クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS 野原ひろしの消失

<<   作成日時 : 2014/09/25 00:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

9月19日のテレビアニメ感想いきます。

「ボーちゃんが気になるゾ」(脚本:中弘子、絵コンテ:杉山正樹、演出・作画監督:大豆一博、原画:神山栄吏、陳達理、高崎由利、小竹由莉、鳥居愛緒、松尾裕子)

夜、風間君のマンションで、風間ママが風間君に幼稚園での近況(友達と仲良くやっているか)を訊いてきます。風間君はもちろん仲良くやっているという返答をしますが、しんのすけのことも訊かれた風間君は、ゲイダチを迫ってくるしんのすけに嫌な思いをします。

しかし、しんのすけのことを訊くとは、やはり風間ママはなかなか寛容で良いキャラですね。風間君は、その日の幼稚園でかくれんぼをしていると、ボーちゃんが何か話しかけようとしていたことを思い出します。明日訊けば良いかということになります。

ところで、この時の風間君の夕食はカレーライスとサラダでしたが、ライスの上に目玉焼きと、何か揚げ物のようなのが2つ載っていますね。さらに、カップの上にデザートかパンか、よく分かりませんが、何かあります。けっこう、豪勢というか、カロリーが高そうな感じです。

翌朝、行きの幼稚園バスの中で、風間君がボーちゃんに訊いてみますが、ボーちゃんは鼻水を垂らしてずっと考えています。そこへ、しんのすけが(珍しく)乗り込んできます。「おっはよーかん」と挨拶して、強引にボーちゃんの隣に座り、石をボーちゃんに見せびらかしますが、ただの石と一蹴されます。スーパーエリートのボーさまの目はなかなか厳しいようです。

幼稚園での粘土の時間、ボーちゃんが話しかけて来ますが、しんのすけはボーちゃんの粘土を強引に取ってしまったことで、忘れてしまいます。

その後、事情を知ったネネちゃんが、風間君には話さない方が良いとボーちゃんが判断したのだろうと推測します。そして、風間君は知らないうちにボーちゃんにひどいことをしたのではとネネちゃんは言います。それでも、ニワトリ小屋の前で前向きに考えようとしますが、やはりネネちゃんの言葉が気になります。昨日の事を思い出しますが、心当たりがありません。

すると、親しげに誰かと話しているように見えるボーちゃんを見つけまして、ボーちゃんの所に行こうとしますが、既にいません。まさか、石に話しかけていたのではと驚きます。

それで、風間君は人物評を行います。


「マサオ君はちょっぴり弱虫で、漫画の「少年忍者 吹雪丸」が好き」で

「ネネちゃんはリアルおままごとに命かけてて、玉の輿を夢見てて」

「それからしんのすけは、あいつもわけわかんないけど、きれいなおねいさんとアクション仮面があればオッケーだよね」



ボーちゃんは石が好き以外何も知らないと、落ち込んでしまう風間君です。

すると、しんのすけはボーちゃんに何か悩みは無いかと訊きます。ボーちゃんは、桜餅の葉っぱは食べた方が良いかどうかが悩みで、しんのすけも同意します。私(チョルス)も同意です。あれは食っても食わなくてもどちらでも良いそうですが、やはり迷います。実際、これに悩んでいる人は意外と多いようです

しんのすけは、風間君がボーちゃんの悩みを訊きたがっていたということを話します。そして、実はボーちゃんが聞きたがっていたことは、桜餅の葉っぱの件だったらしいですが、本当にそうなのかと気にかかります。

すると、ボーちゃんはいつもより少し速く走ってきて、しんのすけたちは驚愕します。ボーちゃんは遂に風間君に訊きたいことを思い出したとのことで、風間君のズボンのボタンが取れかかったいたそうです。昨日のかくれんぼで発見して気付いたそうです。風間君はボーちゃんを傷つけておらず、自分とボーちゃんの友情は本物だと確信、感動しました。

ところで、しんのすけは風間君のパンツがもし取れたらもえPパンツが見えちゃうと言っており、風間君はもえPのパンツは履いていないと反論しますが、いやいやあなた履いていたでしょう。「合コンするゾ」(2005年2月25日)で。かなりのマニアね。


「晩ごはんはまかせろだゾ」(脚本:翁妙子、絵コンテ:松村玲、演出・作画監督:大豆一博、原画:神山栄吏、陳達理、高崎由利、松田芳明、小竹由莉、鳥居愛緒、松尾裕子、小松真)

ひまわりがしんのすけのお尻の上で、アクション仮面と怪獣シリマルダシの人形で紙ずもうの遊びをしています。そんなしんのすけはうつぶせに寝転んで、アクション仮面の本を開いていて、アクション仮面の勝ちを宣言します。

そこへ、みさえは台所から指を切ったと居間にやってきて、マキリンという消毒液を吹きかけようとしますが、しんのすけにせがまれて、代わりにしんのすけがしてあげます。そして、しんのすけは怪我をしたみさえの左の人差指に絆創膏を巻きます。

さらにしんのすけは調子に乗って、みさえの怪我をしていない右手の指に包帯を巻いたり、怪我を口実に晩ご飯を作るのをやめて寿司を取らないかと言ってきます。しかし、みさえはカネが無いし、ご飯もうすぐ炊けるからとのことで却下になります。すると、しんのすけは鼻の穴をデカくして、自分が作ると言い出します。みさえは無理だと言いますが、良い機会だから簡単な料理を教えようと考え直し、しんのすけをおだてて作らせることに。

しんのすけは手始めに定番((?)の裸エプロンに。もちろんそれも却下となり、みさえは材料を出しますが、その貧層さに落胆し、戸棚からずわいがにの缶詰を出しますが、これももちろんみさえに却下されます。

しんのすけはハンバーグが食べたいと言い、戸棚からヌードエプロンエッサッサーならぬフードプロセッサーを出して、これでハンバーグを作ろうと言い出します。このフードプロセッサー、買った日に一回使っただけとのことで、みさえの衝動買いのクセが出たようです。仕方なく、豚肉とタマネギ、さらにソーセージなど他の食材も使ってフードプロセッサーでミンチにします。って、あの白いのは何なのでしょうかね。

そして、しんのすけは隠し味と称してどさくさにチョコビを2つ入れて、さらにミンチに。しんのすけはハンバーグの元を丸めるのを楽しそうにやっており、粘土じゃないとみさえに注意されつつもしんのすけは自分の顔やアクション仮面、シロの顔を似せたハンバーグの元を作ります。

なかな芸術的なハンバーグの元をみさえが焼こうとすると、しんのすけはその間にオムレツを作ると言い、卵を片手で割って失敗します。みさえはもうおしまいと言いますが、しんのすけはやたら落ち込んでしまい、みさえはしんのすけにオムレツ作りを認めますが、しんのすけは二つ目の卵も片手で割って、かなり危なっかしく卵をかき混ぜます。

みさえはやらせなきゃよかったと後悔しつつ、塩コショウも忘れるなと言います。それで、塩やコショウの量もかなりいい加減な感じです。卵を焼くのもしんのすけがやると言い出し、バターを一箱分まるごと入れようとして、みさえは慌てて回収します。

しんのすけはオムレツをひっくり返そうとして、床に投げ出してしまい、みさえが見事に持っていた皿でキャッチします。そこでできていたオムレツはけっこうきれいにできていると感心するみさえです。しかし、ハンバーグの方は焦がしてしまったみさえです。

夕食時、塩辛いオムレツとチョコビ味のオムレツをしぶしぶ食べるみさえですが、しんのすけは卵かけご飯と、さらにずわいがにの缶詰も食っていました。ひろしは不在でして、そういえばAパートでも登場していなかったということは、今回のアフレコでは藤原氏はお呼ばれにならなかったようです。

それにしても、オムレツにかけたケチャップがぶりぶりざえもんになっていて、芸が細かいですね。


「東西南北あっちむいてホイ!」

毎回(※)恒例のあっちむいてホイ、しんのすけです。本来のあっちむいてホイに戻ったわけですが、しんのすけが担当するのは、6月6日放送以来ですね。既に風間君もマサオ君もネネちゃんも行いましたので、これでかすかべ防衛隊のメンバーは全員このあっちむいてホイに参加したことになります。

(※最近の放送の状況から、「毎週」とは言えなくなっています。「毎週と言える日はまだ先のようです」)


東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、しんのすけが向いたのは西でした。

私が向いたのは南でしたので、負けました。先週、ボーちゃんが南を向いていたので、南が来る可能性は低かったはずですが、これを初めて鑑賞したのは夜中で、頭が少しボーっとしていて、先週の事を忘れておりました。


(以下、2014年9月26日加筆)

以下のコメントにもありますが、この放送では、2015年の映画の宣伝がわずかながら行われていました。本当に「わずか」なので、どういう内容なのかはほとんど分かりませんが、どうも2004年の『カスカベボーイズ』のような、西部劇に近い雰囲気があります。昨年も9月に来年の映画の発表が行われていましたが、当時はかなり詳細な内容が紹介されていたわけで、今年はだいぶ違います。今年は、例年通り12月頃に詳しい発表がなされるのでしょうか。あるいは、10月になるかもしれません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ちらっと映った来年の映画ですが、
もしかしたら新宿区歌舞伎町にできる
TOHOシネマズ新宿のこけらおとし上映になるかもしれない。
舞台挨拶もここになるかもしれない。
名無しさん
2014/09/25 11:24
Bパートの「晩御飯は任せろだゾ」を見ていた時に「クッキーを作るゾ」(1993年12月6日放送)の話をふと思い出しました。みさえと二人で食べ物を作るところなどほのぼのした感じがよかったですね。まあクッキーを作るゾのようなほっこりした終わり方ではありませんでしたがw
K
2014/09/25 21:10
>名無しさん
そういえば、映画の宣伝がチラッとありましたね。さきほど、加筆しておきました。
TOHOシネマズ新宿で公開されるのは間違いないと思いますが、果たして舞台挨拶もここで行われるでしょうか。例年通り、銀座の方の可能性も十分ありますので。
チョルス
2014/09/26 02:26
>Kさん
「クッキーを作るゾ」を改めて鑑賞しましたが、確かに今回の話と内容はよく似ていますね。ラストの雰囲気はだいぶ違いますが、93年当時なら、もっと無茶苦茶な終わり方をしてもおかしくなかったと思ったりして。
チョルス
2014/09/26 02:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

野原ひろしの消失 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる