クレヨンしんちゃん分析録

アクセスカウンタ

zoom RSS むさえのさりげない活躍

<<   作成日時 : 2014/08/31 18:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 5

8月29日のテレビアニメ感想いきます。

「むさえちゃんの自動車教習だゾ」(脚本:中弘子、絵コンテ・演出:横山広行、作画監督・原画:高倉佳彦)

むさえの免許取得話、第2弾です。前回と同じく中弘子さんによる脚本です。パカラナ教習所という立ち寄った、みさえとしんのすけとひまわりです。

3人は車でどこかに出かけていたようで、立ち寄ることにします。むさえは金から借りたものの、近況は一切連絡していなかったそうです。

それで様子を見に中に入ると、車ゆだん吉がいました。実は、ある方から情報提供をいただいたのですが、この車ゆだん吉、元ネタはタレントの車だん吉の可能性があります。相変わらずカーカーうるさい男だが、みさえもひまわりも首ったけのようです。

むさえの状況ですが、「追試験者」のリストにむさえの名前もありまして、しかもそれに受かって仮免が取れないと、また一からやり直し、金も払うということです。みさえは自分の金が無駄になると怯えます。

しんのすけはのどが渇いたと言うと、梅干しを思い出せとみさえに言われるみさえです。みさえのケチケチぶりは、むさえに対する落胆がありますが、さらにみさえはむさえと車ゆだん吉を取り合うとか、変な妄想に取りつかれたりもします。みさえ、あんた既婚者だろ。まあ、ひろしも会社のユミちゃんとかに変な妄想を抱いていそうですが。似たもの夫婦ってやつですかね。

その後、自宅でみさえはむさえに交通標識の問題を出します。みさえもこうして勉強したと言いますが、そういえばやりましたね。「交通ルールの特訓だゾ」(1994年5月16日放送)で、しんのすけが架空の変な標識を出したりしましたっけ。

しんのすけは「バッテン」とか答えますが、94年当時に比べると、しんのすけの標識の学力は落ちているようです。昔は幼稚園で勉強していたようですが。ちなみに、実はみさえも標識に知識はあまりなく、標識の裏にカンペを書いていたのですがね。

その後、実技に移りまして、ダンボールで作った、正面がアクション仮面の顔になっている、しんのすけの「アクション仮面号 愛媛みかんバージョン」を出します。むさえは車に乗れとみさえに言われ、さらにみさえは自分がスポンサーだと言います。理不尽なことを言うなとも思いますが、なんかアニメのスタッフの「大人の事情」に対する本音が垣間見られたりして。

みさえは、車ゆだん吉目当てに教習所に通い続けているのではとむさえに問いますが、むさえはタイプじゃないとはねつけます。結局、前述のみさえの妄想は文字通り妄想に終わりそうです。

さて、車での「実技」を開始するむさえは、まずは危険なものの確認(ここでしんのすけがみさえが怖いと言いますが、まあこれは予想できました。いかにもしんのすけの言いそうなことです)、縦列駐車の練習をさせられますが、しんのすけは「十列注射」と勘違いして、十の注射をさせられる妄想をします。

ちなみに、むさえの縦列駐車はうまくできませんでした。さらに、S字走行で「4つのタイヤの位置を意識してハンドルをきる」とみさえのアドバイスを受け、これはうまくできたようです。そして高速教習です。今度は台所のテーブルを使って行います。みさえも助手席に乗ったつもりで指導しますが、後ろに座っていたはずのしんのすけが、勝手に車のオモチャに乗り換えて、それでみさえが追いかけます。しかし、シートベルトと称してヒモで椅子に体を縛っていたみさえは、椅子を持ち上げてしんのすけを追いかけます。

それを見たむさえは、しらけて帰ることに。そして追試験日、むさえは仮免許合格者の番号の中に自分の番号28番があるのを見て、仮免合格を喜びます。車ゆだん吉も陰ながら喜びまして、みさえに報告して礼を言うむさえでした。

ところで、今回の話は「交通ルールの特訓だゾ」(1994年5月16日放送)と見比べてみると面白いかも知れません。


そして、今回は久々のアイキャッチ。「お、お、お、お、お、・・・お!」のものでした(一部映像は異なります)


「レジェンド オブ なぐられうさぎだゾ」(脚本:中弘子、絵コンテ・演出:ムトウユージ、作画監督・原画:林静香)

なぐられうさぎの話です。確か、「なぐられうさぎたびたびだゾ」(2006年8月25日放送)以来、8年ぶりではないでしょうか。それ以降にも出ていましたかな。

ネネちゃんの家、ネネちゃんがスマホでウサギのぬいぐるみをしんのすけや風間君たちに見せて、これが今どうしてもほしいのだと言います。商品名は「うさぎちゃん」で値段は5980円(税込)です。すると、風間君たちが同じようなうさぎを持っていると言います。しかし、ネネちゃんは持っていないと言います。そう会話していると、ベッドにあった飾りがクローゼットの中に入り、そこにいたなぐられうさぎのところへ。

その夜、月が赤く光っていますが、なぐられうさぎが動くと月が赤くなるのですよね。寝ているネネちゃんはうなされており、クローゼットからなぐられうさぎがが参上。首に例の飾りをつけていまして、踊りながら、ネネちゃんのところへ来て添い寝します。それを見たネネちゃんは悲鳴を上げますが、他のウサギのぬいぐるみが欲しいというネネちゃんの気持ちが知りたいと言いネネちゃんの体の中に入りこみます。そこで目を覚ましたネネちゃんは、夢だっだと思いますが・・・。

朝食で、ネネちゃんは人参ジュースが飲みたいと言いますが、別にほしい自覚はありません。また、例の飾り物を首にかけていて、それはネネママのものでして、ネネちゃんは外そうとしますが、どこからか「外しちゃダメ」という声が聞こえてきます。

それでも外したネネちゃんは、幼稚園のバスの中で外を眺めていて、鼻をピクピク動かしています。それで、例の飾り物がまた首にかけられていて驚くネネちゃん。幼稚園で、よしなが先生は本物の亀を連れてきて、亀の絵をかこうと言いますが、ネネちゃんビジョンでは周囲の先生や園児たちがなぐられうさぎに映り、「亀なんて描いていられない」と迫ってきます。ネネちゃんの人格の中に入り込んでいたわけです。

で、ネネちゃんの口からはなぐられうさぎの意志を反映した言葉が出てきます。なぐられうさぎの中では、ネネちゃんの考えを理解したなぐられうさぎは完全に理解して、自分の怒りを自由に操れて、いつでもネネちゃんの怒りで殴ってもらえて嬉しいとのことです。

昼食では、サンドイッチを口にしようとするネネちゃんに、中に入り込んでいたなぐられうさぎは、自分はベジタリアンだからサンドイッチのハムは取れと言います。まあ、うさぎですからね。さらに、風間君の人参がほしいと言います(このうさぎ、風間君を「トオル」と呼んでいたのが印象的でした)

また、マサオのくせに可愛いうさぎのハンカチを持っていて、それもほしがります。ネネちゃんが嫌だと拒否していると、ネネちゃんの右がなぐられうさぎのものに変化して、さらにネネちゃんの体全体がうさぎと化していきます。ネネちゃんがどうしたら起こるのかが、分かってきたと言います、このなぐられうさぎ。

ネネちゃんはトイレに駆け込みますが、頭から耳が、後頭部はウサギと化します。そして、礼の飾り物がまた出てきて、首がグルグル回ります。このなぐられうさぎ、とにかくネネちゃんを怒らせたいようです。どうも、ネネちゃんの怒りがピークに達すればネネちゃんを操ることができるようです。

そして、顔が完全にうさぎとなりそうになったら、マサオ君の「ネネちゃん」という声で、飾り物のヒモが取れて、ネネちゃんからなぐられうさぎが分離します。目に見えなくなったうさぎは邪魔されたことに怒ります。

その様子から、ネネちゃんは早退することになり、ネネママが迎えに来ます。その帰り道、ネネママはネネちゃんがほしがっていたうさぎのぬいぐるみが安くなっていたから買っても良いということを言いますが、ネネちゃんは断ります。実は、この時なぐられうさぎはネネママの体を乗っ取っており、またネネちゃんに乗っ取ろうと思うのでした。

なお、このなぐられうさぎの声、しんのすけの矢島晶子さんですね。以前、うさぎの声が矢島さんという事をネットで知った時、半信半疑でしたが、映画の舞台挨拶で何度も矢島さんの地声を聞いてきた今となっては、やはり矢島さんだと確信しています。


「東西南北あっちむいてホイ!」



毎回(※)恒例のあっちむいてホイ、今週はマサオ君です。このままだとネネちゃんとボーちゃんの「あっちむいてホイ」もご披露されそうです。


(※前にも書きましたが、最近の放送の状況を鑑みると「毎週」とは言えません。実に残念な現状です)

東(青)西(赤)南(緑)北(黄)のうち、ネネちゃんが向いたのは西でした。

前回と同じく、この放送を初めて鑑賞したのは、放送日の深夜、仕事から帰った直後で、午前2時頃でした。しかし、前回とは違ってちゃんと勝負しました。私が向いたのは南でした。負けました!やりますね、ネネのくせに。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
約1ヶ月遅れの放送?
臼井儀人先生の命日である9月11日のテレビアニメ感想いきます。 ...続きを見る
クレヨンしんちゃん分析録
2015/09/16 06:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
「なぐられウサギ」はやっぱり中脚本、ムトウ演出のコンビなんですね(笑)
青たこ
2014/08/31 23:49
殴られうさぎの話に関しては、クレしんと同じくテレビ朝日の「マツコ&有吉の怒り新党」にある新三大〇〇調査会で、「新三大いつもと違うクレヨンしんちゃん」で、取り上げられました。(昨年の2013年頃です)。
今回のレジェンド オブ なぐられうさぎだゾは、
昨年の新3大〇〇調査会で、取り上げられたので、クレしんスタッフが、また殴られうさぎの話を作ろうとしたかもしれません。
もやもや
2014/09/01 14:56
>青たこさん
そういえば、そうですね。やはり、同じスタッフの方が良いのでしょうか。
チョルス
2014/09/03 23:45
>もやもやさん
そうですね。確かに取り上げられていましたね。「新三大いつもと違うクレヨンしんちゃん」というわけで、いつもとちがってけっこうホラーなのはその通りです。
他のテレビ番組で紹介されたから制作されたという可能性もあるかもしれません。
チョルス
2014/09/03 23:45
車だん吉氏は川島なお美氏と共演していた番組があったのですね。川島氏は若くして亡くなられてしまい、残念なことであります。心よりお悔やみ申し上げます。
チョルス
2015/09/26 00:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

    名前:チョルス 性別:男性 現住所:埼玉県 宗教:キリスト教

むさえのさりげない活躍 クレヨンしんちゃん分析録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる