史上最低の視聴率!

まさにXデーと言うべきでしょうか。

『クレヨンしんちゃん』の視聴率は、一番最初の1992年4月12日に4%という記録を出しました。

当時、テレビアニメが始まったとは言え、『クレしん』は世間ではまだ無名でしたので、このような低い数字しか出せませんでした。徐々に『クレしん』の面白さが世間に知られて、今のような国民的作品になっていきました。

そして、この4%という視聴率は史上最低の数字ということで、2002年に『クレしん』のテレビアニメの視聴率が低下した際も、6%台まで下がったことがあったようですが、それよりも下回ることはありませんでした。

しかし、2018年の放送で、これよりも下回ってしまいました。2018年1月7日の放送が、視聴率3.8%という数字を記録してしまいました。

この数字を知った当初は非常に落胆しましたが、よく考えればそんなに悲観することも無いかなと思いまいした。

というのは、この放送は午前10時からの放送、しかも「ドラえもん クレヨンしんちゃん 2018年冬のアニメ祭り」というスペシャルで、『クレしん』は後の放送でしたので、『ドラえもん』だけしか観ていない視聴者もかなりいるのではないかと思うからです。

それに、この時の放送はゴールデンタイムではなかったので、この数字になるのは仕方が無かったかなとも思えます。実際、これ以降ゴールデンタイムで放送されたテレビアニメは、いつも通り10%弱稼いでいますので。

ちなみに、朝の時間帯のアニメと言えばテレビ朝日の『HUGっと!プリキュア』(日曜日8時半から放送)や NHKEテレの『おさるのジョージ』(土曜日8時35分から放送)がありますが、これらも視聴率は3~4%くらいですので、朝の子供向けのアニメの視聴率としては、まあ平均レベルかなという感じです。

というわけで、ゴールデンタイムでこの数字ならあまりにも悲惨ですが、そうではなかったので悲観することではないわけですね。

とは言え、26年も続いている『クレしん』のテレビアニメノ歴史に、4%を下回る数字を出してしまったのは、かなり嫌なことではありますが。できれば、今後はゴールデンタイム以外の時間帯に放送してほしくありませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

風ネネholic
2018年03月27日 17:39
私は一時期、クレしんが改変期特番等で休止が続かないようにするためには、ゴールデンタイムでなく、朝か夕方の放送がいいと思っていましたが、上記のように3,4%の視聴率しか取れないようではかえってマズいですね。とにかくゴールデンではこんな低い数字は出してほしくないと思います。ただ、ここ2年は10%にも届いていないのが気がかりです。
チョルス
2018年03月27日 20:01
朝の放送であれば、3.4%でもそれほど深刻に受け止める必要はないと思います。というか、この時間帯で10%も取れれば奇跡ですね。
幸いゴールデンタイムでもここまで低い数字を出した事は無いですが、平均視聴率は低下傾向にあります。どのアニメも事情は同じようですので、やはりテレビの視聴率は伸びにくくなっているようです。ちなみに、視聴率については以下の記事でも書きました。

http://crashinsti.at.webry.info/201712/article_14.html
>2005年から2017年前までの放送回数と視聴率の変遷

この記事へのトラックバック