伝説のネットアイドル

基本的に、私はアイドルに興味がありません。

ただし、例外として『クレヨンしんちゃん』に出演したことのあるアイドルなら多少関心があったりします(AKB48や渡り廊下走り隊7など)。また、声優ユニットの「MAHO堂」(※)みたいに、『クレしん』以外にも自分の好きな作品と関係のあるアイドルのグループも興味が向いたりします。

※声優ユニットの「MAHO堂」がアイドルと言えるかどうか微妙ですが。アイドルをどう定義するかによりますね。

要するに、自分の好きな作品に関わらない限り、関心が無いわけです。しかし過去に一度だけ、純粋にアイドルそのものに強い興味を持ったことがあります。

ネット上では伝説となっているあのアイドル、そう「TERUMI」です。

「TERUMI」についての詳細はこちらをご覧ください。

後に「滝川時雨」という名前に改めた、「勘違い系ネットアイドル」の元祖でもあります。

このTERUMIは、私よりも年は一つ上ですが、私は早生まれなので学年は同じです。なので、例えばTERUMIも私も1997年4月に中学に入学しています。世代は同じということで、妙に親近感があったのですね。(もちろん?)恋愛感情は全然ありませんでしたが。

ただ、私がTERUMIを知ったのはかなり遅く、大学生の時でした。当時、アンサイクロペディアの「ブス」というページに、このTERUMIの写真が載っていたのです。いやあ、載せた人は実に(以下自粛)

その写真に興味を持った私は元ネタが知りたくなり、色々調べてTERUMIに行き着きました。

TERUMIも当時大学生でしたが、このネットアイドルの偉大さを理解した私は、ネットでその武勇伝に大いに感心しました。

それにしても、ネットだけであそこまでブレイクするとは珍しいですね。そもそもあれほど(自粛)な容姿で、あれほど持ち上げられるとは凄いなと、改めて思います。

私などこのブログや『クレヨンしんちゃん研究所』を10年以上やっていても、あそこまでブレイクしたことはありません。やはり、顔を出した方が良いでしょうか。しかし、私の容姿も全然イケメンではないので、自分のツラなどとても公開できません。

うーん、ネットでブレイクするためにはどうすべきか。「スシローなう」でもやりますかね。いや、やりませんが。

リアルではもちろん、ネットでブレイクにするのも決して容易ではないのですね。なので、ネット上であれだけ自分自身をさらけ出したTERUMIには、実はけっこう尊敬の念も抱いております。今は何をやってるのでしょうかね。まあ、どこかで社会人として真面目に暮らしているだろうと思います。意外に真面目そうなところもありましたしね。

今ではTERUMIの消息は分かりませんが、私は細々とこのブログと『クレヨンしんちゃん研究所』をやっておりますので、私がネット上で音信不通になるのはまだ無いかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

青たこ
2018年01月26日 20:51
今朝のテレビで拉麺大乱の主題歌をももいろクローバーZが担当と言っていました。この記事ではゲスト声優としても登場とのこと。↓
https://mdpr.jp/cinema/detail/1742698
これでももクロもチェックしなくてはならなくなった?(笑)
今朝の番組で気になったのは「中国を舞台に繰り広げられる冒険」みたいに紹介していた事。宣伝ではカスカベの中華街と言っていた様な…。
チョルス
2018年01月26日 22:47
情報提供ありがとうございます、
私も、先ほど本日放送のテレビアニメ感想を鑑賞しました。この日のテレビアニメの感想記事でも書く予定ですが、私はももクロにはわずかながら関心がありました。本当にわずかですが、もう少しチェックすることになりそうです(笑)
中華街が舞台なのですが中国が舞台とは、まだ少し情報が錯綜しているようですね。今後、このような誤解は無くなっていくでしょうかね。

この記事へのトラックバック