北本さんよ、お宅もか

5月18日のテレビアニメ感想いきます。

「はり絵ではり合うゾ」
(脚本:ひるまちかこ、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督・原画:高倉佳彦)


ふたば幼稚園、ひまわり組とばら組の園児たちが動物をテーマにはり絵を行うことに。それも教室ではなく講堂でして、よしなが先生は黄色の蝶のはり絵を見せますが、しんのすけは蛾だと言います。まつざか先生が紫の蝶のはり絵を見せると、しんのすけは夜の蝶と指摘します。

さて、チーターとてるのぶとひとしが、マサオ君たちがいる前の机にある紙を独占します。ここでしんのすけがばら組のシーザーと言いますと、チーター人をサラダみたいに言うなと返しますが、私はシーザーと聞くと古代ローマの支配者を連想しました。シーザー、いやチーターも何年かすればそう思うようになりますよ。それはそれでけっこう光栄な事かも。

さて、ネネちゃんや風間君、ボーちゃんも出てきますとチーターは勝負を申し込んできます。というのも、その日に作ったはり絵で一番上手なものが春我部子供芸術祭で展示されるそうです。

そして、チーターたちにはとっておき「先生」を呼びます。ばら組って何人園児がいるんだ?この「先生」ことキャラ・ベンドリッヒ・のり平君はのりさえあればどんなものでも作れるそうです。しかし、のりはのりでも、のり平君の得意なのは焼き海苔を使ったキャラ弁作りなん
だそうです。

さて、マサオ君はレッサーパンダを作っていまして、なかなかの出来です。すると、ひとしは魚を手にしたヒグマを作ります。ちなみに、ひとしは痩せている方です。チーターはヒグマの方が強そうだから自分たちの勝ちとか、訳の分からないことを言います。

そこへのり平がひとしの作品を見て、熊の姿をした海苔と鮭のキャラ弁を思いつきます。ちなみに、マサオ君のレッサーパンダはよしなが先生などに褒められまして、どう見てもひとしに負けたという感じがしませんね。

ネネちゃんはうさぎのはり絵を作成、しんのすけは何か足りないと言い、うさぎのフンを加えるのでした。その頃、てるのぶはステーキを作ります。さすがデブは違います。あ、でも『おジャ魔女どれみ』のどれみちゃんもステーキ好きでしたね。太ってないけど。

『おジャ魔女どれみ』の登場人物のデブと言えば柳田すすむ君でして、揚げパンが大好物でしたね。あんなに食ったら糖尿病になるのではと、ちょっと心配になったことがあります。

話を戻すと、てるのぶはビーフステーキなので牛なのです。動物というテーマからは逸脱してません。そこへのり平がやって来て、栄養のバランスが悪いということでミックスベジタブルを加えます。

さて、チーターはボーちゃんに勝負を申し込みます。まず、ボーちゃんはそのスパエリ的頭脳を働かせて思案します。その頃、チーターこそ河村やすおちゃんは自分のあだ名であるチーターのはり絵を完成させますが、ひとしはトラ、風間君はヒョウ、ネネちゃんはジャガーと推測します。

一方、ボーちゃんが完成させたはり絵はナウマンゾウの化石で、のり平さえ褒めるほどの発想力です。さすがスーパーエリートボーさま。

次に風間君とのり平が勝負ということになりますが、のり平はキャラ弁が得意なので、はり絵については自信が無く、実際にやってみると確かに何も思いつかない状態です。ホカホカのご飯が無いと駄目だそうです。風間君はキリンを完成させますが、のり平は何もできません。

今日ののり平は突き指したとかで言い訳したチーターは、次は負けないと言い出しますが、まつざか先生は優秀作に選ばれなくても個性があって素敵な作品と言います。

しんのすけはまつざか先生と「梅さん」と呼んで、「梅って呼ばないでよ」と言いますが、最近私はこの梅という名前について取り上げたことがあります。あと、前回の記事ではチーターの事についても取り上げましたが、いやはや凄い偶然。

さて、しんのすけは白い紙に黒い紙を貼っただけで、のり弁だと言います。これにのり平は感激して、忘れてはいけない大切な何かがあるとまで言います。それで、のり平はしんのすけにアクション仮面ののり弁を出して、一緒に弁当を食べようと言います。しんのすけはご飯一面ののり弁でした。

ところで、はり絵勝負の行方ですが、なんかうやむやになった感じです。

今回登場したのり平ですが、フルネームは「キャラ・ベンドリッヒ・のり平」と紹介されていました。青い目に茶髪でしたので、おそらく、父親か母親がドイツ辺りの人なのでしょう。

「キャラ・ベンドリッヒ・のり平」という名前は、どうも全て名前で当て、姓に当たる部分は無さそうです。つまり苗字は非公開なわけです。

苗字は何でしょうね。もしかしたら、ドイツ系の親はおそらく貴族の出自ではないかと思い、のり平のフルネームは以下のどれかではないかと勝手に想像したりします。

キャラ・ベンドリッヒ・ノリヘイ・フォン・マントイフェル
キャラ・ベンドリッヒ・ノリヘイ・フォン・ブランデンブルク
キャラ・ベンドリッヒ・ノリヘイ・フォン・アウエルスヴァルト
キャラ・ベンドリッヒ・ノリヘイ・フォン・ベートマン・ホルヴェーク
キャラ・ベンドリッヒ・ノリヘイ・フォン・ヴューリヒ・ウント・ロットゥム

上記のフォン以降は、全てプロイセン王国(あるいはドイツ帝国)の首相の苗字だったりします。

しかし、のり平は作中で「why」と言っていたので、たぶん親がドイツからイギリスからアメリカに移住して、生まれてしばらくの間は英語圏で生活していた可能性があります。


Aパート終了後、映画『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の紹介が行われました。今回は、主にぷにぷに拳について詳しく紹介されていました。そして、ぷにぷに拳を超える憲法があるという事が示唆されてました。ジェンカ拳の名前は出ていませんでしたが、来週か再来週には出てきそうな雰囲気です。ちなみに、公式サイトによると5月20日の時点で『カンフーボーイズ』を上映している劇場はまだ全国に300ほどあります。公開から1ヶ月以上経っているのに、この数は凄いと思います。ただ、その大多数が1日1回のみの上映のようですので、興行収入は今後あまり伸びないと思いますが。あと、「バスガス爆発(3回)」が言えないマサヲwww


「幹事をまかされたゾ」
(脚本:中弘子、絵コンテ:池端たかし、演出:平井峰太郎、作画監督・原画:門脇孝一)


しんのすけ、みさえ、ひまわりが(おそらく)買い物から家に帰ってくると、みさえは隣のおばさんに呼び止められます。そして、おばさんはみさえが町内会清掃に参加しなかったことを指摘します。


町内会清掃のお知らせ

5月13日午前9時より、町内会で
清掃作業を行います。
皆様のご協力をお願い致します。
=みんなで守ろうきれいない町内=



と書かれた知らせをみさえは受け取っていたものの、確かに参加しませんでした。ちなみに、5月13日と言えば日曜日ですが、この日の私も仕事でしたので、私も参加できませんでしたね。

さて、おばさんは別に出なくて良いと言いますが、わざわざ参加したというおばさんは、隣のアパートに住む若夫婦、つまりミッチーとヨシりんは掃除に参加したことを言います。

その掃除でおばさんはミッチー&ヨシりんと意気投合して、みさえたちと一緒にランチしようということになり、みさえは店を探してくれと頼まれます。要するに幹事を押し付けられたのです。

先に掃除をサボったことを持ち出されたことで断れなくなってしまったみさえは、店をスマホで探します。すると、「となりのおばさん」という表示が。おばさんから電話がかかってきたわけで、お店は見つかったかと訊いてきて、みさえが探し中と答えると、おばさんはどこでも良いけどほんの少し美味しいものが良いとか言ってきます。みさえは少しお高いところが良いと解釈します。

