『クレしん』は文化だゾ

2月5日のテレビアニメ感想いきます。

「眠れないシロだゾ」(絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:木村陽子)

前回の感想のコメントで、せん太郎さんから「眠れない・・・」というタイトルは、4月公開の『爆睡! ユメミーワールド大突撃』を意識したものではないかというご意見を頂きましたが、今回も「眠れない・・・」のタイトルが付くと、まさにその通りなのかもしれません。映画を意識している可能性が高いでしょう。

今回、眠れないのはシロで、しんのすけがみさえにシロの散歩に行くように言われるものの、しんのすけが嫌がっている一方、シロは犬小屋で寝ようとします。しかし、周辺の飛んでいるハエが気になって眠れません。

シロは犬小屋の中でハエを追い払おうとして暴れると、小屋の天井に頭をぶつけてしまって、痛い思いをします。コブを作ったシロは、冷静になってハエを叩き潰します。

しんのすけが散歩に連れて行こうと、シロを迎えに来た時、シロは散歩に行く気を無くしていました。


「シロが太っちゃったゾ」(脚本:清水東、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督・原画:尾鷲英俊)

2002年11月2日に、「オラ太っちゃったゾ」という話が放映されました(原作は26巻のa-3)。今回の話のサブタイトルとよく似ていまして、「オラ太っちゃったゾ」を意識して、鑑賞してしまいます。

みさえが洗濯物を干していると、しんのすけが「母ちゃん、太ったぞ太ったぞ」と騒ぎ、みさえは最初自分の事を勘違いしますが、しんのすけがシロが太ったのだと言っていたのです。シロは、顔は変わっておらず、体の体積がかなり大きくなっていました。

しんのすけは、昨日も一昨日もシロに夕飯をあげておらず、シロは腹を空かせて、精肉店に来て、呼び込みをやり、神戸牛の骨(肉付き)をもらいます。他にも、色々な店でエサをもらっており、その量が過剰だったようです。そんな事情なと露知らないみさえは、運動不足と疑い、しんのすけに散歩に行くよう指示します。

散歩の途中、きれいなおねいさんときれいなメス犬(服着ています)と遭遇します。さっそくナンパしようとしますが、シロはメス犬に全く相手にされて、メス犬は別のオス犬の方に行きます。そのオス犬を連れた男性と、そのおねいさんは仲良しだったわけです。

途中、ショーウィンドウに映ったガラスで、自分の太った体を見たシロは、先ほどのスリムなオス犬と比較して、やせようと決意を堅くしたようです。散歩から帰ると、ボールに乗ろうとしたり、腕立て伏せや反復横とびをやったり、その様子を見たみさえはダイエットをしようとしているのだと知り、シロに激しく共感します。

翌日、みさえはしんのすけにエサを出すように言いまして、ローカロリーのダイエット用のエサを買っておいたみさえですが、しんのすけはその横にあった「スーパープレミアム こってり」という見るからにカロリーの高そうなエサを持ってきます(後にみさえが言うには、特売の時に買った高級ドッグフードらしいです)。

シロは山盛りになったエサに背を背け、必死に食べまいとしますが、ついに誘惑に負けてむさぼり食います。そこへ、みさえがローカロリーのエサ袋を持ってやってきますが、既にカロリーの高いエサを食べていたシロでした。こうして、シロはますます太ったみたいで、シロは家を出て走ります。

それを見た精肉店のおばさんが、シロを追っていたしんのすけに、神戸牛の骨(肉付き)をシロに渡すように言います。しんのすけはこの骨だけでなく、魚屋からアジを手渡され、さらにパン屋からパンの耳を手渡され、しんのすけはなぜシロが太ったのかを理解します。ロッキー公園にやってきたシロはロッキーのごとくシャドーボクシングをします。しんのすけも応援し、一緒に運動をしたり、声援をします。

数日後、シロはすっかり痩せて、しかも逆三角形のムキムキになります。なんか、臼井儀人先生の漫画『くるぶし産業24時』(竹書房)に登場する、セールスマン撃退で活躍する、米軍特殊部隊で訓練された元グリーンベレーの犬を思い出します。その姿で散歩中、例のメス犬とまた遭遇します。

さて、前回は見向きもされませんでしたが、今回はどうでしょうか。そのおねいさんによると、前に登場した男性はそのおねいさんの兄で、あのオス犬はこのメス犬の弟なのでした。このメス犬のボーイフレンドは、じいさんに連れられた太ったブルドッグらしき犬でした。このメス犬はぽっちゃり系が好みとのことで、太ろうと、例の高級ドッグフード「スーパープレミアム こってり」をむさぼり食うのでした。

しんのすけは、シロは女性に振り回せるタイプだと言いますが、「オラ太っちゃったゾ」(2002年11月2日放送)とよく似た展開です。

それに、太っていた時のシロに対しても、あのメス犬はシロに見向きもしなかったのですから、きっと一途な性格なのでしょう。太っても無駄だと思うのですが、さすがにシロさんもそこまで頭が回っていないようです。

Aパート後、映画『爆睡! ユメミーワールド大突撃』の公開まであと10週との告知がありました。あと2ヶ月半です。

なお、今までBパート後にあったレオハウスのCMが、今回はAパート後に流れました。


「オラはファッションリーダーだゾ」(脚本:黒住光、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督:門脇孝一、原画:門脇孝一、神戸佑太)

ふたば幼稚園で、酢乙女あいちゃんが登園すると、女の子たちからピンク色の靴を褒められ、ファッションリーダーと呼ばれます。そんなあいちゃんにマサオ君もメロメロでして、ネネちゃんは機嫌が良くありません。しんのすけは庭で寝ており、風間君に言われ、起きると今度はボーちゃんから靴下が左右別々になっていることを指摘されます。

それを見たあいちゃんはアシンメトリー(左右非対称)だとしんのすけを褒め、真似することします。黒磯に左右色違いの靴下を買わせに行きます。黒磯は左右の色が異なっている靴下はあるのかと戸惑いますが、色違いの靴下を買って、片方ずつ履けば良いとあいちゃんは言います。

さて、左右色違いの靴下を得意げに履くあいちゃんは、女の子たちとマサオ君に褒められます。女の子たちやマサオ君はマネすることにします。翌日、行きの幼稚園バスの中で、ネネちゃんが左右異なる色の靴下を履いていて、流行につい乗ってしまうネネちゃんに対して、風間君は同調圧力だと指摘します。

そんな風間君も左右色違い。しかし、風間君は流行に乗ったわけではなく、前からそういう着こなしをしていたそうです。ネネちゃんが言うには、見たことが無いそうですが。私もトオルのそんな着こなし、見たことないです。ボーちゃんも靴下が色違いです。ボーちゃんによると、なんか良いとのことです。

しかし、マサオ君だけが色違いではありません。なんでも、マサオ君は白い靴下しか持っていないようで、同じ色で揃えておけば片方無くしても、無駄にならないからと、母親が白いのしか買ってくれないそうです。それで泣き出すマサオ君ですが、そんなことで泣いてんじゃねーよマサヲ、と思ったりしますが、同調圧力の結果だからでしょうか。

幼稚園は、園児たちはみんな左右異なる色の靴下を履いていて、恥ずかしがるマサオ君は風間くんから同調圧力の凄まじさを実感させられます。さて、しんのすけはみさえが洗濯を忘れていて、乾いている靴下が無かったので、靴下を履いていません。それを見たあいちゃんは、素足に靴を履いているしんのすけを、「まるで元野球選手のお嬢様で女子プロゴルファーの人と結婚した俳優の方みたい」だと言います。

で、あいちゃんもマネすることにしますが、この時にしんのすけは「裸足は文化だゾ」と発言します。

あいちゃんが素足でいると、他の女の子たちをはじめ、色違いの靴下を未だに履いているネネちゃん以外の園児は裸足になってしまいます。しかし、よしなが先生は教室に靴下が大量に脱ぎ捨てられるのを見て、靴下を履くように言われます。それで、ネネちゃんは安心しますが、ネネちゃんも裸足になっていました。

マサオ君は、また靴下を履くと、色違いの靴下ブームが戻って、色違いで無い自分だけが浮いてしまう事を懸念しますが、ボーちゃんが靴下を片方交換すると言います。マサオ君は人の靴下を履くのを嫌だと言いますが、ボーちゃんはお互い様と返します。

翌日、普通の白い靴下に戻っていました。しかし、しんのすけの靴下は、一見普通のようで、左足の親指の部分に穴が破けていました。みさえから、もったいないから一日履けと言われたそうです。あいちゃんはそんなしんのすけの穴あけ靴下について、見えないところで差をつけて、まるで昔の江戸っ子みたいだと称えます。しんのすけは、春我部生まれの江戸っ子を自称しますが、風間君に埼玉っ子だと言われます。

その靴下は、みさえがサトーココノカドーで買う、5足1000円のものだそうです。あいちゃんは黒磯にサトーココノカドーに靴下を買いに行かせます。なお、しんのすけの靴下、右はかかとの部分が破けていまいた。


「東西南北あっちむいてホイ!」

ヒップホップでリニューアルされたあっちむいてホイです。いつも通り、しんのすけと台詞無しのぶりぶりざえもんが担当ですが、背景が夜空に変わっていました。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけが向いたのは東でした。

私も西を向きました。やれやれ、先週やっと勝ったと思ったら、また負けが続きそうです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

鳴海みぐJr.
2016年04月02日 16:50
今回のしんのすけとシロ、「タンコブ兄弟」でしたが、はたから見るとお互い飛び付こうとして抱きつけたどころが、頭突きして間も無い姿に見えますね?

失礼します。
チョルス
2016年04月04日 01:07
冒頭の「眠れないシロだゾ」で、二人ともタンコブを作ってしまいましたが、さすが飼い犬と飼い主という感じでしょうか。タンコブは同じ原因でできてしまったと見えなくもないです。

この記事へのトラックバック