クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『野原ひろし 昼メシの流儀』の第4話

<<   作成日時 : 2016/03/12 00:30   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

『まんがタウン』2016年4月号(2016年3月5日発売)に、『野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)の第4話が掲載されました。いつも通り、ページ数は16ページです

第4話「ステーキの流儀」では、大口の取引きに成功したひろしは、13時半過ぎに少し遅い昼食取ります。取引きで粘ったので、遅くなったのです。

取引きに成功した自分を祝う目的もあって、ちょっと贅沢しようと「立ち食いステーキ 厚切りキング」に行き、豪快ステーキを頼むことにします。OPEN〜15時までのランチセットでライス、サラダ、スープ付、300グラムで1200円です。1200円は昼メシとしては予算オーバーですが、あとの調整で何とかなるという事で、注文します。

ひろしから見て斜向かいのおじさんも豪快ステーキを頼んでいまして、歴戦のサラリーマンという感じのおじさんの威厳ある顔が、ステーキを食べると柔和なものとなります。

改めて店内を見ると、企業戦士らしき人ばかり。自分への報酬としてステーキを食べに来たのだと解釈するひろしです。あの、原始人らしき妄想は、原作の単行本第7巻の最後の方に収録されている、原始時代の野原家の話で、食用マンモス捕獲会議の台詞を思い出しました。

さて、ステーキがひろしのもとに届きます。ひろしは夢中になってステーキを食べますが、残りの肉が少なくなった時点でライスが手つかずである事に気付きます。

そこでひろしは「鉄板の再加熱いたします」というサービスを利用し、鉄板を再加熱してもらい、鉄板の中にライスを入れて炒め、ステーキソースをかけて、見事に完食します。

今回はどんなオチがつくのかなと思ったら、取引きを粘ったせいで、この昼食は遅めだったため、部長から重要会議が始まると電話で呼ばれ、急いで帰社するひろしでした。前回に比べると、オチに面白みがちょっと欠けるかなと思いましたが、まあ戦士に休息は無いというわけでして。

ちなみに、ステーキと言えば、こちらのページも参照すると、面白いと思います。


月刊まんがタウン 2016年 04 月号 [雑誌]
双葉社
2016-03-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊まんがタウン 2016年 04 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

『野原ひろし 昼メシの流儀』の第4話 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる