クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『野原ひろし 昼メシの流儀』の第22話

<<   作成日時 : 2017/09/05 21:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

『まんがタウン』2017年10月号(2017年9月5日発売)に、『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)の第22話「冷やし中華の流儀」が掲載されました。いつも通り、ページ数は16ページです。

夏ももう終わりです。しかし、ひろしは一コマ目で「今年も夏も暑かったなぁ」と言っていますが、いやいや今年の関東(埼玉、東京)の夏はかなり涼しかったですよ。

それで、ひろしは「中華料理 野酢樽爺」という店の前で


冷やし中華はじめました
750円(税込)



という貼り紙を見て、冷やし中華が別れを告げているかのように見えます。そういうわけで、ひろしは中に入って、冷やし中華を注文しますが、店員の女性はひろしの注文を聞いた時、一瞬場が凍った感じになります。

他の客は、ラーメンや麻婆豆腐定食、八宝菜らしき野菜炒めの定食を食べていました。ひろしは、店員や他の客たちが冷やし中華を注文する自分を嘲笑っているかのように見えます。

そして、映画のワンシーンのように、トレンチコート姿で、「冷やし中華はじめました」と書かれたコートを着た男と言葉を交わし、別れて「THE END」となる妄想をして、悦に浸ります。

さて、ガラスの器に盛られた冷やし中華が来ました。冷やし中華にが醤油だれとゴマだれがありますが、ひろしはどちらもいけるそうで、今回注文したゴマだれに早速箸をつけてみると、下に氷があるのを見つけます。

さらに、肝心の麺ですが、コシがあって冷えていて上手いそうです。ハムやキュウリも味わって、ひろしは夏の味を満喫しますが、なぜ夏が終ると姿を消すのか、疑問に思います。

今年最後の冷やし中華ということで麺、ハム、キュウリ、玉子、鶏肉、トマト、エビをじっくり味わって涙を流して別れを告げます。

店から出た後、ひろしは来年に再開しようと言いますが、1ヶ月後、同じ店でまだ冷やし中華を出しているのを見るのでした。


月刊まんがタウン 2017年 10 月号 [雑誌]
双葉社
2017-09-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊まんがタウン 2017年 10 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

『野原ひろし 昼メシの流儀』の第22話 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる