何を書かないか

自動車メーカーの人によると、車を開発する際、最初に考えるのはブレーキなのだそうです。

確実に止まることが最も重要なわけです。

どんなに速くて燃費の良い車を開発しても、ブレーキが効かないと走る凶器と化して多くの人命を奪うことになりかねません。

逆にブレーキがしっかりしていれば、のろくて燃費が悪くても、きちんと運転をする限り人に危害を加えることはありませんし、エンジンがあまりにポンコツで車が動かなかったとしても、商品になりませんが走る凶器にもなりません。

私は10年以上『クレヨンしんちゃん研究所』と『クレヨンしんちゃん分析録』を運営してきて、ネットでの活動もこれと似たようなものだと気付きました。


ネットで何かを書く際、最も重視しなければならないのは、「何を書くか」ではなく、「何を書かないか」なのです。


どんなに面白いネタでも、違法性が含まれていたり、公序良俗に著しく反するようなことを書けば、炎上したり、あるいは法的措置を取られることもあります。

実際にいるでしょう。犯罪予告をやって捕まったり、バカッターと呼ばれて人生を詰んでしまう人が。

私自身、この分析録ではなく仕事関係の方で使用していたブログですが、とある企業から抗議を受けて記事を削除したことがあります。

クレヨンしんちゃん研究所』と『クレヨンしんちゃん分析録』を読み返すと、けっこう自由奔放に、書きたい放題書いてきたような印象を受けますが、実はあえて書かなかった事もたくさんあります。これを書いてはまずいだろうと思い、公開を見送ったこともよくあります。

もし公表していたら、人生を詰むとまでは行かなくても、かなりきつい批判を多く受けていた可能性があります。

幸い、臼井儀人先生が亡くなられた時に『クレヨンしんちゃん研究所』の掲示板に大量の書き込みが殺到したことはありますが、自分の書いたことが炎上したり、抗議が来たことはありません。

もちろん、反論や批判のコメントをいただいたこともありますが、どれも問題なく対処できるレベルのものでした。

というわけで、ネット上では何を書かないかというのが重要であり、少なくともその認識ができない人はネットに触れない方が良いと思います。いや、触れても良いですが、買い物や電車の時刻を調べたりするくらいに留めるべきでしょう。そうでないと、人生詰むことになりかねません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

はいじま
2018年03月20日 10:12
私も今度の夏で自分のサイトを始めて20年、仰るように「何を書かないか」というのはかなり重視してきましたね。
おかげでサイトの内容については炎上したことはありません。

それと、もうひとつ気をつけていることが「感情的になりすぎないこと」です。
感情を露わにすると、そこでつい「書いてはならないこと」に足を踏み入れてしまいます。

ですが日記系の話になると、「ある程度感情的」でないとつまらないのでそこが難しいですね。日記というのはある意味、自分の感情変化を書くことですからね。
私のサイトと並行のブログでは、その辺りのさじ加減でいつも苦労しています。

チョルスさんは、その辺りのコントロールが私より上手いんじゃないか、とこの「分析録」を見ていると感じますよ。
チョルス
2018年03月20日 20:48
「何を書かないか」というのは、実は書いている最中にはあまり意識していなかったりします。意識すると書きたい事も書けなくなるので。そのため、書き終わった後に読み返して、載せられるか判断しています。特に、感情的になって書いた記事は載せない方が良いと思い、修正することがよくあります。

ただ、感情的になると言っても、意図的に感情的な文章を書く場合は、問題なく載せていることが多いです。表向きは感情的でも、実は計算の上で書いているので。

とは言え、私はけっこう臆病な人間で、誹謗中傷や炎上という事態になれば精神的にかなりきつい思いをするでしょうから、あまり反発が来ないように気を付けています。臆病だから炎上しないよう、コントロールする腕が上がったのかもしれません。

この記事へのトラックバック