあるという設定です。

マサオ君はここでぷにぷに拳というかつて世界を平和に導いた伝説のカンフーを学んでいました。そして、一番弟子の玉蘭(タマ・ラン)と共に、しんのすけたちもぷにぷに拳を師匠の爺さんから教えを受けます。

その頃、春日部では食べると「ヤミツキ」になってしまう、ブラックパンダラーメンが街を支配しつつありました。ノー・コンプライアンス・ラーメンであるブラックパンダラーメンを食べて狂暴化した人たちが、街へ溢れかえり、異様な雰囲気になっていたわけで、しんのすけたちかすかべ防衛隊は街を元に戻すために修行に励むのでした。

そして、修行の甲斐あって徐々に技を習得し始めます。某ヲニギリ以外。映画を観ていた時、制作スタッフの方々はマサオ君にこう言いたげな感じがしました。「悪いなマサヲ、このぷにぷに拳の修行は5人用なんだ」と。ラン、しんのすけ、風間君、ネネちゃん、ボーちゃんの5人。

一方、サトーココノカドーの試食用ブラックパンダラーメン(つけ麺)を食べてしまったひまわりは、すっかり変わってしまいます。さらに、頼みの師匠が「パン・ツー・マル・ミエ」で大変なことに。

さあ、ひまわりを元に戻すため、春日部を守るため、かすかべ防衛隊とランが立ち上がった。果たして、街の平和を取り戻すことはできるのでしょうか。

かすかべ防衛隊アイヤー!

以上のような、ナレーションによる『カンフーボーイズ』の作品解説がされていましたが、ここからは 自称兄弟子のマサヲによる解説が始まりました。

映画のアフレコ会見が行われ、師匠役の関根勤氏、謎の刺客役のミヤ・ゾン氏、ラーメンを食べて狂暴化したお客さん役のあらぽん氏の3名に、自称兄弟子のマサヲがインタビューしようとしますが、既にしんのすけ(の着ぐるみ)がいました。

その光景を陰で見ていたマサオ君(の着ぐるみ)に、ネネちゃんが「ちゃんとインタビューしてきたのか」と問いかけてきます。マサオ君は戸惑いながらも、「うん」と言い、自分はやる時はやる男とまで言います。

ここで、以下の表示が。


マサオくんが元気になるまで少々お待ちください


そんなマーくんは、「大丈夫。僕はできる。僕はできる。僕だって、元気になってインタビューできる」と自己暗示をかけていました。上の表示は「マサヲが自己暗示にかかるまでけっこう時間がかかるかもしれませんが、大目に見てお待ちください」に書き換えた方が良いかも(爆)

すると、ネネちゃんが本当に大丈夫かと疑いますが、マサオ君はなんとかインタビューをしようとします。

しかし、ゲスト声優の皆さんはしんのすけのことばかり聞いてきて、マサオ君は泣き出してしまいます。ホントうざいな、このヲニギリ。ところで、関根氏がマサオ君を「マサオちゃん」と呼んでいたのは印象的でした。

それで、関根氏は古賀政男さんが大好きだと言いますが、フォローになっているのか。

と思ったら、「そこまで言われちゃうとね」と元気を取り戻すのでした。フォローになっていたわけでして、実に現金なヲニギリですな。

まずマサオ君は出演した感想を聞きまして、3名とも物凄く楽しかった、最高だったと答えます。

続いて、映画ではぷにぷに拳というカンフーが登場しますが、もしカンフーの新しい技を皆さんが作れるとしたら、どんな技を作りたいですかと訊きます。このインタビューの最中、マサオ君は後ろに転びそうになったりします。

関根氏は治るぎっくり腰、みやぞん氏は四六拳(しろくけん)というエレベーターの4階と6階を押す、すると6階は押す必要ないのではと関根氏に言われると、四拳(よんけん、ではなくしけん)に訂正していました。焦っている時に使いたいけど、実は8階だったりします。開けるボタンなどもほぼ同時に押したいのだそうです。

次にマサオ君は「映画ではブラックラーメンパンダを食べた人たちがヤミツキになって大変なことになりますけど、皆さんがヤミツキなものってありますか?ちなみにそれをやめるとどうなっちゃうますか?」と訊きます。

関根氏はポテトチップスにヤミツキで、やめようとすると凄く気になってしまうそうです。みやぞん氏はディップにヤミツキだそうです。新幹線や飛行機にまでマヨネーズが付けたくなるそうです。ちなみに、自分の頭には付けたいと思わないそうです。

さて、マサオ君は映画がもっと面白くなる爆笑讃歌(?)を唄ってほしいと、ANZEN漫才のお二人に依頼します。

それで、みやぞん氏が唄いますが、iTunesで配信してほしいですな。

最後にマサオ君は、映画を観たくなる一言をお願いします。

関根氏は「まぶた開きっぱなし!」、みやぞん氏は「耳聞こえっぱなし!」、あらぽん氏は「口開きっぱなし!」と言います。

「アイヤー!」と全員で言って、映画のシーンを少し紹介した後、ネネちゃんのナレーションで、もいろクローバーZの皆さんが登場します。

視聴者から見て、左からピンク色の佐々木彩夏氏、赤色の百田夏菜子氏、黄色の玉井詩織氏、紫色の高城れに氏です。

メンバーにインタビューです。

百田氏は『クレしん』を見て育ってきたので、主題歌が唄えるのは凄く嬉しかったと言います。

玉井氏は笑一笑(シャオイーシャオ)は笑おうとか笑ってという意味で、笑顔を代表としてこの歌と届けたいと言います。

そして、カンフーを意識した服装をして、ゲスト声優として出演もしてくれているももいろクローバーZの皆さんに、最後に素敵なメッセージをお願いするネネちゃんのナレーションです。

百田氏は『クレしん』のコラボでドキドキとワクワクが止まらないとのことです。ところで、ももクロって以前は5人だったのですね。

ここで、マサオ君が劇中で叫びます。

僕はしんちゃんみたいに選ばれた人じゃないんだ

街中が大混乱になる中、マサオ君は姿を消してしまいます。一方。奥義を会得するため、野原一家は伝説の場所へと旅立ちます。分裂したかすかべ防衛隊は元に戻るのか、街に平和は戻ってくるのか。続きは映画館で確認して下さい。

ネネちゃんは「マサオ君。本当に頑張っていたわよ」と励ましの声をかけまして、マサオ君は」「みんな、見てね!」とメッセージを送ります。

そして、5人によるかけ声で、番組は終わります。

かすかべ防衛隊、アイヤー!

なお、製作著作に「映画クレヨンしんちゃん委員会」という表示が出ていました。

以上特番の内容となりますが、今年の映画『カンフーボーイズ』ほど

マサヲUZEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE

と思った作品はありませんです。とは言っても、マーくんに対して憎悪や殺意を抱かせるほどではありません。所詮はマサヲですからwww

いやはや、今回の特番ではマサオ君役の一龍斎貞友さんとネネちゃん役の林玉緒さんが、実に良い仕事をして下さいました。ちなみに、一龍斎貞友さんの下のお名前は「ていゆう」と読みます。ここで思い出すのが、2003年の映画のオールナイトで、実際に貞友さんの御尊顔を拝しましたが、その際に映画の『オトナ帝国の逆襲』のパンフレットで「貞友」の部分に「さだとも」とルビを振られ、大変怒ったと仰っていたことです。

一龍斎貞友さんの下のお名前は「ていゆう」と読みます。大事なことなので2回言いました。


永遠・不滅の古賀政男全曲集
日本コロムビア
1996-01-20
オムニバス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 永遠・不滅の古賀政男全曲集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック