クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 気弱な男どもの抵抗

<<   作成日時 : 2014/12/16 02:05   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

12月12日放送の、2014年最後のテレビアニメ感想いきます。

「スマホでドキドキだゾ」(脚本:坂口和久、絵コンテ・演出:ささきひろゆき、作画監督:門脇孝一、原画:門脇孝一、木村陽子)

シロウマ宅配便がある家にやってきます。はて、野原家ではないですし、どこの家かなと思っていると、見知らぬ女性が出てきて、宅配便の兄ちゃんが胡蝶蘭を届けてきます。

ピンクの胡蝶蘭の花言葉は「あなたを愛します」とのことで、ここから禁断の恋に発展するようです。なお、この話は『新クレヨンしんちゃん』の第12話を元にしていて、漫画版ではハナミズキでした。ハナミズキの花言葉は「私の思いを受けとめて」らしいです。

これらの花言葉、実際にこちらのページで調べてみたら、当たっていました。

このシーンはみさえとひまわりが観ていたテレビの中での出来事でして、飽き飽きしていたひまわりは、みさえが先週買ったと思われるスマホをいじってしまい、会社のひろしに電話をかけてしまいます。漫画版はガラケーでしたが、このテレビアニメではスマホです。

先週の放送の感想に対するコメントで、今回の放送に関してスマホでは勝手にボタンを押されることについてのコメントがありましたが、ひまわりは実に器用にスマホをいじります。と言っても、偶然でしょうが。

同じくスマホにしたひろしが電話に出ると、ひろしはテレビの声が聞こえてきます。そして、テレビの(兄ちゃんの)台詞とみさえの台詞が聞こえて、みさえが家で間男と・・・な展開を想像してしまいます。

ひまわりがスマホを投げると電話が切れてしまいますが、スマホって投げると通話が切れるのでしょうか。やったことがないので(やりたくもありませんが)、よく分かりませんが。と思ったら、後で電源が切れていたことが判明しました。ああやって投げると、電源が切れるのでしょうか。こちらもやってことがないし、やりたくもないのでよく分かりませんが。

ひろしは家の方の電話にも書けていますが、しんのすけがマサオ君と電話中(モチは海苔派かきな粉派かという内容)で、ひろしはみさえが意図的につながらないようにやったと思ってしまい、得意先に行くふりをして家に戻ろうとしますが、お得意様の佐藤さんとの打ち合わせがこの後あるらしく、川口に止められます。

それにしても、今回のひろしとみさえが逆の立場だったら、みさえは怒り狂って家に戻るでしょう。ひろしの方がみさえより冷静、というよりひろしの方が気弱といった方が良いでしょうか。

さて、打ち合わせでは佐藤さんが経費削減のため、双葉商事と今期限りで取引を中止してほしいと言ってきて、川口が説得するも、佐藤さんは謝りながらも取引はもうできないと言います。一方のひろしは、みさえの事で頭がいっぱいで打ち合わせに全く参加していません。

しかし、川口の「こうなる予感はしていた」という発言から、電話越しでのみさえの言葉を思い出し、突然立ち上がって、みさえへの思いを泣きながら叫びます。しかし、佐藤さんは自分のことを言われていると思い、その熱意に感銘を受け(勘違いし)、もう一度社長を説得すると、取引中止はいったん免れたようです。

その後、川口は部長へ報告となりますが、部長の声はどうなりましたか?

ひろしは自宅の電話に再度かけてみると、しんのすけがボーちゃんと休みに関して何か話していて、通話中です。今度はみさえのスマホにかけてみます。

一方、みさえは例のテレビドラマを観終えて、スマホを拾い上げまして、ひろしから2件の着信があることを知ります。ひろしに電話をかけてみて、電話に出たひろしはみさえとようやく話ができて、事情を知って気まずくなるひろしでした。

これで、取引中止もなくなり、みさえの浮気疑惑も晴れたひろしはホッとしましたとさ。


「防衛隊の忘年会だゾ」(脚本:川辺美奈子、絵コンテ・演出:ささきひろゆき、作画監督・原画:原勝徳)

風間君がかすかべ防衛隊の作戦会議終了を宣言し、防衛隊の忘年会開始を宣言します。そこはよしなが先生、いや石坂みどりの新居でした。しんのすけは忘年会の意味を知りませんでしたが、「忘年会で盛り上がるゾ」(1994年12月26日)で、忘年会に参加経験があるはずです。まあ、20年も前のことですしね。

よしなが先生は忘年会は大人がやるものという発言をしますが、ネネちゃんたちは子供にもストレスがあるからと、忘年会の正当性を話します。

さて、ネネちゃんが


ことしの ネネの わすれたいこと ランキング


なるものを出してきて、ネネちゃんの忘れたい事ランキングベスト10を発表しようとしますが、男どもはネネちゃんの1年分の愚痴を聞かされるのかと危惧します。怒ったネネちゃんは、先にマサオ君に発表させます。

マサオ君はネネちゃんに運動会のことを思い出させられます。リレーでしんのすけにバトンを渡そうとしたら、しんのすけがお尻で受け止めうとしたので渡せずに転んでしまった出来事です。しかし、アンカーのしんのすけのケツだけ星人走りは速く、チーターを追い抜かすとは見事。そういうわけで、ネネちゃんは


だい34い マサオくんのりれーですってんころりん


と、34位なのを表明します。次は風間君が発表すると手を挙げます。ところで、ネネちゃんがめくろうとし画用紙には何が書いてあったのか、映像からは確認することができませんでした。

風間君が忘れたいことは、塾のテストがいつも1番なのに2番をとってしまったことです。2番になった原因は遅刻して焦ったこと、その遅刻の元凶はしんのすけだったそうです。塾に行こうとすると、しんのすけが「まちのなか公園」から大変だと騒いでいまして、行ってみると砂場にしんのすけの芸術作品「はかないおケツ」を見せられます。二つの意味で「はかない」をかけているのだそうです。

さらに、しんのすけは風間君のオレンジのズボンの方が自分の劇術作品に似合うと、風間君のズボンを脱がそうとすると、風間君は抵抗してズボンのお尻の部分が破けてしまいました。これが塾に遅刻した原因なんだそうです。風間君がしんのすけに怒っていると、よしなが先生がジュースを入れて宥めようとします。

というわけで、ネネちゃんは


だい2い かざまくんのずぼんのおしりやぶけちやった


と、2位を表明します。

なお、この「はかない」の二重の意味をひっかけたギャグは、実は臼井儀人氏の(『クレしん』とは別の)作品に登場しています。『おぎの武道館』という作品に、「ノーパン男が死んだっ はかない人生だったっ」という台詞が出てきます。この話は『うすいよしとのひらきなおっちゃうぞ!』という単行本の113頁でにあります。

風間君は次にボーちゃんやしんのすけ、再度マサオ君に訊いてきます。しかし、ネネちゃんは風間君を押しのけて自分の忘れたいことを話し出します。


だい10い
りあるおままごと

かいすうがへってるもんだい



を発表すると空気が微妙になります。さらに続けると、ネネちゃんは棒グラフを出してきます。

ことしのりある
おままごと

つきべつ


と称して、一ヶ月におけるリアルおままごとの各回数をグラフにしていました。

それによると、


1月は12回
2月は15回
3月は17回
4月は19回
5月は20回
6月は17回
7月は9回
8月は4回
9月は7回
10月は6回
11月は3回
12月は2回



とのことです。

忘れたくても忘れられないこの哀しい出来事を忘れるには、来年は週7回を目指すと皆で誓うことです。しかし、野郎どもは反発し、風間君は、自分たちはおままごとにちょいちょいやらされていると言います。例えば、サッカーをやっている最中にネネちゃんが乱入して、子役のマサオ君をどうすればサッカー選手に仕立てられるのかの会議と称して、そのままリアルおままごとに巻き込むという回想をします。

しかし、ネネちゃんは野郎どもが嫌がっていることに対しては歯牙にもかけず、さらに第9位を発表しようとすると、風間君はボーちゃんに発表させます。

ボーちゃんによると、一昨日お使いに行った帰り道、「バビロニア」という喫茶店でまつざか先生が見知らぬ男を楽しそうに話していて、店を出て一緒に歩いていたと。そして翌朝、ボーちゃんは太極拳らしきことを公園でやっていると、まつざか先生が植えこみの中で酒を煽っていたのでしたこの件については、よしなが先生を含む全員が忘れたいことに同意します。

それにしても、太極拳らしきシーンでボーちゃんがかけていた音楽は、『ブリブリ王国』のBGMでしたね。あと、徳郎さんはどうなったのでしょうか。原作はアレでしたが、テレビアニメでも完全に「なかったこと」になったのでしょうか。ただ、テレビアニメのスタッフも徳郎さんを「なかったこと」にしてしまうのにはやや抵抗があるみたいです。まつざか先生が他の男に振られるという話が、かなり控えめになっているように見えるからです。

すっかりおなかいっぱいのネネちゃんはおひらきにしようと言い出し、最後にしんのすけに発表させます。しかし、しんのすけは過去は振り返らないタイプだと言い、よしなが先生が来年も仲良く楽しくいこうとうまくまとめます。すると、ネネちゃんが年が明けたらここで防衛隊の新年会をやろうと言い出し、これには防衛隊全員が同意、よしなが先生の苦労は来年以降も絶えない気配です。

ところで、よしなが先生の声が「七緒はるひ」となっていまして、一瞬また変わったのかとおどろきましたが、それまでの寺田はるひ氏の名前が変わったのですね。


「東西南北あっちむいてホイ!」

毎週恒例のあっちむいてホイ、今年最後はしんのすけです。

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけが向いたのは北でした。私も西に向きまして、予想が外れました。


2015年4月18日公開予定の映画『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』の予告がこの後に流れまして、この予告を観て思ったのですが、野原一家がメキシコに行くのは、本編開始からかなり後に、半分くらい過ぎてからようやくメキシコに行くのかなと思ったりしました。本編開始から20分くらいまでに、遅くても30分までにメキシコに行ってほしいです。やはり、非日常と言いますか、普段のテレビアニメとは違った雰囲気を楽しみたいので。まあ、公開を楽しみにすることにしましょう。あと、この予告では過去のテレビアニメの映像が実際に使用されていましたが、かなり珍しいようにも思えます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
劇場リストを見たけど
こけら落とし上映になるんじゃないかと注目していた
東宝シネマズ新宿が載っていなかった。

しかしなぜか
興業成績がいいドラえもん・コナン・ポケモンでも
やらない同地区2箇所上映
(バルト9と新宿ピカデリー)のようです。
名無しさん
2014/12/16 16:09
都内最大級の東宝シネマズ新宿で上映がされないとなると、ちょっと寂しいです。前作の『ロボとーちゃん』の大ヒットでも、無理だったようで。バルト9と新宿ピカデリーでの上映は例年通りですね。
チョルス
2014/12/17 00:41
忘年会ということで自分も「忘年会で盛り上がるゾ」を連想しました(見たことないですが…)
20年前の忘年会の話は酒井しのぶの最終登場にもかかわらずDVD未収録なんで個人的に最も見てみたい話のひとつだったりします。
後、確かに一瞬だけぶりぶり王国のBGM流れてましたね。ふとしたタイミングで古い映画を思い出させてくれるようにBGMを挟んでくれるのは非常に嬉しかったりします。
K
2014/12/17 22:08
>Kさん
「忘年会で盛り上がるゾ」は、ひろしのラストが非常に印象に残っています。この話は原作の8巻の話を基にしたものだったと思います。
『ブリブリ王国』のBGM、確かにほんのわずかながら使われていましたが、私はちょっと中途半端な使用ではないかと思ったりもしました。
チョルス
2014/12/18 03:46
クレヨンしんちゃんの受難。最近はテレビ朝日はクレヨンしんちゃんファンの意見を聞いてくれてドラえもんSPでつぶされることは基本なくなりました。逆にドラえもんSPやクレヨンしんちゃんSP自体がなくなりましたが。しかし、何やら日本ではフギュアスケートが人気で
なぜか、ドラえもんを放送してからフィギュアスケートが放送されてクレヨンしんちゃんが潰されるという異常事態になっています。よくわかんないのですが、ドラえもんとクレヨンしんちゃんの視聴率がほぼ同じです。サッカーでもフィギュアスケートでも7時から放送すればいいのに、なぜにドラえもんを必ず放送しないといけないのか?テレビ朝日はドラえもんとおんぶに抱っこもわかりますが、スポーツを7時から放送しても、ドラえもんの地位も変わらないですし、ドラえもんを1か月ほど放送しなくてもテレビ朝日の収入も変わらないと思うのですが
ハナ
2014/12/18 11:25
>ハナさん
まもなく、『クレヨンしんちゃん』の放送回数に関する最新の記事をアップロードしますが、放送回数そのものは昨年と変わりません。ただ、昨年とならんで史上最低なのには変わりなく、もう少し『クレしん』を優遇してほしいものです。今までがかなり冷遇されていたので。
テレビ朝日は『クレヨンしんちゃん』より『ドラえもん』の方を推したいという意向でもあるのでしょうかね。『ドラえもん』なら「子供に見せたくない番組」に上げられることもないというのも背景にあるのか、この辺りはよく分かりませんが。
チョルス
2014/12/19 23:56
Aパートはみさえの色っぽい声が聴けると楽しみにしてましたが改めて漫画の方を読み直すと一番面白かったしんのすけと家電のセールスマンとのやり取りがアニメでは丸々なくなってるではありませんか!
「ママはいる(居る)かな?」「これ以上うるさいのはいり(要り)ません」
「ママはお家にいるかって言ってんの!」「銀座でさがして下さい」とか最高なのに…。
部長の役が川口に変わってるので「部長来ないのかよ」って感じでさほど深刻な事態でもなさそうに見えちゃいますね。
「おままごと12月は二回しかやってないじゃない!」って一瞬アニメの放送回数の事かと思ってドキリとしますね(笑)
『原作者の主張』は今の視点で読むといろいろいろいろ複雑な気分に…。
はるひさんが七緒名義になったのは7月の『さすらいの防衛隊だゾ』からの様ですね。(確か当時『クレヨンしんちゃん的ページ』の方でKさんが触れてた筈)
4月11日のロボドッグでは寺田名義でした。
青たこ
2014/12/22 03:26
本文には書きませんでしたが、家電のセールスマンとのやり取りはありませんでしたね。テレビアニメにも出してくれれば面白かったのにと、今となっては思いますが、なぜ出さなかったのでしょうかね。
そういえば、川口とひろしによる交渉では、重要度が少し低いように思えてしまいます。
今回のネネちゃんの台詞、偶然でしょうが、現実味があったりしますね。
7月11日の放送を確認しましたところ、確かに「七緒はるひ」となっていました。一方で4月11日の時点ではまた「寺田はるひ」でした。
チョルス
2014/12/23 03:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

気弱な男どもの抵抗 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる