Der grosse Diktator

4月20日のテレビアニメ感想いきます。

ちなみにこの記事を書いている時、私の高校の頃の同級生で本日4月20日が誕生日の奴がいまして、そいつが「オレはアドルフ・ヒトラーと同じ誕生日だぜ」と言っていたのを思い出しました。


「親子三代スイーツの旅だゾ」
(脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:しぎのあきら、作画監督:木村陽子、原画:木村陽子、海老原尚樹、こすぎなほこ、宇良隆太)


野原家、よし治とひさえが野原家に来ています。しんのすけは、黒でグシャグシャにした絵を見せます。何か分かりませんが、海苔なんだそうです。ひさえが春日部に来たのは、着物を見に行くためだそうで、以下の広告を見せます。


大着物展
さいたま最大のイベント
名作・新作
大集結
大量展示



なるものを見に行くのだそうです。それにしても、「さいたま最大の」とありますが、さいたま市で最大なのか、ちと疑問に思ったりします。しんのすけはよし治とひろしと一緒に留守番ですが、よし治と一緒になるひろしは、非常に嫌な気持ちです。

みさえとひまわりとひさえは着物展に行ってしまい、しんのすけも遊びに行こうとするひろしはしんのすけを止めて、一緒に遊ぼうと言います。ひろしはとにかくよし治と二人きりになるのが耐えられないのです。

しかし、よし治は行きたいところがあるそうで、広告を見せます。


カス芋スペシャル
大人気!!カスダ珈琲店
芋ようかん
ぜんざいセット



しんのすけはよし治の「甘味」をみかんと勘違いしますが、しんのすけもひろしはこの店が話題になっているのを知っていて、男3人で


カスダ珈琲店
Kasda's Coffee



に行きます。よし治は無事にカス芋スペシャルを購入します。しかし、ひろしたちは店内で食べようということになりますが、店内でのメニューのカス芋スペシャルは売り切れなのだそうです。まだ昼過ぎなのに。しんのすけは食べたいと駄々をこねます。

すると、店員のおねいさんが隣駅の店舗ならまだあることを教えてくれます。ひろしは面倒くさがりますが、よし治はしんのすけが行きたがっていると言ってきたので、結局連れていくことに。よし治って、ああ見えて孫には甘いようですね。

3人はいつも通り春日部駅から乗ったと思われますが、以下のような表示の電光掲示板が出ていました。


準急 14:12 大宮 10両
普通 14:18 大宮 10両



この表示を見た時、私は「?」と思いました。

というのは、大宮行きということはは東武野田線ですよね。野田線には急行はあっても準急は無かったはず。

あと、春日部駅発の大宮行きは、14時11分発と14時18分発が実際の発車時間です。これは、平日土曜休日全て共通です(2018年4月現在)。それと、野田線の大宮記は8番線だったはず。まあ、アニメだからと言ってしまえばそれまでですが、この辺はもう少しリアルな描写にしてほしかったです。

話を戻しまして、電車の中でひろしはよし治の無口に対して、営業マンとして対応しようとします。席が空くと譲ろうとしますが、その駅で降りるのでした。隣駅というのは八木崎駅なのでしょうが、歩いても大して時間は変わらないような気がします。

ひろしはカスダ珈琲店の場所をスマホで探しますが、しんのすけから歩きスマホを注意され、さらによし治からも怒られます。そういえば、私は歩きスマホを話題にしたことがありましたね。

カスダ珈琲店に着くと行列ができていまして、ひろしは自分が並ぶからよし治はどこかで休んでくれと言いますが、ズルは好かんと返されます。しかし、しんのすけはおもちゃ屋に行くと言い出し、よし治も賛同します。しかし、ひろしはしんのすけも一緒に並ばせます。で、やはりひろしもよし治が孫に甘いことを気にしていたようです。

行列中、ひろしはよし治の機嫌を取ろうとしますが、却って裏目に出てしまい、却ってよし治の機嫌をそこねて何度も謝ります。

ようやくひろしたちの順番が来て、席に着きます。なんかファミレスに似ていますね。それで、店員からカス芋スペシャルが残り一つだけになってしまい、結局しんのすけだけが食べることに。しかし、しんのすけはよし治とひろしにも少し分けてあげるのでした。

それにしても、よし治はしんのすけがケツだけ星人をやっても怒らないわけで、これは孫に甘いというか、性格が以前よりも丸くなったような気もしますが、どうなのでしょうね。

夕方に帰宅すると、先に帰っていたみさえとひさえがカス芋スペシャルを食べていました。ひさえはよし治が食べたいと言っていたのを聞いていて、買ってみたとのこと。みさえはしんのすけたち3人分も買ってあり、しんのすけは二度目のカス芋スペシャルにありつけるのでした。

一方、ひろしも嬉しいのですが、うっかり「すみません」と言ってしまうのでした。癖になってしまったようです。


Aパート後、映画の『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の宣伝が流れていましたが、マサヲに注目が集まる内容になっていました。


「上尾先生をおたすけするゾ」
(脚本:中弘子、絵コンテ・演出:しぎのあきら、作画監督:門脇孝一、原画:門脇孝一、入江康智、樋口善法)


風間君、ネネちゃん、マサオ君、ボーちゃん、しんのすけの順番で歩いていまして、春日部防衛隊の宣伝をしていました。

ネネちゃんが公園で上尾先生がベンチで座り込んでいるのを見つけ、恋が原因なのだろうと察します。春日部防衛隊の5人は上尾先生に近づき、相談を持ちかけます。しかし守秘義務を守ると言っている手前で、しんのすけは石坂さんの給料が安いという理由でよしなが先生は夫婦喧嘩したり、まつざか先生はコンビニのイケメン店員に振られたとか、秘密をペラペラしゃべってしまいます。

上尾先生はあまり顔色が良くありませんが、防衛隊のメンバーは何も聞かないことも考えますが、気になりますのでクイズ番組形式に上尾先生の悩みを聞くことに。

まず、ネネちゃんが最近気になる人がいると言いますが、「ブブー」です。次に風間君は職場の職場の人間関係を指摘しますが、「ブブー」です。マサオ君の回答も「ブブー」です。って、マサオ君は何て言ったのか、よく聞き取れなかったです。

(※2021年2月5日加筆:ハロルドさんからのコメントによると、マサオ君は「どんなに気をつけて選んでも 辛い獅子唐に当たっちゃう!」と言っていたそうです。改めて聞くと、確かにそう言っていますね)

ボーちゃんは生きている意味と言いますが、これも「ブブー」です。sasuga_super_elite_bo_samaな答えだったのですがね。

次にしんのすけが昨日の明後日は明日と言うと「ピンポーン」ですが、普通のクイズだと風間君やボーちゃんにまで言われます。

さて答えです。他の人たちの色々な事が気になるそうです。例えば、ふと目にした人が背負っているカバンの肩ひもがねじれている様子が気になって仕方ないのだそうです。って、いつの間に春我部駅前に。

上尾先生はそれを指摘する勇気もありません。そもそも勇気がありませんし、わざとやっている可能性もありますし。上尾先生のおばによると、トレーナーを裏返しにすることが流行ったことがあり、それを指摘するとこれはファッションだと嗤われたという経験があるそうです。

それで、しんのすけは直接本人にねじれていることを指摘し、カバンの女性は礼を言って直します。これで上尾先生はスッキリかと思いきや今度は左右両方のヒモがねじれている男性を見つけ、またオロオロする上尾先生です。

それで、風間君、ネネちゃん、しんのすけ、マサオ君、ボーちゃんがヒモのねじれている人を次々に指摘します。わざとやっている人は誰もいなかったそうで、上尾先生は感激してお礼を言うのでした。

上尾先生は機会があればまたやってほしいと言いますが、今度は上着のスリットの部分にしつけ糸がついたままの女性を見つけてしまい、さらに首元にクリーニング屋のタグが付いている男性を発見します。

そこで女性はネネちゃんが、男性は風間君が指摘してあげるのでした。本当に世話の焼ける先生だな。

さらに上尾先生は、電車の中で他の客のスマホを見ていないのに見ていると勘違いされるので、別の方を振り向くとまた他の客のスマホの画面が目に入ってしまい、どこを見たら良いのかと悩み、泣き出すのでした。本当にどうしようもない。

すると、ボーちゃんがポケットから石を取り出し、電車の中ではこの石を見ていれば良いと言います。見たところ普通の石ですが、ボーちゃんによると普通の石でした。

しかし岩が割れて川に落ちて、どんどん小さくなっていく旅を考えれば、時間は過ぎていくというとんでもない哲学的な事を語ります。どんだけスーパーエリートなんだよ、ボーさまは。

こうして上尾先生は立ち直りましたが、果たして上尾先生が幼稚園の先生に相応しいのか気になってしまうネネちゃん、風間君、マサオ君、ボーちゃんなのでした。


EDでは『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の主題歌『笑一笑 ~シャオイーシャオ~』が流れました。やはり5月の半ばまでこのEDは続くでしょうね。もちろん映画はバリバリ公開中です。


「東西南北あっちむいてホイ!」

サンバでのあっちむいてホイです。サンバ姿のしんのすけだけが担当の通常版です。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけが向いたのは北でした。私は東を向いたので、負けました。先週も北だったじゃねーかよ!まさかの2週連続とは。うーん、なかなか手強いです。

この後、映画の『爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の映画コミックスとノベライズの2冊セットを30名様に抽選でプレゼントする告知がありましたが、告知の声はマサオ君役の一龍斎貞友さんが担当していました。相当注目されているようですな、マサヲ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

青たこ
2018年04月25日 00:36
上尾センセの「ひぃいいい~っ!」は毎回爆笑もんですな。中の人は30分前にはうってかわって「のび太ーっ!」とか叫んでる訳で何とも妙な気分にさせられますが(笑)
チョルス
2018年04月25日 21:12
上尾先生の「ひぃいいい~っ!」は本当に笑えますけど、あんなコミュ障で幼稚園の先生に相応しいか、気になってしまいます。
まあ、だからこそ眼鏡を外した時のギャップが魅力的なのですが。
「のび太ーっ!」と叫んでいる人と、中の人が同じですから妙な感じですね。全く違う役柄をこなしてしまう人気声優の醍醐味と言ったところでしょうか(笑)
ハロルド
2021年02月05日 21:39
Bパートのマサオ君のクイズですが、
字幕では「どんなに気をつけて選んでも 辛い獅子唐に当たっちゃう!」となっていました。
2021年02月05日 21:46
どうもありがとうございます。改めて鑑賞したところ、確かにマサオ君はそう言っていますね。先ほど、本文に加筆しました。

この記事へのトラックバック