クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 『野原ひろし 昼メシの流儀』について

<<   作成日時 : 2015/12/18 02:34   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

野原ひろし 昼メシの流儀』(キャラクター原作:臼井儀人 漫画:塚原洋一)という漫画が、『まんがタウン』の2016年1月号(2015年12月4日発売)から連載開始となりました。

この作品については、11月の上旬に青たこさんから、『クレヨンしんちゃん研究所』の掲示板で書き込みがありました。

以下、引用します。


ひろし主役の漫画 投稿者:青たこ 投稿日:2015/11/06(Fri) 06:53 No.5256

まんがタウン1月号から『野原ひろし 昼メシの流儀』なる作品がスタートするそうです。執筆は塚原洋一という作家さんで若手ではなく28年漫画を描いてるベテランの方。



塚原洋一氏については、今まで知りませんでしたが、28年も漫画を描いていらっしゃるそうです。調べたら、臼井儀人氏と同じ頃にデビューし、連載作品を描き始めているようです。

『野原ひろし 昼メシの流儀』の第1話「カツ丼でガッツリ!」を読んでみたら、ひろしが昼食をとるのに、とんかつ専門のチェーン店「かつだ。」か「旨杉屋」というそば処のどちらにしようか迷い、「旨杉屋」を選び、ミニざるを100円余分に払って注文しますが、そのミニざるは大盛でした。ひろしはどうにか間食しますが、みさえから夕食はカツ丼だというメールをもらい、渋い表情を浮かべるという内容です。

読んだ当初、この漫画のことを『クレヨンしんちゃん研究所』に載せようかと思いましたが、見送ることにしました。というのは、いつまで続くか分かりませんし、どうやって載せようか、まだ考えているからです。

そもそも、ひろしが主役と言えば、テレビアニメの「野原ひろしの俺に聞け」が黒歴史化したことがあります。

今は『クレヨンしんちゃん分析録』で取り上げるに留めます。『クレヨンしんちゃん研究所』の方で、どうやって載せるかを決めれば、『研究所』でも取り上げるつもりです。


(※2016年7月6日加筆:7月6日に『クレヨンしんちゃん研究所』に掲載し、記事の冒頭にページのリンクを載せました)

(2016年11月20日加筆:この話のサブタイトルである「カツ丼でガッツリ!」は、単行本では「カツ丼の流儀」に変更されています。詳細はこちらのページを参照。


ところで、今回の『まんがタウン』では吉田美紀子氏の『70's愛ライフ』が最終回となりました。この漫画、好きだったのになあ。

『こわれたてのレディオ』にしろ、『かしこみっく』にしろ、『しましま日誌』にしろ、『70's愛ライフ』にしろ、私の好きな漫画は続々と連載終了となりますね。私にはよほど「面白い作品」を見る目が無いのでしょうか。

ただ、吉田美紀子さん、最近この漫画を読んだところ、専業の漫画家としてやっていくのは厳しいようです。専業で食っていける人は、ほんの一部なのでしょうね。


月刊まんがタウン 2016年 01 月号 [雑誌]
双葉社
2015-12-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊まんがタウン 2016年 01 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
野原ひろし 昼メシの流儀
【今日の勤務時間】11:30〜18:20【今日の出来事】今日の帰り際にスーパーへ寄った際、「まんがタウン」に新連載された「野原ひろし 昼メシの流儀」を雑誌コーナーで立ち読みしてきま ... ...続きを見る
痛快なりゆき城主日誌
2015/12/19 22:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
このクレしんからのグルメ漫画『野原ひろしの昼メシの流儀』はまだ読んだ事はないですが内容は面白そうですね。
時間があり次第、スーパーの雑誌コーナー辺りで立ち読みしに行こうかと思っている次第です。

『70's愛ライフ』が今月号を持って終了するのは寂しい気もしますが、記事に書いている通り漫画家としてやっていくのは厳しいと言っているので仕方ないと思います。

まだまだ現役の「新クレヨンしんちゃん」「かりあげクン」「ちょい能力少女あゆむ」などは僕もまんがタウンではかなり好きな作品がたくさんあるのでこれらは何年も後の連載終了の日が来るまで応援し続けていこうかと思います。
Mr.ギップラー
2015/12/18 07:18
ひろしが主役の漫画「昼飯の流儀」を読んでみると、
作風が、孤独のグルメに近いなと思い、ひろしが、五郎さんのように見えました。

『70's愛ライフ』も私も愛読してました。私は、80年代半ば生まれですが、70年代ならではの情報には、とても興味津津でした。9年間は、結構長い連載期間ですが、せめて続編として、『80's愛ライフ』、『90's愛ライフ』もあっても良かったなと、惜しい気持ちです。
 (半分、漫画家の仕事が、厳しいこともわかっているけれども。)
もやもや
2015/12/18 13:36
>Mr.ギップラーさん
『野原ひろしの昼メシの流儀』は連載』開始となり、『70's愛ライフ』は連載終了となりました。漫画家という職業は厳しいところがありますが、『70's愛ライフ』は面白かったので、吉田美紀子先生にはまだまだ期待しています。

私も「新クレヨンしんちゃん」はもちろん、「かりあげクン」や「ちょい能力少女あゆむ」も好きなので、これらの作品ができるだけ長く続いてほしいと思います。
チョルス
2015/12/19 02:43
>もやもやさん
『野原ひろしの昼メシの流儀』は孤独のグルメそのものですね。

私も80年代半ば生まれですが、私が小学生の頃は、レモン石鹸など70年代の生活様式がまだけっこう残っていました。21世紀なって、そういうのが急激に減った気がします。吉田美紀子先生には今後も続けてほしいです。ファンは多くいるでしょうし、また『まんがタウン』で新連載をやってくれたら嬉しいです。
チョルス
2015/12/19 02:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

『野原ひろし 昼メシの流儀』について クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる