アクション仮面の秘密基地と黒磯さんの秘密顔

5月25日のテレビアニメ感想いきます。

「ふろくを作るゾ」
(脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:今村洋輝、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、入江康智、木村陽子、西山努)


野原家の自宅で、しんのすけはある雑誌を持ってきます。それは、『てれびさん』の6月号で、表紙には以下の事が書いてあります。

「組み立てふろく!!アクション仮面ひみつきち」
「なかにはどんな秘密が?きみの手でときあかせ!!」
「4コマまんが ま・ほー少女もえP」


『てれびさん』元ネタは言うまでもなく小学館発行の『てれびくん』でしょう。個人的に、仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズのオープニングで『てれびくん』の表記が異様に印象深いです。そういう特撮にも色々な「ふろく」がありますよね。

あと、「4コマまんが ま・ほー少女もえP」って。『もえP』って4コマでやっていたのですか。たかなし❤しずえさんの漫画版『おジャ魔女どれみ』を思い出したりします。もっとも、『どれみ』の方は『てれびくん』ではなく『たのしい幼稚園』と『おともだち』などでの連載で、4コマでもありませんでしたが。

それで、しんのすけはその『てれびさん』に付いている「アクション仮面ひみつきち」を作ってくれとみさえに頼まれますが、みさえは手間がかかりそうだからと、しんのすけは大きいから一人で作れると言われます。しんのすけは驚きますが、アクション仮面からぜひ作ってくれと頼まれる妄想をして、しんのすけはズボンを脱ぎます。アクション仮面おパンツを持ってきてと言い出しますが、履き替えなくても作れるとみさえに言われます。

というわけで、みさえに見てもらいつつ、部品となる厚紙を切り離そうとしますが、他の部分を破かないよう、しんのすけは時間をかけていたので、みさえは長時間待つのが面倒なのでテレビを観ていました。今の若いお母さんならスマホをいじっているかもしれません。いや、幼児の前ではやらない方が良いでしょうね。

この次は、同じ番号が書いてある部品同士を組み合わせて、作っていきます。みさえは組み立てていきますが、なぜか合わない箇所があります。みさえは不良品だと言いますが、しんのすけに指摘されて6と9を間違えていました。『金田一少年の事件簿』の『蝋人形城殺人事件』でも、6と9の混同が犯人(厳密には真犯人に動かされた人物)を見破る突破口になるという話がありました。で、その犯人というのが・・・、まあこれは別に良いか。

話を戻して、みさえはさらに進めて、テープで止めた良いところはこのままで良いと、テープを使いませんが、途中で外れてしまいます。しんのすけに手抜き工事を言われたみさえはセロハンテープを付けて、みさえとしんのすけはにやけます。

この次の作業についてですが、以下のような説明があります。


⑨きちほんたいに、はしらとパイプをとりつけます。
★パイプ小はパイプ大の穴にとりつけます。



しかし、柱とパイプを取り付ける方法が分からず、みさえは休憩を取ると言います。そこでひろしに連絡します。ひろしは会議中で、スマホが反応してみてみると、みさえから以下のメッセージが。


ふろくの作り方が
わからないのー
おしえてー



さらに写真も送って来て、ひろしは以下の返事します。ちなみに、打消し線を引いてあるところは、映像では見えなかったので推測です。


まずはじめに2本
あるパイプのうち
片方のパイプを基
地本体にとりつけ
る。太くて長い方
のパイプを基地本
体の片方にあいて
る穴に押し込むよ
うにはめこんでか
ら、細い方のパイ
プを太いパイプに
あいてる穴を押し
こんでとりつける
。それから柱はそ
れぞれ本体と壁の
四隅にとりつけて
いくが、ひとつだ
小さな柱はエレ
ベーター部分を組
たてた際に



それにしても、これ書くのけっこう大変でしたが、よくひろしは会議中にこんな長文かけましたね。この会議って、実は大した内容ではないのでしょうかね。

みさえはさらに部品の作成過程を画像で送りますが、ひろしから違うと指摘される返答を受けます。しかし、みさえは間違えてばかりいて、遂にひろしは


「だから、大事なのは太いパイプなんだってー!」


と大声で言ってしまいます。その言葉が部長の耳に入ってしまいますが、「今の取引先との太いパイプを大事にしろ」という意味だと解釈した部長に褒められるのでした。怪我の功名。

こうして、基地は完成していきますが、実質的にみさえがやっていて、しんのすけがゴロゴロとテレビで『アクション仮面』を観ていました。

しかし、基地の内部にある各設備はセロテープで止めていて、どこか安っぽい印象は否めませんね。完成後、みさえは「奴」が来たと言って、トイレに駆け込んで便秘解消に向かいます。

しんのすけは起きたひまわりが基地に関心を示したことから、基地を必死に守ろうとします。基地を壊そうとするおむつ怪獣という妄想をしたしんのすけは、(頭の中の)アクション仮面にひとまず逃げようと、ダイニングテーブルの上に置きます。ここならひまわりも持って来られませんから。

すると、ひまわりはアクション仮面の人形を投げてきて、しんのすけの顔にぶつかるものの、人形は基地の上でかっこよく「着地」しました。こうして、しんのすけはアクション仮面との勝利だと「ワッハッハッハ」と高笑いし、トイレから出てきて上機嫌のみさえも「ワッハッハッハ」と高笑いし、嫌がるひまわりとダンスを踊ったりします。

夜、ひろしはその基地の出来栄えに感心しますが、その時に流れていたテレビで『てれびさん』の7月号が宣伝されていて、7月号の「ふろく」はアクション仮面カーとアクション仮面ひのき風呂なんだそうです。アクション仮面の秘密基地を合体させて色々な遊び方ができると、子供心を巧みに操る宣伝なのでした。ブラックパンダラーメン並みに悪質ですな。ま、それが資本主義なわけです。

そんな宣伝に対して、しんのすけは喜び、みさえはまた手伝わされると落胆、苦笑いするひろしでした。

それにしても、ひのき風呂って良いですね。私も家の風呂をひのきにしてみたいと思うこともありますが、すぐカビが生えたりとメンテナンスが大変なんですよね。もっとも、最近はカビが生えにくいようにしてあるひのき風呂もあるみたいですが。


Aパート終了後、ここ数週間恒例となっている映画『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の映像@トッピングがネタバレが流れました。今回はしんのすけだけでなくランもケツだけ星人を披露する場面があることから、未見の方にはケツだけ星人が重要なカンフーな技だと想像できそうです。もっとも、今回はそこまで露骨なネタバレは無かったと思いますが。『カンフーボーイズ』を上映している劇場は全国にまだ340ほどあるようです。ただし1日に1回のみの上映で、特に平日では数人、酷い時には一人もいないという上映回もあるかもしれませんが。今後も、少し興行収入が伸びるものの、数字が跳ね上がることはないでしょう。

それと、すき家では『カンフーボーイズ』のマスコットがもらえるそうです。


「黒磯さんの素顔を見たいゾ」
(脚本:黒住光、絵コンテ:しぎのあきら、演出:今村洋輝、作画監督・原画:林静香)


黒磯の素顔と言えば、真っ先に思い出すのが「上尾先生の嫌いなアイツだゾ」(2000年2月18日放送)です。あらすじはこちらのページで読めます。この時は上尾先生が黒磯の素顔を見てしまいましたが、今回はどうなのでしょうか。

ふたば幼稚園、ネネちゃんはリアルおままごとをやろうと言います。


ネネおうじょと
4にんのろくでなし
だい1っかい



と表紙にある新しい台本の傑作なんだそうですが、しんのすけら野郎どもは物凄く嫌そうです。そこで風間君は、自分たちはかすかべ防衛隊らしい活動を最近していないと言います。いやいや、『カンフーボーイズ』でジェンカ拳を編み出して、ランたちを救ったではないですか、と言いたいところですが、映画とテレビアニメでは世界観が違いますからね。アイヤータウンもありませんし。 

風間君は防衛隊として何をするかみんなで話し合おうと提案し、マサオ君やボーちゃんも賛成しますが、しんのすけは防衛隊としてお尻ダンスの練習をしようと言い出します。そうですね。ぜひぷにぷに拳の「玖(きゅう) ここのつここから戦意尻失(せんいしりしつ)」をマスターしてほしいです。いやだから、映画とは世界観違うからって、突っ込みが入りますね。

リアルおままごとをソフトに否定されたネネちゃんが機嫌を悪そうな感じでいますと、あいちゃんの車がやって来ます。赤じゅうたんがしかれ、あいちゃんが車から降りてきます。あいちゃんは黒磯のサングラスがわずかに汚れているのを指摘します。

あいちゃんはすぐにきれいにしたものの、機嫌を悪くしたあいちゃんは、その日のおやつの栗羊羹(くりようかん)は栗抜きと言われます。リムジンならぬ理不尽な待遇です。あいちゃんのパパの会社もブラック企業なのでしょうか。ところで、働き方改革法案が可決されましたが、これであいちゃんのパパの会社では労災の訴訟が増えそうです。ちなみに、働き方改革とは休み方改革であるとも言え、岐阜新聞に興味深い記事が載ったことがあります。

さて、かすかべ防衛隊の5人は黒磯の目を見たことがないことに気付き、しんのすけはサングラスを取った素顔を見せてくれと言います。

しかし、黒磯は拒否、あいちゃんの命令でも拒否です。ボディガードは陰の存在で、決して素顔を人目に晒(さら)してはならないとのこと。ネネちゃんは怪しく思い、目を見られるのが恥ずかしいと勘繰ります。それで、色々な想像をします。意外とボーちゃんみたいな目をしているかもしれません。うーむ、まさにボディガードの中でもスーパーエリートなのかもしれません。

おもしろアイマスクを付けたしんのすけが、アイマスクに描いてある、少女漫画に出てきそうキラキラの目ならもっと意外だと言ったりもします。

そこで、ネネちゃんは黒磯の素顔を見ることを防衛隊の任務にします。あいちゃんを見張っている黒磯に風間君が近づき、「わんこすうじドリル」(モデルはこれ?)を出して、

テキストの中にある小さな文字を読ませようとします。そのスキにマサオ君がサングラスを取ろうとしますが、阻止されます。次にネネちゃんが黒磯のそばで腹痛の振りをして、黒磯が気を取られている間にしんのすけが「スキありー!」飛び出してきますが、よけられます。そして、しんのすけは「キスありー!」と風間君にキスしてきます。やはりしんかざは鉄板か。

その後、しんのすけはアクション仮面に変身してアクションビームでサングラスを取ろうと言い出しますが、相手にされません。そこで風間君が力づくではなく、自然にサングラスを取らせる作戦と立案します。

というわけで実行開始。ネネちゃんはあいちゃんにリアルおままごとの主役をやってくれと言います。「だんちづま うちゅうのたび」とある台本ですが、あいちゃんは庶民の書いたような役を演じられるだろうかと言いますが、相手役がしんのすけと聞くと、自分にしかできないと言います。

幼稚園のホールで準備を済ませた風間君たち。黒磯が来たら電気を消して、カーテンも閉まっているため暗くなればサングラスを外すはずというのが風間君の目論見です。ネネちゃんとあいちゃんがホールに入ると、ネネちゃんは悲鳴を上げます。

その声で黒磯がホールに入ると、ネネちゃんはドアを閉めて、マサオ君は電気を消します。ホール内は暗くなりますが、しんのすけたちも何も見えません。ネネちゃんはたくましく匍匐(ほふく)前進をします。しんのすけは真っ暗な中でも風間君に耳を息を吹きかけてゲイだちぷりをアピったり、マサオ君はネネちゃんをあいちゃんと勘違いしたり。

そして、風間君はボーちゃんの頬に触れて驚き、後ろに下がるとしんのすけにぶつかり、しんのすけは喜んで風間君のお尻を自分のお尻に挟んで、ゲイだちであることを示したりします。風間君は力づくで逃げ出しますが、演劇用と思われる木のハリボテにぶつかり、それが倒れてあいちゃんを直撃しそうになります。黒磯は素早くあいちゃんを助けます。

ここで組長ならぬ園長が電気を付けると、黒磯のそばにサングラスが落ちています。これで、黒磯の素顔が観られるかと思いきや、黒磯はサングラスをかけていました。サングラスは予備を持っていたわけで、あいちゃんを助けてサングラスが外れた瞬間、予備のサングラスを内ポケットから出していたのです。

それにしても、この時に黒磯がサングラスをかける動作はどこかで見たような。

あと、予備のサングラスをかける時、黒磯の素顔が一瞬でも映っていないかと期待しましたが、駄目でした。うーん、視聴者さえ黒磯の素顔は見せてくれないのですね。というか、製作スタッフが黒磯の素顔の設定を作成していないのでしょうが。

あいちゃんは助けてくれたご褒美に、栗抜きの栗羊羹(くりようかん)から栗付きの栗羊羹にすると黒磯に言うのでした。あいちゃんのお父さんの会社は意外とホワイト企業かも。


「サンバ DE 東西南北オーレ!」

サンバでのあっちむいてホイです。サンバ姿のしんのすけだけが担当の通常版です。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけが向いたのは西でした。私も西を向いたので勝ちました。今回こそは西が来るゾと思ったら、ホントに来ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

風ネネholic
2018年05月31日 21:48
「子供心を操る悪質な宣伝」とありますが、ニチアサキッズタイムがそうなのですよね。子供心につけ込むような商法には呆れを通り越して感心すらします。まさに資本主義が生んだ歪だと思います。ところで6月からは映画コーナーがなくなり、あのOPがまた流れると思うのですが、そろそろ新OPがほしいところです。6年近く続いてますし、ちょっとマンネリを感じています。
チョルス
2018年05月31日 22:34
色々と宣伝して子供心につけこむという手法は、昔から行われてきましたね。ただ、今は少子化ということもあり、親の購買欲も刺激するような宣伝も見られます。ブラックパンダラーメン並みに悪質と書きましたが、その企業努力には敬服したりもします。良くも悪くも資本主義社会なのだと実感します。
たぶん、6月には元のOPに戻ると思いますが、確かに今のOPが長いですね。以下の記事で書いたテレビアニメ感想が初めて今のOPが使用されたわけですから、もう6年になります。

http://crashinsti.at.webry.info/201210/article_11.html

今後、変更の予定はあるのか、気になりますね。
もやもや
2018年10月22日 07:26
これまでのテレビアニメ感想文で、チョルスさんは、
たまに「しんかざは鉄板」という言葉が書いたり、だいぶ過去 
に遡る著作権の記事では、「ヌレヨンしんさま」のネタも思い付いたので、少し気になりますが、ひょっとして、チョルスさんは
腐男子ですか....?
チョルス
2018年10月22日 20:10
ご質問の回答ですが、私は腐男子ではありません。というのは、BLなどに手を出したことはなく、またしんのすけと風間君のカップリングを彷彿させる記述は、面白おかしく書いているだけでですから。男同士の恋愛や性的な関係を妄想したり、悶え愉しむことはないのです。
ただ、そうは言ってもしんのすけと風間君のホモ関係を想像して、面白おかしく書いているのは事実ですし、腐女子にも全く抵抗は無いので、腐男子の成分は並の男性よりかなり高いかもしれません(笑)

この記事へのトラックバック