さっさと24分放送を終わらせろ

2015年初の、1月9日放送のテレビアニメ感想いきます。

「湯たんぽでぬくぬくだゾ」(脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督:間々田益男、原画:間々田益男、入江康智、神戸佑太)

この話は漫画版の『新クレヨンしんちゃん』の第58話に収録されています。内容も大体同じですね。しんのすけはチョコビアイスをコタツで食べていまして、みさえから行儀の悪さを言われます。しんのすけはコタツで寝たがっていましたが、みさえに引きずり出されます。

すると、しんのすけはみさえもコタツで寝ていることを言います。みさえは目をつぶっているだけだと言いますが、実に見苦しい言い訳です。しんのすけはコタツから離れようとせず、引きずり出そうとするみさえと格闘をしていると、ひろしは湯たんぽのことを言い出します。

しんのすけは、「湯ぽんた」と言い間違えまして、湯たんぽが何か分かりません。それで、ひろしが「湯湯婆(ゆたんぽ)」の解説をしますが、なんであんな本格的な説明なんだ。しんのすけやひろしが、おねいさんの湯ぽんたが良いとか言い出し、ゲンコツをくらう二人です。

湯たんぽを取りに行くことになった際、ひろしはみさえに取りに行かせようとしますが、しんのすえけとみさえは遠まわしにひろしがダメ男であると言いつつ取りに行こうとすると、男のプライドからひろしがしぶしぶ取りに行くことに。ひろしは寒い中、庭の物置で湯たんぽを探しています。

一方、みさえとしんのすけはお湯を沸かして「アクションとんこつラーメン」を食べることに。夜食ですかね。みさえの「ラーメンはやっぱりとんこつたい」という台詞を聞いて、私は「カーナビで迷子だゾ」(2003年8月30日放送)を思い出しました。似たような台詞があったので。 ひろしが湯たんぽを取りに行くと、みさえとしんのすけとひまわりはラーメンを食っていまして、みさえはちょっと気まずい感じです。

しんのすけは湯たんぽに自己紹介して、みさえはさらにもう一つ湯たんぽを取ってくるよう、ひろしに要求します。みさえは湯たんぽ用の湯を今度こそ沸かしたつもりが、しんんのすけはココア、ひまわりはミルクの粉末を持ってきたため、またしても飲んで暖まります。

それで我に返ったみさえは三度目の正直で、お湯を湯たんぽに入れます。しんのすけが5分で歯磨きを済ませ、布団に入ると湯たんぽは暖かくなっていました。それで、ひまわりも入ってきて、みさえも入ります。すると、ガチガチに震えたひろしが戻ってきます。

他の湯たんぽが見つからないとのことですが、みさえは昨年にフタをなくして捨てたことを思い出します。その後、しんのすけとひまわりだけでなく、ひろしとみさえも入ってきて、家族4人で湯たんぽで暖まります。しかし、4人は寝静まった時、湯たんぽは布団の外に放り出されていました。


「ゼッタイに拾いたい石だゾ」(脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:平井峰太郎、作画監督・原画:大森孝敏)

Aパートと同じく、この話も漫画版の『新クレヨンしんちゃん』にあります。第15話です。

幼稚園、しんのすけは砂場から巨大な貝から出てきますが、あさりか何かの遊びなのでしょうか。すると、ボーちゃんが幼稚園の前の道路工事の現場を見ています。

ボーちゃんは工事現場の地中から見える星型の石をほしがります。ボーちゃんは鼻水で取ろうとしますが、届きません。あんな非凡な技が使えるとは、ボーさまのスーパーエリートぶりは今年も健在のようです。

しかし、現場の親方から危ないからあっちに行けと怒られ、立ち去ることに。現場の部下の青年は親方からしっかりやっておけと言われます。この青年、婚約指輪を持っており、付き合っている彼女にプロポーズをしようとするも踏み出せなかったのです。

彼女から「いつもそうやって、あきらめちゃうのね」と言われてしまい、青年は今度こそと決意をすると、ボーちゃんは再び取ろうとします。ボーちゃんは「珍しい石・電話部門」を青年に見せます。

すると、しんのすけが工事現場に入ってきて、青年がしんのすけを抱いて運ぶと、婚約指輪の入った箱を落としてしまいます。ボーちゃんは思いきり鼻水を伸ばすと、今度は石を取ることができました。自分の手元に行くかと思いきや、金網に通らず落ちてしまいます。

それで、青年が拾おうとすると、トラックの荷台の土によって埋められてしまいます。そこへ、まつざか先生が外部の人が園児と話すのは良くないと注意しますが、梅は青年がけっこう良い男だと見ると、お近づきになろうとします。しんのすけは「何言ってんだ、この人」と言いますが、しんのすけも性格がだいぶまともになっているのでしょうか。

まつざか先生は連絡先を訊こうとしてスマホを出しまして、青年もスマホを出しますが、この青年は彼女を待ち受けにしていることをしんのすけに指摘されると、まつざか先生は青年に無愛想になります。彼女から奪って見せるくらいの肉食ぶりを発揮ししない梅です。だから徳郎さん以降、男ができないのか。

そして、青年はようやく指輪が無いことに気付き、埋めた地面を掘り返そうとしますが、親方に怒鳴られます。青年はプロポーズを諦めますが、ボーちゃんが石に執着するのを見て、諦めるように言います。しかし、自分が諦めなければ縁は続くという言葉にハッとして、親方にお願いをします。それは、夜に朝までという期限付きで掘り返すという許可をもらいます。

しかし、夜になっていざ掘り返しても、なかなか進みません。すると、親方も手伝ってくれます。この親方、無愛想だけど人情家なのですね。で、3日後に工事が終わります。ボーちゃんは約束を反故にされたとガッカリされたと思いきや、青年はよしなが先生に石を預けていて、それをボーちゃんはよしなが先生から渡されます。こうして、ボーちゃんは石を受け取ることができました。

幼稚園のバスの中、ボーちゃんは50音部門に挑戦する気だそうです。そして、バスが(おそらく信号で)止まると、青年の姿を見かけます。彼も自分の彼女にプロポーズが成功できたようで、ボーちゃんと青年は互いの成功を見届けるのでした。


「東西南北あっちむいてホイ!」

毎週恒例、今年初のあっちむいてホイ、今回はしんのすけによる全くノーマルのものです。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけが向いたのは南でした。私はこの回を鑑賞したのは夜中でして、頭がボーっとしていたので、うっかり参加するのを忘れていました。

最後に、この記事の題名ですが、ポール・クルーグマンの著書『さっさと不況を終わらせろ』のパロディです。『クレしん』が30分放送に戻る日は果たして来るのでしょうか。この題名が、今年のテレビアニメ版『クレヨンしんちゃん』の抱負に良いかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

鳴海みぐJr.
2015年03月20日 12:59
新年早々、親子共々“人生のレッスン”を習いましたね?
(たかだか妄想ごときで、しかも“デレデレを嫌う癖”、ひまわりの血ですね?)

失礼します。
チョルス
2015年03月22日 01:07
“人生のレッスン”、そう呼べなくもないでしょう。
妄想でさえダメとは、なかなか厳しいとも言えます。

この記事へのトラックバック