で、ヨシりんからメールが来ますが、異様に長い文章を送ってきました。メールの内容は概ね以下の通りです。なお、推測で書いた部分もあり、顔文字は省略しているので、原文とは若干異なります。


差出人:ヨシりん&ミッチー
宛先:みさえさん
【件名】ランチ楽しみにしてまーす♪

【本文】

こんにちは、野原さん!北本さんから聞きました。お店探してるんですよね!いいお店見つかりましたか??きっと素敵なお店を見つけてくれると思いますが、僕たちの若い意見があったら参考になるんじゃないかなーと思って、メールしました!!親切な僕たちがいて野原さんは幸せものですね。野原さんが見つけてくれるお店なら、本当にどんなお店でもいいんですけど~、最近ミッチーがタイ料理にはまっているので、タイ料理なんかいいなって思いまして。あ!でもミッチーはパクチーがちょっと苦手なので、パクチーをメインにされちゃうとこまっちゃいますね・・・。ちなみに僕の最近の流行はイタリアンです!タイ料理が楽しめて、イタリアンが美味しいお店なんかだったら最高です!!でもなんか和食もいいですよね~!オシャレにフレンチとかも食べたい気が。(それとこれはとても重要なことなんですけど、僕たち今給料前だからお金がないんです・・・。今月はミッチーとのラブラブデート(?)をたくさん楽しんじゃったので・・・だから、食べ放題でお願しいます。じゃあ、ランチ楽しみにしてまーす♪♪



要するに食べ放題を要求してきたわけで、おばさんの美味しいものとは趣旨が異なります。しかし、時間は17時を過ぎていまして、みさえはとりあえず夕飯の支度を。

夜、ひろしから幹事の大変さを指摘されます。以前、ひろしはみさえから店を決めるのは適当で良い、誰にも感謝されないんだからと言われたことがあり、そんなひろしは意見だけ聞いて最終的にみさえの行きたい店にすれば良いとアドバイスします。しかし、おばさんとミッチー&ヨシりんは文句が多そうで、それにはひろしやしんのすけも同意です。

そして、翌朝かな、みさえが庭で洗濯を干していると、おばさんが塀から出てきます。おばさんは具体的な希望を書いた紙をみさえに渡します。こういう塀のやり取りを見ると、『サザエさん』でフネとお軽さんの塀越しでのやり取りを連想したりします。


みんなでランチ会
私のお店の希望
・静かな店
・個別会計が出きる店
・車でいける店(野原さんよろしく)
・トイレが男女で分かれている店
・トイレ清潔、できれば綿棒
 やコットン完備
・食材は100%国産
・無添加調味料使用
・玄米か雑穀米あり
         以上



みさえがそのメモを読んでいると、ミッチーとヨシりんからメールが。メールの内容は概ね以下の通りです。なお、推測で書いた部分もあり(以下略)


差出人:ヨシりん&ミッチー
宛先:みさえさん
【件名】お店の希望を送りまーす♪

【本文】


野原さん、こんにちは~。お店決まりましたか?あの後ミッチーとランチの話しをしてて、こんなお店がいいよねーって二人の意見がまとまったので、希望を送りますね!あ、でもでも、野原さんが選んでくれるのなら、どんなお店でもいいんですよ!ホントに!!前にも言ってるんですけど~、お給料日前でお金がないので、予算は一人1500円以下で、食べ放題はやっぱり外せないですよね!飲み放題が付いてて欲しいので、ドリンクバーがちゃんとあるお店にして下さい!!!ドリンクバーって最近種類が多いお店がたくさんあって楽しいですよねー!僕はココアがあるお店が好きです!ミッチーはアセロラジュースが最近のお気に入りなので、アセロラジュースは絶対でお願いしますね!!後、僕たち、今、キラキラポイントを貯めているんです!野原さんはキラキラポイント知ってますか~?ラブラブカップルの為のラブラブマグカップセットが当たるんです。もう。これは僕だちがもらわずに誰がもらうのかって思いませんか?それと、ミッチーと僕の記録をSNSに載せるので、写真映えするオシャレな内装と、可愛い料理が出てくるお店がいいです!美味しいのは当然ですよね!なんだか文字で書くのが面倒になってきたので、ムービー送ります!ちゃんと見て、参考にして下さいね!



で、その動画の内容でミッチーとヨシりんは以下の発言をしています。


ミッチー:一人1500円以下で
ヨシりん:キラキラポイントが貯まるお店
ミッチー:ドリンクバーがあって、可愛い内装
ヨシりん:そうそう、SNSに載せるからね。あとミッチーと離れたくないから、ベンチシートはマスト。
ミッチー:イェイ!お料理も可愛くて美味しくないと
ミッチー&ヨシりん:ねー!



メールの文章と添付の動画を見て、文字通りの迷惑メールだと言うみさえなのでした。

しんのすけが幼稚園から帰ってくると、しんのすけはネネちゃんから希望を入力すると良いと言います。つまり、条件を絞り込むわけです。しかし、どこもヒットしません。というわけで、次々に希望を外しますが、何度やっても0件です。

夜、条件にピッタリではないものの限りなく近い店が見つかって、野原一家は車で下見に行きます。


 北埼玉
大宮 野田



という標識が出ていましたが、高速道路を走っていたようです。

到着した店の名前は「多国籍料理の店 ウンゲ・ホイヤー」と言って、派手なネオンが目立つ外見です。なんか奇怪なオリエンタリズム的な印象を受けると言うか、東南アジアでああいう感じの店ってけっこうあるような。

中に入って、みさえは予約したことを店の爺さんに伝えますと、その爺さんは何も言わずに指だけでテーブルの場所を示します。なんか謎めいていますね。

席に着いて、しんのすけはオムライスを頼みます。出てきた料理はうまくもなくまずくもないとのこと、みさえはこの店にすると決めます。

しかしランチ当日、隣りのおばさんもミッチー&ヨシりんもドタキャンです。

何でも、おばさんは「爆裂」のコンサートチケットが手に入り、ミッチー&ヨシりんは熱で行けなくなってしまいました。当日キャンセルはできないため、野原一家で行くことに。ひろしは「やれやれ」、しんのすけとひまわりは喜んでました。

それにしても、前回に引き続き、今回も三ッ千ーとヨツソソの暴虐な振る舞いを見せつけられ、隣りのおばさんがそれに加担していたわけです。

まあ、隣のおばさんはなんか憎めないですが、そう言えばおばさんとミッチー&ヨシりんは映画の『カンフーボーイズ』でブラックパンダラーメンをおかしくなった際、しんのすけたちを家の中まで襲ってきていましたね。お隣さんだから家に上がり込むという図々しいこともやらかしたのでしょうか。

今回の三ッ千ーとヨツソソは熱を出して苦しそうな描写がありましたが、もっときついお仕置きを与えてほしいですね。いっそのこと、原作の徳郎さんみたいに(以下略)

その時、私はこう言うでしょう。


Sic semper tyrannis


これは、「暴君常にかくの如し」とか「独裁者はいつもこうなるのだ」と訳されるラテン語の格言で、ブルータルはジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)を殺害する際に言ったと伝えられます。これに対して、カエサルは「ブルータスよ、お前もか」と言ったらしいです。なお、アメリカのリンカーン大統領を拳銃で撃ったジョン・ウィルクス・ブースも、この台詞を言ったそうです。リンカーンは翌朝に息を引き取り、最初に暗殺されたアメリカの大統領となりました。


「サンバ DE 東西南北オーレ!」

サンバでのあっちむいてホイです。サンバ姿のしんのすけだけが担当の通常版です。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけが向いたのは南でした。私は西を向いたので負けました。

ジュリアス・シーザー (光文社古典新訳文庫)
光文社
シェイクスピア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジュリアス・シーザー (光文社古典新訳文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック