主人公とスーパーエリートの栄光と挫折

10月20日のテレビアニメ感想いきます。

「必殺技を考えるゾ」
(脚本:川辺美奈子、絵コンテ:寺本幸代、演出:西田健一、作画監督:堀江佑、原画:野田春彦、小田多恵子、宮本美智子、堀江佑)


しんのすけが『アクション仮面』を観ていると、アクション仮面とミミ子が新しい必殺技を大募集しているという告知が流れます。詳細は番組のHPでということですが、なんでも募集者は自身が新しい必殺技を使っているところを動画に撮影して送ってくれとのことです。

こういう読者の公募って、例えば『キン肉マン』の超人のキャラクターを募集していたのを思い出したりしますが、もちろん当時はハガキで送っていました。今は動画で送るとのことで時代も変わるものだと思います。

それで、しんのすけはアクション仮面変身セットを身に付けて、ひろしとみさえとひまわりに意見を求めます。しかし、足臭サラリーマンのひろしは答えられず、みさえは「アクションキラキラパンチ」というセンス×グンなヘタレっぽいネーミングの技を提唱したりします。しんのすけはアクションケツだけ星人を思いついたりします。

ひろしはアクションチョップを提案しますが、既にあるそうです。また、アクション手裏剣を提案するひろしですが、カッコいいものの、どこから手裏剣を出すのかとしんのすけに突っ込まれます。

そして、しんのすけはアクションカッターと称する、アクション仮面のトサカを投げる技を思いつきます。しかし、ひろしはアクションカッターは今一つだと指摘します。みさえはアクションポイポイという名前を提案しますが、もちろん却下。ひろしはアクションスラッシャーという名前を考え、しんのすけはそれを採用します。

というわけで、アクションスラッシャーの練習ということで、庭に出まして、トサカの形にしたダンボールを頭に付けたしんのすけは、みさえが怪人、ひまわりがミミ子、シロが戦闘員ということで、配役を指定します。ひろしがスマホで動画の撮影をします。

いよいよ撮影開始になりましたが、しんのすけがみさえを怪人ケツでか三段腹オババと言うと、みさえはしんのすけをグリグリ攻撃してカット。そして、みさえはチャイナドレスに着替えて怪人ビューティークイーンを名乗ります。撮影再開、みさえはノリノリでしんのすけを挑発しますが、しんのすけは通りすがりの女性をナンパしたりします。

気を取り直して撮影を再び行いますが、ひまわりが漏らしたので、オムツを取り替えに行きます。オムツを取り替えた後、また撮影を始めます。しんのすけは自己アピールをしつつ、スラッシュを投げて、みさえは敗北します。そして、撮影は無事に終了。ひろしは無事に映像を収め、後は動画を編集して送るだけとなりました。

数日後、野原家にテレビ局から電話が来て、アクション仮面の必殺技が採用されたとのことです。翌週の放送日では、風間君、ネネちゃん、マサオ君、ボーちゃんもやって来て、ひろしもみさえもひまわりも入れての観賞会です。なお、マサオ君たちも応募したけど没になったそうです。風間君は応募していないと言っていましたが、実は風間君も応募していて、没になっていたので内心悔しがります。

放送が始まりまして、新必殺技発表の予告もありました。作中で、アクションビームが効かないので、新必殺技を披露、しかし、アクショングリグリという技でした。そいつを喰らったブラックタートルⅡ世は、凶悪な技と評し、爆発しました。もちろん、しんのすけたちは困惑しますが、新必殺沢の発表では確かにしんのすけが選ばれていました。

しかし、ひろしはみさえがしんのすけにグリグリ攻撃をするという没にしていたはずの映像を間違えて送ってしまっていたのでした。というわけで、ひろしはみさえからグリグリ攻撃を受けるのでした。

ところで、アクションスラッシャーですが、こちらは応募してもたぶん採用されなかっただろうと思います。アクションスラッシャーはどう見てもウルトラセブンのアイスラッガーがモデルでしょうが、ああいう切断技というのは、ウルトラマンエースでよく見られましたが、今ではテレビで流すのは難しいでしょう。ウルトラマンエースがメトロン星人Jr.をバーチカルギロチンでぶった切るシーンなんて、かなりグロいですし。そのグロさは(「検索してはいけない言葉」でお馴染みの)「となりのトロトロ」並みかも。


「みんなの必殺技だゾ」
(脚本・絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:木村陽子)


Aパートの後日談のようです。まず、ボーちゃんの考えた必殺技です。アクション・岩というアクション仮面が巨大な岩と化して敵を跳ね飛ばします。風間君にセットが大掛かりな割には地味と突っ込まれます。

マサオ君の考えた必殺技はアクション・泣き声超音波レーザービームという、アクション仮面が涙を流して、超音波で敵を倒すと言うものです。風間君に泣いちゃうヒーロ技はどうなのかと突っ込まれます。

アクション仮面を観ていないはずの風間君の技は、アクション・ドリルで怪人でもおバカではダメだと敵に勉強を強制して倒すというものです。マサオ君は技ではなく勉強だろと、ボーちゃんは子供番組としていかがなものかと突っ込むのでした。


「ボーちゃんの秘密だゾ」
(脚本:黒住光、絵コンテ:寺本幸代、演出:西田健一、作画監督:堀江佑、原画:平林孝、平林美智代、神谷由季、山口央)


ふたば幼稚園、しんのすけは水平ボルダリングをやって、面白いのかと風間君に突っ込まれますが、意外に面白いかもと、私なんかは思ったりします。そんなしんのすけは、ボーちゃんがカバンを持って、園長先生と会うのを目撃します。風間くんとマサオ君とネネちゃんは、一体何があったのか話し合います。

ボーちゃんは先生に叱られるようなことはやらないのですが、ネネちゃんは昨日の夕方、幼稚園でボーちゃんが園長先生に「僕のパパ」と言うのを目撃したそうです。もしかしたら、園長先生とボーちゃんは親子なのではないかと推測するネネちゃんです。

風間君とマサオ君はあり得ないと一蹴しますが、しんのすけは園長先生とボーちゃんの顔は似ていることを指摘します。それで、マサオ君は昨日マサオママと一緒にバスに乗る際、ボーちゃんが自販機の横で、知らない男性から何かインタビューを受けていたっぽい様子を話します。

そこで、職員室へ行ってみるとその男性と園長先生が何か話していまして、ボーちゃんもいました。男性は幼稚園から出ていくのを見ると、その男性が冒頭でボーちゃんが持っていたカバンを持っていくのを見ます。

ネネちゃんは何か悪の組織との関わりを指摘します。それで、色々話していると、ボーちゃんが傍にいまして、スパイごっこをすると誤魔化します。ボーちゃんがスパイごっこはどうやるのか訊くと、風間君はスパイを梅干しを食べる真似をして、酸っぱいとボケます。

その後、教室内でよしなが先生がボーちゃんに何やら耳打ちするのを目撃して、よしなが先生がグルという疑惑も出てきます。ネネちゃんが陰謀の臭いがすると言うと、しんのすけはリンボーダンスと勘違いします。

さて、しんのすけたちはボーちゃんの様子を伺いますが、そこへ園長先生がやって来て、お知らせがあると言います。そして、ボーちゃんが前に出てきて、園長先生はボーちゃんが大変な発見をしたと言います。

ボーちゃんが河原で石拾いをしていた時、恐竜の化石を発見したそうです。しかも、その日の夕方にボーちゃんがテレビのニュースで出演するそうです。しかし、テレビ局の記者が来まして、園長先生はその記者のカバンから恐竜の化石を取り出して、園児たちに見せます。しかも、その恐竜は未発見の新種なんだそうです。

ボーちゃんによると、お父さんの口ひげに似ているのでパパザウルスと名付けたそうです。しかしその記者は、専門家に鑑定してもらったところ、たまたま恐竜の化石に似ているただの石だったそうな。でも、ボーちゃんはその石をたいそう気に入ったようです。


「サンバ DE 東西南北オーレ!」

玉森裕太氏としんのすけ(の着ぐるみ)による、実写版のあっちむいてホイです。なお、着ぐるみのしんのすけは普段着でした。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけと玉森氏が向いたのは東でした。私は南を向いたので、負けました。先週に続き、またしても敗北!

玉森氏は『重要参考人探偵』が、この日の23時15分から放送スタートになるという宣伝をしたのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

青たこ
2017年10月23日 07:45
アイスラッガーのパロディをやると見せかけて実のところスペシウム光線をはねかえす二代目バルタン星人のスペルゲン反射鏡がやりたかったと見ましたね(笑)
チョルス
2017年10月23日 21:35
スペルゲン反射鏡とは、うーむそこまで思いつきませんでした(笑)
アクションスラッシャーでは採用されなくても、スペルゲン反射鏡なら意外に採用になっていたかもしれません。
ハロルド
2020年10月16日 21:52
「必殺技を考えるゾ」はネネママがウサギのぬいぐるみにかけた技が採用された「アクション仮面の新必殺技だゾ」を思い出しました。
2002年に続き今回も採用されるしんのすけは流石ですね。
2020年10月16日 22:26
もちろんメタ的な理由では採用される方が面白いから、ということになるでしょうが、しんのすけにしても、ネネママにしても、非凡な能力を持っていることは明白ですね。

この記事へのトラックバック